保育士の仕事に挫折して辞めたい 持ち帰り仕事や人間関係の悪化での対応策

知人の保育士は24歳で保育士三年目です。私立の保育園で働いています。保育園の経営方針なのか25人の子供を一人で見ているので大変な激務になっています。

ずっと子供にかかりっきりで事務仕事ができないため家に持ち帰ったりしています。毎日やることがありすぎて、土日も仕事に持ち帰っているのが現状です。

職場が激務なので、人間関係もどうしてもピリピリしているので、先輩からの意地悪に言葉もあります。「こんなこともできないの?もう3年目でしょ?」と罵倒されることもよくあるそうです。

「もうだめだ、保育士挫折しそうだ」と言っています。たしかに見ていてかなりキツそうですし、表情も暗いです。

もう一方で、友人の保育士は仕事はそこそこ忙しいですが、仕事は時間内に終わり家に仕事を持ち帰ることないそうです。

仕事量も十分こなせる子供の人数で、人間関係も悪くないそうです。土日はしっかり休んで楽しそうな毎日を送っています。

同じ保育士なのに、なんでこんなに違うの?という素朴な疑問があります。やっぱり単純に「保育園によって労働環境が違う」

というのはあるみたいですね。これは普通の企業でもあることなので、保育園であっても不思議ではありません。

ブラック企業とホワイト企業の違いですすよね。

保育士は仕事はきついですが、それはあなたのいる保育園の環境が悪いせいです

保育士の仕事はキツイというのはだいぶ知られた情報です。毎日の人間関係で吐き気を催すほどキツイという保育士もいますし、園長や主任から完全にシカトされたりというドラマ顔負けの職場環境があると言われています。

ただ、こんな保育園ばかりでもなく普通に笑顔が絶えない仕事がやりやすい、人間関係もいいといった保育園もあります。

そう保育園でも「労働環境に差がある」ということですね。意外とこれに気づいていない人が多いです。

「保育士だから仕事はきついのはあたりまえ、頑張って耐えなくちゃだめだ」とマジメな人ほど思ってしまいます。

もちろん、ある程度仕事は耐えるものですが、それは常識の範囲のレベルの話です。

常識ではできないレベルの子供の人数を任されたり、先輩から「要領が悪い人ね、それでもちゃんとやってるつもり?」とか普通に言われてしまうような職場は常識の範囲ではなりません。しっかり「うつ病」になれるレベルの保育園です。

保育士の現状を考えると、ただでさえ仕事は平均的に忙しいうえに、ブラック企業的な保育園に入ってしまうと目も当てられませんね。

保育士の仕事は好きだけど、あまりに仕事がキツイ、あまりに人間関係が悪いという場合もう「保育士を挫折するもうダメだ」という思考になってしまうのは無理もありません。これはあなたが悪いわけではありません。

ただ、そのままブラック企業的な保育園で仕事を続けていると、ストレスで倒れたり体の不調がでてきたり、眠れなくなったりと「うつ」の兆候が出てくることが多いです。こういう体調異変の信号が出て来たらもう無条件で、「その環境から離れたほうが良い」という合図です。ここで頑張りすぎると、電通の新入社員のよな自ら命を絶つような悲劇にさらされてしまいます。

「でもどうすればいいの?保育士の仕事は辞めたくないし」と思うでしょう。そこはスパッと「別の労働環境のいい保育園に転職する」ことで簡単に解決します。

労働環境は変わりませんし人間関係も変わりません 自分で環境を変えるしか無いのが現実です

今いる保育園の労働環境が良くなることは残念ながらありません。人間関係も良くなりません。現実は自分で環境を変えるしかないんですね。

ただ、今のあなたの労働環境が悪い保育園を転園しても、次に行く保育園が同じような環境では意味がありません。

ではどうすれば、転園した先の保育園が今の保育園の労働環境より良くするような転職をすることができるのでしょうか?

自分で環境を変える必要があるのですが、経験上一番いいのは、「保育士の転職支援サービス」で求人情報や転職の方法を面談してアドバイスをもらったり、人間関係のいい保育園を紹介してもらうことです。

転職支援サービスは希望する条件の求人を探してくれたり、履歴書の書き方をアドバイスしてくれたりします。

一番のポイントは、「転職先の保育園の人間関係がいいかどうかをフィードバックしてくれる」こともあります。

これは転職支援サービスを使った保育士がその勤めている保育園の状況をおしえてくれるからなんですね。

普通の求人誌では絶対に手に入らない情報や、転職のアドバイスをうけることができるので待ったなしで転職活動を効率よくやっていくことができます。

転職支援サービスを使うと「次に行った保育園の労働環境が今のところとそんなに変わらない」ということは避けらるでしょう。

保育士の転職を考えるなら転職支援サービスを利用する理由

ただ、保育士の仕事をしながら一人で他の保育園の求人情報を集めたたり、履歴書を書いたり面接対策をするのはかなり大変です。

そういうケースでは「保育士専門の転職支援サービス」を利用するのがおススメです。

転職支援サービスは転職のプロであるアドバイザーが面談をしてくれて、あなたの希望に合った適性のある求人をピックアップしてくれます。

転職支援サービスを利用するメリットは、求人誌に載ってない保育園の求人案件をたくさん紹介してもらえるということです。

いわゆる「非公開求人」です。こういう非公開求人は転職支援サービスがしっかりと保育園をチェックしてるので、ブラックな労働環境の求人はほとんどありません。

登録から利用まではすべて無料になっています。これは求人を希望している保育園が転職支援サービスに報酬を支払っているためで、あなたは無料で利用することができるのです。

保育士専門の転職支援サービスは、丁寧なヒアリングをして、あなたの適性を見て求人を選び保育園の雰囲気などの情報も教えてくれるケースもあります。

そういう普通の求人誌では得ることのできない情報などもあり、一人で転職活動をするより格段のメリットを受けることができるのです。

そのため、保育士の求人情報を自分の力だけで探すより、効率よく時間を使って転職活動を進めることができます。

保育士は求人の量は安定しているので、あなたに合った保育園の求人を転職支援サービスを利用することで、かなり早く見つけやすくなります。転職支援サービスを使用して効率の良い転職活動を行いましょう。

優良な保育士の転職支援サービスは下記のとおりです。支援サービスは登録・利用とも無料です。

 

1.保育ひろば

2.「保育士バンク」

3.「ジョブメドレー」

 

 

「保育ひろば」は特に厳選された保育士求人があることで定評がある転職支援サービスです。

アドバイザーが的確なアドバイスで、転職の面接指導などをやってくれますし、面接の段取りなどと保育園とうまく交渉してくれます。

特にアドバイザーの対応が良いという口コミの多い転職支援サービスで、保育士の転職には欠かせない支援サービスと言われています

登録は公式ページで必要事項を選んで名前・とアドレス、携帯番号を入力入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

保育ひろば (←公式サイトに移動します)

 

 

「保育ひろば」だけでは求人の幅が足りない。担当者との相性が合わない・・・と言った場合は「保育士バンク」や「ジョブメドレー」を選択しましょう。

「保育士バンク」も「ジョブメドレー」も大手支援サイトであり、求人数・アドバイザーの質とも「保育ひろば」に引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、アドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

【保育士バンク】  (公式サイト)

 

ジョブメドレー  (公式サイト)

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!