住宅ローンがあるけど仕事辞めたい ローンを組むと海外異動や僻地に飛ばされる現実

住宅模型

住宅ローン組んでますか?私は絶対に組みません。なぜなら組んだ時点で会社奴隷になるのをリアルに見てしまったからです。

といってもまず私は金融機関にいたのですが、年収が300万とかで35年ローン組む人とか普通にいました。もちろん仕事ですからうまくローンが通るようにしますし、そのくらいの年主でも無事住宅ローンを組んだ人もいました。

でも心の中は「マジで怖いこれじゃあ、いっしょう借金が付きまとうじゃん何考えてんだ?」という心情です。口が裂けても言えなかったですけどね。

35年のローンですよ。30歳くらいで組んでも終わるのが65歳?????? しかも昔なら給料が上がっていく時代なので繰り上げ返済とかできたかもしれません。35年のローンを20年くらいで終わりにできたかもしれません。

でも今では給料が上がる可能性もひくくて35年間ガチでローンを払い続けるパターンがほとんどでしょう。

どうするんですかね、住宅ローンだけでもいっぱいいっぱいなのに子供が成長して大学とか行くときに学費もかかるわけです。

学費だけならまだしも、もし自分の会社とかが傾いたり、そこまでいかなくても経営不振でボーナスとかカットされたら破綻するのは簡単に想像できます。

それでも人はローンで家を建てます。頭がおかしいと思っていますけど、それはわたしだけでしょうか?

たぶん簡単な「試算」をしてないんでしょう。エクセルでもなんでもいいですから、自分の人生でかかる資金をおおまかに試算してないんですね。

また自分の会社が65歳まであるという計算をしているのが一番怖いです。同じ会社に40年以上も働く・・・それ無理ですよ。

東芝とか普通につぶれそうじゃないですか。シャープ買収されちゃいましたよ。あなたの会社はそういった会社より大手なんですか?

と言いたい放題ですが、金融機関に勤めていいたので、住宅ローンは本当に最悪です。銀行に3分の一の金利を献上してるんですからね。35年かけて金利払い続ける。銀行はウハウハですよ。

だから借り替えとかやりまくって住宅ローンの争奪戦が繰り広げられています。もう住宅ローンで家を買うのはやめましょうよ。

近い将来、受託ローン破産がめちゃめちゃ多くなりますから。

どのみち人口が減ってくるので、空き家がこれから日本全体で空き家がものすごく増えいます。そういうところを安く刈ったりすればいいわけです。

お金もないのに数千万の借金なんてしちゃだめです。そうするとうまく会社にそういうことを利用されますよ。

出世はできるけど、ほとんど海外で過ごすから家族に会えない 新築した家に住めない

住宅ローンって組んだ瞬間に会社から異動辞令がでるものなんです。これリアルというか何件もあったので、もうそれほど驚きもありません。

もともと勤めていた会社では、海外の工場がたくさなる比較的大きな製造メーカーでした。だいたい感のイイ人はわかると思いますが、海外転勤も多いです。

ただ、やっぱり海外に一度転勤するとかなり生活への負担が大きいです。そのあいだ家族には会えないですし、一度海外勤務になるとたいてい4~5年は行っています。

正直いきたくないですね。海外と言っても東南アジアとかインドとかベトナムとかそういうところですしね。アメリカやヨーロッパじゃないんですよね。これがまた嫌で・・・

だから行きたくないという人がほとんどです。でもそこで海外勤務を断れば出世への道は閉ざされてしまうので出生したい人はしぶしぶいくわけです。

そういうのどうでもいい人は普通に断っていましたね。そういう二極化になっていました。

そんな状況で住宅ローンを組むとですね、すぐその人に「海外転勤」の打診がくるわけです。そう住宅ローンを組んだらもう転職とかできないだろうということと、転勤を断れないだろうということで、すぐに海外勤務になります。

もちろんほとんどの人が海外勤務の断れません。だって住宅ローン組んだばかりですからね。数千万円の借金抱えて会社のいうことを聞かなかったらどうなるか・・・みたいに不安になるんでしょう。

でもいきなり、新築で立てたいえにロクに住んでないのに、いきなり海外ですよ。

ある人は「まだ新築で立てた家の風呂にまともに入ったことが無い」と言っていました。なんじゃそれ・・・・

たいてい、家を建てたばかりなので、奥さんや子供がいれば当然単身赴任で海外にきます。新築の家に住めないばかりか家族とも年に数回しか会うことができません。

一番のネックはたいてい子供がまだ小さいってことですよね。そんなときにほどんど父親の顔を知らないとなるとあまり子供にいい影響を与えるとは思えません。

あとヤバいのは一度海外勤務になると「海外派遣要員」みたいになって、国内に帰ってきてもまた数年で海外に行くということです。

海外4年→国内2年→海外5年→国内1年半→海外5年・・・・・みたいになります。

海外に行っている期間のほうが長いです。これってちょっと怖いですね。住宅ローン組んだ家にろくに住めないっていうことになります。

数千万円のローンを組んで、ほとんど自分の家に住めないってどれだけ人生罰ゲームなのかわかりません。

ローン組んでも自分が幸せならいいですけどね。住宅ローンを組まないのが基本ですけど 組んでしまってから仕事を辞めたいなら仕事をしながら転職活動をするのが鉄則です

でも本人が納得して幸せならいいです。でも職場でどうみても幸せそうに見えません。

海外組はたまに日本に帰ってきても、疲れ切っていますし普通に目が死んでいます。そこまでして生きていくんだみたいな印象です。

本人どう見ても納得していない感じです。我慢って怖いですね。どうして住宅ローン組んでまで家ってほしいんでしょうね。

どうせ子供が独立して出て行ってしまったらデカくて扱いに困るだけですし、どのみち老朽化して建て替えもしないといけないし固定資産税もかかるち維持費ばかりです。

でもやっぱり「家を持つ」ということが一種のステイタスみたいになっていますね。特に田舎では。なので、さっきみたいな年収300万でも35年ローンを組みますし、銀行も貸してしまいます。怖いですマジで。

さて、そんな住宅ローンを組んでしまったけどどうしても今の会社を辞めたいっていうなら

やっぱり今の会社につとめながら転職活動をするしかありません。

住宅ローンさえ組んでなければ、会社を辞めてから転職活動をしてもいいんですけど、さすがに毎月の返済がある場合には、そういったリスクも取れませんからね。こればっかりは選択肢がありません。

しかし、仕事をしながら転職活動をするって自分一人でやるのは、時間的に無理があります。あとハローワークとか言ってもブラック企業ばっかりの求人で悲惨ですよ。これはハロワとかが掲載企業を審査していないからなんですね。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているのでブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動についてアドバイスをしてくれます。

転職って難しいってイメージもありますし、初めての場合何からやっていいのかもわかりにくいです。

しかし、転職活動は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらったりして履歴書を書いて面接対策をすれば普通に内定はとれます。準備と対策をすれば内定は取れるもんなんですね。

優良な求人を紹介してもらって、自分ん目で見てみるのがイイでしょう。ブラック企業じゃない求人を確認できますし、これからやる仕事を選ぶ破断材料にもなりますしね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.ワークポート

 

DODAは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

DODAエージェントサービス(←公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアワークポートを選択しましょう。

パソナキャリアもワークポートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

パソナキャリア 公式

 

ワークポート 公式

 

もし住宅ローンを組んでしまったらなるべく繰り上げ返済するかできなければ借り替えをしましょう

住宅ローンをくんでしまったら、返すしかありません。利息を銀行にいいように持っていかれています。

銀行サイコーみたいにおもってますよね。銀行経営者は。

もし住宅ローンをくんでしまっていたら、一年でも多く「繰り上げ返済」していきましょう。それが金利をはらうのをなるべく少なくする唯一の方法です。

すこしでもボーナスに余裕のあるうちに少しだけでも住宅ローンの繰り上げ返済を地道にやって行くのをおススメします。

いつボーナスが無くなったりするかもしれないので、できるだけできるだけローンを詰めたほうが良いです。銀行の思うつぼのですよね。そうしないと。

もしそれがどうしてもでいないのであれば借り替えをもう一度見直してみましょう。最近では「住宅ローン借り換えセンター」という専門のサービスがあります。住宅ローンの借り換えを極限まで家計を減らす工夫をするために必要なサービスですね。

利息が削減できなければ一切の費用はかからないので、一度相談してみるのが賢明です。金融緩和によって住宅ローンの金利が低くなっている昨今、借り替えによる家計費の負担を軽減するタイミングは今です。

消費税増税対策!「住宅ローン借り換え」で家計費負担軽減!

住宅ローンてほんとにリスクのあるものです。個人的にはどうしてあんなに簡単に30年とかで3000万円のローンが組めるのかってのが不思議でしょうがないです。

定年まで自分の会社が経営が傾かないっていう根拠のない自信があるのか?それとも自分が体を壊さない絶対の自信とか、リストラと化されない自信があるんですかね?

私はそんな自信は全くないので、何にも悪いことをしていないのに数千万の借金をしたいとは1ミリも思いませんけどね。すごいですよマジで住宅ローン組む人ってね。

これだけ、給料が上がらない時代です。景気が上がっても会社は内部留保するので、従業員の給料は上げないんですね。だから実質、生活は厳しくなっていくことになります。企業がもうかっても個人の生活はサラリーマンである以上、よくなっていかないんですね。

そういう時代に30年もの住宅ローンを組むっていうのは狂気の沙汰ですからね。

しかし、すでに住宅ローンを組んでしまって、それでも仕事を辞めたい場合には、仕事をしながら転職活動をして、転職先が決まってから会社に退職の意志をえてください。

そして1年でもはやく、住宅ローンを繰り上げ返済してください。とにかく最優先でのお金の使い道です。住宅ローンを組んでしまった以上、お金を散財したりするのは揉むあり得ない選択ですよ。ローンの返済ができずに、家を売ってしまう人を私は地銀時代に何十人も見ています。

詳しくは守秘義務があるので話せませんけど、本当に悲惨な光景で思い出したくないくらいです。

関連記事:転職したいなら住宅ローンは組んじゃだめですよ

ブラックな会社って住宅ローンを無んだ瞬間に僻地とか海外に異動させられます。なぜなら住宅ローンを組んだらもう会社を辞められないぞこいつ・・・と思われるからです。首輪をつけられているわけですね。そりゃ3000万円とかローン組むなんて頭おかしいですよ。住宅ローン組む前に転職したい人はしておいたほうがイイですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!