これから伸びる業界でもブラック企業で激務なら入社する意味が無い ホワイト企業で伸びる会社を選ぼう

よく「これからの時代で伸びていく業界」に就職したほうがイイと言われますよね。

当たり前なことなんですけど、衰退していく業界とかにはいったら悲惨なことになるので、これから成長していく伸びていく業界にはいるのはあなたの仕事人生を大きく前進させてくれるでしょう。

ただ、いくらこれから伸びていく業界と言っても、その会社が「ブラック企業」じゃあハッキリ言ってい見ないと個人的には思っています。

「これから伸びていく業界でかつホワイト企業」じゃないとその会社に入っても意味ないと思っています。

いくら伸び盛りな産業とかでも、ブラック企業で自分自身がボロボロになるまでに働かされて低賃金じゃあ意味無いですからね。そう思いませんか?

それに、よくネット情報や雑誌なんかでもこれから伸びていく業界みたいな情報が出ていますが、情報がバラバラです。

ちょっと前に郵政事業がこれから伸びるとか言っていましたけど、かなり業績悪化していますよね。

なので、これから伸びる業界っていうのは完全には予想することはできません。

そうはいってもさすがにIT産業やロボット産業はこれから伸びていく業界でしょう。そういったほんとに確実にこれから伸びていく業界で、かつホワイト企業に入るってのが最強であり最高の選択なんですよね。

テキトーに就職活動してると、ほんとにこれから落ち目になっていく業界で、しかもブラック企業とかに簡単に捕まってしまうので細心の注意が必要ですよ。

一般的にはこれから伸びる業界というのは決まっています 伸びる業界でホワイト企業を選別する眼を持ってください

確実に伸びる業界っていうのは、議論してもしょうがないくらいに決まっています。

ネット産業とロボット産業です。もちろんこれ以外にも伸びていく「だろう」業界はありますけど、確実にこれから成長してくだろうという業界はネット産業とロボット産業ですね。

このネット産業とロボット産業を軸に考えていけば、これから伸びていく産業もわかりやすいですし、これから衰退してくだろう業界もイメージできます。

ネットが普及するということは、それに伴うツールなんかも成長しますし、新しいプログラミングの技術なども成長します。

また、SEやエンジニアなどネットにかかわる仕事も無くなることは無いでしょうね。そういう予測は簡単にできます。

ロボット産業が成長すれば、それを扱っていく管理会社とかも成長しますし、新しいシステムを開発していく会社なども成長します。ロボット技術者の技術の価値は高まりますしロボット技術の専門職は引っ張りだこになるでしょう。

ネット産業が成長すれば、ネット銀行が完全に一般的になって、今スマホを使っている世代が完全に大人になれば銀行なんていらなくなってきます。わざわざ銀行に出向く必要なん手全くなりますからね。そもそも電子マネーをつかって現金の流通軟化無くなるはずです。日本だけですからねこれだけいまだに現金で決済している国って、

すでに電子マネー決済がほとんどの国もヨーロッパなどでは多く存在します。

とまあこれは一例ですけど、ネット産業とロボット産業はガチで成長するとして、それに付随する産業も成長しますし、逆にネットとロボットの普及で衰退していく産業もあるということです。こういう風にシンプルに考えていけば

大きな間違いもなく、これから伸びていく業界を衰退していくう業界を判断していくことができるでしょう。

ここで伸びていく産業が自分なりに判断できたら、その中からブラック企業を避けて転職活動するのが一番賢い方法です

これから伸びていく業界を把握出来たら、その業界に入るために転職活動なりをするわけですが、伸びていく業界でもブラック企業とホワイト企業は当然存在します。

もう一度言いますけど、どんなに成長する産業でも、会社自体が成長していくとしても、従業員に対してブラック企業ならそんな会社に入ってもまったく意味は無いと思っています。というか意味ないですよね。

伸びていく業界は判断でいても、その業界にあるそれぞれの「会社」がブラック企業出ないかどうか判断てできないですよね。

なので、「入ってみたらブラック企業で悲惨だった」というケースがよく起こるんですよね。せっかく伸び盛りの業界に入ってもこれじゃあ人生台無しです。

あなたのキャリアプランを作って言う上でこういった「伸びる業界に入る」「そこでブラック企業を避ける」というのはどちらも絶対にやっておかなければならない事前の準備なんですよね。

この二つを同時に簡単にやる方法があります。それは「転職エージェント」を利用して転職のプロである

エージェントにこれから伸びる業界で、かつブラック企業でない会社の求人を選んでもらうということです。

でもやっぱりネットの情報は正しいものも微妙なものもあって実際転職のプロに効くのが一番手っ取り早いです

これから伸びてく業界というのを完璧に判断することはできません。でも、あなたの入る会社がブラック企業じゃないかどうは転職エージェントを使えば、エージェントが求人企業を審査しているのでブラック企業はありません。

これから伸びていくだろう業界についても、実際転職業務をしているエージェントが一番詳しいのは簡単にイメージできます。

こういったプロの意見を聞いていくころで、これから伸びていく業界で、かつホワイト企業へ転職することが可能になってきます。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして、希望の求人を適正に応じてピックアップしてくれます。

転職エージェントというと馴染みのない感じですが、「アドバイザーがいて、求人しっかり審査している」転職支援サービスというのが「転職エージェント」のイメージです。

求人を審査しているのでハローワークなどと違い求人にブラック企業はほとんどありません。

まず、転職といってもどうすればいいかわかなない場合も、転職のプロである「エージェンント」があなたと面談をしてアドバイスをしてくれるんですよね。

転職をすること自体が不安なら一度エージェントに相談してアドバイスを受けるのがおすすめです。

そうすることにより、あなたに合った転職の方法もわかりますし、何より世の中にはブラック企業以外の「しっかりした従業員にやさしい会社」というのがいくらでもあるというのがわかります。視野が広がるんですね。

転職エージェントの利用は登録から利用まで無料になっているので、使うことでお金がかかることはありません。

安心して転職活動を行う効率のイイ方法をとして転職エージェントの利用がおすすめな理由になってきます。

転職エージェントの求人を見ると世の中にないい会社がたくさんあると気づくことができます。その点だけでも大きなメリットになってきますよ。

 

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

DODAエージェントサービス(←公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!