会社の飲み会に行きたくない 苦痛で意味が無い時間は本当に無駄な理由

「会社の飲み会」

ってまあ好きな人はいないんじゃね?って思いますけど、そうでもないですね。社畜洗脳されたちょっといかれた上司とかはそういう飲み会の場で自分の武勇伝とか仕事に対する熱い思いとかを、聞いてもいない部下とかに熱く語りますからね。まあホントに気持ち悪いの一言です。

だから会社の飲み会はそういった社畜洗脳された人間とかはイイですけど、まともな普通のひとはまあ嫌いってことですね。

今から15~20年位前までは酒飲むくらいしか楽しみが無かったのでそういう飲み会も割といい感じでしたけど、いまではネットも普及してスマホもあるし安価な娯楽がいくらでもありますしね。わざわざ、5000円とか一万円とか会費払って会社の飲み会なんかマジで行きたくないですからね。しかもなんか一次会だけでも2~3時間くらい拘束されてその後なんか趣味が悪いスナックとか、キャバクラとか行って二次会とか最悪ですからね。

いや、別にいいんですけど勝手にやってほしいです。い自治会で帰らせてほしいですよね。二次会とか強制されて断ると「付き合い悪いなあ」とか捨て台詞とか計れることもありますしね。いや・・・そんなショボイスナックとかキャバクラとかで金使いたくないよ。どうせ酒飲むなら、うまい日本酒とか買って自分の家でまったり飲んだほうがいいよ。

そう思ってましたね。というか、会社の人間なんて会社に行けば顔合わせるんだし、そんな飲み会でずっと一緒に居たくないです。

まあ、会社飲み会とかって出たとしても忘年会とか、世話になった人の送別会くらいですかね。それになんか二次会とか言う概念がよくわからないです(;´Д`)

言ってしまうとまあ、家に帰ってやることないんじゃね?って思いいますよ。そりゃあ、まあ酒飲んでうっぷん晴らしたい時もありますけど、それだったら仲のいい友人とか一人で飲みに行ったほうがいいですしね。会社の飲み会とかでうっぷん晴らすのって、完全に会社ありきで人生を送ってるんでほんとに避けたいところです。

まず会社の飲み会とか行かなくていいっすよ そういう時代になってるし実際行かなくても割と目立ちません ソースは私とその知人です

まあ、結論言うと飲み会イヤだったら行かなくてもいいですよ。

なんか時代的にそういう流れになってるし、忘年会とかも普通に断る人とかけっこういますしね。実際に飲み会とかを断っても、今時ってそんなに目立ちません。

というか、私とかは以前の会社って製造メーカーだったんですけど、飲み会とか完全に出なかったですからね。というか、忘年会とかも断りましたし、送別会でたとえば、世話になった人が退職するとかなら個別にその人を誘って飲んだりしてました。送別会とかで大人数の場所にはいかなかったですね。

まあ、ここまで完全に飲み会とかを断らなくても、せいぜい忘年会くらいだけ出てればいいんじゃね?とか思います。飲み会断っると

「あいつはそういう奴なんだ」

とか周りが勝手に思ってくれるので、だんだんと

「付き合い悪いなあ」

「なんで出ないの?」

とか言われなくなります。そうなればしめたものです。飲み会の出欠だけは取りに来ますけど、そこで断っても何も言われなくなりますからね。

まあ、会社の飲み会とかを断ってると、そりゃあ出世とかはたぶんできないですから、出世したい人とかは飲み会出たほうがいいですよ。ただ、会社の飲み会に出ないってのは

「金を無駄にしない」

「時間を無駄にしない」

「ウザい上司の武勇伝とか聞かなくていい」

「そもそも、会社飲み会に出て得るものは何もない、というかめんどくさいつながりができるので失うもののほうが大きい」

ってところですね。

会社飲み会で失うものってのは「出世」くらいですかね。どうしてもそこを外せない人は飲み会に出て、上司の武勇伝とか仕事に対する指定とかを説教されていったほうがいいですね。

逆に、まあ出世とかどうでもイイなら、会社の飲み会は「時間」「お金」を失いますし、出たとしてもなか会社での仕事がスムーズにいくとか、そういうことも一切ありません。

というか逆にメンドクサイ人間関係とかも出てきたりするので、仕事でめんどくさいことも起こりやすいですからね。

もう一度言いますけど、私の経験上、会社の飲み会とか断ってもそんなに目立ちませんし、デメリット「出世がむつかしくなる」くらいですし、まあ全く問題ないですしね。

というか女性とかで飲み会とか一切出ない人とか普通にいるでしょ?男でもそういう人もけっこういましたし、あなたが思っているよりも会社飲み会なんて出ない人が割と見かけるんですよね。飲み会断ったと言っても会社を首になるわけじゃないですし、会社の飲み会がいやなら断ってもいいんじゃね?ってところです。

まあでも、これは私が製造業っていういわゆるブルーカラー的でもちろん事務的な仕事もありますけど、割と自由な気質の会社だったからよかったのかもしれませんね。

ホワイトカラーの仕事とかでガチガチの営業とかだと上司から逃げられませんし、部署に10人未満でそこの飲み会とかを毎回断るのは確かにきついかもしれません。

年に数回くらいなら飲み会に出てもそんなに害はないかな?っては思います。

しかし、月に2~3回くらい飲み会があってそれも参加強制みたいな感じだったら、ちょっと今後の労働環境を考えたほうがいいのかもしれませんね。

関連記事:体育会系の飲み会は強制収容所

体育会系のクズでヤバい奴がいる会社を辞めたい? パラハラ・飲み会強要するのは当たり前
体育会系の人間がクズでヤバいってのは疑う余地がないですけど、そういった人間が多い会社にハマると本当にきついですからね。営業の仕事とか会社自体が体育会系で、飲み会強要、パラハラ、イジメなどをされている場合はその環境からの早めの離脱がおススメです。

まあでも営業とかでなんか「チームワーク」とかをキモい感じの職場だと飲み会断るとメンドクサイかもしれませんね そういう職場は私だったら早々に労働環境を変えます

まあでも、私も営業とかやってた時があったんですけど、その時はけっこう飲み会に「強制」させられました。

いわゆる「体育会系」の職場ですね。今考えるとウザいことこの上ない職場でした。なんかいつもテンション高くて、いい年こいたオッサンとかが松岡修造みたいに暑い感じでもう最悪でしたよ。

終末とか月末とか飲み会がけっこうあって、それでもってだいたい上司の自慢話とかばっかりで、ほんと飲み会というかただの生き地獄でしたね。

しかも上司とかがおごってくれることも少なく、自腹で金払って、時間無駄にして、苦痛を受けるっていうホント意味不明な儀式って感じでしたね営業時代の飲み会はね。

何が言いたいかというと

「体育会系の組織、部署」

「上司が効く減までウザい」

「ホワイトカラーで保守的な会社」

とかだと、飲み会がメンドクサイしガチで強制されるみたいな雰囲気の場所もあります。

まあこういった雰囲気の場所ってたいてい仕事もブラックでしかも精神論とで根性忍耐、仕事は我慢してやってればなんとかなるみたいな、効率無視の組織が多いです。

だって、効率とか考える人の集まりだったら、会社の飲み会とかが無駄な時間ってのはわかりきってますしね。そもそもプライベートとかでやることが無い人で仕事しかない人の集まりだと こういった会社の飲み会が多くなってきます。

平たくいうと、ブラック企業とか職場自体がウザい、飲食業とか営業とかなんか無理矢理職場でウザい団結を強いられる職場ってありますよね。飲み会とかやって仕事がきついけど団結して頑張ろうみたいな、もうキモいことこの上ない名目で飲み会とかも連発であります。

個人的にはこういった飲み会連発、精神論根性論大好きで、なんかウザい団結を強いる職場ってのは辞めたほうがイイっすよ。どうせ給料も安いでしょうし、なによりサービス残業とかを強制するパターンが多いですしね。

飲み会を強制する組織とかって結局、激務だったりサービス残業が多かったりと組織として最悪な場合がデフォですからね。自分の置かれてる状況を冷静に振り返ってみたほうがいいですね。

飲み会とかを思い出してみると、そこからなにか得るものがあったりしたことは一切なかったですね時間の無駄でした まあ出世したい人は上司からの飲み会の要請は一切断らないほうがいいでしょうね 上司のクソみたいな武勇伝とかを「すごいですねー」と満面の笑顔でずっと聞いていたほうがイイですよ 私は嫌ですけど

なんか今、会社の飲み会とか思い出してみると

「1ミリもプラスになったことがない」

って重いですね。そりゃあまあ、なんか上っ面の団結とか和気あいあいとかもありますけどね。でもまあ、ほんと詰まんない話というか上司の話とか極限までつまらないですし、

自分に自信が無いからか自慢話とか武勇伝とかを話しますしね。自分で自分のことを話しまくるってホントにもてない男の典型的な行動パターンですしね。

まあそんなのばっかりなんですよね。しかも飲み会になると逃げ場がないのでけっこう悲惨ですよ。というかなるべく隅でテキトーに時間潰したほうがいいわけですからね。

でもこんな飲み会でも出世したい人は絶対に出たほうがいいです。それでもって、上司のクソつまらない武勇伝とか自慢話とかに

「イヤーすごいですねー」

とかいって満面の笑みで対応したければ行けませんしね。これは20年以上これやってかなと出世できないので、頑張ってやっていきましょう。私は嫌ですけど笑。

だって、あなたの評価をつけるのは上司ですし、いくら仕事を頑張ってやっても、仕事がどんなにできても、上司に「嫌われた」らいい評価はもらえません。

逆に言うと仕事ができなくても上司に媚び売って気に入られればいくらでも、評価は上がりますしね。なんか逆に仕事ができる人で上司に嫌われたりすると、仕事ができる分、上司から嫉妬を受けて評価を異常に低くつけられたり、なんか嫉妬からイジメられたりしますからね。

そういうのが嫌ならまあ、ゴミ上司でも飲み会とかに行って媚びて「すごいですねー」とか言っておけばいいわけです。そのうらいで上司なんて喜びますからね。

っていうか、まともな上司なら自慢話と化しないですし、部下から媚び売られてもそんなのが「媚び」だってのはわかりあすからね。ほんと悲しい現実ってのがありますからね。

逆に出世とかどうでもイイなら、飲み会とか一切でなくても全く問題ないですよ。私もある時期から飲み会とか一切出なくなりましたけど10年近くなみも不都合はなかったですし、それで露骨に「飲み会出ろ」とか言われたことが無いですからね。

実際、年々、飲み会に出ない人って増えてきています。女性で家庭がある人なんて普通に出ないですし、30~60代の男性でまあ役職とかについてない人とかなら、飲み会に一切出ない人とかけっこういましたよ。

なんというかまあ、自分の意志で飲み会は断ったほうがいいです。それ以上にそういう飲み会とかを強制されるような組織って、上述した通りなんか

キッツい状況になってきますからね。体育会系の職場で根性論大好きな職場ほと飲み会は多いですし、まあそういう場所はさっさと労働環境を変えていったほうがベターだってのは言うまでもありません。

転職で一人で求人を探すとかってけっこうキツイですし効率も悪いです ブラック企業に捕まるかもしれないので転職ツールは使ったほうがベターですね

転職で一人で求人を探すとかってけっこうきっついですし、めんどくさいし効率も悪いです。自分の希望の求人を「探してもらった」ほうが効率がイイですしね。

また、一人でやってるとアドバイスとかも受けられないですし視野も狭くなるので、ブラック企業に捕まる可能性も出てきますしね。転職ツールを使ったほうがベターです。

 

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動について的確なアドバイスをしてくれます。

転職って難しいというイメージもありますし、初めてだと何やっていいのかわからないってのもあります。

しかし、転職は優良な求人を紹介してもらってアドバイスをもらったりして履歴書を作って面接対策をすれば普通に内定は取れます。準備と対策をすれば内定は取れるもんですん。

優良な求人を紹介してもらって自分の目で見てみるといいですよ。ブラック企業じゃない求人があるって確認できますし、これからやってく仕事を選ぶ判断材料になりますからね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.リクルートエージェント

2.CONNECT(コネクト)

3.パソナキャリア

 

リクルートエージェントは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は「かんたんスピード無料登録」をクリックしてメールアドレス・名前・生年月日・電話番号と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

【リクルートエージェント】 (公式サイトに移動します)

 

 

パソナキャリアが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はCONNECT(コネクト)かパソナキャリアを選択しましょう。

CONNECTもパソナキャリアも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともリクルートエージェントに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

CONNECTは企業のキーマンに直接会えるというシステムで転職活動を効率化できます。また多くパソナキャリアは幅広い求人が多くのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

CONNECT(コネクト)(公式)

 

【パソナキャリア】 (公式)