金融業界で士業の資格取得は転職と独立開業を視野に入れるべき理由 資格マニアはダメ

見上げるサラリーマン

私は8年ほど金融業界にいました。田舎の地銀に勤めておりました。けっこうなブラック地銀でしたね。いい思い出?ですけどあまり思い出したくないです笑。

そこで営業をやっていたのですが、とにかく地銀の営業というのはブラックでノルマもきついですけど、精神論と体育会系のノリがたまらなく嫌でした。

そこで資格をとろうと社労士を取ったんですがまあ仕事には全く生かせなかったですね。もともと金融で年金系の部署か人事部にいきたかったんですけど、資格を取ってからもずっと営業でしした。

なので、転職して転職先では総務課に配属されたので、そこはよし・・・・というところでした。

結論から言ってしまうと、その資格を取っても報われないことが多いです。もし資格を取るなら、その資格がたとえば士業だったらその事務所転職したほうが良いです。

ここではいわゆる金融で役立ちそうな資格を取った人たちの行く末と、うまくいったひと行かなかった人のお話をしていきます。

中小企業診断士は金融向きと言われているが実はまったく使えない資格 最初からコンサル会社に入ったほうがイイ

燃え上がるサラリーマン

金融業界でよくある資格「中小企業診断士」です。地銀では取る人が多いですね。

この中小企業診断士はまず、「社内用」の資格です。これがあったからといって食えるようになるというわけではありません。

実際、中小企業診断士の事務所ってあまり聞かないでしょ?都会では少ないけどありますが、地方などでは聞いたことありません。

中小企業診断士を取った人を何人か知っていますが、これを取ったからと言って金融でコンサル系の仕事を屋させてもらっていた人はほとんどいませんでした。

診断士を取ってからもずっと営業をやっていました。

「何のために中小企業診断士とったの?」という感じでしたよ。もともとつぶしの効かない資格なので、労力の割にはあまり実益が無いと行ってもいいでしょう。

お客さんの前で「私は中小企業診断士です」というと信用度が上がるくらいですかね。診断士だからといって特別なメリットがお客さんにとってあるわけでもなんですしあまり取得の意味を感じられない資格でした。

そういった企業を診断したいなら最初からコンサル会社に入ったほうがイイです。コンサル会社は激務だけど給料はメチャメチャ高いですからね。しかも外資系のコンサル会社なら普通に年収2000~3000万円は行きます。

個人的には、もし中小企業診断士取るなら、外資系のコンサル会社にてんしょくしたほうがいいですよ。私の地銀の同期とかも普通に外資系の生保や損保、証券に転職していきましたからね。給料は上がったみたいですが、とにかく激務で完全結果主義なのでハードな世界です。しかし、その分実力がある人なら圧倒的に稼ぐことができる業界ですからね。

関連記事:外資系企業のメリット・デメリット

日本企業はいくら成果を出しても給料が上がりません。その点、外資系企業では完全成果主義で成果を出せが給料はうなぎのぼりです。ただ、成果をさせなければすぐに解雇されやすいというデメリットもあります。外資系企業のメリットデメリットを見ていきましょう。

司法書士を取った人がいました

ビックリする考える人

金融に勤めながら司法書士を取った強者がいました。いったいどんだけ勉強したんだろう?

銀行の営業をやりながら勉強するってかなりハードなんですよね。仕事で疲れきっているのに家に帰ってから勉強するわけですよ。

ものすごい努力家でした。なんどもあきらめかけたといっていましたが、3年ほどの勉強で無事合格しました。

そして、しばらく営業をしていましたが、司法書士は金融では宝の持ち腐れですね。ぶっちゃけ司法書士は「土地の登記」がメインの仕事ですけど金融はもともと顧問の司法書士をかかえています。

でも確かにその司法書士の資格を取った人をうまく使っていけば、おかかえの司法書士よりずいぶん安く経費があがるわけです。

ふつうの給料で司法書士としての仕事をやってもらえるですからね。

ただ、当然その資格を取った人もそのあたりが分かっていたので、「いいように利用される」のは嫌だったみたいです。

司法書士を取ったからと言って金融での給料が上がるわけではないですからね。

営業の仕事の傍ら転職活動をがんばって、司法書士事務所に入りました。といっても最初は派遣で入っていました。

実務を経験するためにというわけですね。

実務を経験したのちいきなり独立開業をしていました。最初は司法書士だけでは食べていけなかったので司法書士受験の予備校の講師をかけもししたりしていましたが、あれから5年ほどたち、顧客も増えて事務所一本でやっていけているようです。

やっと金融時代と一緒くらいの稼ぎになったということですが、自分の事務所という城を持っている彼は以前とは顔つきがまるで違っています。自信に満ち溢れていますね。

司法書士の個人事務所はすべて自分の裁量で仕事をするので、責任は重いですがその分やりがい?ですかね楽しそうに仕事をしています。

社会保険労務士をとったがほとんど仕事に生かせませんでした 営業やってたのでそりゃそうですけどね・・・・

頭痛の男

これは私の場合ですけど、金融の中では全く生かせませんでした。社労士の資格を取ってから、4年ほどは金融にいたのですが、その間、人事課や年金センターに異動の希望は出していましたが、受け入れられませんでした。

やっぱり世の中うまくいきませんね。会社組織というのは個人の希望はほとんど配慮されません。今考えれば当たり前なんですが、当時はまだ若かったのもアリ、いつか希望の部署に異動できるのでは?と思って我慢していました。

でもさすがにもう限界が来て退職。別の会社の総務部に配属されてやっと資格を生かせる状態になったということです。

すこし後悔しているのはもっと早く転職すればよかった・・・・と思ったことです。

転職活動はやってみると意外とすんなりいきます。世間で言われているほど悲惨な状況ではありません。

もちろん、簡単には内定は取れないですけど、普通に面接対策して受ける会社のことをしっかり調べてその会社うければ内定は取ることができます。

その時は30代前半だったので年齢的にぎりぎりだったかもしれませんが、実務経験がなくてもなんとか内定がとれました。

30代後半くらいになると、実務経験がないと厳しいかもしれません。やはり転職は年齢が若ければ若いほどやりやすいので、転職を意識しているなら早めの決断がいいでしょう。

社労士合格のための通信教育

結論 士業の資格をとったらその資格の事務所に転職していずれ独立するのがいいです 事務所に入って実務を経験したほうがいいですガチで

考えるサラリーマン

結論を言うと、金融で士業の資格をとってもあまり意味がありません。ほとんど役に立ちませんし

特に資格手当というのも一時金が多く給料自体が上がるわけではありません。

資格を生かした部署に異動できる人もまれで、ほとんどがその資格の事務所に転職しています。

そのまま事務所で働く人もいれば、独立開業をしている人もいます。また、他の企業に転職して資格が生きる部署に配属されるパターンがあります。

金融は保守的な人事なので、資格を持っている人材を生かし切れていないというのが実情です。資格をとるなら最初から転職の武器にするために取得したほうがいいでしょう。

たとえば、社労士取ったら社労士事務所にとにかく転職する。仮に派遣だろうが何だろうが社労士事務所に勤めれば実務経験になります。

実際、士業の資格ってとにかく開業しないと旨味が全くないです。逆にヤリ手の人なら、行政書士くらいの資格でも手広くやって、かなりの収入を得ている人もいます。

やっぱり開業している事務所に補助者として入るのが一番最短ですね。

カバチタレみたいなイメージです。行政書士、司法書士、社労士、会計士、税理士、弁護士すべてに言えると思います。

参照 カバチタレ ウィキペディア

資格は取ってからが始まりなので、取得して満足してしまう資格マニアだけにはならないでくださいね。

資格マニアになると、必要のない資格をとって結局使えない・・・まあこれって人生の時間を無駄にしてるような気がしますけどね。

資格って結局「金にならないと」意味ないような気がします。これは私の意見なので、そうじゃないと思う人もいると思いますけど、個人的には資格を取ることで稼げるようにならないと意味が無いと思って今㎡ス。

資格を取るなら自己流で勉強するよりも専門学校に行ったほうが一番効率がイイです。私も働きながら予備校に通って社労士の資格を取りました。

関連:資格予備校「東京法経学院」

資格で人生のネクストステージへ!
有力資格試験の合格指導専門校 東京法経学院

資格を取ったら転職を視野に入れてみよう

今でしょ

士業の資格をとったら、やはり最短で実務経験を得るには、その資格の事務所に入るのが一番です。

資格を取得しているなら、その事務所にも転職は当然しやすいです。

ただ、やみくもに求人誌をみていても、なかなか士業の事務所の求人は載っていません。

そういうケースでは「転職エージェント」の利用をおススメします。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談して希望の求人をピックアップしてくれます。

転職エージェントは、転職のプロであるアドバイザーが、しっかりと求人を審査してチェックしています。そのためブラック企業はほとんどありません。

これがハローワークや普通の求人誌だと、求人審査がないのでブラック企業の求人がいくらでも掲載されているんですね。この点が大きな違いです。

また、アドバイザーが転職についての悩みについてアドバイスしてくれます。転職活動は人生で多くても数回程度なので、解らなことが多いのは当然ですよね。そういった時にアドバイザーに質問すれば的確な助言をもらうことができます。

実際、この助言があるとないとでは行動の効率も大きく違ってきます。自分ひとりで悩んでいる時間はもったいないですからね。

転職エージェントを利用すると、世の中には「普通の会社」というのがたくさんある・・・というのが解かります。

ブラック企業につかまってしまうパターンは自分でハロワなどで求人を探して、自分でで面接を受けてしまうというケースが多いんですよね。そうなるのは悲しすぎますからね。

転職エージェントは登録から利用まで無料です。企業が転職エージェントに紹介料を払っているので、あなたにお金がかかることはありません。

そう、世の中にはホワイト企業や普通の会社、仕事がまともな会社はたくさんあります。ブラック企業から脱出する、ブラック企業にひっかからないというのは、もう今の世の中、転職での重要なポイントになってきていますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.パソナキャリア

2.CONNECT(コネクト)

3.リクルートエージェント

 

パソナキャリアは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は「無料・転職サポートに登録」をクリックしてメールアドレス・名前・生年月日・電話番号と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

パソナキャリア (←公式サイトに移動します)

 

 

 

パソナキャリアが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はCONNECT(コネクト)かリクルートエージェントを選択しましょう。

CONNECTもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともパソナキャリアに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

CONNECTは企業のキーマンに直接会えるというシステムで転職活動を効率化できます。また多くリクルートエージェントは幅広い求人が多くのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

CONNECT(コネクト)(公式)

 

リクルートエージェント (公式)

士業の資格って、行政書士レベルから社労士、司法書士、会計士、弁護士とけっこう難易度に幅があります。

今では最難関の弁護士でもなかなか仕事が無くてキツイ状況っていう人も多いみたいですね。

やっぱり、士業も資格を取ってからが勝負です。自分でお客さんをつかんで、開業してどれだけやっていけるかがカギなんですね。

あと、やっぱり仕事がある程度好きな人じゃないとできないですね。もちろん開業すれば自分の努力は自分に帰ってきますから、やりがいがある仕事になるわけです。

そういった仕事をしていくためのキップみたいなもんですね。資格は取得してからが勝負だよってことを言いたいだけなんですよね(;´Д`)

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
error: Content is protected !!