ブラック職種だけど完全歩合制(フルコミッション)の営業は高収入も可能 営業に向いているならやってみる価値はアリ

残業をするサラリーマン

完全歩合制は営業なんかで取り入れられる仕事の形態です。売れれば○○円の給料がもらえるけれど、売れなければ給料は無いよというわかりやすいシステムですよね。

不動産・浄水器・保険・リフォームの契約・美容業界なの業界で取り入れられてますね。求人誌を見るとたまに求人が出ています。

「完全歩合制・月給はあなた次第で50万以上可能」

的な求人です。求人に嘘はないですけど、ご想像のとおりかなりハードな業界です。

「完全な歩合制」なので、全く商品が売れないときは給料が本当に「ゼロ」になります。売れないお笑い芸人なみの待遇です。ただ、売れれば高収入を得られるのも事実で、実際月収100万以上稼いでいるヤリ手の営業マンもいます。

まさに弱肉強食。弱ければ死に、強ければ生きるといった世界を地で行っています。志々雄真実の言っている通りです。

なので、ある意味ブラック企業なのは当たり前です。そりゃそうですよね。売上上がれる人は神ですけど、売り上げが無い人はゴミ同様の扱いを受けます。キレイごとが一切通用しない業界です。

その反面実力のある人にとっては天国の業界です。売れればいいわけですからね。浄水器でも売れれば人間性とか全く関係ありません。まああんまり人間性が悪いと、売れるものも売れないと思いますけどね。そこまで人間バカじゃ無いんで。

ここでは完全歩合制(フルコミッション)の特徴と就職のポイントをご紹介します。

完全歩合制は高収入とブラック企業が表裏一体 とにかく自分のスキル次第でどうとでもなる

完全歩合制の会社がブラックと言われますが、正直、完全歩合制の会社を選んではいる人はそんなの承知ですよね。商品売って、たくさん稼ぎたいぜとい人だけが集まってくる業界です。

なので、ブラックというのもちょっと認識がおかしい?という気もします。仕事がハードですけど、そのぶん打っただけ給料になるので、こんなにおいしいことは無いかもしれません。

だって売れなかったら会社辞めればいいわけですからね。一度チャレンジしてみるものありかもしれません。

私は地銀時代にには営業でトップの成績になったとしても、給料はほとんど上がらないというのを経験しています。

というかトップになると美味しい思いをするのは会社だけで、出世するのは上司とゴルフ行って気に入られている人だけなので、結局営業で頑張ってるののは「会社にいいように利用されている」だけということです。

これが完全歩合制なら、売れば売るほど給料になるので、そりゃあ死ぬ気でやりますよね。一生この仕事を続けるってのは厳しいかもしれませんが、5年10年と期間を区切って、繰りまくって資金をためるという人生計画もいいかもしれません。

とにかく稼ぎたいという人には向いています。ただ、もともと営業が向いてないと一瞬でも思ったら完全歩合制は辞めたほうが良いです。

中途半端な気持ちで営業の世界に入るとかなり痛い目に合います。やったことある人ならわかると思いますが、体力精神力がかなり高いレベルにないと継続するのはキツイです。

完全歩合制の業界に勤めるなら、とことん自分の適性が営業に合っているか、とにかく商品を売りまくる覚悟があるかを再確認してみる必要があります。

確認していてブレないマインドがあれば、完全歩合制の仕事は天職になるでしょう。

仕事ができればそれだけで高収入が期待できる業界はほかにない 人間性とかも関係ないですしね

ちょっと悲しい話かもしれませんが、営業ができる力と、人間性はあまり関係ありません。

実際営業をやっていると、営業ができる人って人間性が「あれ??」って人が多かったです。ワーカーホリックだったり完全に自分のペースだったり、独特の空気を持っていました。正直人間的に魅力があるというタイプもあまりいなかったです。

営業って俗にいう一般的に「イイ人」ではできないです。自分の会社で扱っている商品がどんなものでも「売らなければ意味がない」からです。

割り切って売り続けるメンタルを持っている人が勝ちます。よくきれいごとで「お客様のために」という感じの営業がいますが、現実は違います。

それはドラマとかマンガの世界で実際は、やはり売り続けることをひたすらやっているのがトップ営業になります。

その商品が必要ない人にでも売れるくらいのスキルがある人が勝つんですね。もちろん、無理やり売ったらダメですけど

相手がついつい購入してしまうというキャラが必要になってきます。営業力があるという人はそのあたりを自分で見極めてみてください。

とにかく売り続けることができる人は完全歩合制の世界でかなりいい位置に行けるでしょう。なまじ「イイ人」だったりするとちょっと完全歩合制の世界は厳しいかもしれません。そのあたりの適性も考えて、この業界に入るのをおススメします。

できれば会社としてきちんとしている企業に勤めるのがベター 思う存分仕事をしていきましょう

完全歩合制の会社に入るのはそれほど難しくありません。当然辞める人もかなり多いので、募集している会社はかなり多いです。

ただ、やみくもに職場を選ぶのも考えモノです。完全歩合制でもやっぱりやりやすいのは「売りやすい商品のある会社」です。世間的に認知されているものや不動産んを売るにしても、名前が知られている不動産会社なあら仕事もやりやすいですし、保険を売るにしても、大手の保険を売る方がやりやすいに決まっています。

そのため、認知度が高く売りやすい商品がある会社の完全歩合制を選ぶべきです。そういう求人は普通の求人誌には

なかなか掲載されていません。その場合は転職エージェントを利用して、求人を探してもらったり非公開求人を紹介してもらうのがおススメです。

転職エージェントを利用して完全歩合制の業界に入ってみよう

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして希望の求人をピックアップしてくれます

また、普通の求人誌とかでは絶対に得ることができない、会社の深い情報とかもゲットできます。その会社が残業が多いかとか人間関係がどんな感じか・・・といった一味深い情報を得ることがでるですね。

基本求人を出す会社を審査しているので、ブラック企業率が低いのが転職エージェントの特徴です。

転職する際ほとんどの人が転職未経験なので、手探りで転職活動をするよりもスマートに転職ができます。転職は失敗できない選択の連続なので、転職エージェントを利用するのが最も効率的に転職活動を実践できます。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!