保育士が激務でブラック職種できついから辞めたい 異業種の仕事に転職したいときに取る方法

保育士になっている人はほとんどが、学生時代から「保育士になりたい」と思って保育士になった人がほとんどです。

仕事は大変でも「子供が好き」「子供と接する仕事がしたい」などの理由でこの仕事を選んでいます。

ただ、現実は大変で想像以上に激務なのが保育士の仕事です。

子供の相手も大変ですが、その親もモンスターペアレンツも多くいて理不尽な言いがかりを受けることもあります。また、保育士はどうしても女性ばかりの職場になっていて、園長先生だけが男性といったパターンも多いです。

そのため、ちょっとした派閥ができてイジメにあったり、お局様の保育士がいて嫌がらせをうけたりすることもあります。

仕事のやりがいを求めて保育士の仕事を選んだのに、現実は激務でイヤなことばかりで辞めたいという人も多いでしょう。

保育士ってある意味「保護者」はお客さんみたいなものですし、子供もお客さんですしね。間違いがあるとめんどくさいですし、ぶっちゃけクレーマーな親とかいくらでもいます。給料も安いですぢ、普通にうつ病になる人もいっぱいいますしね。

関連記事:モンスターペアレントとかのクレームは地獄ですからね

保育士は保護者からのクレームにはすぐに対応しなければいけません。それが理不尽なものでも、うまく保護者と話し合いをしなければいけないわけです。もし保育園にモンスターペアレントがいたそれだけで保育士の仕事はかなりきついものになりますね。余りにクレームの多い保育園なら別の保育園に移る裳の一つの選択肢です。

ここでは、保育士の仕事からほかの業界への転職方法をご紹介します。

保育士はやりがいのある仕事だけど激務はあたりまえ


保育士は、やりがいのある仕事であると同時に仕事内容なかなりハードです。

拘束時間が長く、保育園には朝早く出勤して、帰宅するのは遅いといった長時間労働です。

特に都会では延長保育が当たり前なので、交代制で夜遅くまで勤務します。そのため生活が不規則になりがちで体調を崩してしまう人もいす。

子供と遊んでいればそれえいい仕事ではなく、園児が帰ってからも事務的な仕事や発表会やお遊戯会などの行事の計画準備日程調整などの雑務をしなければいけません。また、子供を預かる手前、その親とのやり取りでのトラブルは日常茶飯事と言っていいでしょう。中には非常識な親もいて理不尽な言いがかりをつけてくる人もいます。

保育士という立場上、こういった親に対しても真正面から対応して正論を言うわけにもいきません。余計トラブルが大きくなるからです。これ最悪ですよね。ただのクレーマーなキチガイな親とかいますし、保育士って結局我慢するだけの商売なのか?と思う瞬間なんですよ。あなたは我慢してやり続けますか?

トラブルがあると当然普段のルーティンワークができないので仕事がどんどんたまって長時間労働に拍車がかかります。

保育士は、一般企業で言えば看護師と営業のきつい部分を両方持っていると言っておイイでしょう。子供の相手をしながら、事務的仕事をこなしつつ、イベント対応もこなし、保護者(顧客)の対応もこなす・・・・こう書いているだけで激務っぷありがうかがえます。

この上、園内の人間関係が悪ければもう精神的に限界が来るのはスグです。

こういう状況でほとほと精神と肉体が限界に来ていて「仕事を辞めたい」と思っているなら転職するタイミングと言えます。人間てそんなに体ってタフじゃないですよ。ただ気力でガマンしているだけです。人間って、そのうちストレスが限界に来ると「プチっ」って風船が破裂して「うつ病」になるんですよね。

保育士って人間関係がキッツいうえに長時間労働で給料も安いっていうブラック企業の王道をいっている仕事ですからね。そりゃあうつ病になってダウンする人なんていくらでも見てきました。

もし、すでに会社に行く前に吐き気や頭痛・腹痛なんかの自覚症状があったら、うつ病ってかなり重症ですからね。保育士の仕事をやってると、普段の体の変調とかもちぇっくしたほうがいいですよ。気づいたら取り返しのつかないくらいうつ病が悪化しているケースもよくありあいます。そうなると社会復帰するのに1~2年以上、へたるすと一生社会復帰できなくらいのダメージを受けることもあります。

関連記事:自覚症状が出たらうつ病が重症のケースが多いですよ

会社に行きたくないと思いつつ、しかも吐き気とか腹痛下痢、頭痛軟化の症状があったら、それってうつ病が相当進行している状況です。次の日にでも布団から起き上がれなくなっても不思議じゃないです。そうなると社会復帰に1~3年以上かかる場合もあるので、心療内科に行って診断書をもらって休職するのが賢明な行動です。

関連記事:うつ病になるとけっこう悲惨ですよ 悪化するなら休職・転職しましょう

仕事がきつくてストレスがたまって体調が崩れて悪化しまくり。もう辞めたいけど・・・そういう時に我慢するのって人生が破たんする可能性があります。体を壊せば仕事ができないですからね。こんな簡単なことに気づかないで無理して体を壊せば人生詰みます。逆に体が動けば仕事はありますしどうとでもなりますよ。今よりも労働環境のいい会社に転職しましょうよほんとに、

保育士しかやったことないけどほかの業界に転職できるのか?

「保育士を辞めたい」と思っていざ転職しようと思っても、ほかの業界へてんしょくできるのか?という不安はありますよね。

あなたが20代なら十分ほかの業界へ転職することもそれほど難しくはありません。

保育士をやっていたという職歴があるため、転職活動をしてもそれほど不利な条件にはなりません。

それどころか、バイトをやっていてフリーターだった人たちが就職活動をしているのにくらべれば、かなり有利に転職活動を進められます。

面接では当然「保育士が嫌になったから転職したい」などとは言ってはいけませんが、「保育士以外の世界もみていたかった。御社の業界に以前から興味があった」というスタンスで転職活動をすれば異業種でも十分就職できます。

30代を超えていいて保育士以外の異業種にチャレンジするためには、派遣で1~2年くらいキャリアを積む方法もアリです。派遣で実務経験を積んでおいて、2年くらい派遣で勤めてから正社員の募集を受けるという方法もかなり有効です。

関連記事:派遣社員から正社員になろう

ブラック職場でしかも契約社員や派遣社員だと全くいいことはありません。それはあくまでもつなぎで、ホワイト企業への正社員の転職活動を裏でやっていったほうがものすごく前向きです。派遣社員契約社員を辞めたいなら、計画をもって行動する必要があります。

あと、保育士って人間関係がムチャクチャ濃いじゃないですか。子供から保護者、同僚の先生、園長先生とかね。これだけ人間関係があるのって販売業、接客業よりも人間関係こいかもしれません。

やっぱり、人間関係が濃ければそれだけストレスも当然たまりますし、なにより悪い人間に出会ってしまう可能性も高いわけです。例えばパラハラ上司、先輩とかクレーマー保護者とかですよね。

そういう可能性も高いので、私はホント仕事って人間関係が薄い仕事を選ぶべき位だと思うんですよね。だって仕事って労働力を提供してお金をもらうものですからね。

製造業の工場の仕事とかって、定時で終わりますし、残業があっても残業代はつくしクレームつけてくるお客さんなんて当然いないですしね。普通に自分の作業をやっていれば文句を言われることはほとんどありせんですしね。

あ、ちなみに私は工場の現場を4年くらいやって生産管理の仕事を6年くらいやってました。

製造業は取引先が「会社同士」なんでアホみたいにクレームつけてくる人とかいないですしね。みんなまともです。給料もそこそこいいですし、人間家系が薄いのでほんとストレスが低い仕事です。特に女性は工場内でも軽作業がほとんどなんて、さらにおいしい仕事なんですよね。

関連記事:ホワイト工場の仕事は美味しいですよ

ホワイト工場って実際けっこうあるんですよね。定時で追われて残業もついて長期連休もある。それでいて仕事内容もきつくない、どっちかというとゆるい。そういうホワイト工場に転職できるとブラック企業に勤めていたのがウソのようです。実際に生活も楽になりましたし、プライベートも充実してとても満足しています。

派遣社員で1~2年くらいキャリアを積んだから転職する方法もある

たとえば、経理業務につきたいと思ったら保育士を辞めて、ハローワークが主催する「職業訓練講座」で簿記講座を受けることをおススメします。

職業訓練を受けるとその間失業保険が出るという特典もありますし、何より簿記2級の講座をタダで受けることができます。

簿記二級ととったら経理業務の正社員に応募したいことろですが、だいたいの求人が「実務経験2年以上」などの条件を挙げていることがほとんどです。

この「実務経験」というのは正社員でも派遣社員でも契約社員でも「実務経験」になります。

そのため、派遣社員などで実務を2年ほど行ってから正社員への転職をするというほうが、ステップアップ的には楽です。

これは経理業務だけでなく、総務業務や営業事務などほとんどの事務業種に当てはまります。

職業訓練講座にはWEB講座などもあり、IT業界へ入ることもできます。ハローワークの職業訓練は国が民間企業に委託して講座を開いているので、思っている以上にきちんと教えてくれますし、勉強量も多いです。

そのかわり、しっかりとしたスキルが身につくので、

勉強する→派遣などで実務経験を作る→正社員へ応募する

といった計画的にに転職活動をすると確実性がアップして人生計画をキチンを描いていくことができます。

マジメな人ほど転職を考えたほうがいい


保育士になる人は、向上心もあってマジメな人がほとんどです。

マジメなゆえに、激務に耐えて「まだ大丈夫」とおもって仕事を続けることが多いです。

こうやって無理をごまかして仕事を続けていると、その間にストレスは確実に蓄積されていきある日突然「うつ病」になったりします。

体が動かなくなり、起き上がれなくなるほどの倦怠感がずっと続いて、これが悪化すると自殺する可能性もあります。

マジメな人は仕事を辞めるとか転職するということが「恥ずかしい」ことだとおもっています。

それは完全に間違いです。仕事を辞めたり転職したりするのは自分の人生を前向きに生きるための選択です。

「仕事を辞めたら恥ずかしい」という先入観は、あなたの親や学校の先生が子供のころから言い聞かせてきたこの国の洗脳の教育の成果です。

主体性のない人間を作ることで、サラリーマンでいることが正しいと思いこませる教育がこういった「仕事を辞めたら恥ずかしい」という考えを根付かせいるんでね。

もう一度言います。それは間違いです。あなたは、しっかりと自分の意志で会社辞めたり転職したりするのは自由なんです。

保育士以外の業界への転職は転職エージェントを利用しよう

保育士以外の業界への転職をするときには、一人で会社の情報などを集めるのにも限界があります。

あなたに合った会社の情報や面接の方法をアドバイスしてくれるのが、「転職エージェント」です。

転職エージェントでは転職のプロのエージェントがあなたと面談して、適正にあった企業の情報を教えてくれます。

転職エージェントは、優れた求人情報を紹介してくれるサービスです。

登録から利用までが無料になっています。これは求人を出している企業側が、エージェントに報酬を支払っているので求人するあなたは無料で利用できるのです。

転職エージェントに登録するメリットは履歴書の作成から面接のやり方などプロのエージェントがしっかりアドバイスしてくれます。

あなたと面談して、求めている求人を選ぶ手助けもしてくれるので、一人で手探りで転職活動をするより格段に効率が良くなります。

また、転職エージェントには会社の中の情報もあるので、事前にブラックな会社や残業の多い会社、離職が多い会社を教えてくれます。

一人で転職情報を調べていても、こういった会社内部情報はほとんど入ってこないので、その情報だけでも価値があります。

転職する際ほとんどの人が転職未経験なので、手探りで転職活動をするよりもスマートに転職ができます。転職は失敗できない選択の連続なので、転職エージェントを利用するのが最も効率的に転職活動を実践できます。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

DODAエージェントサービス (→公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

保育士の仕事ってもともと「子供が好き」といった理由でやる人がほとんどですよね。

子供が好きっていう理由ってまあなんというか、仕事でそれだけを理由に人生生きていくっていうのはキッツいですよね。

子供が好きとか言っても、反抗的な子供とか、大人を舐めきった子供とかいっぱいいますしね。保育園児くらいならそういうことはないかもしれませんけど、友人の中学校の教師をやっていたM君は、やさしい性格で、見た目もやさしい感じなので中学生になめられまくって授業にならなかったみたいです。それがストレスで中学校教師を辞めてしまいましたからね。

関連記事:激務の中学校教師を辞めたい

中学校の教員の仕事は生徒と保護者の対応、部活の対応で土日も潰す仕事です。毎日の帰りも深夜に及んで長時間残業でだんだんと精神が病んできます。サービス残業というかボランティア残業で時給換算すると650円くらいの効率の非常に悪い仕事です。もう中学校教員の仕事が限界で耐えられないなら労働環境を変えていく必要があります。

保育士も理想だけじゃあやっていけないのですし、そもそも保育士って言っちゃ悪いけどブラックな職種ですよ。今では情報もいっぱいあるので、保育士や介護士がブラック職業っていうのはもうわかって就職しているはずですからね。

だから、職病をちょっと変えるだけでまったくちがった生活が送れるっていうのに気づいていない人が多すぎます。上述の製造業とかほんと美味しいですよ。そのあたりを仕事のイメージだけで見てしまって、内容を見ていないと大木宇後悔することになるんですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!