「とりあえず3年」我慢して仕事したら自殺とか多いから会社は辞めたほうがイイ理由 

石の上にも三年

「とりあえず3年は我慢して働け」とかいう名言がりますよね。

言いたいことはわかります。3年くらい我慢して働かないとその会社での自分の適性とかがわからない・・・みたいなことを言いたいんですよね。

あとは、そもそも、どんなことをやるにも我慢して3年くらいやる根性が無ければ、ほかのことをやっても成功しないって意味もあるんでしょうね。

これって、思うんですけどあなたが目指している夢とか、目標だったらなんとなくわかります。

俳優になりたいとか、歌手になりとか、漫画家になりたいとか、プロスポーツ選手になりたいとか・・・・方向性は違っても目標がそういったものだったらたしかに3年くらいは一心不乱でやってみないと、結果は出ないですからね。

しかし、これをそのまま「サラリーマンの仕事」に当てはめるのは愚の骨頂です。

なぜならサラリーマンの仕事って、生活のため生きていくためにお金を稼ぐためのものですからね。それ以上でもそれ以下でもないです。

それに3年我慢してやったところで、廃油とか歌手とかちがって成功するといっても多少の出世くらいですし、サラリーマンの場合には出世すれば責任だけ大きくなってたいして給料も変わらないといったことも多いです。

サラリーマンの仕事なんて、3年我慢してやるとかかそういった理屈をうのみにしていると本当に悲惨なことになりますよ。そもそも、そういった3年がんばれ理論を当てはめるべき裳物じゃあないですからね。

とにかく3年がんばれ理論大嫌いですからね私( ;´Д`)

「とりあえず3年がんばれ」のとりあえずっていうのが意味不明すぎて本当に嫌です。その言葉をうのみにしてまじめに頑張ると悲惨ですよ。なぜならたいてい仕事で自殺するのって入社3年以内ですからね。

関連記事:ブラック企業では仕事を邪魔されますからね

ブラック企業の会社ってかなりの確率で社畜洗脳された人ばかりになります。効率のいい仕事とかをしようとすると逆に妨害される始末。サービス残業で働かされて仕事を邪魔されるという悲惨な末路が待っています。社畜になると効率的な仕事が出いなくなるんですよね。怖いです。

「とりあえず」ってなにがとりあえずなのかまったくからない ブラック企業に入ってたいてい自殺するは3年以内ですしね

「とりあえず」3年やってみると・・・・まじめな人ほどそういう言葉を真に受けて頑張ってしまいます。

がんばるっていうのはいいことです。人間頑張って生きるのは図場らしいことだと思いますし、そうすべきだと思います。

しかし、その頑張るっていうののは条件があって「よい環境でがんばる」っていうことなんですよね。

例えばブラック企業とかパラハラ上司がいる環境とかで「がんばる」ってそれってただ何も考えずにがんばっている「状況判断ができない人間」ですからね。

もともと危険察知のできる人間は、ヤバい環境からは逃げます。特に自分が致命的に精神的なダメージ、肉体的なダメージを受けると確信できる状況からは逃げるのが動物的な本能としては当たり前なんですよね。

その危険察知の本能無視して、なんというか他人から言われた「とりあえず3年我慢しろ」みたいな言葉を信じ切ってマジメなであればあるほどがんばります。

悪い環境で頑張っても時間の無駄ですし、当然得るものは何もないですし、スキルも得ることも無く、実際得ることが得できるのは大量のストレスと肉体的疲労とうつ病になる精神的ダメージです。

そうなってくると、たいてい3年以内で自殺します。入社3年以内人いっぱいいます。

電通とか最近、新入社員の1年目の女性が自殺しましたよね。電通は1991年にも入社2年目で自殺者が出ています。ワタミとかで入社2か月目で自殺者が出ていますし、マツダやみずほトラストでも入社1年以内で自殺者が出ています。

そもそも、入社数年て希望に満ち溢れた年代です。20代の前半から中盤て若さにあふれていて、これから人生の希望に満ち溢れている時期ですよね。

そんな年代で自殺するって、相当追い詰められなければそういう結果になりませんからね。

マジメで優等生で高学歴だった人は、こういった人から言われたころを真に受けてしまうんですよね。それが間違っていてもね。

「とりあえず3年がんばれ」

ということを言われて頑張った結果こうなるって笑えないですよね。

まず、「とりあえず3年がんばれ」とかいう人って、その人が置かれている環境とかを見てない人がいます。

その人の働いている環境が良くて、ただ単に自分が仕事がめんどくさいから仕事を辞めたいとか言ってるならNGですよ。それなら3年がんばるのもありですけどね。

しかし、いまどきそんなことくらいでは辞めませんからね。ブラックな環境だったり、パラハラ上司がいるから辞めたいとかにきまってます。

もう、仕事を辞めたいと思ってる時点で答えは出ていますし、その時点で「3年がんばれ」とか言ったら、もう自殺していいよ見たいに行ってるもんですからね。

そうなる前に「いい環境でがんばれる」っていう環境を自分で作っていくことが最優先ですから。

3年もやってたら普通に人間「思考停止」になりますからね そういう劣悪な環境で仕事してると思考するのを放棄してダメ人間になっていきます

そもそも、3年もブラックな環境で激務な仕事、長時間労働サービス残業、パラハラ上司といった精神的にダメージを大きく与えられる仕事をやっていると、人間どうなると思いますか?

たいていは、自殺するか、うつ病になって倒れる、過労死する、もしくは「思考停止」になるわけです。

そう、もう生きている希望なんかないわけですよ。そんな環境で仕事してしかも3年もやっていると嫌なことから逃げるために「何も考えなく」なります。

ただ、会社に行って時間が過ぎればいい、生きてその日家に帰れればいいという状態になります。完全にもう自分で考えるのを辞めてしまうわけですね。

これも、自殺とかしないための人間の悲しい防御本能なんですよね。とにかく考えるのを辞める・・・・・

ただ、そうすれば嫌な環境でも長く続けるこはできますけど、人間としての「成長」と言う面では完全に停止してしまいまいます。ただ生きているだけの

屍の状態の人間になっています。

あなたも何人もみたことあるでしょ?ただ仕事をやってるのかやってないのかわからないような人とか、もう死んだような眼をして生きている同僚とかを

見ていますよね。そうなるともう、人生の意義を見つけることすらできなくなってこれはこれで精神的に追い詰めれていきます。

そう、結局思考停止したところで、会社の激務は激務なママですし、パラハラ上司もずっと存在します。どのみち思考停止するのは延命治療でしかないので、

その会社を辞める時期が3年後から5年後とかに延長されれうだけなんですよね。どのみち辞めるわけなんですよ。

関連記事:自覚症状が出たらすでに重症化している「うつ病」

会社に行きたくないと思いつつ、しかも吐き気とか腹痛下痢、頭痛軟化の症状があったら、それってうつ病が相当進行している状況です。次の日にでも布団から起き上がれなくなっても不思議じゃないです。そうなると社会復帰に1~3年以上かかる場合もあるので、心療内科に行って診断書をもらって休職するのが賢明な行動です。

3年とかブラック環境で働いていると、それ慣れて「社畜人間の完全体」に生まれ変わることができます

ここまで読んできたらもうお分かりかと思いますけど、ブラックな職場環境で「といりあえず3年我慢する」とかやってると自殺するか、うつ病になるか

思考停止になります。どの方向性に行っても「社畜完全体」になってしまうんですね。

社畜完全対になってしまう前に、転職しましょうよ。3年我慢しているうちに年齢が上がって締まって、転職市場ではガンガン不利になっていきます。

悲しいですけど、転職市場では「年齢が若ければ若いほど有利」と言うのは鉄則なですよね。

「とりあえず3がんばれ」みたいなのをまじめに聞いていると、マジメバカを見るみたいになります。何度も言いますけど、思考停止、自殺、うつ病といった「シャチ完全対」になりさがってしまいますからね。

ただ、転職すると言ってもハローワークとかちまたにある求人誌とかつかっていたら、ブラック企業でいっぱいですよ。ハロワとかは掲載企業を審査していないので、ブラック企業がてんこ盛りです。ブラック企業の奴隷の採掘場になってるわけなんですね。

転職エージェントでは、厳しい基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動について的を得たアドバイスをしてくれます。

転職はむつかしいみたいなイメージがありますし、初めて転職する場合には何からやっていいかわかりにくいですしね。

しかし、転職は優良な友人を紹介してもらって、アドバイスをもらったりしつつ履歴書を作って面接対策をすれば、普通に内定は取ることができます。

優良な求人を紹介しれもらって自分の目で見てみるのがイイですよね。ブラック企業じゃない求人があるという確認ができますし、自分がやってみたい仕事の判断材料になりまりますからね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

DODAエージェントサービス (←公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!