本を読むのがめんどくさい原因と段階的に本を読むのが好きになる方法

転職回数多いけどがんばるぞ

私もは今アラフォーなんですけど、若いころ(25歳くらいまで)はけっこう本を読んでいました。特に大学生のころは3日で一冊くらいのペースで読んできたくらいです。

しかし、40歳くらいになると、本を読むって習慣は全くと言っていいほどなくなりました。たまに自分がやってる仕事とか趣味とかでどうしても知識が必要な場合を専門書とかをAmazonで買うこともありますけど、年に本を読むのはせいぜい5冊も行かないくらいです。

本が好きだった私ですらこういう風になるんですから、本があんまり好きじゃない人ならネットでいくらでも情報が入る時代にわざわざ本とか読まないですよね・・・・

しかし、私も最近では学生時代のようにほどではありませんが、1週間に1冊くらいのペースで本を読むようになってきました。

40歳くらいのサラリーマンだと労働時間が多くて、残業で家に帰ってくるのも遅いですし休みはグダグダしていたいので本を読む気力がなくなりがちです。それでも、段階を追って

「本を好き」

っていう状態に持っていくことで本を読むのが好きになってきます。一日20分でも本を読むようになると人生が大きくプラスになっていきます。

本を読むメリットは想像以上に高いんですよね 本を本でいる人は仕事でもコミュニケーション力行動力が段違いです

余談ですけど本を読むと得られるメリットを挙げておきます。

知識が豊富になる
コミュニケーションの力が上がる
読解力が上がるので仕事の資料も簡単に理解できるし、昇進試験とかも楽勝になってくる
意外と仕事の仕事のストレス発散になる
人生で悩んだ時の助けになる(できる人の知識を参考にできるから)
ぶっちゃけ頭の回転は速くなるし、脳の老化防止になる

と個人的に思うのはこんな感じですね。逆にデメリットは、変な姿勢で読んだりすると目が悪くなったりすることくらいですかね。それもスマホとかパソコンを長時間やるよりははるかにマシじゃね?とは思います。

本音を言うと、こういった本を読むことでのメリットってのはみんな知っています笑。

でもスマホとかでLINEとかゲームやるのって頭をまったく使わないんで、どんどん脳が退化してていきます。それでいて得られるものは1ミリも無いですからね。

できればスマホゲームやる時間あるなら、本読んだほうが「いいこと」だってわかってるんですけど、酒やたばこ辞めららないのと一緒で、じゃかなかできないわです。

しかし、本を読もうと意気込んでいきなりフツーの本とか、ましてや専門書とかから読み始めても高確率で挫折します。

まずは、

「簡単な本」

を5冊くらい読む・・・ってことをやってみましょう。これ意外と簡単にできるんで、ベタな方法ですけどやってみるとかなり効果が高いです。

本は簡単なものから読み始めて「段階的」に本のレベル絵を上げてくのが手っ取く本を読むのが好きになる

本を読むのが好きになるには

「段階的に読む本のレベルを上げていく」

ってのがポイントなんですよね。もっと平たく言うと

「少女向けのライトノベルとか、子供向けの推理小説、半分マンガが入ってる本とか・・・」

こういった本をまず読んでみるのがベターです。かなりベタな方法ですけどこれが一番手っ取り早いです。

「え?いまさら子供向きの推理小説?」

とか思うでしょう。コナン君のマンガの小説版とか出てますからね。そういうのでもいいわけです。

呼んでみると意外と面白いです。それにこのくらいだとだいたい2~3日くらいで読み終えてしまいます。こういうのを5冊くらい読めばもうウォーミングアップ終了で、いわゆる「普通くらいの本」も割と簡単に読めるようになっています。普通の小説とか、啓発本とかですね。

本屋に「話題の新書」とかで売ってるやつですね。そういうのをこれも5冊くらい読んでみればかなり本に慣れます。

そしたらもう、分厚い小説とか専門書とかもけっこう読めるようになっています。普通に高校とか卒業してる人なら余裕ですよ(^O^)/

いきなり本を読もうと思って、いきなり評論の本とか専門書とかけっこう分厚い小説とか読むのはかなり無理がありますからね。

「段階的に」本のレベルを上げていくってのは何げに「超重要」なことなんですよね。

今時では「本を音読してくれるサービス」ってのもあります。本を読むのがめんどくさければそういったサービスを利用するのもイイでしょう。

今時では「本を音読してくれるサービス」ってのがあります。

「本を聴く」って表現を売りにしてますね。アマゾンでも「オーディブル」っていう名でサービスを展開しています。

これって、昔、お母さんが子供に本とかを読み聞かせてくれるのの大人版・・・・って感じですね。本を読むのがメンドクサイって人は

こういうサービスを利用するのもアリでしょう。

AmazonのやってるAudible(オーディブル)と言う「本を朗読で聴ける」サービスがあります。

その名の通りですけど、文学からビジネス書、ライトノベル、落語、洋書とかのオーディオブックを利用できるサービスですね。

Audibleの料金は1月1500円で会員になるコースです。30日間は無料で体験するコースになってます。(30日超えると課金されます)

 

→Audible 体験版30日間無料 最初の1冊無料(amazonのサイトに移動します)

 

これだと、月に1冊だけかよ・・・・的な感じになって会員になってもオイシクない感じです。

しかし、「返品制度」があって1コインで購入したタイトルを返品できるんですよね。返品すれば1コイン戻ってきます。

1冊聞いて返品してまた、聞いて返品・・・・・ってこともできます。返品できるか回数は決まっていません笑。

ただ、無限に返品はできるわけじゃなくて、今のところ「5回前後」くらいできるってくらいですね。いわゆる「常識の範囲内」ってことでしょう。

1冊購入して嫌だったら返品すればいいわけです。

あとは本を単品購入するときにお金がかかるわけですね。ちなみに会員にならなくても購入はできますけど、会員になるとひと月に1枚

「コイン」ってのがもらえます。あと会員だと30%オフでタイトルを購入できます。

「コインって何?」ってとこですけど、1コインで一冊のオーディオブックを購入できるってことですね。会員だと月に1冊は無料で購入できる

ってことです。返品っていう仕組みが微妙ですけど、何度か聞いてみて本を選べるのでそういう意味ではお得なサービスです。

メリット・・・1コインで何冊狩本を実際に聞いて選べる/30%オフで購入できる/音読で聞くのは楽/アニメの声優などプロの朗読を聞ける
デメリット・・・返品も無限に返品できるわけではない/本を読むのが苦にならない人には価格が割高になるだけ/

Audibleでメリットを大きく感じる人

通勤で車に乗る人ならその間、朗読の本を聞けますし、疲れているときでも本を読むより「読んでもらった」ほうが楽ですしね。

英語の本なんかは英語の勉強にもなるし、アニメファンとかなら声優の声が生で聞けます。こういう人ですかねメリットを感じるhとは。あと、本を読むのがメンドクサイ人いはいいシステムですね。

30日間の無料体験のうちに解約すればお金はかかりませんし、無料体験でも1コインもらえるんで、一冊の本はゲットしてずっと聞くこともできます。

Audibleを使ってみたいと思うときは、無料体験を試してみたはどうでしょうか?

 

→Audible 体験版30日間無料 最初の1冊無料(amazonのサイトに移動します)

実際本を読んでみると楽しいですし、ストレス発散にもなります 酒とかでストレス発散するよりも100倍健康的ですからね

実際私も、15年ぶりくらいに本を読みま始めました。

再び本を読み始めてみると、かなりストレス発散になります。本を読むと知識と読解力はマジであがりますけど、それ以上に感じているのは

「ストレスが発散される」

ってのですね。

本の無いように没頭することで、普段の嫌なこととかをかなり忘れていきます。働いているとイヤなことって結構ありますからね・・・・

今まではそれを酒飲んだりして飲み会とかでつかってましたよ(;´Д`)

でも一回飲み会我慢すると5000円から1万円くらいうくんで、本を何冊も変えますし、というか図書館とかに行けば本を読むのは無料ですからね。

一番コスパが安くて、知識がついて、読解力が上がって頭の回転も速くなるうえにストレスも発散できるものって他にないんじゃね?って思います。

本ってたしかに「最初は」読むのはめんどくさいですよ。でも慣れてくると、

「電車の中でも」

「ちょっと昼休みに10分」

「寝る前にくつろぎならが20分くらい」

とか時間を作るとフツーに1時間くらいの時間が簡単に作れますしね。本てあたりまえですけど、本があれば割とどこでも読めるってのが強みです。

時間があるときにスマホをいじってゲームをやるよりは250倍、有効な時間の使い方なんですよね。

電車とかでスマホ見ながらゲームやってる人と、そこで本を毎日読んでいる人とでは、人生で大きな差がついてくるのは簡単に想像できます。

まずは最初は簡単な本から始めていって、本を読んでくようにしてみるのは人生を豊かにしてくれますよ。