空求人の見分け方と対策方法 ブラック企業の求人との共通点が多い理由

デメリット

正直、「空求人」っていう言葉自体を知ったのは最近ですけど、私も転職活動をしてる時、今考えると空求人とかってメッチャ沢山あったような気がします。

このページ読んでるあなたは知ってると思いますけど、空求人て

「最初から採用する気のない求人」

ってことです。まあ、素朴な疑問でなんで会社もそんな意味のないことするの?ってのもありますけど、これってエグい感じで理由があるんですよね。

まあ、ハロワは無料で求人が乗せれるので、タダで求人を載せれば採用する気が無くてもその会社の宣伝になりますしね。会社にとっては「広告費が無料の広告」ってことになります。

あとは、エグい感じですけど人を採用すると助成金がもらえるので、とりあえず求人出しといて試用期間(三か月くらい)で助成金もらってからクビにするみたいな、けっこグレーな

会社もありますからね。まあ、そんなことをやってる会社なんて確実につぶれるとは思いますけどね・・・・

とまあ、空求人ってのは正直現実にはあります。でも、仕事探してる人でそんな空求人とかに引っかかってしまうのっての、かなり悲惨ですからね。

よく、「空求人の見分け方」的な情報がありますけど、これってちょっと見てみると「ブラック企業の求人」とけっこう似てるんですよね。

だから、空求人とブラック企業を避けるってのは転職活動にとっては必須の事なので、まあこの二つの求人の特徴を押さえておけばいいってことです。なんでこの二つが

似ているかっていうとどっちも「人間を利用して使い捨てるだけ」って目的の会社だからですね。だからけっこう求人の質が似てるんですよね。

空求人の特徴ってまあブラック企業の求人とけっこう似てるんですよね だからまわかりやすいです もう今では情報が出まくってますからね

「空求人」と「ブラック企業」の求人は基本的にには同じに近いです。なぜなら、調子のいい文句で人を集めて、利用して捨てるだけなので、テキトーに受けのイイ

求人を出せばいいって感覚で求人を出しています。具体的には

「働きやすい職場です」

「アットホームな職場です」

「やさしい先輩が手取り足取り教えてくれます」

「未経験でもOKです(30代後半とかでも未経験OK)」

「ノルマはいっさいありません」

とかいう文言があったりしますね。まあわかりやすい典型的な空求人とブラック企業の求人です。特に、仕事内容が具体的に書いてなくて、「働きやすい」とか「アットホーム」

とかの言葉があって、なぜか重要員が笑顔で肩を組んでる求人とかってガチでやばいですからね。まあ、こんなのに今時引っかかる人とかいないと思いますけど念のためです(;´Д`)

あとはまあ、求人誌でもハロワでも、永遠に求人を出してる会社ですね。空求人でもブラック企業でも、雇ってスグに解雇したり、あまりに激務な労働環境ですぐに人が辞めるのでずっと人を募集しています。

なんですかねーこれだけそういった空求人とかブラック企業が世間的に去られている時代になったのに、今だにこういった求人がけっこうありますからね。なんかこれって冗談か?

みたいなわかりやすい、ブラック企業臭がプンプンしている求人とかって結構あります。そういう意味でも、転職活動するしないにかかわらず、求人誌とかパラパラ見てみるのっていいことですよ。世間がどれだけ、人を利用しようとしているのかってのがよくわかりますからね。

個人的にはもうこういった、人をこき使ってとか人を利用してとかってそういう考えの経営者だとやっていけない時代なんですよね。

「自分んも利益があって、従業員にも利益がある」

的なwinwinの考え方じゃないと、これからの時代わたっていけません。だってこれだけ情報を簡単に得ることができる時代になってきて、そういう搾取的なビジネスなんてもうそれこそどんどん無理になっていきますからね。

現実、ブラックな飲食業なんてもう誰もバイトでもやらなくなってきてるので、外国人とかが多いですし、その外人とかもそのうちそういった仕事には就きたくないってのがバレてくるとロクな人材がいなくなって、その会社はそのうち傾いていきますからね。

空求人を出す会社やブラック企業ってまあ、どのみち長期的には経営は傾いていくわけんなんですね。そりゃそうですよ。だってそんな会社に有能な人がずっと勤めるわけないですからね。だから、そういった会社って自分で自分の首を絞めてるだけですしね。

とにかくそういう会社には一切かかわらない人生を目指していきましょう。

空求人とかブラック企業って面接でもだいたい雰囲気がわかりますからね 面接でい違和感を感じたらちょっと冷静に考えてみたほうがイイですよ

面接受けるとまあ、ヤバい企業ってのはまず

「面接官が異様に偉そうな態度を取る」

「面接でプライベートなことまで聞いてくる」

「面接で意味不明な圧迫っ面接をする(中小企業のくせに)」

「そもそも面接官がスーツとかじゃなくて作業着だったりする」

「面接官に生活感が無い、無精ひげがあったり身だしなみができていない」

「面接なのに、面接官自身の苦労話とかをしてくる」

「なんか面接官にやる気が無い」

「仕事内容を質問しても、具体的な仕事内容を言わない」

「未経験がOKとか書いてあっても、なぜか経験はあるの?とかけっこう求人との矛盾がある」

とかあま上げるとキリは無いですけど、ちょっと面接とか受けて「この会社ヤバいかな?」とか思った直感てけっこう当たりますからね。平たく言うと空求人とかブラック企業の

面接って、面接官もショボしですし、なんか意味不明な圧迫面接したり、仕事内容がよくわからないような家事だったりする時点で、「違和感」を感じたほうがいいですね。

そもそも、面接に出てくる面接官て、その会社の中ではけっこう「エリート」なんですよね。人事部だったり、営業成績がいい営業の人だったりそういう人が面接官をやるわけですから、面接官てその会社の「顔」なわけですよ。そうなってくるとまあ、そんな企業の「顔」であるエリートの面接官が、なんかショボイ人間だったら、もうその会社はヤバいってことですからね。

空求人とかってまあ、こういった会社自体がもう終わってる会社が多いですからね。そういう面接での違和感を感じたら、さっさと別の求人探したほうがいいですよ。

転職も数回以内には自分が長期で務めるころができる労働環境を手に入れたいところですから、そういった意味不明な面接での違和感を感じたらさっさとその会社は放流したほうがぶなんです。

関連記事:圧迫面接する会社には絶対入らないほうがイイ

圧迫面接する会社の特徴と辞退すべき理由 パワハラと同じでブラック企業の確率が高い会社の証です
就活してると圧迫面接はありますよね。ただ、圧迫面接する会社はパワハラ上司が多かったり人間関係がブラックな会社っていうことが簡単にイメージできます。だからその会社はさっさと切り上げていいですよ。その場を面接中でも立ち去ってもいいです。時間がもったいないですしね。その時間を優良な求人をさがす時間にあててまともな会社に入りましょう

普通の求人誌とかにはカラ求人は多いですね ハロワとかにもあります これ考えると転職ツールを使ったほうが空求人には引っかからないってことですね

まあ、求人誌とかハロワとかには空求人が多いってのはけっこうな事実ですからね。

結局、自分で求人誌とかをめくって求人を選んだ挙句に、空求人だったりブラック企業だったりするって、自分で求人探してるかならんですよね。

最初から転職ツールとかを使えば、そりゃあブラック企業率がゼロじゃないですけど、自分で求人探すよりはリスクは減りますからね。というか転職ツールとかで空求人とかはまずないですし(会社側が高いかね払って転職ツール側に求人を依頼するわけなので空求人を出す意味が無い)、転職ツールを使わないっていう選択肢はないわけです。

そりゃあ、転職ツールだって万能じゃないですから、優良求人ばかりってことは現実にはあり得ませんけど、自分で求人誌探してペラペラやってる時間があるならまあ、転職ツールとかで自分の条件の希望を出してそこから自分に合った求人をチョイスしてもらったほうがいいにきまってますからね。ぶっちゃけ転職ツールとかで空求人とかがあるって聞いたことないですしね。

まあ、それでも普通に自分で求人を見つけていきたいって場合は、相当な空求人とかブラック企業を選別していくことに警戒したほうがいですからね。でも、私だったら自分で求人探して、空求人とかブラック企業とかにぶち当たってしまうくらいなら、転職ツール使って自分の希望出して求人を選んでもらいますしね。その空いた時間は履歴書作成から、面接対策とかやることはけっこうあります。

転職活動って結局、効率よくやっていかなりと時間がいくらあっても足りないですからね。そのあたりは転職活動を今うやってる、もしくは経験している人なら痛いほどわかってるんじゃないでしょうかね?

転職でうまくいくか行かない人ってこういった自分で求人選んで時間ばかりかかって、しかも、空求人とかブラックう企業をつかんでしまうという、なぜか

「俺は自分ひとりで転職活動をするんだ」

的なこだわりがある人が多いですね。これって仕事でもそうですけど、仕事とかって極論言うと人の手を借りて自分がどれだけ楽ができるかとかを考えている人のほうが、確実に仕事が早いですし、うまくいきます。これって転職活動でも同じことが言えるですよね。

転職活動をするにしても一人でやるってのは求人を探すのだけでもめんどくさいですし、空求人、ブラック企業に引っかかる可能性もあります 転職ツール使ったほうが無難ですよ

転職活動するにしても、一人でやるってのはけっこうしんどいですからね。自分で求人探すって時間かかりますし効率悪いです。しかも空求人、ブラック企業をつかんでしまうのってそりゃあ悲惨なものですからね。

転職エージェントは厳しい基準で掲載企業を審査いているのでブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動について的確でピンポイントなアドバイスをしてくれます。

転職って、たしかに始める前はきつい感じもありますし、初めてだと何からやっていいかわからなかったりします。

しかし、転職は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスなどをもらったりして、履歴書を作って面接対策をすれば普通に内定は取れます。

準備と対策をすれば内定は取れるんですね。一度、優良な求人を紹介してもらって実際に自分の目でみてみると視野も広がりますし、転職活動のイメージもわいてくるのでおススメですよ。