モンスターペアレント対応が辛い保育園を辞めたい人の転職方法

女囚人

保育園で働いていると、絶対に避けられないのが保護者からのクレーム(苦情)です。 こういったクレームのほとんどは、保育士のミスというのではなく「わが子がかわいいからという歪んだクレーム」が多いです。

そういう場合はいったんクレームを聞いてできる範囲での対応になるというのが相場になっています。どんな理不尽なクレームでもいったん聞いたほうが、保護者との人間関係も上手くいきますし、仕事も回ってきます。

ただ、ここで分かっておきたいのは、理不尽なクレームを言ってくる保護者を説得して納得させたり、こちらが正論を言って言いくるめるというのは「不可能」ということです。

仮にそういうころをしても、そういうことをされたクレーマーの保護者はさらに過激な理不尽のクレームを言ってくるケースがほとんどです。 やっぱり保育園もある意味「客商売」なので、園児や保護者は「お客さん」なんですよね。お客さんの言っていることが常識的に完全に間違っていてもいったんはき聞いててそれなりの対応をしてくしかありません。

こうやって保育園の保護者との人間関係は回っていくものなんですね。

ぶっちゃけて言うと、保護者もただ「言いたいだけ」という部分はあります。怒りの感情で我を忘れていても、ただクレームを言って文句を言いたいだけというケースも多々あります。まともに理不尽なクレームを聞いていたらきりがありません。

いわゆる、モンスターペアレントっていう人種って思ってる以上にいるんですよね。私も地銀とかで営業してたときに、本当になんというか「こんな人間存在するのか?」っていうくらい頭のおかしいおばちゃんとかいましたからね。

でもそういう人でも結婚してて子供がいるケースもけっこうあります。いやよくこんな女と結婚したなあ…・旦那もすげえなとか思ったことがあります。

とまあ、そういった人種を相手にする保育園なんてそりゃ仕事きついに決まってますよ。長時間労働ですし給料も手取り13万円とかですしね。それでも保育士とか続けます?私は嫌ですけどね。

理不尽な保護者クレームあるある モンスターペアレントってのはどこにでもいますからね 怖いですねえ

理不尽な保護者のクレームってこんなのあるんだ・・・・ちょっと切ないクレーム集です(;^ω^) とにかく、自分中心の考えだけで生きている人がいわゆるモンスターペアレントです。こういう人でも家庭をもって子供がいるわけですから、そりゃその子供とかも同じようなキャラになっていくわけですね・・・・ちょっとそれを考えるとめっちゃ負の連鎖なので悲しいです。

他の子供を近寄らせないで

他の子供が近づいてくるとケガする可能性もあるし、風邪がうつるかもしれないしということで、「ほかの子供を近寄らせないで」

というクレーム。いやここ集団保育の保育園だし、そんこといってたら友達もできないし、第一そんなこと言ってたらコミュ障のかわいそうなこどもになっちゃうよ?・・・と言いたいところですけど、それも言えないので、丁重にそれはむつかしいと言ったら、保育園をやめてしまいました。しょうがないですねこれは。

子供の汚れた服は洗濯してほしい

クリーニング屋ではないので無理でした。とくか、今後の人生服が汚れたら自分で選択しないのかな?

子供が泣くのは保育士の指導が悪いせいだ

これって、親のしつけが悪いんじゃねーか?というまあただのイチャモンのような気がするけどね。でもこういうクレームでも文句は言えないの悲しいことだ。

子供の劇などで自分の子供が主役でないのがおかしいというクレームがくる

ドラマでありそうなクレームですけど、ホント冗談みたいなクレームです。自分の子供が主役じゃ無いと我慢できないって子供にとってもなんだか歪んだ愛情というか、自意識過剰すぎてちょっと怖いですね。

子供の席替えの場所やグループを指定してくる親

いや、席替えの場所ってそんなに子供が気になるなら、家で監視しておけ・・・とはいえないので丁重にできいませんと言いますけど、それでも納得しないような人はまあ適当にきいたふしするしかないわけですね。

とまあ実現不可能というか、「人としてどうよ?」というクレームがてんこ盛りです。こういうクレームが実際あるっていうのがなんだか冗談みたいで逆に笑えてきます。

ただ、それが保育園だとさすがに親に一方的い無理と言えないのが悲しいですね。ほんとにこういう部分は「接客業」的な要素があるのが保育士の仕事です。

保護者からのクレームはしょうがないですが異常なクレームが多い場合は注意が必要 中尉って言ってもどうしようもないんですけどね現実はね(^O^)/

こんなように信じられない保護者からのクレームがきます。これに全部対応するのは正直キツイです。

クレームは対応していくのが基本ですが、保育園によってはそういう「クレーマー保護者」が運悪く集中している保育園があります。そういうケースになってくると理不尽系クレームがたくさんすぎてて、まじめな保育士さんほど精神を病んでしまう可能性が高いです。

適当にあしらうことができる保育士さんならいいんですすけど、基本、保育士さんはむつかしい試験を問うって保育士になった意識が高い系の人が多いです。だからマジメな人が多いんですね。

こういっためちゃくちゃなクレームでもマジメに受け取って対応していると、ストレスが限界に達して心が壊れてしまうことが多々あります。「うつ病」というやつです。

マジメなのはいいのですが、反面、こういう理不尽でどうしようもないことを正面から受け取ってしまっているとどうしても精神的に無理が生じてきます。

もし、体調が悪くなってきたり、突かれているのに眠れないなどの体調不良があったりすぐに医者にかかったほうがい結果軽症ですみます。

また、そういう譲行ならば迷わずその保育園から「脱出」して別の保育園に転園するのをおススメします。

クレーマー保護者はある意味「病気」なので、そういう人と過剰な接点が多すぎると自分も病んできます。

モンスターペアレントに目をつけられた保育士さんはもう悲惨ですよ。

営業でもそうですけどクレーマーっているんですよ。そういう人とかって暇な人が多いですから、四六時中クレームの電話と化してきます。まあクレーム入れるのが趣味みたいなもんですからね。そんなのまともに相手にしたたら身が持ちませんからね。

ほんとにまじめな人ほどそういったクレームを真に受けて、クレーム対応しようとしますけど、まあそれに対応しても、また次のクレームつけてきますからね。

結論言うと、テキトーに流せばいいわけです。ぶっちゃけ保育士クビになってどのみち年収300万円前後でしょ?工場の派遣社員とかでももう少しマシな金額もらえますしね。どうとでもなります。

関連記事:ホワイト工場の仕事はオイシイですよ

ホワイト工場は定時で帰れるのは当たり前 ホワイト製造業に転職してブラック企業をおさらばしよう
製造業のメーカー企業でホワイト工場って実際けっこうあるんですよね。定時で追われて残業もついて長期連休もある。それでいて仕事内容もきつくない、どっちかというとゆるい。そういうホワイト工場に転職できるとブラック企業に勤めていたのがウソのようです。実際に生活も楽になりましたし、プライベートも充実してとても満足しています。

あんまりクレームとかモンスターペアレント対応をまじめにやるのがよくないです。そういったキチガイはテキトーに流せばいいんですよ。マジメに対応して下手に出るとさらに調子に乗ってクレームつけてきますよ。どうしようもないわけです

クレーマー保護者に目をつけられるくらいならさっさと保育園を変えたほうが仕事が楽しくできます 当然の行動です

クレーマー保護者に永遠んい付き合うくらいなら、さっさと別の保育園に移ったほうが仕事も楽しくできますし、自分の生活・人生をうまく作っていくために当然の行動です。

「でも、転職活動っていってもどうすればいいかわからない」という人も多いでしょう。転職活動は求人誌を見たり履歴書の作成、面接の対策などやることは多いです。

ただ、保育士の仕事をしながら一人で他の保育園の求人情報を集めたたり、履歴書を書いたり面接対策をするのはかなり大変です。

そういうケースでは「保育士専門の転職支援サービス」を利用するのがおススメです。

転職支援サービスは転職のプロであるアドバイザーが面談をしてくれて、あなたの希望に合った適性のある求人をピックアップしてくれます。

転職支援サービスを利用するメリットは、求人誌に載ってない保育園の求人案件をたくさん紹介してもらえるということです。

いわゆる「非公開求人」です。こういう非公開求人は転職支援サービスがしっかりと保育園をチェックしてるので、ブラックな労働環境の求人はほとんどありません。

登録から利用まではすべて無料になっています。これは求人を希望している保育園が転職支援サービスに報酬を支払っているためで、あなたは無料で利用することができるのです。

保育士専門の転職支援サービスは、丁寧なヒアリングをして、あなたの適性を見て求人を選び保育園の雰囲気などの情報も教えてくれるケースもあります。

そういう普通の求人誌では得ることのできない情報などもあり、一人で転職活動をするより格段のメリットを受けることができるのです。

そのため、保育士の求人情報を自分の力だけで探すより、効率よく時間を使って転職活動を進めることができます。

保育士は求人の量は安定しているので、あなたに合った保育園の求人を転職支援サービスを利用することで、かなり早く見つけやすくなります。転職支援サービスを使用して効率の良い転職活動を行いましょう。

 

→使いやすい保育士の転職支援サービスの情報はコチラから

でも、保育士の仕事を続けるってのも考えもんですよね クレームとにおびえることが無い別の業界に行くのも手ですよ

保育士業界にいてクレームにおびえる生活ってのもちょっと考えモノですね。わたしならさっさと別の業界位に転職します。

保育士業界を経験してるなら、よっぽどのブラック企業じゃない限り今よりはマシな労働環境になるので、そのあたりはある意味精神的に楽ですからね。

ただ、転職すると言ってもハローワークとかちまたにある求人誌を使うとブラック企業でいっぱいです。これってハロワとかが掲載企業を審査してないので、ブラック企業の奴隷の狩り場になっているわけです。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。また転職のプロであるエージェントが転職活動について的確なアドバイスをしてくれます。

転職て難しいイメージもありますし、初めての場合何からやっていいのかわからないってのもあります。

しかし、転職は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらったりして履歴書を書いて面接対策をすれば普通に内定は取れます。準備と対策をすれば内定取れるわけですね。

優良な求人を紹介してもらって、自分の目で見てみるのがイイですね。そうすればブラック企業じゃない求人だって確認もできますし、なによりこれからやっていく仕事を選ぶ判断材料にもなりますからね。

 

→使いやすい転職エージェントの情報はコチラから