病院薬剤師の仕事でミスが多く向いていないので辞めたい 一度普通の調剤薬局に転職するのもアリ

病院薬剤師になる人は意識が高い系の人が多いですね。

薬剤師は調剤薬局やドラッグストアなど資格があると選択肢が多い職種です。その中でも就職先に病院薬剤師や企業を選ぶ人は、仕事をすることで自分を表現したりスキルを上げていきたい希望がある人です。

病院薬剤師になれば医師や看護師と連携して、直接患者のために役に立ったり、医療現場に直接かかわわることから仕事の幅も広がり医療従事者としてのプライドも持つことができます。

というイメージですけど、現実は仕事は泥臭いことが多いです。

病院薬剤師といっても基本は調剤して薬を出すという仕事がメインです。医師からの処方をガンガンこなして大きな病院では午前午後、晩と忙しさが続いていきます。

意識が高い人が病院薬剤師として働くとその理想と現実のはざまに悩むことが現実に起こっていきます。やっぱり病院では医師が主役であり、薬剤師や看護師は「サポート役」だからです。

それでもやりがいのある仕事であることは間違いない薬剤師。その割には病院で地位が低いのがネックです。

ここでは、病院薬剤師の現実と忙しさが限界の場合の対処法をご紹介します。

現実は病院薬剤師は地味仕事で忙しい割には地位が低い

病院薬剤師の仕事は、医師の処方箋を裁くのが仕事です。やっていることは基本調剤薬局と同じなのですが、忙しい時が集中したりして忙しいケースが多いです。

また、これはしょうがないんですけど病院での主役は医師>看護師>薬剤師という位置づけなので、仕事に対して意見したりすることはめったにありません。ただ、医師の処方したものを淡々と処方していくことになります。

あくまでも薬剤師は「補助」の役目なので、自己表現したい人や、仕事を通じて自分を高めていきたいという人は病院薬剤師や物足りない仕事になってきます。

「こんなはずでは・・・」

と思い始めるのはこの辺あたりからですね。

もともと、病院薬剤師は実際は「地味だけど安定した職種」なので、バリバリ働くためには企業に就職して研究職につくか医療関係の営業などにつくのがベターです。

この病院内での地位が低いというのや意外と厄介で、医師の態度もかなり横柄な場合も多いです。プライドがある人は納得いかないケースも出てきます。

ここはひとつ大人になって、薬剤師という仕事をじっくりと腰を落ち着けてやっていくとい方向でいく必要があります。

ただ、薬剤師の特権は「転職しやすい」という部分なんで、病院薬剤師が自分に合ってないならすぐにでも手職してしまうべきです。自分のキャリアは時分で作っていかないとドンドン時間だけが過ぎてしまうので、転職は早いに越したことはありません。

病院薬剤師は仕事の幅は広がります そのかわり仕事は忙しいパターンが多い

病院薬局につとめるメリットは、急性期の先進医療を行っている病院に勤めることです。比較的大きな病院でこういった先進医療を行っているところは、薬剤師を増やしているのでキチンと調べて就職すれば最先端の薬剤医療を学ぶことができます

薬剤師を病棟に常駐させて専門的な薬剤医療を行う仕事をすることができます。

そのかわりやはり忙しいですね。当然先進医療なので、薬剤は新しいものがガンガン入ってきますし、憶えることも多く日々勉強になります。

簡単にいうと「仕事のやりがい」はあるけど「忙しいよ」ということです。病院薬剤師でやりがいを求めるなら大き目な病院で先進医療を行っているところにピンポイントで狙って行って就職するのが良いでしょう。

意識高い系に人にとって先進医療学べるというのはなによりも、ワクワクできる職場になるはずです。

病院によってはかなり異質な空気の場所があるそれが病院薬局

病院はその病院の空気というかカラーが様々です。

最近ではドラッグストアなどに行くとわかるのですが、びっくりするくらい過剰なサービスをしています。

挨拶も思い切り大きな声出してますし、接客も完全にお客様は神様状態ですね。こうしないとやっていけない東野もあるでしょう。

病院ではこういった患者に対する対応はいたってシンプルです。敬語とか使わない医師もいますし特に大きな総合病院だとこういった患者をいたわらない感じの医師が多いですね。

逆に個人で開業している医師はサービス精神満載の人がいます。自分の病院ですからそりゃ頑張りますよね。

大きな総合病院だとあくまで雇われた医師なので、基本ンサラリーマンです。なので、病院の教育がしっかりしていないところは患者に対して丁寧な態度を取らなかったりするケースがけっこうあります。

これは普通の会社を経験している人にはかなり違和感があります。最初から病院薬剤師として病院に勤めて、次にドラッグストアなどに行くと人へのサービスのあまりの違いに戸惑うケースがほとんどです。

総合病院は基本サービス精神はほとんどありませんし、日々淡々と仕事をしいくだけです。

医師や薬剤師はやはり勉強ばかりしたせいもあって世間を知らない人も正直います。そのまま病院だけの

狭い社会でやっていると頭でっかちで、融通のきかない人もたくさんいるので、人間関係がむつかしいケースも出てきます。

そういう人に出会ったら、あまりかかわらないか、うまく扱う工夫が必要になってきます。

病院薬局は正直世間知らずの人が多いという印象ですね。ザ・薬剤師という人もいます。積極業とか絶対できないパターンですね。

これは人によりますが気難しい人が多いというのは事実なので、人間関係はくれぐれもめんどくさいことが無いようにしていくことをおススメします。

薬剤師の転職理由の90%が「人間関係の悪化」になっています。人間関係だけには細心の注意をはらっていくのが、薬剤師の仕事をするうえで地味に大事なことです。これはガチです。

病院薬剤師は結論は地味な仕事です

結局、薬剤師は地味な仕事です。これは現実なのでしょうがないです。

病院薬剤師は調剤薬局よりは医師や看護師とのからみもあるので「バリバリ働いて患者の役に立とう」という高い意識を持っている人にが就職してきます。

ただ、現実は淡々と調剤をこなし、医師の言うことを聞く地味な仕事です。

こういうと夢が無いように思いますが、薬剤師だけでなくほかの仕事も現実は似たようなものです。そのなかでも自分なりにやりがいを見つけていくというのが現実社旗での生き方です。

がっかりしましたか?でも仕事をしているとお客さんに感謝されたり、頼りにされたりすることもあります。

ほんの些細なことですが、そういうことがあると薬剤師をやっていてよかったと思うことが必ずあります。

薬剤師は必票とされている仕事なので、誇りをもってこなしていけばいいのです。

どうしてもそれがダメなら企業の研究職やMRなどの営業に転職していくべきです。自分の居場所は時分で作っていく時代なんですよね。今時って。

ただ、病院によっては本当に忙しくて人間関係がヤバイところもある

ただ、病院によっては忙しくて人間関係もかなり嫌でキツイ問ところもあります。

精神的い限界を感じているなら、調剤薬局など仕事が比較的ゆっくりしている職場への転職がベターです。

ただ転職活動を一人でやるのは効率が悪いです。その場合は「薬剤師の転職支援サービス」を利用しましょう。

転職支援サービスは転職のプロのアドバイザーがあなたと面談をして希望に合った求人をピックアップしてくれます。

「薬剤師転職支援サービス」は転職支援のプロであるキャリアアドバイザーがあなたと面談をしてすぐれた薬剤師求人を紹介してくれます。

登録から利用はすべて無料になっています。これは求人を希望している企業側が転職支援サービスに報酬を支払っているので、あなたは無料で利用できるわけです。

薬剤師転職支援サービスは、あなたに履歴書の書き方や面接のやりかたをしっかりとサポートしてくれます。

良い求人情報があっても面接がうまくいかないと難しいですからね。そういう細かなところまで配慮してくれるのが転職支援サービスです。

一人で薬剤師の求人情報を探すより、格段に効率よく転職活動をすることができます。

また、北海道から沖縄までの求人情報を網羅しているので、勤務地の相談もでき、あなたのライフスタイルにあった転職を可能にしています。

薬剤師は安定した求人があるので、あなたのニーズにあった求人は見つけやすいです。転職支援サービスを利用してスマートに薬剤師の転職活動を行いましょう。

優良な薬剤師の転職支援サービスは下記のとおりです。支援サービスは登録・利用とも無料です。

 

1.ファルマスタッフ

2.薬キャリ

3.マイナビ薬剤師

 

「ファルマスタッフ」は東証一部情報の「日本調剤グループ」が運営する転職支援サイトです。

職場へ足を運び求人情報を収集し、面接同行サービスを実施してキメの細かいアドバイスで定評があります。

薬剤師専任コンサルタントが80名在中し、あなたの希望に合った薬剤師求人の提供・面接指導を行ってくれます。

登録は公式ページの緑色のボタンの「まずは会員登録(無料)」をクリックして名前・とアドレス、生年月日・住所と携帯番号と必要事項入力入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

ファルマスタッフ  (←公式サイトに移動します)

 

「ファルマスタッフ」だけでは求人の幅が足りない。担当者との相性が合わない・・・と言った場合は「薬キャリ」や「マイナビ薬剤師」を選択しましょう。

「薬キャリ」も「マイナビ薬剤師」も大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質とも「保育ひろば」に引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

薬キャリ  (公式サイト)

 

マイナビ薬剤師  (公式サイト)

 

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!