社内ニートがつらい時の2つの選択 ブラック企業の脱出と似ていますよ

定時退社

最初、「社内ニート」ってなんだろ?って思いましたよ。これって、会社にいても仕事はある程度やる気があっても仕事を与えられない人のことを言うみたいですね。

私から言わせると、仕事をやらないで給料もらえるなんて社内ニート最高じゃん身たいに思いますけどね。私は激務で体壊して退職した経験もあるので、その対極みたいな感じですからね。

でもまあ、なんでも「バランス」なんだと思います。人間て、忙しすぎてもきついですし、ヒマすぎてもキッツいのってわかりますよ。仕事が全く無いってのもたしかにちょっと考えてみるときついものがあるような気もします。

社内ニートって言っても、

「仕事ができるけど、単純に人が余っていて仕事が無いからニートになる人」

「仕事があまりにできなくて、仕事を割り振られない人」

とかいますよね。あとはマイナーなところで新入社員が最初、先輩とかが忙しくて教える暇が無いとかもありますけど、このパターンはそのうち新入社員も仕事で嫌になるくらいやらされるので一時的ですからね。永遠に新人が放置されることもありませんからね。

まあ、平たく言うと、仕事ができる、できないにかかわらず社内ニートになはるんですよ。でもまあ、仕事ができない人で、狙って社内ニートやってる人もけっこう多いですしね。

私のいた会社とかでも40代50代くらいになると、まったく仕事やってないでブラブラしてる意味不明なオッサンとか普通にいましたからね。これが仕事できない系の社内ニートなんでしょう。ほんと個人的には、社内ニートになりたいですよね。それが苦痛な人ってのもいるかもしれませんが、どのみち同じ時間で同じ給料なんですからヒマなほうがいいです。

これほんとに私事ですけど、もし社内ニートとかになってしまったら、パソコンとかいじって隠れて副業とかやるでしょうね。そういう人多いんじゃないですかね?

だって、仕事無いんですからその時間を有効に使ったほうがいいですし、それができないなら読書とかしますよ。だから社内ニートで苦痛になるとか信じられないですね。どんだか社畜精神に犯されているだよ・・・・って思います。

ここ読んでる人は「社内ニートが苦痛」ってことですよね。まあそれなら、仕事くれって直接上司に言ってみて、それで状況が変わらないなら転職したほうが無難ですからね。

関連記事:社畜精神があるといいように会社にこき使われますよ

会社辞めたら負けとか終わりとか考え時点で社畜洗脳されている事実
会社を辞めたら人生終わり、負けとか短絡的な情報がいっぱいすね。そんなので終わったらとても生きてけないでしょ。仕事なんて労働環境があまりい悪かった自分で変えていかないと状況はもっと悪化していきますからね。逃げるとか責任とかそういうきれいごと言ってる人はもうダメでしょうね。

社内ニートが生まれる会社って、ぶっちゃけてまだ人員に余裕のある会社なんですよ ほんとに余裕のない会社って仕事できない人でも何かタスクは与えられますからね

社何ニートが生まれる会社って、仕事できる系社内ニートでも、仕事できない系社内ニートでも、どっちにしろその会社は人員に余裕があるんですよね。

それにあんまり人件費にシビアじゃないですからね。

普通に人を扱うことにシビアな会社なら、ヒマな人員なんて絶対にあり得ません。私は金融業界に居たんですけど、けっこう仕事ができない人でもなんらかの単純作業みたいのはやらされていたりしていましたからね。それか、あまりに仕事ができない人は遠回しに「自主退職」を勧められてましたしね。まあ直接「辞めろ」とは言えないですから、そういった圧力をかけられるわけです。

だから、基本社内ニートがいる会社ってのは、経営にまだまだ余裕のある会社ってことが言えます。だって、人件費ってひと月平均で一人50万円は平均でかかりますからね。

一年で600万円ですよ。

ちゃんとしたシビアな会社ならこんなムダ金放っておくわけがないですからね。意地でも社内ニートなんて発生させないでしょう。そうなんですよね。実際には社内ニートがいる会社ってのは、まあぶっちゃけ会社に余裕があるか、人員管理がゆるゆるみたい科汝のところなんですよね。

だから、そういう会社で社何ニートできるのって美味しいと思いますけどね。私だったらその地位を狙いますけど、まあこのページ読んでる人は社内ニートがきういっていうんですからしょうがないですよね。まあ、社内ニートが「嫌」っていうなら、

もう一度言いいますけど、上司に仕事くれとか言えばいいんですよ。それで状況が変わらなければ転職すればいいだけです。この二択ですね。

だって他にないですからね。ほんと個人的には社内ニートになりたいくらいですけど、それが嫌なら状況を変えていくしか方法はないですからね。

たしかに、社内ニートで仕事が無いならつらいっていう人もいますし、最高だぜっていう人もいます 社内ニートが辛いなら転職 最高だったらそのままずっといればいいですよ

社内ニートって

「社内ニートって最高だぜ」

「社内ニートでつらい」

っていう感じに別れますよね。でもまあ、社内ニートで永遠にやっていけるってのは、そうは無いのでそこまで気にすることも無いと思います。せいぜいもって1~2年ですよ。

嫌でも仕事なんてやらされますからね。

そう、今の時代そんな人の使い方をしてるのって公務員以外ではだんだんと長期的にその会社はヤバいくなっていくわけですよね。人をうまく使えていない会社は長期的に見るとザルの経営をやってるので、そりゃあだんだんとヤバくなってきます。

まあ、ブラック企業みたいにとにかく激務で、仕事が無いなんてありえない職場とかもどうかと思うんですけど、とにかく極端な社内ニートとかが出てくる会社ってのは人員管理ができてないってことです。経営に余裕があるからこういうことになるですけど、長期的にみるとこういった人件費をシビアに見ていない会社ってのはだんだんと傾いていくんですよね。

かといって、ブラック企業みたいにこき使えばいいってもんでもなく、ブラック企業なんて仕事に嫌気がさして仕事のできる人から辞めていきますから、これはこれで、最終的に有能な人材なんて残りませんからね。

そう、なんでもそうですけど「バランス」なんですよね。適度に忙しいくらいが人間いちばんいいパフォーマンスを発揮します。感覚的には

「ちょっと忙しいなあ、頑張って仕事かたづけるか・・・・・」

くらいの仕事量が一番仕事ってパフォーマンス上がるんですよね。これがわかってない経営者ばっかりで、社内ニートが出るような会社は人員管理が穴だらけですし、ブラック企業みたいに会社の都合「だけ」を押し付けてそにかく激務を強いるってのもちょっとどうかな?ってことなんですよね。

社内ニートがつらいと言っても、こういった状況があるので、永遠に社内ニートであることは稀ですというか無いですよ現実的に。さっきも言いましたけど、1~2年くらいが限界です。

社内ニートだろうとなんだろうと給料もらえるですから、ほんと個人的にはそういうのうらやましいですよ。変わってほしいですよマジで。

でもまあそれが苦痛なら自分で労働環境を変えていくしかないわけです。これは社内ニートの対極にある激務なブラック企業でも労働環境を「自分で」変えていくしか方法は無いんですよね。イヤだったら自分で上司に言うとか転職するとかそれなりに動いていくことが最優先行動になってきます。

よく社内ニートだとスキルが身につかないとか言ってますけど、それだったら空いてる時間でパソコンいじったり、エクセルでもなんでもやってればいいんですよ 

社内ニートだとスキルが身につかないと言ってますけど、会社で必要なスキルなんて研究職とかじゃなければあんまり関係ないですけどね

会社って異動とかして別の畑ちがいの部署とかに行くことなんてしょっちゅうです。営業から経理とか総務になったり技術職から営業になったりと、けっこうめちゃくちゃな異動とかもありますしね。

こうなると、今までやってきたスキルなんて全く役に立たないパターンがほとんどです。そして異動したらどのみち数か月で仕事憶えてやっていかなければいけないんで異動すれば1から仕事を覚えるみたいな感じになります。スキルなんて覚えても仕事ってどのみち数か月で覚えなければいけないので、その程度のスキルなんですよね。

研究職とか、職人とかプログラミングとか看護師とかそれなりにスキルがいる仕事ではまあ、社内ニートなんてありえないですからね。逆に忙しい仕事ばかりです。

何が言いたいかっていうと、社内ニートが発生する仕事なんてそんなにスキルが必要ない仕事がけっこう多いんですよね。その割にヒマだったり、逆に忙しすぎたりするケースが多いです。

実際、社内ニートになってしまったら、上司に行って仕事くれというか転職するかですからね。そしてまあ時間が空ているなら、パソコンいじってエクセルでもパワポでもやってればいいですし、お勧めするわけではないですけど、隠れて副業とかやればいいんですよね。普通に読書してもイイと思います。だって仕事が無いわけですからね。

実際、社内ニートってホントにあるの?っていう感じです。こういった単語があるってことはあるんでしょうね。

だって、私のサラリーマン人生で、意図的に仕事をしないでいる人は確かにいました。でもまあ、そういのじゃなくて、明らかに会社側の都合で仕事がなくて、社内ニートとかって人見たことなんですからね。そりゃあ管理職とかで自分の意志で仕事をやらない人みたいな、使えない人はいましたけど、仕事をしたくても仕事が無い人なんてぶっちゃけ見たことがありません。

いや、社内ニートで悩んでるなんて幸せですよ。だってまあ、仕事をしたくても仕事に就けない人とかいますし、派遣とかバイトで低賃金で働いてる人とかいますしね。

だって給料は入るし、仕事はしないでしいしまさに天国のような気がしますけどね。でもまあ、たしかに仕事が全く無いってのは苦痛かもしれません。経験者しかわからないですからね。

そういう場合は何度も言いますけど、「自分から動いて」労働環境を変えていくしかありません。これは激務のブラック企業から脱出するときも同じで、労働環境なんて変わっていくことはめったになですからね。待っていても異性と付き合ったりできないのと一緒です。仕事ってけっこうそんなもんです。

転職するにしても一人でやるとけっこう求人探しがめんどくさいですし効率も悪いですからね ブラック企業に捕まってしまうかもしれないですしできれば転職ツールを使ったほうがベターです

転職するにしても一人でやるのってかなり求人探したりするのがメンドクサイですし、効率も悪いです。独りよがりで仕事を探しているとブラック企業とかに捕まってしまう

可能性もあるので、転職ツールを使ったほうがベターですね。

転職エージェントは厳しい基準で掲載企業を審査いているのでブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動について的確でピンポイントなアドバイスをしてくれます。

転職って、たしかに始める前はきつい感じもありますし、初めてだと何からやっていいかわからなかったりします。

しかし、転職は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスなどをもらったりして、履歴書を作って面接対策をすれば普通に内定は取れます。

準備と対策をすれば内定は取れるんですね。一度、優良な求人を紹介してもらって実際に自分の目でみてみると視野も広がりますし、転職活動のイメージもわいてくるのでおススメですよ。

 

→使いやすい転職エージェントの情報はコチラから