転職活動でハローワーク使うのは危ない 嘘の求人とブラック企業があるハロワの現状と正しい転職方法

ハロワ

私が会社を辞めたときにはハローワークに手続きに行きました。退職してから転職活動をしようと思っていたので、基本手当とかの給付の手続きですね。

会社を退職した人はハローワークにはほぼ必ず行くことになりますからね。

そのついでみたいな感じですけど、ハローワークで出してる求人をパソコンとか使って見てみたんですよ。

当時は私もそれほどブラック企業の求人というのがどういったものかあまりわかっていなかったんですが、それでもちょっと胡散臭い求人ばっかりで

「これってどうなんだろう・・・・」と疑いの目を持ったのを覚えています。今考えると、直観的に「これってやばいかも・・・・」と感じたんですね。

ちなみに人間の直感てかなり当たります。直感でヤバいとかマズいなと感じたときはその直感に従ったほうがイイんですね。

そのあとハローワークでの求人のことを調べてみたんですけど、ハローワークの求人は嘘の求人を出しても虚偽の罪にはならないという衝撃の事実が
わかったんですね。

Q 求人誌を見て就職しましたが、求人誌に書いてあった給料や勤務時間などの条件と実際の条件が違っていました。これは労働基準法違反ではないのですか?

A 労働基準法第15条には、労働条件の明示が定められていますが、この条文で言う労働条件の明示とは労働者個々人
に対して書面で明示される労働条件のことです。つまり、求人誌やハローワークに掲載されている求人票はあくまでも募集の際に提示する労働条件の目安であり、労働基準法第15条で定める労働条件の明示には該当しません。
 なお、ハローワークに掲載されている求人票の条件と実際の条件が異なる場合は、まずはハローワークにご相談ください。

出典元 厚生労働省

こういったことが厚生労働省のページに書かれています。これって平たく言うとハローワークに掲載されている労働条件はウソでもイイってことですからね( ;´Д`)

サラッと書いてありますけど、こういったハローワークの現状をしらないなんというか世間知らずな若者とかは、普通にハローワークの求人の内容を信じて面接を受けて、その会社に入ってしまいます。

そうすると、ブラック企業罠にはまって奴隷として働かされる・・・・という負の連鎖を生んでいくわけです。

またハローワークはこういったウソの求人情報を出していいだけでなくて、「求人掲載をする会社にまったく審査が無く掲載料は無料」ということです。

企業というかどんな怪しい会社、世間的に法的にギリギリの会社(詐欺やヤクザ)でもハローワークに無料で審査なしで求人を掲載できるということです。

これってブラックな悪徳な会社にとっては最高の「奴隷の狩り場」になるわけですね。最近ではハローワークの求人がブラック企業ばかりというのはだいぶ知れ渡ってきましたが、それでもそういった情報を知らない人はまだまだたくさんいます。こうやって見てみるとハローワークって

ブラック企業にとってはいくらでも労働基準法を守らない会社でも求人を出せる最高の場所

就活をしている人にとってはブラック企業ばかりで、しかもウソの求人がほとんどの最悪の場所ということになります。

ハローワークにいる事務員て臨時職員や嘱託社員の人が多いって知ってますか?ハロワの職員は公務員は意外と少なくて、こういった主婦や恒例のおっさんが臨時でやってるパターンが多いです。そう、私もなんかやけにハローワークの職員ておばちゃんと年齢がいったおっさんが多いなと思ったんですよ。

こういった、まともに転職活動溶かしたことが無い人が、まともにアドバイスができるとは到底思えません。というか相談すると普通にブラック企業を勧められて、ブラック企業に奴隷として就職してしまう・・・こういったことがハローワークの基本の流れになってきます(^O^)/

よくハローワークでの求人の嘘を見抜く方法とかがありりますけど、そもそもハローワークを使わなければいいわけですそこに気づいてほしいです

よく、ネットを見ると

「ハローワークでの求人の嘘を見抜く方法」とか

「ハローワークで良い求人を見つける方法」

とかありますけど、これってブラック企業の求人がいっぱいあるハローワークをわざわざ使う必要があるの?ハローワークの求人の嘘を見抜く技術とか方法とかあってもハロワを使わなければいいんじゃないの?と思いますけど、違いますかね?

ハローワークって会社を辞めて最初に行く場所ですし、そこでそのまま求人を探すっていうのがたしかに流れとしては多いです。そのハローワークがブラック企業にとっての最高の奴隷の狩り場と言うのを知らない人が多いんですね。この記事を読んでいるあなたはもうハローワークを使わないと思いますけど、そういった情報を知らない人がハローワークの求人の嘘を見抜く方法とかいう記事を読んだりするんですかね?

だって、「求人の嘘を見抜く方法」っていってもそもそもウソの求人がほとんどでそういったツールをつかうこと自体が全く持ってナンセンスだと思います。

まあハローワークも公的な期間ですし、まさかそこがブラック企業の奴隷の狩り場だとは気づかない人もまだまだ多いでしょう。

なんか、悲しい現実ですよね。そもそもこういったウソの求人とかが普通に出ている場所が公的なハローワークと言う場所だというのがとても悲しくなってきます。

こういった公的なハローワークがブラック企業の宝庫になっているのはちょっと個人的にはあまりに悲しいです 人を利用することしか考えていい世の中は本当に悲しい

ハローワークがブラクック企業の宝庫になっているのは、個人的にはものすごく悲しいです。私もブラック企業で働いたことがあるのでその悲しさというか、ブラック企業で働くことがどれほど悲惨なことになるか、人生の時間を無駄にするかというのがよくわかっているからです。

ほんとに、人をテキトーにだましていくらでも働かせて、ろくな賃金を払わない・・・・っていう職場が多すぎます。そういった職場の求人が一番多いのがハローワークなんですからね。

「だまされる方が悪い」「社畜として洗脳して働かせる」とか人を利用することしか考えてないのがものすごく悲しいです。

そういったものが現実で世の中で普通なことっていうなら、世の中はちょっとおかしいですね。人を利用してそこまで利益とかを上げて、結局、社員を過労死させても別に罪の問われないわけですからね。もうそういうのやめてほしいです。

といって現実を嘆いてみても、世の中は変わることはありません。そもそも学校とかでも「我慢する人がえらい」とか「やりがいがある仕事が素晴らしい」とか「3年は我慢したほうがイイ」とかとにかく理不尽な状況でも我慢することがイイことだ見たいな人間を量産していますからね。

そういった人間はブラック企業にとってものすごく都合がいいわけですから・・・・

話が逸れましたけど、こういったハローワークにブラック企業ばかりあるとか、現実の社会は求人でウソをついて人を利用してこき使いまくるといった世の中は変わることはありません。世の中そんなもんです。

そうだから「自分の身は時分で守る」しかないんですね。ブラック企業に入りたい人はハローワークを使えば簡単に入れるのでいいですけど、私は絶対嫌なので、ハローワークは絶対は転職活動で使うことはありません。

ハローワークを使うのはやはり危険なので、安全な転職ツールを使うのがベターです 

上述のようにハローワークでの求人は嘘の求人が多く、ブラック企業の求人がたくさんあります。ハローワークというツールを使うこと自体がナンセンスということです。

転職するときに使うツールは

「優良な求人を紹介してくれる」

「履歴書作成や面接対策に的確なアドバイスをもらうことができる」

という二点が最重要項目です。転職って難しいと思われていますし、実際私も転職活動をするまではそう思っていました。たしかに一人で転職活動をすれば、履歴書をつくったり面接の対策をするのはむつかしいです。自分で情報を集めるってとにかくキツイですね。

しかし、転職エージェントでは、厳しい基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。優良な求人を紹介できる体制が整っているわけです。また、転職のプロであるエージェントが履歴書の作りかたや、面接の対策などを個別に面談して的確なアドバイスをしてくれます。

こういったツールを利用したことで、転職活動は簡単ではないですが、むつかしいというほとではなかったです。

準備と対策をやっていけば内定は取ることができるんですね。

優良な求人を紹介してもらって実際に自分の眼で見ることで、ハローワークとは全く求人の質が違うということがすぐにわかります。そのため、求人を紹介してもらって転職活動をやっていくかどうか判断してもイイと思います。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

DODAエージェントサービス (←公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

私の経験でもハローワークで何度か求人をもらって面接を受けたんですが、本当にひどいものでした。

その無駄な時間があったからこそ、転職エージェントで優良な求人を紹介してもらうことがいかに大事かと言うのがわかったのですが、できれば最初からハローワークを使わないことが時間の無駄を大幅に省くことができます。

本当に、情報は大事だなと思いました。できれば私のようにハローワークで転職活動をしてしまって無駄な時間を使わないようにしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!