男性事務職への転職は経理か総務を目指す理由 実務経験が必要な求人を狙う裏技

電話する営業

やっぱり日本という国では「事務職は女性の仕事」という固定観念がありますよね。

実際の会社では男性が事務職をやっていることもありますが、現実的には男性や「営業」「技術職」といった職種になっている人が圧倒的に多いです。

でも事務職って美味しいんですよね。文字通り「事務」をやるので、あまり人と直接接することが無いので対人ストレスも少ない仕事ですし、給料はそんなに高くないですけど、営業とか技術職に比べると体力的にもかなり楽です。

こういうこともあり事務職は女性にも大人気で、男性が事務職に転職するとなるとそれなりにむつかしいのは事実です。

で男性でも普通に事務職に転職する方法もあります。若干裏技的な感じですけど、男性が事務職を目指すなら経理職か総務職を目指すのがイイです。

ちょっと難易度の違いもあるので、長期的な計画になりますけど高確率で事務職に就くことができるのでおススメです。

実際に会社の経理課とか総務課とか主任とか係長課長って男性がほとんどなんですよね。だから男性が経理課や総務課に入ると女性が多い分、男同士の競争率も低いので出世しやすいってのもあります。だから一度、経理や総務に入ると美味しいってのがあるんですよね特に男性の場合はですね。

男性なら実務経験が必要な「経理職」か「総務職」を狙っていくのがベターです とにかく実務経験を取得していく方法

悩む牛
男性が事務職になるなら転職するときに「実務経験」が必要なところをあえて狙うようにしましょう。このほうが競争率が低いですし、実際「実務経験」があれば内定はかなりもらいやすいからです。

「でもさあ、事務職になりたいのに実務経験なんてあるわけないだろ?」

というのが普通です。そう、事務職になるためには「実務経験を作っていく」必要があります。

これはですね、まず正社員が無理でも「派遣社員」なら未経験で雇ってくれる「会計事務所」とか「社労士事務所」とかはそこそこあります。

そういう事務所に派遣でもいいので勤めることができれば、すぐに「実務経験」としてカウントされます。そう「実務経験」というの正社員だろうと派遣社員だろうと同じですからね。

この実務経験を作っていくことで、よく求人である「実務経験2年以上が必要」という事務職に応募できます。

猛威ぢと言いますけど、派遣でお良いので事務系の仕事をしている事務所に入って実務経験をつんでしまうんですよね。実際派遣で入っても正社員とやる仕事はそんなに違いはないので、実務経験を得ることで事務職への転職が圧倒的に有利になります。

ここで、さらにポイントですえど、経理系の事務職なら簿記2級、できれば簿記1級とかをもっていると実務経験プラス資格でさらに転職がやりやすくなります。総務系の事務職とかなら社会保険労務士とかを取得していてさらに実務経験があればかなり有利になります。

簿記1級とか社労士の資格は難易度が高いので、それなりの勉強期間を作って勉強していく覚悟が必要になります。

簿記2級くらいなら数か月勉強すれば取得するのも可能なので、簿記2級は取得しておきたいところですね。

こういった、長期的にはなりますけど、男性が事務職についていくには戦略的にやっていく必要があります。

経理職や総務職に入ることができると、その道のプロフェッショナルとして専門職的な立場になることが多いです。

実際、うちの会社の経理課の課長や総務課の課長はそのまま出生していき、役員になっています。実際、経理課や総務課の管理職は実際の事務をしているのは女性が勿論多いですが、管理職は男性ばかりです。

そりゃそうですよね。会社にとって経理や総務っていうのは重要な部署でここがしっかりしていないと、実際会社が傾きかけません。

しっかりとした経理をやって、会社の経営を安定させるの大事ですし、しっかりとした総務を行い人員配置や会社内のいざこざを解決していくのもとても大事な仕事です。

男性が事務所につくとその道のプロフェッショナルとして活躍していくことができるので、事務職に就きたい場合は長期的にでも計画を立てて内定をゲットするのがポイントです。

いっそのこと会計事務所に入ってしまう手もあります そうすれば普通の会社の経理課に転職が非常にやりやすくなる

上述した会計事務所に正社員で入れるなら正社員で入ってしまうこともかなり効率的な方法です。

公認会計士や税理士資格を持っていないで会計事務所で仕事をしていても、一生「補助者」ってことになります。だから給料的にはけっこう低いんですよね。しかし補助者として会計事務所で働いていたとなれば経理系の実務はばっちり把握できます。

結局、経理っていうのは実務なんですよね。会計事務所に正社員でいたっていう経歴は、けっこう大きな会社への経理課などへの転職ってのはかなりいい感じになってきます。

会計事務所の補助者という経歴あれば転職市場では経理課への転職はかなり有利になります。

個人的にはあんまり給料をもとめないので、会計事務所の仕事がまったりしていれば開会事務所の補助者でもイイんですが、給料を重視する人ならそういった経理課へのルートも長期計画でやってくとけっこうスムーズに事が進みますよ。

総務に入りたい場合は中途採用の場で「総務の仕事をやってみたい」とハッキリ言うのがベター

経理系の募集はけっこう「経理職経験者募集」っていう求人があります。

逆に、総務の場合は「総務職募集」って求人はあんまりありません。普通に中途採用の募集をしていて、結果として総務課に配属されたっていうケースが多いです。

たとえば、製造業での製造現場の作業委を募集していて、その募集に内定をもらったとします。

製造業の現場といっても、ずっと現場の作業をする人もいれば、現場で主任、係長と出世する人もいますし事務所の仕事をして生産管理をする人もいますし、品質の仕事をする人もいます。そして総務系の仕事をする人もいるんですよね。

工場の事務所で総務系の仕事をする人もいます。工場の現場とかにいても「総務の仕事をしたい」と言えば意外と総務の仕事に回してもらえるケースも多いです。

もちろん今やってる仕事をちゃんとやっているっていうのが大事です。仕事っぷりがまじめできちんとしてれば、総務課の仕事に適任ですからね。

総務課って言ってもやってることは「何でも屋」です。会社のトラブルを解決していくのが総務課の真骨頂ですからね。

だから、総務課の課長とかってかなり会社内で頼りにされている人が多いです。トラブル対処の達人ですからね。だからある意味やりがいはあります。

総務の仕事って向き不向きがありますけど、個人的には縁の下の力持ち的な感じなので好きな仕事ですよ。

実務経験を得たら転職エージェントを利用して求人を探していこう

 

メモを取るスーツの女性

しかし、やっぱり実際に事務職の求人というのは少ないので、求人探しは大変です。女性向けの事務職求人も多くて男性を募集している事務職求人を探すのはかなりむつかしいです。

そこで、利用しておきたいいのが「転職エージェント」つかって求人情報をゲットしていくことです。なかなか世の中に出ることが無い事務職の求人を転職エージェントならしっかりとゲットすることができます。

この理由は、転職エージェント特有の「非公開求人」にあります。求人誌に掲載しない非公開求人があるため、事務職求人も世に出 る前に教えてもらうことができます。非公開求人なので競争率も高くないわけです。

 

→使いやすい転職エージェントの情報はコチラから

 

実際、経理や総務の仕事は会社に入ってから希望を出しててその部署に入るケースが多いですね。もちろん前職の経歴とかが重視される音が多いです。

たとえば私は地銀出身ですけど、経理課の仕事をやってみないかとか言われたことがありました。その時は断りましたけどね(;´Д`)

経理の仕事っていうかあんまり数字とにらめっこする仕事は自分には向いてないってのがよくわかっていたからです。

でも、経理系とか総務系の仕事って向いている人はかなり向いていますからね。どちらかというと、黙々と仕事をすることができ切る人は経理系や総務系の仕事に向いています。

正直男性は、こういった内部事務の仕事になったほ卯が出世しやすいんですよね。上述でも言いましたけど、男性職員が少ない部署なので、その分スライドで出世しやすいです。まずは主任になって、課長が定年で辞めたり、部長になったりするとそのまま主任から課長にスライドするってパターンがほんとに多いです。

だから、じっくりと自分のキャリアを高めていきたい人にとっては経理系や総務系ってのは非常におススメの職種です。一度経理系や総務系の仕事になると異動は会っても違う部署で経理系のや総務系の仕事をやるっていうケースがほとんどになりますからね。

経理や総務の仕事はとにかく長くやればやるほどキャリが上がっていきます。その会社でほかの人ではできない部分が多くなってくるからです。

経理の仕事とか総務の仕事では細かいことで専門的な部分が多く、その人一人しかできない仕事ってのがどんどん増えてきます。そういう仕事が増えてくると会社内での発言権も増してきますからね。そうなってくれば社内での地位も上がっていきます。

経理や総務の仕事はそういった社内での地位を上げていくこともできるんですね。だから男性が経理総務職をやるメリットってのは思っている以上に大きいものなんですね。

そういったメリットを考えてみるとある程度長期計画でもじっくりと経理・総務系への纏足活動をやっていく価値はありますからね。頑張ってみてください。