保育士の同期と仕事観が合わない上に無視される それが原因できついなら転園すべき

 

電話する女性

保育園に同期入社した同僚がいある。ある意味心強いですね。同期とは仕事の悩みも近いものだったりするので相談できたりするケースもあります。いい同期ならかなり心強いですよね。

ただ、同期と言ってもたとえば、新人Aは先輩に気にいられて、新人Bは先輩に嫌われています。そうなると

気に入られているAはだんだんと先輩と行動を一緒にするようになりBとAは疎遠になります。そしてAはだんだんとBと距離を置くようにないります。

そりゃそうですよね。先輩に嫌われているBといっしょにこうどうすれば自分も先輩に嫌われる可能性があります。

案の定先輩はBにたいして きつい言葉を発したりイジメたりします。でも同期のAはそんなの全く助けてくれません。

というか助けようもないんですよね。

ということで、同期と言っても所詮こんな感じで簡単に仲良し関係が崩れることは本当によくありまます。結局自分を守ることで精いっぱいなんですね。

でも仕事って自分の身は自分で守らなければいくらでも痛い目を見ます。ある意味先輩に気にいあられているAの行動は

当たり前と言えば当たり前です。むかし学校で習ったように「いじめはダメ」とか「仲間はずれはダメ」とか大人ではそんなの全く通用しません。人をイジメている人が子供に「いじめはダメよ」とか教えちゃっていますしね。

結局同期といっても無視されたり、競争しあったりで人間関係がうまくいかないことは多々あります。

今回はこういった同期とうまくいかない時の現実と行動方法をご紹介します。

保育士は女性の園 女は比べ会う生き物です悲しいけどこれが現実です 同期も比べ合っています

 

保育園は女の園です。同期だろうが先輩だろうが、園長だろうが女性は派閥を組んだり比べ合って行く生き物です。

これは女性は本能的に防衛本能が強いのでこういうふうになるのはある意味必然なんですね。その中でも育ちが悪かったり親から愛情を受けずに育った女性は信じられないくらい意地悪な人もいます。

そういう人でも別に保育士試験をパスすれば保育士にはなれますから質が悪いです。先生とか教職でもろくでもない人がいるのは、試験で「人間性」までは図ることができないからなんですよね。

そんな状況では同期といっても仲良くできる可能性は低いです。これは同期が悪いというより、その保育園の人間関係がわるいからですね。さっきの例でもAとBという同期は先輩がいなかったら普通に仲良く仕事をしていたでしょう。

そこにそういう「悪意のある」要因が入り込めば簡単に同期も的になる可能性もあります。

人間関係は複雑ですね。ただ今のあなたの現状で保育園の人間関係が悪いなら、あまり甘い考えは持たないほうが良いです。

「がんばって仕事すれば、意地悪する先輩もわかってくれる」
「私が仕事がダメだから同期も無視するんだ。だから頑張ろう」

とかいって仕事を続けても状況は改善しません。人間性ってのは大人になってから変わらないからです。というか変えるのは無理だからです。

特に「マジメで不器用なタイプ」は人間関係の悪い保育園では標的にされやすいです。

それは同期がいてもその同期も時がたてばたなたを無視することもアリがちなケースです。

マジメで不器用なタイプほどうっぷんの標的にされるのが保育園 というか普通の会社でもそうです

 

マジメに働いてば理解される・・・みたいな思いは今の社会では無駄なんですね。こういった「マジメで不器用なタイプ」はドラマとかマンガでは美化されて最後はハッピーエンドみたいになりますけど、現実ではいじめの標的にされたり理不尽な仕事を押し付けられたりします。

要はストレス発散のはけ口に利用されたり、うまく奴隷として労働力を搾取されたりするのが当たり前になってきています。

悲しい現実ですよね。同期と言っても簡単に自分の立場が悪くなれば鞍替えします。ドラマのように守ってくれたりする同期はいませんよ。そんな人いままで一回も見たことありません。というか実際いるのかもしれませんが、現実には少ないんでしょうね。

そういうまともな同期がいる人はラッキーです。その環境を大事にしましょう。逆にもうどうしようもない同期と一緒だったり保育園の人間関係が最悪という場合はサクッと転園していまったほうがうまくいくことが多いです。

社会にでると割り切って行動をして行く人のほうがうまくいきます。ちょっとドライな考えで寂しい気もしますがこれが現実なので、自分の身は自分で守るのが社会での鉄則ですからね。

「でも転園っていってもどうすればいいかわからない」という場合は保育士の転職支援サービスを利用するのがおススメでです。

精神的に限界ならさっさと転園しましょう そのほうが前向きに生きられますよ

 

精神的に限界なら転園しましょう。その方が前向きです。転園するには履歴書を書いて求人を調べて面接対策をする転職活動をする必要があります。

ただ、保育士の仕事をしながら一人で他の保育園の求人情報を集めたたり、履歴書を書いたり面接対策をするのはかなり大変です。

そういうケースでは「保育士専門の転職支援サービス」を利用するのがおススメです。

転職支援サービスは転職のプロであるアドバイザーが面談をしてくれて、あなたの希望に合った適性のある求人をピックアップしてくれます。

転職支援サービスを利用するメリットは、求人誌に載ってない保育園の求人案件をたくさん紹介してもらえるということです。

いわゆる「非公開求人」です。こういう非公開求人は転職支援サービスがしっかりと保育園をチェックしてるので、ブラックな労働環境の求人はほとんどありません。

登録から利用まではすべて無料になっています。これは求人を希望している保育園が転職支援サービスに報酬を支払っているためで、あなたは無料で利用することができるのです。

保育士専門の転職支援サービスは、丁寧なヒアリングをして、あなたの適性を見て求人を選び保育園の雰囲気などの情報も教えてくれるケースもあります。

そういう普通の求人誌では得ることのできない情報などもあり、一人で転職活動をするより格段のメリットを受けることができるのです。

そのため、保育士の求人情報を自分の力だけで探すより、効率よく時間を使って転職活動を進めることができます。

保育士は求人の量は安定しているので、あなたに合った保育園の求人を転職支援サービスを利用することで、かなり早く見つけやすくなります。転職支援サービスを使用して効率の良い転職活動を行いましょう。

 

→使いやすい保育士の転職支援サービスの情報はコチラから