飲食店の正社員を辞めたい 長時間労働の激務で過労死うつ病になる前に

ファミレスの風景

飲食業界っていうと飲食業チェーンのことを言いますよね。ファミレスチェーン、居酒屋チェーン、回転ずしチェーンとかありますけど、どこにいってもブラック業界というのはもう情報として嫌と言うほど出回っています。

客として一回利用してみればわかりますよね。

ものすごい人数のお客さんがいて、それを足りない人数でさばいている感じなのがすぐにわかります。しかも、最近では飲食チェーンは価格競争も限界にきているので、価格が安いために客層の質もそんなにいいとは言えません。といっても私も使いますけどね( ;´Д`)

そういう状態で客のクレームとかも多いに決まっていますし、価格が安い分薄利多売なので、仕事量は増えるに決まっています。

いくら仕事量を増やしても利益はたかが知れているので、もう会社としては従業員に地獄を見てもらうことで利益を上げていくという運営方法を「取らざるを得ない」状況なんですよね。そんな状況の飲食業界に未来はないわけなんですよね。

飲食店で働いている人ってめっちゃきつそうですからね。本当に見ただけで

「この仕事はやりたくないな・・・」

って思う仕事です。あなたやりたいですか?そりゃ嫌々なってるんですよね。飲食業界の仕事が好きでたまらないっていうならごめんなさい。私は絶対にあんな仕事できません。無理です。

朝早くから来て仕込みをして、夜遅くまでずっと店にいる正社員て残業代とか出てます?8時間以上働いている部分は残業代がでるのは労働基準法37条で規定されてますからね。

労働基準法第37条

1.使用者が、第33条又は前条第1項の規定により労働時間を延長し、又は休日に労働させた場合においては、その時間又はその日の労働については、通常の労働時間又は労働日の賃金の計算額の二割五分以上五割以下の範囲内でそれぞれ政令で定める率以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。

2.前項の政令は、労働者の福祉、時間外又は休日の労働の動向その他の事情を考慮して定めるものとする。

3.使用者が、午後十時から午前五時まで(厚生労働大臣が必要であると認める場合においては、その定める地域又は期間については午後十一時から午前六時まで)の間において労働させた場合においては、その時間の労働については、通常の労働時間の賃金の計算額の二割五分以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。

4.第1項及び前項の割増賃金の基礎となる賃金には、家族手当、通勤手当その他厚生労働省令で定める賃金は算入しない。

こういった残業代が普通に出ない業界に入る言こと自体がジブで自分の首を絞めています。介護、販売、保育士、営業なんかの仕事とかありがちですからね。法律違反を受け入れている時点で会社としては終わっています。そんな業界を間違って選んでしまったらそりゃ脱出したほうがイイにきまってますからね。

 

関連記事:当たり前なんですけどサービス残業は違法行為です

サービス残業は違法 会社見切りつけるか労働基準監督署に訴えるべき
サービス残業が当たり前とか思っている人は社畜ですよね。そうなったら人生の大きな時間とお金を搾取されるわけです。労働基準監督署に訴えるかするのがベターですけど、そうする人はいないのでサービス残業があるような会社はいないほうがイイと思うんですけどね。みんな大人なんですよね。まあダメな大人なんでしょうけどね。

まず、これだけ飲食業界がブラックっていう情報が分かっている世の中で飲食業界に入ってしまったのは明らかな「ミス」だと気づいてください

飲食業界に新卒で入ったりすると、恒例の「洗脳新人教育合宿」みたいなのがあって洗脳されるわけですよね。

こういった動画の感じのイメージです。

なんかこういうの見るともうこの飲食店とか行きたくなくなりますよね気分が悪い( ;´Д`)

イヤこういうのってもう死んでほしいですね。

この時点でまあ、普通の神経の人なら会社辞めると思いますけど、なぜか、一回入った会社は辞めないほうがイイという社畜洗脳があるので、辞めない人のほうが多いんですよね。

いや、もうこういう状況をみて普通じゃないでしょ?これだけじゃなくて、飲食業界って基本休みは無いですし、14時間から16時間ぶっ通しで働くのも当たり前ですからね

それでもって店に泊まり込んで働くのもありますし、休憩時間とかも15分とか敷かなくて、それが1時間休憩したことになっている場合もあります。

当然ですけど、残業とかも完全にサービス残業で、店長になった日にはもうずっと永遠に名ばかり管理職としてエンドレスで働かされることになります。朝早くから深夜まで働くわです。それでもって給料も年収400万円も行かないわけですよね。時給で計算すると700円とか600円になってコンビニバイトよりも安いということなてありがちなことですしね。

さて、こういう情報はもうネットの普及で誰でも知っています。それでも飲食業界に入ってしまって辞めたいと思っているのは正直「就職先をミスった」ということです。

ブラック企業と気づかづに入ったならまだしょうがないですが、飲食業界は95%の会社がブラックなので、入ればブラック企業に決まっています。それでも飲食業界に入ったんですからただのミスなわけですね。

私も学生のころは情弱でしたけど、飲食店のバイトとかしたときになんというかわかりましたからね。とんかつチェーンでバイトしてたんですけど、安い時給(当時800円くらいだったような・・・)でメチャクチャ忙しいわけです。

配膳から皿洗いから何でもやらされて、息をつく暇すらないってのはこのことだったのを覚えています。2か月で辞めましたけどね。今考えると即日辞めてばよかったとちょっと後悔しています。

その時に

「バイトで飲食店はあり得ないな・・・・・」

と思った訳です。バイトですらこうなのに正社員とかになったら雇われ店長やらされて、管理職扱いで残業代も合法的にもらうことができず無茶な売り上げノルマを課せらえて、16時間くらいずっと店にいる生活をするわけですよ。なんかの拷問か?とか思ってしまいますからね。それくらい飲食店の仕事って無茶というか仕事として選ぶのは全く持って意味不明なんですよね。

間違って入ってしまったか、よっぽど世間知らずだったかのどっちかなんですかね?

とにかく早い段階で脱出しないと人生自体が傾いていきますよ。

関連記事:飲食店の店長は人間のやる仕事じゃあないですよ

飲食店の店長を辞めたい 超ブラックな業界の奴隷の代表である店長の実態と転職方法
ファミレスなどのチェーン店での飲食店で店長になったらほぼ人生詰みます。責任、長時間労働、バイト管理、仕入れ管理などで時間無視で働かされて、最後は精神を病んで辞めてしまうケースがほとんどです。奴隷としての駒としか扱われていないのが飲食店の店長です。病んで辞める前に労働環境を変える必要があるわけです。

もう飲食業界は価格競争も限界に来ていて人件費を切り詰めるだけの業界になっています だから永遠にブラックにきまっていますそこにも気づいてください

飲食業界はもう仕事が激務なのは、価格競争が限界にきているからです。

飲食チェーンて価格を安くしていますよね。そうしないと客が来ないからです。この景気で出費を抑えていますからね。

全然給料も上がらないですし、税金の負担も大きくなっているのでみんな外食とかもうしないんですよね。

だから飲食業界は価格を安く設定して客を集めようとしてます。価格を安く設定すれば薄利多売になって結局、従業員の

仕事量は多くなって、しかも賃金は低く設定されるに決まっています。その利益は経営側だけが吸収するという、まあ奴隷制度と一緒ですよね。

そう、もうビジネスモデルとしては

「薄利多売」

なんですよね。もう、効率的に利益を上げていける業界じゃあないんですよね。

効率的に利益を上げていくことができるってのは、商品に付加価値を付けてそれでうまく値段を上げてお客さんい買ってもらうってのが効率的です。

ぶっちゃけて言うと、飲食業でもまだ「高級レストラン」のほうがよっぽど生き残っていくでしょう。付加価値(味、店の雰囲気、ブランド)が高いので、お金を払う人はたくさんいます。

しかし、今の飲食チェーンってどこでも一緒ですよね。それに値段競争で価格も限界まで下げているのでもう伸びしろとかは全くないですかららね。

なんか暗いことばっかり言ってるようですけど、飲食業界ほど長時間労働で低賃金で過労死、うつ病が多い業界もありませんからね。

もちろん、広告代理店とか商社とかも激務でうつ病とか自殺者もい多いですけど、それなりの給料がもらえたり社会的なステイタスがある分まだマシですからね。

 

関連記事:うつ病になる前に仕事から逃げる方法

仕事から逃げる方法 プレッシャーとストレスで過労死うつ病になる前に辞めるべき理由
仕事から逃げるってのはマイナスのイメージがありますけど、これって本能的に危険回避能力が働いているんですよね。こういった逃げたいと思うならすでにもうその職場は労働環境としては最悪だというのが解かり切っています。行動しないと未来は無いですよ。

 

これをみると会社経営をしたほうがイイかと思うくらいですけど、そんなことよりも飲食業界から抜け出して、ホワイトな会社に転職したほうが全然簡単です。

飲食業界でやっていくリスクよりも転職するリスクのほうが全然低いということに気づいていない人が多すぎます。なんでなんでしょうかね?

それって、転職はむつかしいとかいう情報を流してブラック企業の奴隷を固定で働かせようとしている思惑もあるんじゃない顔と思いますよ。

それでも飲食業界で働きたいならしょうがないですけど、がんばってみても結局体を壊すだけになりますから気を付けてくださいね

こういった状況の飲食業界ですけど、それでも飲食業界で働きたいというならしょうがないです。

ただ、もう飲食業界を辞めたくてしょうがない場合には労働環境を変えていくのがベターな選択なんですよね。

結局ブラック企業にいても、最終的には身体を壊して退職する可能性がかなり高いです。過労死やうつ病になることがもう当たり前ですからね。

過労で我慢の限界を超えてうつ病を発症する 体が動かない死にたいと毎日思うこの悲しみ なんでこんなことになったんだ?
過労が限界になって「うつ病」が重度になった時、体が動かなくなるくらい、身体的にも負担がきます。階段を上るのもきつい状態です。いままで膨らんできた風船がはぜてしまう感覚に似ています。そうまったく空気が入らないスカスカな精神状態です。何も考えれない、思考力が回らない。それが重度のうつ病です。

過労死したらもう「終わり」ですからね。仕事のやりすぎで死ぬってどうですか?そんな人生はさすがに嫌ですよ。

ということで、飲食業界にいるのがもう限界で辞めたくてしょうがないな、燃え尽きるまで働いて死んでしまう前に

労働環境を変えていきましょうね。燃え尽きるのはかっこいいかもしれませんけど、死んだら終わりですからね。

そう猛威ぢどい言いますけど、死ぬまで行かないでも体壊したりすると1年から数年くらい回復するまで何もできないので

そうなる前に労働環境変えてくださいね。これってある意味お願いです。ブラック企業に吸い尽くされる前に行動してくださいね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.リクルートエージェント

2.CONNECT(コネクト)

3.パソナキャリア

 

リクルートエージェントは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は「かんたんスピード無料登録」をクリックしてメールアドレス・名前・生年月日・電話番号と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

【リクルートエージェント】 (公式サイトに移動します)

 

 

パソナキャリアが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はCONNECT(コネクト)かパソナキャリアを選択しましょう。

CONNECTもパソナキャリアも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともリクルートエージェントに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

CONNECTは企業のキーマンに直接会えるというシステムで転職活動を効率化できます。また多くパソナキャリアは幅広い求人が多くのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

CONNECT(コネクト)(公式)

 

【パソナキャリア】 (公式)

飲食業界で働くってのは人生を最初から棒に振ってるだけなので本当に避けてください。

たぶん、情報が無かったり他に就職先が無くて安直に飲食業界に入ったのかもしれませんけど、とにかく早めに離脱しないと人生がお先真っ暗になります。

正直、飲食業界なら介護や販売や保育士、営業の仕事とかを避ければほとんど今よは労働環境が良くなるのは間違いないです。

それに飲食業をやっていたなら、普通にブルーワークとかでも楽勝です。というか肉体労働んほうが普通に楽に感じると思いますよ。

ブルーワークでも特に製造メーカーの工場系の仕事は定時で帰れて、有休も完全消化できますし、正月、ゴールデンウィーク、お盆に10前後の長期休暇もありますし給料もそこそこもらえます。なにより、接客しなくていいのでストレスがほとんど貯まりません。人間関係が薄いんですよね。

よく、仕事で人間関係が薄いとなんか物足りないみたいな子をと言う人がいますけど、わたしから言わせればそれは本当に人間関係でのストレスを致命的(うつ病とかになるまで)感じたことが無い人が言うキレイごとです。

仕事はお金をもらう手段なので、人間関係なんて薄いほうがイイにきまってます。人間関係を充実されたかったら、プライベートでいくらでも充実させていくことができますからね。そのあたりを間違えないようにしてくださいね。

関連記事:製造業のホワイト工場は美味しい仕事ですよ

ホワイト工場は定時で帰れるのは当たり前 ホワイト製造業に転職してブラック企業をおさらばしよう
製造業のメーカー企業でホワイト工場って実際けっこうあるんですよね。定時で追われて残業もついて長期連休もある。それでいて仕事内容もきつくない、どっちかというとゆるい。そういうホワイト工場に転職できるとブラック企業に勤めていたのがウソのようです。実際に生活も楽になりましたし、プライベートも充実してとても満足しています。