外資系企業への転職は給料倍増・人間関係改善のメリットが大きい理由

外資系企業に転職したいけど、今更だけど具体的なメリットってどんなのがあるの?どんなキャリアを形成しすることができるんだろう?という不安もあります。 外資系企業への転職に興味はあっても、まだ踏み切れない状態の人もいるでしょう。

単純に外資系企業のイメージだと、

「外人がいて、年収が高くて、完全に成果主義で成果が上げられないと朝会社に行ったら自分の机が無くなっていた」

「英語ができないと話にならない、能力が高くないとやっていけない」

「激務だけど成果を上げればめちゃくちゃ年収が高い」

といったイメージですね。

おおままにはこういうイメージで合っています。ただ具体的には細かいとことまではまだわかない人もいるでしょう。

外資系企業のmeritはなんといっても給料が倍増するといった勢いです。

実際、私の地銀時代の同期も、トップクラスの営業は外資系の損保とか生保、証券に転職していきましたけどやっぱり1000~1500万円くらいの年収になったみたいです。このメリットは大きいですね。

特に営業やってる人は、日本の会社で営業成績上げても給料上がりませんしね。かといって出世できるという保証もないので、日本企業で営業やっても仕事がきついだけでメリットとか無いんですよね。営業やるなら外資系企業ですよ。

あとやっぱり、人間関係はさっぱりします。上司に媚びる必要ないですしね。結果主義なので、結果さえ出せば若くしてボスになったりも当然のことなんですよね。

外資系企業のデメリットは、「成果主義のために雇用の安定性が少ない」「企業の入れ替わりが多い」ということです。 当然成果主義で結果を上げられなければ解雇されるパターンも多いですし、外資系企業はトレンドがどんどん移り変わるため力を持った企業が常に入れ替わっています。

ただ、これは外資系企業に転職しようと思っている人は最初から「わかっていてそういう会社に入る覚悟」はできているでしょう。

 

人間関係が面倒な日本の会社と違い外資系企業の人間関係はスマート 日本の会社は上司に媚びまくらないと出世できないですしね

日本の会社って、上司や先輩がいてその意見には絶対服従みたいな空気があります。とにかく縦社会で上司がどうしようもなく使えない人でも、その意見に従うのが当たり前の風潮があります。

外資系企業では、すいう「縦社会」が薄くあくまで「横社会」です。外資系企業は主従関係ではなく「チーム」で働くのが基本です。 もちろん外資系企業でも上司部下の関係はありますが、基本はチームで働く横の関係なので、上司や先輩にも仕事上で意見をいうのは当たり前です。能力や成果が上司や先輩より高ければ簡単に地位も追い抜くことができます。

日本企業だとこういうことはあり得ないです。上司の言うことが間違っていてもそれに従い自分の意見は言わないというのが基本のスタンスが日本企業です。 そういう仕事のやり方に嫌気がさしている人はある意味外資系企業は天国です。自分の力に自信があって成果を上げられる野望があるなら迷うことなく外資系企業を選ぶべきです。

平たく言うとまあ、日本の会社では上司に媚びへつわらないと出世できないんですよね。20年くらい上司に媚びて、飲み会とか行ってゴルフお供して、お歳暮お中元とかを毎年出してそれでなんとか出世できます。逆に言うと仕事ができるとかできないとかってあんまり出世にな関係ないです。

日本の会社って何にも仕事できない人でもけっこう課長とかになってるでしょ?ただいるだけでも課長とかけっこういますし、人件費が無駄になっている感じですね。

その点外資系企業では上司に媚びるも何も、結果が全てなので、人間関係もカラッとしています。仕事ができない人はクビになって仕事ができる人は給料が上がる。媚びる必要とかほとんどないわけですね。

これがいいのか悪いのかは人の価値観によりますけど、どうせ仕事やるなら私は外資系企業の人間関係のほうが好きですね。

関連記事:アラサーで給料を上げたいなら外資系企業に行こう

30代アラサーで年収500万円以上1000万を狙うなら外資系企業に転職すべき理由
アラサーで年収を600万円以上、できれば1000万を超えたいという人は外資系企業に転職するのが一番早いです。外資系企業では30代くらいの人材を欲しがっていますし、英語も日常会話くらいできればいいわけです。仕事自体は日本国内で日本語でやることが多いですし、英語は海外のスタッフと話すときに使うだけなので、とりあえずは日常会話程度でOKです。

日本企業では女性は出世しにくいが外資系企業では男女の出世や働きやすさは関係ない

日本の会社では女性がキャリアを積むにはむつかしのは今でも変わりませんよね。男女雇用機会均等法が施行されてからも実態は男性優位の日本企業は揺るがない風潮があります。

外資系企業では、男性でも女性でもキャリアアップのチャンスはほぼ平等に与えられています。外資系企業には、女性でも普通に高収入で管理職の女性がいたり、成果を上げれば即、出世するような体制の会社が多いです。

合理主義なんですね。その方が、会社にメリットがあるというのが外資系企業はわかっています。余談ですけど日本企業はこういう合理的な考えができないと、さらに危機的な状況になってくでしょう。東芝などがいい例です。

キャリアップを狙う女性は、日本企業にとらわれるより、最初から外資系企業に転職することを選択したほうが良いでしょう。

個人的には女性こそ外資系企業に行くべきなんですね。日本て男女雇用均等法とかありますけど、どう考えても現状は会社は男性有利です。これは今後そんなに改善していかないんじゃないかと思います。だからキャリアアップを本気で考える女性なら日本企業とかにいる意味があんまりないんですよね。

仕事で一旗揚げたいなら女性は外資系企業一択っていうのが現実ですからね。

関連記事:外資系企業は女性にとって働きやすい職場ですよ

外資系企業の女性に働きやすい魅力 年収が高く男女格差無しでスキルを磨ける素晴らしい環境です
外資系企業は女性にとっては「仕事においての真の平等」がある環境です。日本の会社では女性が管理職になることもまだまだ少ないですし、女性は補助的な仕事が主体と言うのが現状です。キャリアを積みたい女性にとっては日本企業はまるで意味のない環境なんですね。年収、男女格差無し、スキルアップと外資系企業ならではの魅力は働きたい女性にとって代えがたいものがあります。

外資系企業ではスキルを習得するのに協力的だし最新のスキルが取得できる

外資系企業はIT業界などの最新のテクノロジーがどんどん開発されている企業も多いです。IoTやクラウド、AIなど日本で生活していてもよく聞く言葉の最新スキルを外資系企業で習得することができます。

日本の技術の数年から10年先を行っているといわれるアメリカ企業などのテクノロジーを外資系IT企業に入ればダイレクトに習得することができます。

こういう最新の技術は日本企業では習得することは困難です。特にIT関係の技術では、自動車の自動運転、医療分野セキュリティシステム分野など、外資系企業でしか見ることができない技術に直接触れることができるメリットがあります。

やはり結果を残すことができれば報酬(給料)が高いこれは最大のメリットです

外資系企業の最大のメリットは「報酬が高い」ということにつきます。これが最大の魅力ですよね。

外資系企業は成果主義で引き抜きや転職して就職する人がほとんどです。この成果主義のために、仕事で結果が出ない人材は解雇されることも普通です。高度なその業界のスキル、ビジネス英語のスキルなどが要求されるハードな業界です。

そのため、報酬はかなり高額です。報酬が高ければ有能な人材を確保できるというのが外資系企業の基本的なスタンスだからです。 一般的に男性の通常業務であれば年収1000万くらいはザラです。高い成果を求められる対価として、報酬が日本企業では考えられないほど充実しています。

30代で1000万プレイヤーがザラにいる外資系企業の最もよく表れた特徴でしょう。

英語力を高められる ビジネス英語は完璧になる

外資系企業は英語力が必要です。といっても英語ペラペラでなければいけないというわけではなく、TOEIC600点程度でも入れる部署もありますし、営業などの英語が必要な職種でも片言の英語でも外資系企業に入ってから英語を本格的に習得したという人もいます。

英語は「ある程度」できれば、入ってしまえば直接ビジネス英語を習得するしていくことができます。特に日本の会社で英語を習得するのは、海外駐在などにならない限りほとんどグ可能です。 外資系企業では、ほぼ英語を使用するので、イヤでもビジネス英語を習得することができます。顧客とのやりとり、会議や本国との連絡など、生きたビジネス英語を極めていくことができるのが外資系企業です。

ビジネス英語ができるようになれば、次の転職にも大きなスキルになりますし、海外に移住して本格的なキャリアアップも狙えます。 英語を極めたい人にとっては外資系企業は最良の転職先ということになるでしょう。

人脈が日本以外にもできるグローバルな人脈形成を作り上げることができる

外資系企業では海外への仕事でのかかわり、本国への駐在や、直接本国のプロジェクトにかかわることもあります。 そうすると、海外への太いパイプや人脈ができてくるので、その人脈を生かして、さらなるキャリアアップが可能になります。

それこを先ほど触れた「外国へ移住してのキャリアアップ」なども可能になってっきます。

外資系企業は基本ヘッドハンティングが当たり前で、転職することでキャリアアップしていくのが基本のスタンスです。 将来的に海外に住んでキャリアアップしていきたい人にとって外資系企業への転職は人脈のを作っていくには最高の環境と言えそうです。

このようなメリットのある外資系企業に転職するために自分の目指すキャリアをイメージして求人を検索しよう

このような外資系企業のメリットを考えて、具体的にどういったキャリアを積んでいくかを考えて転職先を決めていきましょう。

外資系企業にとって自分はどういう人材なのか?どういうキャリアを積んでいけるかを考えれば自ずと転職先は見つけられるものです。

外資系企業への求人を選んでいくなら「転職エージェント」を利用していくのがおススメです。

転職エージェントは、転職のプロであるアドバイザーが、しっかりと求人を審査してチェックしています。そのためブラック企業はほとんどありません。

これがハローワークや普通の求人誌だと、求人審査がないのでブラック企業の求人がいくらでも掲載されているんですね。この点が大きな違いです。

 

また、アドバイザーが転職についての悩みについてアドバイスしてくれます。転職活動は人生で多くても数回程度なので、解らなことが多いのは当然ですよね。そういった時にアドバイザーに質問すれば的確な助言をもらうことができます。

実際、この助言があるとないとでは行動の効率も大きく違ってきます。自分ひとりで悩んでいる時間はもったいないですからね。

転職エージェントを利用すると、世の中には「普通の会社」というのがたくさんある・・・というのが解かります。

ブラック企業につかまってしまうパターンは自分でハロワなどで求人を探して、自分でで面接を受けてしまうというケースが多いんですよね。そうなるのは悲しすぎますからね。

転職エージェントは登録から利用まで無料です。企業が転職エージェントに紹介料を払っているので、あなたにお金がかかることはありません。

そう、世の中にはホワイト企業や普通の会社、仕事がまともな会社はたくさんあります。ブラック企業から脱出する、ブラック企業にひっかからないというのは、もう今の世の中、転職での重要なポイントになってきていますよ。

 

→使いやすい転職エージェントの情報はコチラから