外資系企業の女性に働きやすい魅力 年収が高く男女格差無しでスキルを磨ける素晴らしい環境です

パソコンを使う女性

外資系企業では、女性でも初任給は500~600万円くらい。30代くらいになると年収1000万円は超えるのが普通です。キャリアを積めば女性でも普通に年収が2000~3000万円という女性も多い世界です。

日本の会社では初任給はせいぜい300~400万円くらいからで、女性はそこからほとんど出世などはしないので、年収も500万円くらいが上限と言うことになります。

日本て一億総活躍社会とか言ってますけど、あなたも十分分てるともいますけど、女性の地位は別に全く上がってないですよ。

私は地銀→製造業とわたってきましたけど、女性の管理職なんて2人しか見たことが無いです。管理職の割合で言ったら男性が99.5%で女性が0.5%くらいです。

なんか、日本てメチャクチャ女性管理職の比率が低いらしいですよね。あなたの勤めてる会社どうですか?

私のサラリーマン経験で女性は男性の補助のしごとばっかりやってましたからね。地銀とか製造業とかどっちかっていうと男が主体の会社っていうのもあったと思いますけど、女性でもけっこう仕事量があっても、やってる仕事内容はあくまでも「男性の補助」と言った仕事がメインでしたからね。

唯一の救いは、製造業時代は女性でも正社員なら男性と一緒の給料でした。仕事内容によって女性のほうが低いということもなかったです。

だから、考えようによっては補助的な仕事で男性の給料をもらえるなら美味しいじゃんと思いますけどね。ただ、女性は出世しないので、それによるどんなに仕事量をやっても、給料は年収500万円をこえることはなかったですけどね。

こういった状況がほとんどなんですよね日本の会社って。こういった状況で無理にバリバリ働いて女性が頑張っても、効率が悪いというか、確率的にも仕事をがんばっても報われる可能性が低いと言わざるを得ません。

そういう日本の企業とは全く違のが外資系企業です。外資系企業なら女性でも男性でも仕事の成果によって給料にモロ反映されます。仕事をやっていきたい女性ならかなり魅力的な職場です。

その反面、結果が出なければ解雇されるのは当然な職場ですし、徹底した合理主義なのも外資系企業の特徴です。

しかし、外資系企業は「仕事をやっていきたい女性」にとっては最も力を120%出し切ることができる職場ともいえます。日本企業では性別による差別は

永遠になくなることは無いですが、外資系企業はそういた性別で仕事を区別するっていう概念はありません。キャリアを目指す女性にとっては外資系企業はすすむべき道ともいえるんですよね。

仕事が好き 激務でも給料を取りたいという女性なら外資系企業はうってつけの環境です なぜなら男性優位というものがほとんど存在しない世界だからです

外資系企業は「合理主義」「成果主義」というイメージがありますが、そのままです。逆に怖いくらいに成果主義なんですよね。

これって確かに賛否両論あると思いますけど、仕事をしていきたいキャリアを目指す女性にとってはメリットがかなり大きいんですよね。

そりゃ外資系企業って激務ですよ。それに成果が上がらなければ普通にクビになる可能性も高いです。まったりと仕事をしていたいなら日本の会社のほうが女性にとっていいでしょう。

しかし、給料もほしいし、ガンガン働いて地位も得ていきたいという女性な外資系企業一択なんですね。

外資系企業では女性が出世できない、管理職にはなれないといった概念は無いですね。どんな人間でも成果を上げれば出世しますし、成果が上がらなければ出世しないもしくは解雇というシンプルな構造です。

だから、役職も日本でいう課長・部長くらいしかポストがありません。あとは全部平社員みたいな構造なんですね。

なんか私のいいた会社でもリーダー、係長、係長補佐、課長、課長補佐、次長、推進役、技師、主任・・・・となんかよくわからない肩書が一杯ありました。これって、相違肩書を与えて仕事やらせるだけの、体のいいやる気詐欺だったような気がしますけどね。

日本の企業は肩書優先で、肩書をもらってもたいして給料が上がりません。なんか逆に迷惑ですよコレ。日本の会社って変な肩書押し付けて低賃金で働かせるっていうのが常套手段ですからね。

外資系企業は年齢関係なく成果だけで報酬が決まってくるので、若くても成果を上げれば給料が上がりポストがつきますし、年齢が高くても成果が無ければ給料は上がりません。

「仕事をやりたい女性」「仕事で成果を上げる自信のある女性」に減退するなら、外資系企業のほうがメリットが大きいのはわかりやすいですからね。

こういったことを日本でやってしまうと「仕事のできない人間で媚びとか売って出世した人」の大反発を浴びるのでできないんでしょうね。

良くも悪くも日本の会社って女性がキャリアをつんだり給料を上げていこうとするのには向いていません。外資系企業のメリットデメリットはありますが、給料が欲しいキャリアがほしい女性は外資系企業に行くしかないんじゃないですかね?

女性でも仕事をやっていきたいという「強い意志」がないと外資系企業はきびしいかもしれない

メリットばっかり上げてきましたけど、外資系企業では当然激務です。その分給料がイイですし外資系企業っていうだけあって普通に海外勤務もあり得ますし、仕事をやっていいう強い意志が求められます。その代わり高い給料とキャリアを得られるということになります。

でも日本のブラック企業なんて激務で年収300万円とかの会社もザラですし、同じ激務な仕事でも全く内容が違いますからね。

外資系企業でキャリアを積んでいけば、海外では転職していくごとにステップアップしていくとというのが当たり前の世界です。

さらに上のキャリアや報酬を得るために転職していけるというメリットもあります。外資系企業では「仕事をやっていく覚悟」「海外勤務」などの女性としてはあまりなじみのないものが必要になってきますが、それに対する見返りは十分にあります。

「仕事はやりがいがあればいい、一生懸命どんな仕事でもやればいいんだ」とか言って洗脳して、低賃金で働かされる日本のブラック企業には本当にうんざりします。

労働力を搾取されるくらいなら、外資系企業ではたらいたほうがいいですからね。

日本のブラック企業の仕事を見てみるといかに、海外での企業が「まとも」であるというのがわかります。

日本企業が発展していかない原因なんてこのあたりにあるってわかっているのに、成果主義といいつつも安い給料でこき使う体制がかわっていかないのにはウンザリしてませんか?外資系業ではそういうことは無いですからね。女性でも自分の力を十分に発揮していけるのが外資系企業と言う場所になってくるわけです。

日本人女性が媚びをうって日本企業て立ちまわってるのってなんか悲しいんですよね それじゃあ永遠に自立できないと思ってます

日本の会社は、普通に上司に媚び売って上司に気に入られてということが出世して給料を上げていくのに最重視されています。

こういったのが日本の企業がどんどんわるくなって、結局破綻して海外企業に買収されて終わりってケースが最近多いですよね。そりゃこうなりますよ。

だって海外の会社は、合理的に効率を考えてビジネスをしているわけですからね。

良い悪いとか賛否両論になりじゃすけど、外資系企業ってのは「とにかく女性でも男性でもとにかく平等」ってことです。

こういった完全に成果主義みたいなのが、万能とか絶対とかは思いませんし、デメリットもあると思います。

しかし、女性が仕事で成り上がっていくためにはこういう環境に身を置く死なないのが現状なんですね。

だから日本的な企業での

「媚びを売る」「仕事ができなくても上司に気に入られて出世する、昇給する」「女の武器を使って上司に取り入る」

的なのは一切できませんからね。この記事読んでるあなたは「媚び売る」とかそういうのってできないタイプでしょ?決めつけちゃってますけどね笑。

外資系企業ってそういうの必要ないんですよ。というか媚び売っても逆に気持ち悪いと思われますしね。

私も個人的には、媚びを売る人が大嫌いです。特に女性でも男性もそうですけど、強い物に媚びを売ってそれにまかれて生きている人・・・そういう人とは距離を置きたいです。正直言って。

こういった、強い物にまかれる的は発想の女性が多いのが日本ですが、だから日本の会社の状況はずっと変わりませんよ。そういうキャラなんですから日本人がね。

だからこれから日本企業は効率がガンガン下がって結局外資の波にのまれて終わりを告げると思っています。早めに日本企業に見切りをつけたほうがイイと思いますよ。

日本の会社にいても女性はあんまり裕福になれません というか貧乏のままの可能性が高い

ハッキリ言うと日本の会社は、誰が見ても「男性主体」の会社です。もちろん雰囲気もそ当然そうですし、実際、管理職になる女性っていうのは先ほど言いましたけど、私の実体験でも男性99人、女性1人くらいの割合です。都会に行けばもうすこし女性が多いのかもしれませんけどね。

これって、何を意味するかと言うと「女性が高収入を稼ぐのはむつかしい」ということに直結します。

そりゃそうですよね。出世しないんですからね。自分で事業を起こすか、それこそ外資系企業にいくくらいしか女性が高収入を得る選択肢がありません。

い今時の若い娘とかが、大学生の時に早い段階から「婚活」しようとしています。一時期、「女性の社会進出」」なんかで働く女性をイメージアップさせて働く女性がは確かに増えたんですけど、日本企業で女性が働いてもたいしてお金を稼げないというのがバレてしまってるんですね。

だったら、若いうちに婚活して収入のイイ旦那を見つけたほうが人世割りがイイ・・・とおもう女子大生とかがメチャクチャ増えているみたいです。

そりゃそうですよね、働いてもたいしてお金を稼げないと解ってるなら、高収入な男と結婚したほうがイイです。

ただ、こういった生き方だと男性の収入も上がらない時代なので、結局破綻しいますけどね。医者とか弁護士とかでも食っていけない人がいるくらいですからねえ。

結局、日本企業で昔と女性の扱いって変わってませんよ。サラリーマンだった私がそう思うくらいですからね。

30歳超えて、ずっと仕事をやってると普通に「まだいるのあの女性」とか普通に男性社員に陰で言われてますし、年齢の言った女性はもう辞めてほしいみたいによく言われています。これって、女性がずっと補助的な仕事をやらされているからなんですね。

補助的な仕事だったら若い女性のほうが早いですし、給料も安くて済むので年齢の言った女性は早く辞めてほしい・・・・と言う空気が満ち満ちているのが日本企業です。

たしかに、日本企業はクビになりにくいですし、媚びを打っていけば仕事ができなくても出世できるという、ちょっと??????といった風雨驟雨があります。

それって、仕事ができない人にとってはものすごく大事な要素ですし、経済が伸び続けていた時代だったらよかったんでしょうね。

しかし、経済も停滞して(下降してるような気がしますけどね)そういう時代に日本企業のやり方はもう通用しなくなってきています。

大手の日本企業が次々に経営破たんしている事実を見るとそれがよくわかりますね。こういった時代になんのキャリアも積めない日本企業にいること自体がリスクになりますし、そういうキャリアを学べない補助的な仕事しかできない日本企業にいること自体無駄な時間になってきます。

外資系企業ならとにかく「男女平等」です。女性でも普通に管理職がいくらでもいますし、男性と収入の格差はありません。

補助的な仕事ではなく、女性自身がキャリアを積んでいける仕事をやることができます。外資系企業では転職してキャラアップしていくのが常識です。

会社を辞めても、すぐに転職してステップアップできるようなキャリアを身に着けていくのが、女性自身が自分の人生を輝かせる数少ない方法の一つだからです。

外資系企業はあなたが知らないだけで、日本にもたくんあります 英語が堪能でなくても入れる外資系企業も多数存在しますしね

私は地銀に勤めているときに、同期でも営業成績のいい人間は30歳に近くなると外資系の証券や生命保険会社、損害保険会社に転職していく人間が

けっこういました。この同僚とかも別に英語ができる若じゃあありませんよ。田舎でも外資系企業の生保や損保、証券の支店がありますからね。

田舎って言うと語弊があるかもしれませんけど、政令指定都市くらいなら外資系企業の支店はたくさんあります。都会に行けば名前は知られていない

外資系企業はいくらでもありますからね。英語とかできなくても雇ってくれる外資系企業も多いです。

地銀からの転職ですから、普通に英語が話せない連中でしたよ。基本お客さんは日本人がほとんどですから、日本語ベースですし海外との本部とのやり取りに英語が櫃世ですけど、中学生レベルの英語ができれば、とりあえずは大丈夫だったと言っていました。

地銀は当時から激務のわりに給料があまりよくなくて、営業成績を上げても歩合制ではないので、給料が上がるということなかったんですよね。しかも営業成績がいいからといって出世するわけでもなく、出世振るのは上司に媚びを打ってゴルフに欠かさず行っている人間でした。

営業成績のいい同期はこういった保守的な職場に嫌気がさしていたんでしょうね。

だから、営業成績のいい同期は外資系企業に次々に転職していきました。給料は年収30代前半でも1000万円は簡単に超えますし、単純に倍になりますしね。

仕事で成績を上げれば上げるほど、給料は伸びてきますし、そういた営業ができる人間にとっては地銀にいるのはバカバカしいと思うのは無理もありません。

もちろん外資系企業は成績が上げれなければクビになるというリスクはありますが、自分の力を給料で評価してくれる外資系の魅力というのは仕事ができる人間になればなるほど高いはずです。

このあたりの選択や価値観は人によって違いますが、男性と同様に働いて評価されて仕事に打ち込みたい女性。かつ、収入もそれに見合ったものが欲しいという女性にとっては外資系企業と言う選択は必須ともいえるはずです。

外資系企業への就職は転職エージェントの利用が必須です

外資系企業に入りたいと思って行女性なら説明するまでもないですけど、ハローワークや普通に出てる求人誌には外資系企業の求人はありません。

転職エージェントでは広範囲の外資系企業を取り扱っていますし、希望条件に「外資恵瓊企業をお願いします」ということをストレートに希望すればそれに見合った求人を紹介してくれます。

外資系企業への就職は依然と違ってハードルも低くなっていますし、普通に転職エージェントを使えば内定は取れるはずです。

しかし、外資系企業は「入社してから」が勝負でアリ、成績を上げなければクビになる世界です。逆に成績を上げれば女性でも普通に年収2000~3000万

がザラというのが外資系企業の魅力ですからね。あなたの人生をどうやって生きてくかにもよりますけど、その選択肢のなかに外資系企業を選ぶという選択肢もあっていいのではないかと思いますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.ワークポート

 

DODAは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

DODAエージェントサービス(←公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアワークポートを選択しましょう。

パソナキャリアもワークポートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

パソナキャリア 公式

 

ワークポート 公式

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!