20代前半の派遣orバイト男性が結婚したいなら正社員じゃないと無理な理由 

20代の男性も「30代になったら今の彼女と結婚したいなあ」「30代くらいには結婚して子供ほしいなあ」とおぼろげながらに感じているでしょう。

ただ、今まだ20代前半の男性だと就活で失敗したりして派遣やバイトでしのいでいるケース。そもそも就職活動をしていないので、そのまま既卒でバイトでいるケースもあるでしょう。

20代前半くらいってバイトとか楽しんですよね。時間の自由もきくし、なにより責任もなしバイト先が楽しかったりすると「このままでいいかな・・・・」とどんどん年だけ取っていってしまいます。

でも派遣やバイトのままで30歳になっているときの自分を想像してみてください。怖いですよねマジで怖いです。30歳になった時には正社員の同級生は会社で責任ある仕事を任されて、そろそろ部下ができる年齢です。肩書も「主任」「係長」といったものになっていく年齢です。

肩や自分は派遣で単調な仕事をやらされて、かといって仕事量は正社員と変わらないくらいやらされる。でも給料は安いしボーナスも出ない。

これを想像したら、イヤでも正社員になったほうが良いというのが分かります。別にわたくし正社員のほうがいいという正社員至上主義じゃないです。

ただ、タイトルにあるように「結婚」をいしきする、しかも30代での結婚を考えているとなると、派遣社員で結婚できるか???というと答えはNOです。

もちろんいますよ、私の職場とかでも知人でも派遣で結婚している人もいます。ただ、経済的にかなり苦しい状態か、奥さんが旦那以上に稼いでいるかといった感じです。

たいてい「経済的にかなり苦しい」というケースが多いです。そんな状況を奥さんや子供に強いてしまわけです。切ないですね。

なので、正社員が全てというわけではないですが、残念ながら今の日本では正社員になるのが経済的に安定する方法なんですね。

正社員と派遣では30代での年収は100~200万以上 生涯年収では2億以上違う

30代になると正社員はいままでのキャリアからステップアップして仕事も責任が出てきますし、それなりに給料も上がってきます。

逆に派遣やバイトは時給制なので給料は永遠にあがりません。ボーナスもありません。今更ですけど残酷な現実です。そのまま派遣かバイトのままだと30代では年収で100~200万以上差が開きます。これはあくまで平均なので実際会はもっと開きがあるのでしょう。

でも働く時間と労力がそんなに変わらないんですね。しかも30代になってくると派遣は正社員より下に見られていますから、年下の正社員から「しっかりやってくださいよ」的なことを日常でいくらでも言われます。

これってどうですか?これでも派遣のままでいたいですか?バイトのままでいたいですか?いやですよね。

できれば20代のうちに確実に正社員になっておきたいところです。

結婚とかしたいなら、派遣のままじゃあできないのは薄々早い段階であなた自身が気づいていると思います。

私の知人でも夫が派遣社員で結婚した人もいます。ただ、生活自体は正直かなりきつい状況です。他人の私が見ても経済的に厳しくて一つの派遣の仕事だけではやっていけないので、ほかのバイトを掛け持ちして生活しています。子供もできてくるとなるとそういう風になってくるのは、当然と言えば当然なんですけどね。

派遣やバイトの人は正社員になる行動を早めにとっていこう そうでないと30代で結婚するのは不可能です

20代のうちに正社員になったほうがいいというのはわかりました。もう一つ正社員になっておいたほうが良い理由は結婚願望がある人はもう絶対に正社員になりましょう。

逆を考えてください。あなたが女性だったら派遣社員やバイトの30代男性と結婚したいですか??愛とかでのりきりますか?私はいやですね。愛とかも簡単に醒めます。

面接官じゃないですけど「これまで何やってきたの??」と女性にいわれても何も言い返せないです。なので派遣やバイトの30代男性は結婚は諦めたほうが無難です。

なぜなら高確率で不幸になるからです。これは私が知人で旦那が派遣社員で結婚している家庭を見てると、かなり苦しい生活をしているからです。

もしかしたら本人たちは幸せなのかもしれません。でもはたから見ると大きなお世話かもしれませんが、とても幸せそうにな見えません、しかも経済的に厳しいとしか見えないです。

それを見ているとどうしても正社員にったほうがいい、結婚するなら男は正社員じゃないとと婚活業者みたいなことをついつい言ってしまいそうです。

先ほどの年収の開きがあれだけあると、女性にかなりの稼ぎがないとやっていけないでしょう。

30代の男性が結婚するには自分が正社員になるか、稼ぎのイイ女性を見つけて結婚するかの二択でしょう。女性を落とす自信がある人は稼ぎのイイ女性を見つけてください。

そうでない人は20代のうちに是が非でも正社員になっておきましょう。

派遣やバイトからの転職活動は転職エージェントを利用しよう

考える青年

ただ、正社員になるといっても、そういう焦りをかかえて主食活動をすると得てして「ブラック企業」などにつかまりやすいです。

ハローワークや求人誌はブラック企業のオンパレードです。ブラック企業のほうが多いんじゃ?というくらいです。

「じゃあどうしればいいんだ?」となると転職エージェントを利用するのがおススメです。

転職エージェントは転職のプロのエージェントがあなたと面談をして希望に合った求人をピックアップしてくれます。派遣やバイトの人が利用しても親身になってエージェントがアドバイスをくれます。

また、転職エージェントの求人はしっかりと審査をしてものなので、ブラック企業はありません。

転職エージェントは、転職のプロであるアドバイザーが、しっかりと求人を審査してチェックしています。そのためブラック企業はほとんどありません。

これがハローワークや普通の求人誌だと、求人審査がないのでブラック企業の求人がいくらでも掲載されているんですね。この点が大きな違いです。

また、アドバイザーが転職についての悩みについてアドバイスしてくれます。転職活動は人生で多くても数回程度なので、解らなことが多いのは当然ですよね。そういった時にアドバイザーに質問すれば的確な助言をもらうことができます。

実際、この助言があるとないとでは行動の効率も大きく違ってきます。自分ひとりで悩んでいる時間はもったいないですからね。

転職エージェントを利用すると、世の中には「普通の会社」というのがたくさんある・・・というのが解かります。

ブラック企業につかまってしまうパターンは自分でハロワなどで求人を探して、自分でで面接を受けてしまうというケースが多いんですよね。そうなるのは悲しすぎますからね。

転職エージェントは登録から利用まで無料です。企業が転職エージェントに紹介料を払っているので、あなたにお金がかかることはありません。

そう、世の中にはホワイト企業や普通の会社、仕事がまともな会社はたくさんあります。ブラック企業から脱出する、ブラック企業にひっかからないというのは、もう今の世の中、転職での重要なポイントになってきていますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

DODAエージェントサービス (←公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!