仕事中にうつ病で出る症状を実体験から紹介 死にたい気持ちや吐き気頭痛などがおこったら重症になってます

うつ病女性

仕事が激務で長時間労働や上司のパラハラなんかで「うつ病」になる・・・・・・

もうこれって世間的には珍しくないことなんですね。昔とかでも猛烈に仕事をしてた人がいるとは思いますけど、昔は頑張った分だけ給料も上がるし出世もするので、どんなに仕事がきつくても耐えられる雰囲気もありましたしね。

しかし、今では給料も上がらず出世のポストも無くて、ただこき使われるだけでしかも仕事なのに上司にいじめられたりして、意味不明な時代です。

私の経験上、うつ病って仕事がキツイってのも大きな原因ですが、それ以上に「この仕事をしてていてもまったく希望が持てない」ってことに気づくと一気にうつ病の症状が加速していきます。

そりゃそうですよね。きつい仕事でも給料とかが上がって言ったりそれなりの待遇とかがあれば人間で頑張れるものです。

でも、ただ長時間労働でこき使われて低賃金で、上司にいじめられてずっときつい仕事の対価もなしに一生こき使われていくってう、底抜けの絶望感があると、うつ病はさらに症状が加速します。

うつ病が具体的に症状が出てくると、もうその時点でけっこう重症です。自覚症状が出てくる時点でもうかなりうつ病では症状が進んでいます。そういうことってあんまり知られていないんですよね。

実際は自覚症状が出る前に心療内科に行って診断書をもらって会社を休職して休んだほうがイイです。でも実際は、日本では基本

「我慢するのがかっこいい」

「我慢がこの世で一番大事」

「世の中は厳しいもんだから我慢するのは当たり前」

みたいな我慢大好きな教育をしているので、キツイ状況でも我慢してしまいます。これがたいてい取り返しのつかない結果(自殺、過労死など)につながってしまいます。

関連記事:心療内科に行って診断書をもらって会社を休職しましょう 早い段階で

心療内科の診断書を利用して休職する方法 実際にうつ病で休職して傷病手当金をもらいつつ転職活動するのがベター
仕事がきつくて、精神的にきつかったら心療内科に行って診断書をもらってきましょう。そうすれば簡単に会社を休職することが出います。会社ってこういった公的な機関が出した「書類」にはめっぽう弱いです。傷病手当金ももらえるので、休職しながら転職活動をするのが一番頭のイイ行動方法です。

営業でうつ病になると、一気にお客さんとのコミュニケーションとかが自信がなくなる 営業成績もがた落ち

私は地銀で営業をやってたんですけど、毎日の長時間労働とノルマの圧力、パワハラ上司の罵声などでストレスが蓄積されて最終的にはうつ病になりました。

営業成績はそんなに悪い方じゃなかったんですけど、結局、上司のパラハラとかって毎日受けてると、だんだんんとなぜか自分に自信が無くなってくるんですよね。

「いつまた罵声を浴びせられて怒られるか」

なんてことにビクビクするようになります。しかも、長時間労働で肉体的にもキツイ状況だとその上司とかに反抗しようとかいう気力さえなくなってきます。

そういう状況が続いていると、だんだんと自分に自信が無くなってきて、お客さんと会うとかもめんどくさくなってきます。というかコミュニケーション自体に自信が無くなってくるんですよね、それだけじゃなくなんとなく「生きていてスイマセン」みたいな感じになってくるんですよね。

こうなってくると、営業成績もだんだんと下がってきて、それがさらに自信を下げていきます。そうなると上司もさらにパワハラしてきますし完全に負のループになってますね。

そして、結局、うつ病の症状が生き胃に出てきたんですよ。

仕事に以降とすると、めまいや吐き気、腹痛なんかが起こり、車の運転とかもどこかにぶつけたり、挙動不審になってきて、それがひどくなってくるとだんだんと「死にたい」とか「自殺したい」とかいう気持ち変わってきます。

この時点で自殺してしまう人も現実にいますしね。電通の自殺した新入社員の女性とかですね。まあ、世の中に出てないだけでかなりの人数が自殺してると思います。

私の場合は、自殺するよりも先に朝起きると体が動かなくなって仕事に行けない状態になりましたからね。そのまま心療内科に行って診断書をもらって休職するって形になりましたしね。

まだ命があるだけマシでしたよ。不幸中の幸いってところですね。

軽視されてますけど、結局人間が死ぬとかって自殺が原因のトップなんですよね。特に仕事でのうつ病で自殺が原因のトップじゃないかと思っています。公表されてないですけどね。

それを考えると、長時間労働とかパラハラやってくる会社とかってクソですからね。そんな環境で働くくらいだったら、私だったら餓死したほうがマシだと今では思っています。

そのくらい調子に乗ってるわけですねそういう会社って。

そもそも、営業成績がそこそこよくてやる気がある人間をわざわざ、パラハラとかでイジメて、結局うつ病で潰すわけですから、会社にとっても自分で自分の首を絞めているわけです。

こういう会社って長期的似は傾いていきます。そりゃそうですよね。従業員の働く意欲を無くしてるわけですからね。なんか悲しい現実です。

 

関連記事:会社は規模とか知名度ではなく「仕事内容」「成長性」で選ぶべきです

大企業に入社して後悔する理由 会社の「規模」で見るのはやめて「仕事内容」「成長性」で会社選びをしないとダメ
大企業に入社したけど後悔している。仕事が激すぎる、組織が大きすぎて報告書を出すのが仕事になっている、媚びる人しか出世できないだから辞めたい・・・みたいな大企業って「規模」が大きいだけで、そこまで安定性は無いものなんでよ。会社を選ぶときに「仕事内容」「成長性」を見てないと本当に悲惨なことになります。大企業に入って後悔してるなら転職したほうが無難ですよ。

家に帰ると布団に入ってメシもコンビニで買ってきたおにぎりとかで布団上での生活

うつ病になってくると、仕事が終わってから家に帰るともうそのまま布団に入るみたいな生活をしていました。

仕事だけは惰性というか社畜洗脳でガマンするみたいな悲惨な義務感だけでやってましたけど、それ以外の事はまったくやる気をなくしていました。

休みの日に外に出るとか、食事スラめんどくさくなって、それでも腹は減るんでコンビニで買ってきたものを布団の上で食べるっていう生活になっていました。

仕事だけに行ってあとは布団の上で生活するみたいな感じですね。

うつ病で会社に行けなくなって休職するまでの直前の2か月くらいはこういう生活になっていました。生きる屍です。

これで高い給料をもらってるならまだマシですけど、低賃金で体をを壊して生活も生きる屍になってしまうって、そんな仕事やる価値はなかったんですね。

揉む一度言いますけど、今ならこんな仕事するなら餓死したほうがマシだと思っています。

朝起きるともう体が重くて、絶望感で吐き気や腹痛がおきる

そういう生きる屍状態が続いていても、会社にだけは言っている生活が2か月くらい続いていました。

そして、ある朝起きると布団から起き上がれなくなっていました。

今でも思い出しますけど、そのときには冗談抜きでなんか悪霊とかに取りつかれたんじゃないか?それで金縛りにあったんじゃないか?と思ったくらいですからね。ホント完全に冷静な判断とかできなくなっているわけです。

体が鉛のように重くて、本当に布団からはって出たのを覚えています。そして、電話で体調が悪いので・・・・・ということで何とか休むことを伝えました。

体が動かない上に、頭の中に霧がかかったように頭の回転が鈍いというか、幼稚園のころの知能くらいになったような感覚でした。そう、判断とか自分でこれからどうしようかとかもわからなくなってくる感覚です。

それでも、病院に行ったほうがイイってのはさすがに思ったので、なんとか車を運転して内科に行きました。今考えると車の運転とか危なかったです。本当に事故をしなくてよかったÐ背う。

内科に行くと

「これってうつ病だね、心療内科紹介するから行ってみて」

と言われました。その時ですよ。初めて自分が「うつ病」だって気づいたのは。当時そういった知識とかも無かったわけですね。

今だったら、ここまで悪化する前にさっさと診断書とかもらって会社を休みますからね。ホント無知ってのは悲惨です。

内科から直接消化していもらった心療内科に行って、かなりうつ病が重症化してるんですぐに休んだほうがイイ・・・・ということでした。

診断書を書いてもらって、

「うつ病になったんで休職します」

とだけ直属のパラハラ上司に伝えて、診断書は会社に郵送しました。

もう、なんというかどうでもよくなってましたね。なにもかもどうでもよくなってきました。

しかし、一つだけいいことがありました。どうでもよくなったことで、社畜洗脳が完全に溶けたんですよね。

「いや、こんな体を壊すまで働いて・・・・しかもこんな低賃金でさあ・・・・これだったらまだ餓死したほうがイイよ、下手すると自殺とかするしな」

とかいたってまっとうな考えになりました。そこからの人生の価値観んは

 

自分の健康>仕事

自分の時間>仕事

 

と言う風になましたからね。板って当たり前なですけど、特に健康な体が無ければ仕事なんてできませんし、自分の時間が無ければ仕事をやる意味もまいです。

仕事でうつ病になって体を壊す・・・・こんな馬鹿なことをやってしまった自分がものすごく恥ずかしいですね。

人間死んだら終わりです。自分で自分の身体を壊す状況を作ってしまっているならその環境からは是が非でも逃げ出すべきなんですね。

だって、野生動物の世界では逃げる能力が高ければ多価ほど生き残れるわけですから。足の遅い動物はすぐに捕まって死んでしまいます。

経験上たぶんどんなうつ病パターンでも最終的には「死にたい」と思うようになって完全自己否定になる 抗うつ剤を飲みながら数か月やすんでるとじょじょに生きる希望が湧いてくる

さて、うつ病になって休職したのはいいんですけど、会社を休んで最初の一か月は本当に毎日

「死にたい死にたい」

とか思ってました。笑い事じゃないですよ。もともとけっこう楽天家だったのにここまで変わってしまうとは、ほんと、うつ病は恐ろしいです。

それでも、抗うつ剤を飲んでると身体はだんだんと軽くなってきます。

余談ですけど、私も抗うつ剤には「ヤバい薬なんじゃねえか?」っていう偏見がありましたけど、うつ病で特に重症になった場合は抗うつ剤は飲んだほうがイイです。回復のスピードが全く違いますからね。

体感では、抗うつ剤を医師と相談しながら飲んでいれば社会復帰は半年から1年くらいでイケると思います。ホントになにもうつ病で何も対処しないと社会復帰は3年以上から一生社会復帰できないみたいになってくるかもしれません。

抗うつ剤を飲んでると体は割と軽くなってきますけど、心の中はまだまだ「死にたい」みたいな感情が出てきます。

それでも数か月ひたすら何もしていないと、だんだんと気分も穏やかになってきて、日の光を浴びたり、自然を見たりしてると少しづつですけど生きる希望みたいなものが出てきます。

ホントに、長時間労働でパラハラされて仕事してるときには自然をじっくりと眺める機会なんてなかったですからね。ホントに「異常」な生活ですよ。

そういう生活をしてまで、生き延びたいとは思いませんしね。余裕のある生活で生きていきたいです。

現状、うつ病になった時の対策方法は「会社を休職する」しかないです ほかに思いつきませんだって仕事が原因なんですからね その仕事やってるうちは絶対に回復しません

現状、うつ病になってしまったら

「会社を休職する」

っていう方法しか対策方法は無いです。いきなり退職をするのはリスクが高いのでとりあえず、休職しましょう。

「休職っていったってそんな簡単にできるの?」

って思うかもしれませんけど、会社を休職するのはぶっちゃけメチャクチャ簡単です。

会社を休職するには心療内科にいいってうつ病だと診断されて診断書をもらえばいいだけです。

医師の「うつ病だから休職が必要」っていう診断書があって無理矢理「出社しろ」っていう会社はありません。どんなブラック企業でもそれを言うと完全に法律違反で会社自体がヤバい状況になりますからね。

どんなに言葉を並べるより、公的な書類1枚のほうが10000000倍効果があるってことです。診断書を取って休職しましょう。

 

関連記事:診断書がもらえない場合の行動方法

うつ病で診断書がもらえない時の対処法 心療内科ですぐにもらえる方法(実体験)からの解説
うつ病で心療内科に行ったら診断書をくれなかった。もらえないってことは普通にまずありません。その場合はさっさと病院を変えて、うつ病の症状を伝えて、ストレートに診断書を出してくれと言えば普通にもらえます。私は2回診断書をもらってるので、その実体験からその方法をまとめてあります。

 

休職してみて、それからその会社でまたやっていくか、それとも会社を退職して別の会社に転職するかどうかを判断すればいいわけです。

私しも、うつ病当時は本当にその会社を勢いで辞めたかったのですけど、休職して冷静になってから辞めるかどうかを決めたほうがよかったと思っています。

まあ、私の場合は結局辞めて天職したんですけど独身でしたしね。養う家族がいる人とかなら状況も変わってきますしいきなりやめてしまう必要もないかと思います。

しかし、個人的には長時間労働でパラハラとかがあって、その結果うつ病になるわけです。

どう考えてもブラック企業ですからね。そういう会社はどのみちまた復帰しても同じような状況になると思います。

考えてみてください。そういったブラックな会社がいきなり、労働環境とか良くなると思いますか?絶対にならないですからね。

それに、一回うつ病をやってしまうと、その会社での出世とかもう無いですらね。うつ病経験社を上役にする会社ってほとんどないですよ。簡単に考えれば解ることです。個人的には、そんな会社辞めたほうがイイと思いますけどね。そのあたりは診断書もらって休職してから冷静に会ってからじっくり考えてみてください。

転職する場合にはブラック企業に捕まらないってのがとても大事です 落ち着いて転職活動すれば大丈夫です

私はもううつ病で休職しているときから転職活動を始めてしまいました。もう会社の戻ろとは思ってなかったですからね。半年休職してその後退職しました。

転職活動をするときには転職活動のツールで何と使うか?っていうと転職エージェント一択ですからね。やっぱり転職してブラック企業に捕まるってのは一番避けたいところです。そこをうまくできるのが転職エージェントなわけなんですよね。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているのでブラック企業はほとんどありません。また、転職のぷであるエージェントが転職活動について的確なアドバイスをしてくれます。

転職って難しいと思われがちですし、初めてやる場合には何からやっていいのか解らないものです。

しかし、転職は優良な求人を紹介してもらって、アドビスをもらって履歴書を作って面接対策をすれば普通に内定は取れます。準備と対策をすれば内定は取れるもんなんですね。

優良な求人を紹介してももらって自分の目で見るのがいいですね。ブラック企業じゃない求人があるっていうのも確認できますし、これからやってく仕事を選ぶうえでの良い判断材料になりますからね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.リクルートエージェント

2.CONNECT(コネクト)

3.パソナキャリア

 

リクルートエージェントは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は「かんたんスピード無料登録」をクリックしてメールアドレス・名前・生年月日・電話番号と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

【リクルートエージェント】 (公式サイトに移動します)

 

 

パソナキャリアが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はCONNECT(コネクト)かパソナキャリアを選択しましょう。

CONNECTもパソナキャリアも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともリクルートエージェントに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

CONNECTは企業のキーマンに直接会えるというシステムで転職活動を効率化できます。また多くパソナキャリアは幅広い求人が多くのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

CONNECT(コネクト)(公式)

 

【パソナキャリア】 (公式)