保育士のぎっくり腰予防方法 腰痛にならないことが保育士継続のキモです 

保育士の仕事は子供を抱いたり上げ下げしたりするのが簡単にイメージできますよね。要は「重いものを抱いたり上げ下げ」することが多い職業です。

子供は当然生きてるので、動きがあるんですよね。例え石とか動かないモノを盛ったりするより、動いているものを持つ方が寄り腰に負担がかかります。なぜなら動きが予想ができないので、重心の位置がズレるんですよね。そうすると、腰により負担がかかってぎっくり腰になりやすいです。

ぶっちゃけて言うと、普通に重いものを持つ製造業とか、土建業よりある意味「ぎっくり腰になりやすい」職業です。

そんな仕事を女性がしているのですから、本当に尊敬します。ただ、腰を痛めると仕事だけでなく、普通に生活に支障が出る場合も多いです。私は筋トレが趣味ですが、こういう趣味も腰を痛めるとほとんどできなくなります。なので、腰を痛め無いような予防には最新の注意を図っています。

もちろん、予防も大事ですし、もしなってしまった後のケアの方法も大事です。

ここでは保育士がぎっくり腰からの腰痛にならないための方法をご紹介します。

とにかく子供を抱くときは一度しゃがんで背筋を伸ばしてからだっこしよう

まず、子供を抱くときは、一度しゃがんで背筋を伸ばしてからだっこしましょう。背筋伸ばしてからなるべく子供の位置に腰を近づけて抱っこするのがポイントです。

NGの抱っこ4つのポイント
①膝を曲げずに伸ばしたまま腰を丸めること・・・こうすると腰に大きな負担がかかってしまいます。一度膝を深く曲げてから起き上がるようにします。

②腰を丸めたまま起き上がってくる行為・・・・これも大きく腰に負担がかかります。この場合子供を抱いたらすぐ立ち上がらずに自分の背骨を一度立ててから、そこから自分の頭の上から糸でつられているイメージでスクワット立ちのようにゆっくりと起き上がります。

③子供を腕で支えてしまうのはNGです・・・・肘に負担がかかるので腱鞘炎になりやすいです。気を付けましょう。「腕持ち」と言われていて、ダメな持ち方の一つです。

④子供を支えているときに体をにひねってしまうこと・・・・ついつい子供を抱えたまま後ろを向いたり、モノを取るために振り向いたりしがちですけど、これも腰に大きな負担がかかります。

こういうNG行為を覚えておけば、まずぎっくり腰の予防になります。腰は人間で一番大事な関節なので、細心の注意で予防に気を配りましょう。

腰は腹筋と背筋で支えられています 単純にスクワットをすれば腰痛防止とダイエットに効果もあって一石二鳥です

腰は腹筋と背筋で支えられています。この筋肉が弱いと姿勢に気を付けていても、何かの拍子でぎっくり腰になることもあります。

最低限腹筋と背筋は鍛えておきたいところです。かといってジムに行って筋トレとかする必要もありません。自宅でかるい「スクワット」をするだけで腹筋と背筋を同時に鍛えられます。

また、スクワットをすると足の脂肪や体の引き締め効果もあるので、ダイエットにも効果があります。女性にとっては一石二鳥ですね。

女性にぴったピッタリのスクワットをご紹介します。

このスクワットは腹筋背筋を同時に鍛えて体全体のバランスを保ち、スリムになる効果もあります。超おススメです。時間のない人でも、10分程度を一か月やればかなり高い効果が出てきます。

もし腰痛になってしまったらコルセットをするのは必須です これ以上悪化させないためにコルセットをしましょう

保育士の仕事は腰痛でも休めないですね。なので、姿勢よくするのはもちろんですが、しかりとコルセットをして腰痛を軽減していくのが最優先です。

腰痛に「お医者さんのコルセット プレミアム」

「お医者さんのコルセット」は整形外科の専門医が開発した「腰痛専門」のコルセットです。

私はこの「お医者さんのがっちりコルセットシリーズ」の膝のサポーターを買ったことがあります。その時は高重量の筋トレで膝を痛めたのですが、製造現場を担当していたので会社を休めませんでした。

そのサポーターをしながら、ずっとやっていたのですが、膝を曲げてもがっちりと固定されていて、かつ伸縮もしっかりしているので、膝の負担もかなり軽くなりました。

2か月くらいしていしたが、膝も良くなりとてもいい買い物をした経験があります。

腰痛のコルセットも膝用とまったく素材が一緒でかなりがっちり固定してくれて、伸縮もあるので、仕事用にはぴったりです。

腰痛に「お医者さんのコルセット プレミアム」

もしぎっくり腰から本当に深刻な状態になったら医師にかかりましょう また異業種への転職も検討しましょう

こういぎっくり腰予防をしていても、保育士の仕事をしていると運悪くぎっくり腰からの腰痛になってしまうケースもあります。

軽度のぎっくり腰ならまだしも、深刻な状態になったらキチンと医師(整形外科)などの診察を受けて対応しましょう。

労災などで扱ってくれるケースもあるので、診断書をもらい休職するほうが治りも早いです。

もし、あまりに腰痛が慢性化して治りにくくなっているケースではそのまま保育士を続けるのはあまりよくありません。

腰痛は悪化すると生活自体にもできなくなるケースもあるので、そのまま保育士を続けて腰痛を悪化させると今後の人生に大きくマイナスになってしまます。

もし、本当に腰痛が治らず、保育士を続けていくのがキツイという状況なら、異業種への転職を検討するもの一つ手です。

「でも転職っていっても、どうすればいいかわからない」という場合は転職エージェントを利用するのがおススメです。

転職エージェントは、優れた求人情報を紹介してくれるサービスです。

登録から利用までが無料になっています。これは求人を出している企業側が、エージェントに報酬を支払っているので求人するあなたは無料で利用できるのです。

転職エージェントは、優れた求人情報を紹介してくれるサービスです。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントが履歴書の書き方から面接の方法までアドバイスをしてくれます。

また、普通の求人誌とかでは絶対に得ることができない、会社の深い情報とかもゲットできます。その会社が残業が多いかとか人間関係がどんな感じか・・・といった一味深い情報を得ることがでるですね。

基本求人を出す会社を審査しているので、ブラック企業率が低いのが転職エージェントの特徴です。

転職する際ほとんどの人が転職未経験なので、手探りで転職活動をするよりもスマートに転職ができます。転職は失敗できない選択の連続なので、転職エージェントを利用するのが最も効率的に転職活動を実践できます。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.パソナキャリア

2.JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)

3.リクルートエージェント

 

パソナキャリアは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は「無料・転職サポートに登録」をクリックしてメールアドレス・名前・生年月日・電話番号と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

パソナキャリア (←公式サイトに移動します)

 

 

 

パソナキャリアが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はJAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)かリクルートエージェントを選択しましょう。

JAC Recruitmentもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともパソナキャリアに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

JAC Recruitmentはハイクラス企業の求人が多くリクルートエージェントは幅広い求人が多くのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

JAC Recruitment(公式)

 

リクルートエージェント (公式)

保育士や介護士がぎっくり腰から、慢性の腰痛になるってことは日常茶飯事です。人間を持ち上げるのって、モノを持ち上げるよりも腰への負担は単純に高いです。

なぜなら、動くものを持ち上げるっていのは、それだけ分散された力を使う必要があるので、間接に余計な負担がかかるんですね。保育士&介護士はどうしても腰痛になる人が多いのはしょうがないことでもあります。

関連記事:介護の仕事もキッツ仕事です

訪問看護のヘルパーは介護の仕事でも一番ハードな仕事です。全部一人で高齢者に対応して、認知症の老人の暴言に耐えながらセクハラされ放題で汚物を処理する過酷な仕事です。それでも給料は安くて労働対価につり合いが取れてない仕事です。ヘルパーの仕事に限界を感じているなら労働環境を変えていく必要があります。

保育士の仕事は腰痛もありますが、それ以上に子供、子供の親、同僚、管理保育士、園長など人間関係もきつくて長時間労働でストレスがたまりまっくって、精神的にも体力的にも弱っているときに、どうしても気が抜けて変な姿勢で子供を抱えたりすると、ぎっくり腰になります。

いわゆる「負のループ」ですね。激務な仕事できゅりょうも安い保育士の仕事って、私から言わせればどうしても続けなければいけない仕事って訳でもありません。

もっと、仕事がユルクて給料もそこそこ出る仕事ってくらでもありますからね。

「子供が好き」っていう理由だけで続けるにはかなり覚悟がいる仕事です。やっぱりネックは激務で給料が安いってことですね。

仕事って個人的には自分の時間を売ってお金を稼ぐことだと思っています。サラリーマンはその名の通りサラリー(給料)をもらうために時間を売っています。

だっから、私的にはリーマンやるなら楽な仕事でそこそこのお金もらえる仕事が最高だと思っています。体壊れるほどの仕事ってリスクも出か開始そもそも人生が傾くかのうせいがありますよね?

それこそ慢性の腰痛になったら仕事すること自体がきつくなりますし、過労で倒れて脳梗塞とかで半身不随とかになったら、もう人生かたむくどころじゃありません。

仕事ってそこまでしてやるもんじゃないですよ。もっと仕事を選ぶときに慎重になって自分を守る形で仕事を選んでください。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
error: Content is protected !!