外資系企業に転職するメリットとデメリット 完全成果主義で体育会系な雰囲気は無し

時計と航海図

日本の企業で働いてるとどうしても、日本企業古来からある風習が嫌になっている人も多いです。

「上司に逆らえば出世はできない」
「同調圧力がすごくて、飲み会とかも簡単にサボれない」
「実力主義の会社がほとんどない。合っても上っ面だけで実際は上司に媚びたほうが勝つシステム」

おおむねこういった日本企業の風潮い嫌気がさしてくるものです。まあ現実こんなもんですからね。サラリーマンって悲しいです。

ただ、こういった封建的な縦社会なのは日本独特なんですよね。もうこういった縦社会的な会社のあり方は限界に来ています。その証拠にもう日本の経済状態はボロボロじゃあないですか。

ただ、こういったて社会的な会社にいるのはぶっちゃけイヤですよね?それを一新するには「外資系企業へ転職する」のがナイスな選択です。

外資系企業のイメージというと「給料は高いけど完全実力主義で結果が出ないと即効でクビを切られる。」

みたいな感じでしょう。これはおおむね当たっています。外資系企業への転職というとほとんどの人が初めての経験になるので、正直不安を不安を感じるものです。

ただ、このまま日本の風土どっぷりの日本企業で働いていても、とても実力主義とは程遠い環境の中で我慢しながら働くことにないります。

ここでは、外資系企業のメリットとデメリットを比較して外資系で働くとはどういうことかを認識しておきましょう。

外資系企業のメリット

メリット

今更ですけど外資系企業のメリットですね。外資系企業に転職したいと思っている人にとっては常識かもしれませんが念のため(;^ω^)

スペシャリストとして専門的な仕事ができる

日本の会社ではスキルがあっても、一方的に人事部の指示によって異動させられてしまいます。

一方外資系企業では、自分のスキルを高めるために同じ部署で仕事を続けることができます。企業側もなるべく専門的な人材を育てるために、スキルアップに協力してくれます

特に、外資系では個人個人のスキルを重要視するので、一つの分野を極める仕事をすることができます。ただ専門分野といっても、知識や技術は日々進歩するので絶えず勉強することは必要です。

仕事を極めたいっていう人は日本企業じゃあまず無理ですよ。だって仕事やらせてくれないですからね。日本企業は「現状維持」が大好きですから。

人間関係が煩わしくなくてフラットな関係 体育会系の雰囲気は当然無しです

日本企業では、年功序列、体育会系の上司部下の関係など人間関係がウザいですが、外資系企業ではそういったいわゆる「縦社会」てきなものではなく「チーム」ではたらく横のつながりが強いです。もともと年齢などを重視せず能力を見るため、フェアでクールな人間関係を築くことができます。

こうなると当然女性も出世しやすく格段に日本企業より働きやすいと言えるでしょう。

ホント日本の会社の「縦社会」は辞めてほしいです。体育会系の会社ってマジで最悪ですよね

関連記事

体育会系の会社の特徴ってホント嫌なんですよね。これってブラック企業って基本体育会系なので体育会系企業はブラック企業として認定したくらいです。もし辞めたいなら、体育会系の会社に近寄らないほうがイイですよ。運悪く入ってしまったら労働環境を変えることも検討しましょう。

年収が日本企業よりも圧倒的に高い

これは一番のメリットで、外資系企業は本国で業績が好調な会社が日本に現地法人を立てて日本でのシェアを拡大しようとしています。

そのため、日本の大企業かそれ以上の待遇であることがほとんどです。

ぶっちゃけ年収が倍になったとかフツーにありますからね。外資系企業の待遇は破格なんですよね。

結果主義で結果を出せば年齢を問わず昇進する

これが日本の企業と大きな違いです。日本の企業では、どんなに成績を出しても上司に嫌われれば昇進はしないですし、昇進も10年かけてやっと係長、その後10年かけて課長になるといった相当な時間を要します。

外資系企業では結果さえ出せば数年で課長クラスに抜擢されることは当たり前の世界です。バリバリ仕事をこなして結果を出したい人にとってはまさに天国です。

ホントにノンの企業なんて係長あたりで出世止められて、労働力搾取されてしかも賃金は安いみたいな・・・・地獄絵図ですよ。

優秀な人材と働くことができる

外資系企業の日本にある支社には、たいてい本社からの人間が日本支社長です。本国のエリート社員が日本支社に派遣されていて基本、優秀な人材「のみ」といってもいい企業風土になっています。

当然、海外出張の機会も多く、外国語は必須のスキルになります。日本ではめったにいないような優秀な人材が外資系にはゴロゴロしているといって状況になっています。

いままで、日本の企業で「仕事をしてなくてもなんとなく出世していた上司」みたいな人間は完全に淘汰せれる世界です。

ある意味、仕事ができる人材しかいない世界なので、優秀な人間と接する機会が激増します。

意識高い系の人にはたまらない環境ですなあアこれって。

日本的は残業の風習は無い

日本の会社特有の文化?である「残業をダラダラやっている人間のほうがなぜか評価される」という風潮は外資系には全くありません。

逆に残業をやっている人間はむしろ自己管理ができず、仕事のスケジュールをこなせない仕事ができない人間と見まされます。

ちなみに、外資系では太っている人間はその時点で仕事ができないと思われます。自分の体を管理できない人間が仕事ができるわけがないと思われているからです。

外資系企業では結果さえ出せば、残業などする必要はなくプライベートど仕事のメリハリをつけることができます。

日本企業では、有給休暇を取るのも気を使いますが、外資系では待ってそういう気遣いは必要ありません。

合理的でないことに無駄な気を遣うことがないのも外資系のメリットの一つと言えます。

ちなにもサービス残業とかそういう概念もありません。とにかく結果のみを残せばいいわけですよ。サービス残業とかって違法ですからねえ。

ブラック企業に入るとサービス残業は当たり前で、しかも月200時間とかざらです。無給でこれだけの残業をやらされるわけです。それって非道なことですけど、それで捕まることも無いので会社はサービス残業をやさせます。もう、こういうところは自分で環境を変えてくしかないんですね。そうしないと人生が破たんしてしまいます。さっさと逃げ出せばいいんですよ。

外資系企業のデメリット

一件メリットだらけに見える外資系企業にもデメリットもあります。デメリットはどんなことがあるのでしょうか?

結果を出さないと首切りの可能性が高い

外資系企業での一番の特徴は、雇用されても安定性が低いということです。外資系企業では仕事ができる人材を絶えず集めている一方で、仕事ができな人材を簡単にリストラします。

平たく言うと、「ダメな社員はすぐにいなくなってくれよ」というスタンスです。完全な成果主義といいえば聞こえはいいですが悪く言えば社員に対する温情など全くなく結果が出なければすぐにクビにします。

また、外資系企業の日本での業績が思わしくない場合は、日本支社自体が事業から撤退することもあるので、その場合は現地採用の日本人は一斉にリストラされることになります。

これは、外資系企業といえども利益の上がらない国での活動は早めに見切りをつけたいのが本音です。当然、本国の本社の利益が最優先なので、もうからない国からは撤退します。

外資系企業での日本支社はあくあでも、本国の本社の利益を拡大するための駒なので、利益が出ないケースでは簡単に撤退をします。

外資系企業で収入が激増したが数年後、結果が出ずリストラされ無職になった。外資系企業が日本から撤退してリストラされて無職になったというのは外資系企業あるあるですね。

人間関係がとにかくクール

外資系企業では日本の企業のように、「仲良く」仕事をすることはありません。個人主義で一人一人が完全にプライバシーを確立しています。

仕事ができて結果ができればいいという風潮も強いので、人間関係や個人同士のつながりを仕事に求める人には社風が合っていません。

これがデメリットかメリットかわかりせんけど、会社は仕事をする場所なので、よくある会社の飲み会とか嫌いな人にとってはメリットになりますよね。

人間の入れ替わりが早く短期的流動するので人間関係が築きにくい

外資系企業は結果主義で、結果の出ないひとは会社からいなくなります。

そのため、人間の入れ替わりは激しく、上司は部下がコロコロ変わっていくというのは珍しくありません。数年で何人も上司が変わったというのはよくある話です。

上司が良く変わると、上司によって仕事のやり方が180度変わる場合もあります。そういったことが頻繁におこるのが外資系企業なので、人間に対する適応力は必要です。

逆にいえば無能な上司はすぐにいなくなるので、デメリットばかりではないということです。無能な上司いなくなって最高だぜというケースもけっこうあります。

無能な働き者の上司がいると、仕事が全く回りません。そんなときは異動願いを出す、上司が異動するまで待つ、転職して労働環境を変えていくという順番で行動してくべきです。我慢して行動をやめているといずれ、うつ病などになって取り返しのつかないことになってしまいますよ。

福利厚生がほとんどない

外資系企業の場合は、日本企業を比較すると福利厚生はのほとんどありません。退職金や家族手当、通勤手当などの手当て系のものはありません。

収入自体は好待遇ですが、福利厚生面では期待できるものではないので、転職するときにはそういった面まで考える必要があります。

残業は無いが、海外出張などで拘束時間が発生する

外資系企業だけに、本国への海外出張や本社への報告で海外へ出向くことが多いです。

普段の仕事での残業は無いとしても、海外出張では長期間時間を拘束されます。

あと、外資系でも営業などはかなり仕事がきつく、仕事を持ち帰って家で仕事をする・・・ってこをもよくあります。まあこれは日本の会社でもありがちですけどね。

これは社内で残業ができないからですね。ただ、その分会社での時間に管理の自由度は高く、フレックス制やコアタイム制が充実していて、完全に自分で時間を管理することになります。

時間の拘束は自分の裁量に依存することになるので、うまく管理をしていかないと仕事自体が回らないといった危険を伴います。

外資系企業もいいところばかりではありせん 自分でやっていけるかどうかを考えてから転職しましょう

外資系企業は日本の企業とは完全に別物と考えたほうが良いです。

この社風でやっていくぜ!という人でも一度デメリットもあることを考えてみてから転職候補にしたほうがいいです。

外資系企業の情報はほとんど普通に生活していて入ってきませんよね。その場合どうやって情報を集めるの?という疑問が出てきます。

外資系企業といってもヨーロッパの中の国でもドイツ、イギリス、フランスなど国によって文化が違いますし、アメリカでも社風が大きく違う企業もたくさんあります。

外資系企業への転職をする場合には「転職エージェント」を使うのは必須です。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントが履歴書の書き方から面接の方法までアドバイスをしてくれます。

また、普通の求人誌とかでは絶対に得ることができない、会社の深い情報とかもゲットできます。その会社が残業が多いかとか人間関係がどんな感じか・・・といった一味深い情報を得ることがでるですね。

基本求人を出す会社を審査しているので、ブラック企業率が低いのが転職エージェントの特徴です。

転職する際ほとんどの人が転職未経験なので、手探りで転職活動をするよりもスマートに転職ができます。転職は失敗できない選択の連続なので、転職エージェントを利用するのが最も効率的に転職活動を実践できます。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

DODAエージェントサービス(←公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!