薬剤師が調剤薬局の転職で失敗する理由 人間関係などは後から悪くなる場合もある事実

薬剤師が調剤薬局の転職で失敗するというのはけっこう言われますね。薬剤師の転職は薬局がメインになりますが、薬局によって大きく仕事が違うということはあまりありません。

基本は処方箋から調剤をして服薬指導をするということです。もちろん仕事の量は薬局によって違いますけど、仕事内容は大幅に変わることはありません。

この点を考えてみると、調剤薬局に転職する人は当然

「給料」

「仕事の量が多いか少ないか」

「人間関係のイイか悪いか」

で仕事を選ぶことになるでしょう。

給料は求人票に載っている通りですし、仕事の量も前もって確認できます。ただ、求人誌の内容は仕事が少ないと書いてあってもその後状況は変わるかもしれません。その時はそんなに忙しくなくても数か月後には忙しい職場になるという事はよくあります。

また、人間関係は求人誌ではわかりませんしその職場に入ってみないとわからないというのが現実です。

そう、薬剤師の仕事っていうのも、普通と仕事でその薬局に実際に勤めてみないと、本当のところはわからないという部分があります。

でも、薬剤師は資格ありきの仕事なので、最悪、入った職場が最悪だったとしても、また転職すればいいことです。なので、普通の資格もなくサラリーマンをするよりかなりリスクが少ないんですよね。

そのあたりは薬剤師のあなたが本当にうらやましいです。普通のリーマンではなかなか強気で転職できないですからね。

薬剤師が調剤薬局での転職で失敗する理由なんて結論を言ってしまうと

「9割以上人間関係が悪い」

ってことなんですよね。そりゃあ、薬局によって仕事量の量が多い少ないはありますけど、人間関係が良ければそんなのあんまり気になりません。薬局って女ばっかりの閉鎖社会なんで、一人変なキチガイな人がいたら、もうそこはただの「ブラック薬局」になるんですよね。

ああもう結論言ってしまいましたね。調剤薬局への転職って人間関係が悪いかどうかで決まってしまいます。これって運の要素も大きいので、失敗するはしょうがないですし、別にあなたが悪いわけじゃあないんですよね。

だから、調剤薬局の転職に失敗したら、またすぐに転職すればいいだけです。そこで3年は我慢して勤めようとか変な気を起こすと、悲惨なことになりますよ。

関連記事:とりあえず3年は我慢しみようはやめたほうがいいですよ

「とりあえず3年」理論て辞めてほしいですよ。言ってる方は当人がどれだけつらい状況にあるかってわかってないですからね。そんなこととをまじめにブラック企業とかで実際にやったら余裕で過労死、うつ病、自殺、思考停止、完全社畜状態いjなってしまいますからね。さっさと我慢しないで辞めて環境のイイ職場に転職しないと年齢ばかり上がってしまいますよ。

薬剤師が調剤薬局への転職に失敗する原因は人間関係が悪いってのが9割ですけど、他の要素もあるんでちょっと見てみましょうかね。興味のない場合はスルーしてもいいですよ。

まず転職の際に自分が求めていることを具体的に考えていない人が失敗する


たとえば転職をするということは、「もっといい条件で働きたい」「もっと別のことで力を発揮したい」「今の職場が嫌だ」といったケースが多いですよね。

これって実際、具体的に今働いている職場から「どのくらい良くなればいいか」ということを数字などで決めてないんですよね。

漠然と「今よりいい条件」「今より別の仕事」「嫌だから別の職場」とかで転職してしまうと、転職してから後悔する原因になります。

なぜなら、人間の希望は限りが無いので、「もっともっといい職場がよかった」という考えになってしまうからです。

しかし、そこで具体的にどれくらいになれば満足かを書き出しておけばそれを防ぐことができます。

「給料は今より年収〇〇万円増えればいい」

「こういう仕事でこういうことをしたい。このくらいの仕事ができれば満足」

「今の職場のこういうところが嫌だ。次の職場では○○と△△ができればまあまあ満足」

なるべく具体的に職することでどうなれば満足できるか、またどれくらいあれば妥協できるかを書き出しておくと後で後悔しないようになります。

完璧に自分を満足させくれる職場はハッキリ言って無いので、転職によってどれくらい状況が改善されればいいかを具体的に書き出しておきましょう。

こうやった具体的に自分の満足できるラインを自分で数字で把握しておくとその職場で自分がやっていけるかどうかを、わりとクールに見極めることができます。

どんな職場でも満足度100%ってことはあり得ないので、だいたい60~70%以上の満足度があればまあいいかな・・・くらいでいいと思います。

実際ブラック企業なんて満足度マイナス500%くらですからね(;^ω^)薬剤師の仕事でそこまで悪い薬局とかはそうはないので、そこまで不安になることは無いですよ。

何度もい言いますけど、あんまり満足その低い調剤薬局だったらさっさと職場を変えればいいわけです。薬剤師の資格持ってるんですからね。私としてうらやましい限りですよ。

私の知人なんて、自分の実家で薬局やっていて、バイトというか派遣で薬剤師としてダブルワークしてますからね。派遣先の薬局が待遇が悪かったり、人間関係が悪かったりするとすぐに職場を変えています。

それでも普通にサラリーマンが働いているよりは、実家の薬局も収入を合わせると稼いでいますからね。なんかうらやましいですね。薬剤師は一つの職場にこだわるってい理由が全くないので、環境が悪ければさっさと移ったほうがイイですよ。

調剤薬局の転職で一番のポイントは「人間関係」がうまくいくかどうか


調剤薬局での転職で一番の失敗理由にあげられるのは上述しましたけど「人間関係」がうまくいかなかったという報告を受けています。

人間関係は、転職するときにその転職先の職場の人間関係がいいかどうかは、なかなかわかりません。

たとえ現状は人間関係はよかったとしても、調剤薬局は基本、少人数でやっている薬局がほとんどで、一人でもイヤな人間が入ってくると職場の雰囲気は一気に悪化します。

しかもそういった人間が上司や管理薬剤師になったりすると、かなりストレスがたまります。

人間関係が失敗しないようにするには、転職前にその職場をしっかり見学してみたり、可能ならそこに勤めている人の話を聞いたり、その職場に勤めていた今は辞めた人などの話がきけると、人間関係がどうなっているかは、ある程度わかってきます。

薬局を、事前に抜き打ちで見学するっていうのは、けっこう重要ですよ。大体職場の雰囲気って見ればわかりますしね。笑顔で話しているような薬剤師がいればだいたいOKだと思います。逆になんかギスギスした雰囲気だとちょっとヤバいかもしれません。

ただ、先ほども言ったように今は人間関係が良くても、入ってしばらくたってから悪化することもあるので、こればかりはコントロールできない部分なんですね。

そういった状況になっても、うまく立ち回り仕事としてやっていけるメンタルと要領の良さを持つことも調剤薬局への転職が失敗しない大切な要素になってきます。

といっても先ほども言いましたけど、薬剤師の資格をもっているわけで、最悪、職場がもうこりゃだめだ、仕事を続けられないとおもったら、さっさと別の薬局に転職すればいいだけの話です。そういう意味では薬剤師は本当に、強みのある資格なんですよね。

そのメリットを十分に生かして、気楽に転職活動をしてみてはどうでしょうか?

あと余談ですけど、人間関係ってたとえば、入った時はその調剤薬局の人間関係がよかったとしても、そのあとから入ってくる薬剤師がなんか癖のある人だったり、管理薬剤師が変わってパラハラ薬剤師やイヤミな薬剤師になったりすることも多々あります。

何が言いたいかと言うと、

「人間関係が永遠にいい職場は存在しない」

ってことですね。人が動く限り人間関係は良くなることもありますが、得てして仕事ということがからむと悪くなることが多いです。

だから、薬剤師って有利ですよ。人間関係が悪くなったらその職場を離れて別の調剤薬局に移ればいいわけですから。

仕事ですからね。別に友人とか家族とかと人間関係が悪くなるわけじゃなないので、スパッと切ればいいわけです。人生を良くしていくためにはそういった判断と行動がっメッチャ大事になってきますからね。

関連記事:仕事はそこそこいいけど人間関係がダメな場合の対応

職場が長時間労働でサービス残業、おまけに給料も安くて激務と言う状況でも「人間関係がいいから辞められない」みたいなことを言う人がいます。職場の人間関係は今は良くてもいつパワハラ上司が異動してきてある日突然人間関係が最悪になるってこともよくあります。人間関係だけで転職をしないという理由はナンセンスと言うことがよくわかります。

収入や残業時間の少なさだけで調剤薬局をサクっと選ぶと危険です。

結局、調剤薬局に転職するなら、具体的に自分がどれだけ今の状況から改善されるかを具体的に考える(書き出す)ことや人間関係をどれだけうまく作っていくかがポイントになってきます。

収入の良さや残業時間が少ないから、この薬局でいいかと「サクッと」転職してしまうのは後々後悔の原因になるのであまりお勧めできません。

やっぱり薬局を見学に行ったり、ちょっと近所で薬局のうわさとかを聞いてみるのもいいかもしれません。時間があればそういうことをしても罰は当たらないですよね

薬局って結局、薬剤師の人数も固定されていて「閉鎖社会」なんですよ。だからその薬局にいる人間のキャラで、働きやすいか働きにくいかほぼ決まってしまいます。

なるべく調べることは調べてから就職するのがベターですね。

転職は人生においてそうそうあるイベントではないので、ここはじっくりと腰を落ち着かせて
入念に転職先の調剤薬局の情報を集めていくことが大事になってきます。

こういやって転職先を入念に調べてもそれでも、そりゃダメな職場とかもありますからね。

そのあたりは最初から割り切っていくべきなんですよ。

例えば、入念に調べて入った職場でもイマイチだったなんてことは、ガチでよくありますからね。そいう場合でもまた、クールに違う職場探せばいいだけです。そういった淡々とした行動力がのある人だけが、イイ職場についてるんですよね。

転職支援サービスで薬局の情報を得るのが簡単です そうすれば自分で調べる必要もないですしね

ただ、そういった入念な情報収集も一人で行うのはむつかしいものがあります。

特に人間関係的な情報まで踏み込んだ求人情報ってほどんどないですよね。そのあたりを聞くことができるのが転職支援サービスです。

求人情報をチェックして、履歴書の書いて面接対応の勉強をするのは一人ではちょっとハードルが高いです。そういう場合は「薬剤師の転職支援サービス」を利用するのおススメします。

転職支援サービスは転職のプロであるアドバイザーがあなたと面談をして希望の求人をピックアップしてくれます。

「薬剤師転職支援サービス」は転職支援のプロであるキャリアアドバイザーがあなたと面談をしてすぐれた薬剤師求人を紹介してくれます。

登録から利用はすべて無料になっています。これは求人を希望している企業側が転職支援サービスに報酬を支払っているので、あなたは無料で利用できるわけです。

薬剤師転職支援サービスは、あなたに履歴書の書き方や面接のやりかたをしっかりとサポートしてくれます。

良い求人情報があっても面接がうまくいかないと難しいですからね。そういう細かなところまで配慮してくれるのが転職支援サービスです。

一人で薬剤師の求人情報を探すより、格段に効率よく転職活動をすることができます。

また、北海道から沖縄までの求人情報を網羅しているので、勤務地の相談もでき、あなたのライフスタイルにあった転職を可能にしています。

薬剤師は安定した求人があるので、あなたのニーズにあった求人は見つけやすいです。転職支援サービスを利用してスマートに薬剤師の転職活動を行いましょう。

優良な薬剤師の転職支援サービスは下記のとおりです。支援サービスは登録・利用とも無料です。

 

1.ファルマスタッフ

2.薬キャリ

3.マイナビ薬剤師

 

「ファルマスタッフ」は東証一部情報の「日本調剤グループ」が運営する転職支援サイトです。

職場へ足を運び求人情報を収集し、面接同行サービスを実施してキメの細かいアドバイスで定評があります。

薬剤師専任コンサルタントが80名在中し、あなたの希望に合った薬剤師求人の提供・面接指導を行ってくれます。

登録は公式ページの緑色のボタンの「まずは会員登録(無料)」をクリックして名前・とアドレス、生年月日・住所と携帯番号と必要事項入力入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

ファルマスタッフ  (←公式サイトに移動します)

 

「ファルマスタッフ」だけでは求人の幅が足りない。担当者との相性が合わない・・・と言った場合は「薬キャリ」や「マイナビ薬剤師」を選択しましょう。

「薬キャリ」も「マイナビ薬剤師」も大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質とも「保育ひろば」に引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

薬キャリ  (公式サイト)

 

マイナビ薬剤師  (公式サイト)

 

 

 

 

薬剤師が調剤薬局を探すって言っても、選択肢はメチャ多いじゃないですか。今っていたるところに薬局あるでしょ?田舎でも高齢化の影響だと思いますけど薬局だらけですからね。

これが世の中にとっていいことなのか悪いことなのかは別にして薬剤師が勤める調剤薬局は増えていますからね。

悪い環境だったら流動的に職場を移っていくというスタンスがイイと思いますよ。もちろん、ずっといい環境の調剤薬局だったら転職する必要もないんですけどね。

あながが労働環境のいい調剤薬局に巡り合えることを心から祈っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!