人間関係が悪くて仕事を辞めたい時の行動方法 辛い最悪な職場環境を変えるには転職が最も効果がある理由

人間関係が悪い職場

仕事をやっていて究極の悩みというか、仕事を辞めたい・・・仕事がイヤだという悩みでとにかくダントツで多いのが「人間関係の悪さ」ですね。

その「人間関係の悪さ」でもたいていダントツで多いのが「上司がパラハラ、ゴミ上司」的な悩みです。

人間関係が悪いのって別にあなたに原因があることってほとんどないんですよね。だってあなたは、自分から人に突っかかって言ったり、嫌味を言ったりするような行動をしてないでしょ?ただ、普通に仕事ができればいいと思ってるはずです。

そう、「普通の人」は職場なんかであれこれ人間関係を悪仕様と思ってる人はとんどいません。普通の人はただ、仕事して帰ってプライベートを充実したり家庭があるなら家族に早く会いたい・・・・と思ってる人がほとんどです。

ただ、少数派ですけど、仕事しか生きがいが無い、仕事が人生のすべてみたいな価値観の人がいます。昔はこういう人が多かったですけど、今ではホント少ないですよね?

こういう人の中でも、仕事に純粋に打ち込んでいる人ならいいんですけど、中には仕事が全てて、その中で自分を誇示したり、自分をアピールしたり、部下をイジメたりして自分の存在を認められたいみたいな屈折した人間がいます。

まあいわゆるパラハラ上司みたいな人はこういった価値観があるんですけどね。そういう人に「たまたま」あたってしまうと、もうその職場での人間関係は「終わり」です。

会社と言う場所で相手が「上司」だともう逃げ場ってないんですよね。経験したことがある人なら良ーくわかるとおもいます。

だから、その人間関係が悪い場所って、別にあなたが悪いわけじゃなくて、ただ運が悪くてそうなっているパターンがほとんどです。

だったら、その運が悪い環境から「脱出」したほうがイイにきまってます。転職すればいいんですよね。

人間関係がダメだと、どんなに好きな仕事、どんなに優秀な人間でもアウトですからね だから人間関係でダメならその環境を離れるってことは必須なんですね

まず、大前提ですけど、どんなに好きな仕事だったとしても、どんなにあなたが 優秀な人間でもその会社で「人間関係が悪い」常用だったらもう終わりですからね。

例えば直属の上司がパワハラ上司でしか無能ときたら、もうあ棚はハッキリ言って「終わり」です。なんで終わりかと言うと

①まず、会社と言う組織内では上司が絶対、ドラマみたいに上司を論破することなんてできない

②仮に上司を論破したとしても、その習慣からさらに陰湿なパワハラが始まるのは目に見えている

③あなたが仕事ができればできるほど、その上司はあたなに嫉妬してさらにあなたをイジメてくる

④かといってあなたがダメ社員で仕事ができなかったとしても、それはそれで「仕事できないから死ね」とかイジメられる

こういったかんじです。パラハラ上司にあたるともう「八方ふさがり」になるのはわかりきっています。これって「会社組織」だからしょうがないわけです。

そして、人間関係が一度悪くなると、経験した人ならものすごくわかると思いますけどそのままずっとその「悪い人間関係」から抜け出すころはできません。

ドラマとかマンガみたいに助けてくれる人なんていませんよ?プライベートなら可能性はありますけど、会社の中ではすべての人間か利害関係で成り立っていますからね。

だから、わざわざ他人のことに首を突っ込んで、下手すると自分がいじめられたりするかもしれないのに誰も助けようと行動しません。

わかりやすい例だと、中学とかのイジメとかでも誰も助けれくれなくて自殺しますよね?これと全く一緒です。下手にイジメられている人を助ければ自分がいじめられるかもしれませんからね。

中学校だったら、その学校に行かなきゃいいわけです。イジメれられてるのにわざわざその学校に行くのが意味が解らないですし、親が悪いと思いますよ。

自分の子供がいじめられているのに気づかないってのアレですけど、私なら学校に行かせません。何度も言いますけど、人間関係が悪いのってただ運が悪いだけですからね。たまたまいじめの標的になっただですからね。

だから、会社では簡単に辞めたり行かなくなったりすることができないので、そのまま上司にイジメられ続けるってパターンになります。でもまあ、そういうのもう辞めたほうがイイですよ。

そんなところで働いていても未来や全くないですし、さっさと休職なり転職なりして労働環境を変えたほうがイイです。

関連記事:心療内科で診断書をもらって休職しよう

仕事がきつくて、精神的にきつかったら心療内科に行って診断書をもらってきましょう。そうすれば簡単に会社を休職することが出います。会社ってこういった公的な機関が出した「書類」にはめっぽう弱いです。傷病手当金ももらえるので、休職しながら転職活動をするのが一番頭のイイ行動方法です。

関連記事:上司を潰す方法

クズでむかつく嫌いな上司を潰すには社内で相談しても無駄です。労働基準監督署に訴えるか弁護士に相談して上司を訴えましょう。懲らしめて精神的に追い詰めて潰すにはそうしたほうがイイです。そこまでするくらいの価値がある行動ならですけどね。そんな会社さっさと見切りをつけて辞めてしまうも効率的な人生を渡ってい行くための方法でもあります。

そもそも、人間関係は運の要素も多いですけどブラック企業になればなるほどパラハラ上司は多いです 結局パラハラ上司が多い環境はブラックなんですよ

そもそも、人間関係が悪いってのはブラック企業の可能性も高いです。ブラック企業の経営者ってサイコパスが多いですからね。

サイコパスっていうのは、人をイジメたりしても罪の意識が無い人間のことです。ブラック企業の経営者てサイコパスがおおいんですよね。だから従業員を死ぬまで働かせてもまったく罪悪感を感じないんですよね。

そういう経営者がいれば、たいてい役員レベルから部長・課長といった上司もそういった人間性の人が多い会社になるのは、簡単にイメージできますよね。

そもそも、そういう人間じゃあないとそんなブラック企業で出世なんてできませんよ。

だから、当然ブラック企業は人間関係が圧倒的に悪くなる可能性がたかいです。だって、上司にサイコパスが多いわけですからね。

そういう会社ってパワハラ上司が異動したりして「これで平和な仕事ができる」とか思っていても次のパラハラ上司に当たる可能性が高いです。

だってパラハラ上司率が圧倒的に高いのがブラック企業ですからね。

人間関係が悪くなるのはほとんど「運」の要素が大きいですけど、普通の会社ならそういったパワハラ上司のほうが少ないので、そういう人間にめぐり合う可能性が低いです。

っていうか私の体感ですけど、組織が大きくなるとけっこう高い確率でパワハラ上司にぶち当たりますね。3~5年に一回はパワハラ上司に当たります。

というか地方銀行に勤めていたことは9割パラハラ上司でしたけどね(^O^)/

だから、もう仕事なんてまったくやる気なかったですよ。

そう人間関係が悪い環境で働くってことは「仕事のやる気がなくなる」「自分自身も人間的に腐っていく」とういデメリットばかりです。

人間関係が悪い場所で働いていると、自分自身も低いレベルの人間になってしっまう負のループがある

職場の人間関係が悪いと自分自身のレベルも下がっていきますからね。

①上司とかがクソだと仕事なんてヤル気が無くなる

②毎日愚痴ばかり言うようになる

③もう自分の人生に希望が持てなくなる

④もうただ、会社に居ればいいやみたいなになっテキトーに仕事をする人間が出来上がる

⑤このまま行って40代くらいになるとリストラ候補に真っ先に上がってくる人材になる

みたいなコースになります。

これってまだましな方かもしれませんけどね。人間関係が悪ければそもそもストレスでうつ病になったりしたり、過労死するかのせいもありすからね。

どのみち、そのままその職場で働いていても未来は全くないということになります。現実って悲しいですよね。

できれば自分がイキイキできる人間関係の職場で働く方法性でこうどうしたほうがいいですよ

もうこういった人間関係とかが悪い場所で働かないほうがイイですよ。1ミリも人生で特留守ことが無いですからね。自分の人間性まで悪くなります。

そりゃそうです。人間で自分の周りに例えば、女にモテる友達がいれば、自然と自分も女性のモテるようになってきます。そのモテる友人のキャラとかファッション、人間性や女性の扱い方とかを自然とマネするようになるか欄ですね。

だから、女性のモテるためには女性にモテる友人を作ったほうが早いということがよく言われますしね。

これって仕事でも全く一緒で、尊敬できる仕事ができる上司や同僚と仕事をしていれば、嫌でもあなたの仕事のでのレベルは上がっていきます。

そう、人間て環境によって能力が決まってしまうんですね。8割は環境によってその後の人生が大きく決まってます。

だったら、自分がイキイキできる人間関係で仕事をしたほうがイイにきまっています。

人間関係がいいと、仕事もヤル気もですし上司が器が大きい人なら

「この人の下ならがんばって仕事をしてみたい」

っていう気になります。人間て感情がある動物ですからね。人間関係のイイ職場だと、いくらでもやる気がわいてきます。思ってる以上に

環境ってのは大事なんですよね。

人間関係がイイ職場っていうのは運の用もおおきいですけど、中小企業なんかで経営が右肩上がりの会社なんかは、経営者の人格が優れていることがほとんどです。

「この経営者のためなら仕事をしていける」

みたいな空気があるので、従業員も目的にむかって働きますからね。そういった会社ではパラハラとかくだらないことに時間を使っている時間なんて無いわけですよ。

そんなことをしていたら、すぐに無能扱いされてしまいますからね。

組織が大きかったりすると、そういった無駄なパワハラとかをやることができるある意味「余裕」があるわけです。だから個人的には中小企業あたりで業績が伸びている会社とかが人間関係が一番いいんじゃないか思います。

そもそも経営者の人格が悪いと、その会社には人格の悪い人間が集まりますからね。とくに上司になるまで生き残っている人間は経営者とキャラが似てきます。

中小企業では、直接経営者と話す機会もありますし、転職の面接などでも社長が面接するケースも多いので、経営者の人格をチェックしてから

入社するってうのも人間関係のいい会社に入る一つのポイントなんですよね。

人間関係が悪い会社にいるなら、もう少し転職ってものを積極的なものと考えたほうがイイです 人間関係は運の要素が高いので自ら運を惹きつけるために転職するというイメージ

今あなたが人間関係が悪い会社にいるなら、転職をもって前向きな方向性で考えたほうがイイですよ。

そもそも、その会社でもうずっとやっていく気とかあります?

私は地銀時代にあまりにパワハラ上司が多くて

「この会社で定年までやっていくことはあり得ないな」

と思っていました。それでもダラダラと8年以上勤めてしまったので、今考えるとメチャ後悔しています。せめて3~5年くらいで見切りをつければよかったなと後悔していますしね。だって転職した製造業はホワイト工場で人間関係もよくてほんと助かりましたからね。いままでの無駄な時間はなんだったんだろう・・・と言う感じでしたよ。

だから、転職するってのは行動しにくいですけど、やってみると意外とスルスルっと決まってしまうものです。

得に人間関係が悪いから転職するっていうと、なんとなく逃げているようでまじめな人ほど行動できないものですけど、結局職場でのストレスなんて人間関係が9割ですし、転職の理由なんて表向きはスキルアップとか言ってますけど、真の理由は人間関係がイヤだったからというのが95%ですからね。

そのあたりはあなたとしても割り切って、早めに環境を変えていったほうがいいわけです。

ただ、転職すると言ってもハローワークとかちまたにある求人誌を使ってもブラック企業がいっぱい掲載されていますからね。これはハロワとかが

掲載企業を審査していないからなんですよね。ブラック企業の奴隷の狩り場になっています。

転職エージェントでは、掲載企業を厳しい基準で審査しているのでブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動について

的確なアドバイスをしてくれますしね。

転職て難しいイメージがありますし、初めてやる場合には何していいのかわからないものです。

しかし、転職って優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらったりして履歴書を作って面接対策をすれば普通に内定は取れます。準備と対策を擦れあb内定は取れるもんなんですよ。

優良な求人を紹介してもらって自分の目で見てみるのがイイですよね。ブラック企業じゃない求人がある確認もできますし、自分がやっていきたい仕事、人間関係を良好に保てそうな職場を選ぶうえでの選択しになりますからね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

転職サイトDODAで求人探し

 

DODAエージェントサービス (←公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!