転職失敗で後悔して戻りたいとか思ってるならさっさともう一度転職したほうがイイ理由

限界で倒れる女性
あなたは、転職して失敗して後悔してるんですよね。まあハッキリ言うとそりゃあ、転職で成功するとは限りませんし、実際失敗してる人とかけっこう見たことがあります。

失敗って言うとたいてい

「思っていた仕事と違う」
「入ったら人間関係が最悪だった」
「そもそも、転職先がブラック企業だった」
「給料が悪かった」

とかですね、給料が悪かったとかっては転職先に入る前に確認できることだと思うんですけどね・・・・

まあとにかく転職に失敗して後悔してるなら選択肢は当たり前ですけど2択です

「そのまま我慢して転職先務めるか、もう一度転職するか」

この二択ですね。どっちを選ぶかはあなた次第ですけど、私だったら年齢が40代前だったらもう一度転職しますけどね。 転職して後悔するほどといっても、その後悔の度合いがまだちょっとくらいならいいですけど、ガチで

「こりゃあもうダメだこの会社、マジで転職して後悔だわ・・・・」

ってくらいだったら、ぶっちゃけ転職したほうがイイです。そこまで思うならそりゃ転職したほうがイイですし、なにより今回の転職の失敗を次の転職活動に

生かせますからね。転職っていっても2~4回くらいの転職なら職歴が汚れることともありませんし、そもそも転職一発で自分がある程度納得できる職場に入れるっていうのも 50%くらいだと思います。

だって、新卒で入った会社だった3年で3割、10年だと5割くらいの人が辞めてますからね。半分くらいの人は不満があったり不都合があったりってことですからね。今時では

キャリアアップとかで転職する人いますけど、そういう人はぶっちゃけ極小数です。普通の人だったら会社に不満があったとしても、それが耐えられるレベルだったら

転職なんてしないでしょ?相当なストレスと会社への不満が無い限り人間って動かないもんなんですよ。だから、転職活動してる時点でそういうケースが多いですし、しかも

転職した先で後悔してるなら、もう一度転職する地下無いってのもありますね。あなたが耐えられれば別にいいですけどね。後悔してるってことは相当キッツい状況なんでしょうね。

大抵の不満て言うのは

「人間関係」
「給料」
「仕事内容」
「福利厚生」

ってこれくらいでしょうけど、特に仕事内容なんてのはやってみないとわからないってのもありますし、人間関係に至っては入った部署でたまたまパワハラ上司とかいたら

もうアウトですからね。時分ではどうすることもできない要因です。

転職してある程度の我慢は必要だとは思いますけど「後悔」っていう言葉が出てくるくらいのヤバさだったらもう、そりゃあ辞めたほうがいいですよ。後悔って言葉ってあめったに出てくるもんじゃありませんしね。

後悔してる時点で長期でその会社で務めるなんてことはまず無理ですしね。結婚後悔とかなら離婚はいろいろ考えますけど それに比べれば転職はもう一度やればいいだけなので、そこまでのリスクは無いと思います。

個人的には「ブラック企業で会社に行くのが限界だった」「給料が安すぎて生活できない」っていう以外は転職しないほうがいいと思ってます 逆にブラックで給料が安いとかだったら即転職したほうがイイです

個人的には退職理由が

「ブラック企業で耐えられない」

「給料が安くて生活できない」

と言った理由以外は転職しないほうがいいと思っています。もちろん、ブラック企業で耐えられないっていうのは、仕事が激務すぎたりパワハラやいじめとかで肉体的、精神的に
追い詰められてどうしようもなくなる・・・・・と言ったことを指しますし、給料が安くて生きていけないってのもありますしね。生活できないくらいの給料ってのは
その会社自体がもう存在価値が無いくらいのものだってことです。年収300万円台でしかも30代とかでそれだったらさすがにまずいですからね。

逆にそのくらいヤバい会社に会社だったら即、転職したほうがいいですし、転職した先がそんな何時だったらそりゃ後悔するしその場合も即、転職したほうがイイわけです。

自分のいる状況を冷静に見てみることって大事ですからね。それで自分の状況が明らかに上の二つだったら、そりゃあ転職したほうがいいです。そもそもそんな会社で定年まで働くことはまず無理ですし、転職できる年齢でしておいたほうがいいからです。至極、わかりやすいりゆうになります。

しかし、世の中にはこういった「本当に追い詰められた状態」でも転職しない人がけっこう多いですし、それがなんでだろう?とか思いますからね。社畜洗脳されて

仕事が好きとか無理矢理自分で自分を洗脳してきびしい現実から目をそらせているだけなんですね。自分のいる状況が客観的に耐えがたい物であり、どう考えてもその会社で5年10年と働いていけるかどうかわからないようだったらそりゃあ転職したほうがイイです。仮に転職したばっかりでもそんな状態だったらすぐに次を考えたほうがいいですからね。

キーワードは「冷静に考えてみてどう考えてもその会社で長期で働けるとは思えない」ということです。

そいう会社はダラダラと働いていても、後でものすごく後悔することになりますからね。そうなってからでは遅いってことですね。けっこうダラダラ勤めると3~5年くらい スグに立ってしまいますから、それは避けたほうがいと思いいます。自分の今いる状況を客観的に考えてみましょう。

結局、よくある「キャリアアップ」「やりたいことをやりたい」とかポジティブなきれいごとだと後悔することが多いんですよね。こういうの嫌いじゃ無いですけど現実はそんなもんです

転職でよくある、「キャリアアップ」や「やりたいことをやりたい」的な転職理由って人は実際は極小数なんですよね。

もちろん、表向きはそういう理由で転職活動しますけど、たいていは上述したもといた会社がブラック企業だったり給料が安いってことです。能力値の高い人は

個人で開業しますしね。雇われで働いているうちは、大きく稼ぐと言ってもせいぜい年収1000万円くらいが上限ですからね。 こういう「キャリアアップ」とか「やりたいことをやりたい」っていうのは個人的には嫌いじゃ無いんですけど、転職する理由としては相当な事情が無い限り

転職しないほうがいいと思っています。そもそも、キャリアアップだったら社内で出世すればいいわけですし、やりたいことは社内で別の部署に異動すればいいだけです。 転職ってそこそこの給料がある会社だったら、ブラック企業とかじゃない限り辞めないほうがいいですよ。

普通の会社でただ、会社の仕事内容が気に入らないとか、もっとキャリアを積みたい とか思ってるならその会社っで出世して給料上げるほうが手っ取り早いですしリスクも少ないですからね。やりたいことをやるとか言っても、会社の規模がある程度大きかったりすれば異動願いとか出して自分の生きたい部署に行けばいいわけです。

でもまあ私も異動願いとかを何度も出しましたけど、異動できたことは無かったですけどね。だから転職したってのもありますけど、 転職した理由は、激務でうつ病になって転職せざるを得なかったっていうのもあります。

そう、キャリアアップで転職するなら、確実に給料が上がる会社に行かないとけっこうきついですからね。キャリアアップとかキレイごと言っても給料が上がらなければキャリアップでの 転職の意味はありませんから。ブラック企業から脱出するための転職は、極端に悪い労働環境から脱出するためですから、給料が多少下がることはあるでしょうしね。でも その分仕事が楽になれば結果転職成功と言うことになります。そうなれば後悔の念は少なくてすむでしょう。

キャリアアップややりたいことをやるみたいな転職理由は8割くらい転職して後悔することになると思うので「個人的には」辞めといたほうがいいんじゃね?って思います。

キャリアアップしたいなら個人で事業やったりしたほうが手っ取り早いですよ。サラリーマンでは限界がありますし、役員になれる人とか500~1000人に一人くらいですから、東大に合格するよりもむつかしいんじゃねって感じですからね。

でもって、実際転職して後悔してるならもう一度転職するしかないわけですよ 何度も転職するのはあまりおススメしませんが2~4回くらいまでは転職してある程度落ち着いた環境を得るのは大事ですからね

それで、転職して後悔してもう我慢できないならもう一度転職するしかないでしょ?選択肢ってないわけですよ。50代とかになって転職とかできないですからね。 それだったら、転職で後悔してるならもう一度転職したほうがイイです。たしかにやみくもに転職ばっかりするのは危険なので、あと2~3回以内の転職でダメだったら諦めるとか ある程度回数は決めておいたほうがイイです。

そうやってある程度回数を決めておけば、あまりに高望みしすぎたりすることもなく、現実的に自分が転職できそうな会社で、それでいて失敗する可能性が少ない会社を選びますからね。そういったことをじっくりとやっていけば転職ってうまくいくことが多いんですよね。

それこそ、「自分のやりたいことをやりたい」っていって、なんというかほんとに上っ面の仕事内容だけで会社を選ぶと、たいてい公開します。ほんとに現実をわかっている人は そんなことよりも、具体的な仕事内容とか、給料や福利厚生、人間関係が悪そうな空気かどうか、社風が自分に合っているかどうかととそういうところは念入りに調べるものです。

現実的な転職って、自分の生活を安定させるためとか、今後の人生を豊かにするためのものですからね。それって、「やりたいことをやる」ってのもいいんですけど自分の生活が安定してないと余裕をもってやりたいことなんてできアにですからね。

やりたいことなんてプライベートでやればいいんですよね。仕事はあくまでも生活を安定させるためのツールですからね。そこを勘違いしないようにしたほうがイイです。

転職して失敗して後悔してるなら次に転職する会社はそういった観点で選んだほうがベターだと思います。もう一度言いますけど、何度も何度も転職を繰り返すのはあまり良くないですけど2~4回くらいの転職くらいなら後悔してるくらいならサクッとやってしまって、後悔の念がわかない会社を選んでいくべきなんですよね。

転職すると言っても一人で転職活動すると効率が悪いですし、なによりブラック企業につっか待ってしまうかもしれないので転職スーツを使ったほうがベターです

転職して後悔してるなら、転職ツールは使ったことがあるとは思うんですけど、一人で転職活動するのは自分で求人集めたりかなりめんどくさいですし、なによりブラック企業の 求人とか掴んじゃったら最悪ですしね。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているのでブラック企業はほとんどありません。 また、転職のプロであるエージェントが転職活動について的を得たいいアドバイスをしてくれます。

転職って難しいイメージがありますし、初めての場合何からやっていいのかわからないってのもあります。

しかし、転職は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらったりして履歴書を作って面接対策をすれば普通に内定は取れます。準備と対策をすれば内定は取れるもんなんですね。

優良な求人を紹介してもらって、自分の目で見てみるのがベターなんですね。
ブラック企業じゃない求人があるっていう確認にもなりますし、なによりこれからやっていく仕事を選択していくうえでの判断材料にもなりますからね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.パソナキャリア

2.JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)

3.リクルートエージェント

 

パソナキャリアは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は「無料・転職サポートに登録」をクリックしてメールアドレス・名前・生年月日・電話番号と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

パソナキャリア (←公式サイトに移動します)

 

 

 

パソナキャリアが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はJAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)かリクルートエージェントを選択しましょう。

JAC Recruitmentもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともパソナキャリアに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

JAC Recruitmentはハイクラス企業の求人が多くリクルートエージェントは幅広い求人が多くのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

JAC Recruitment(公式)

 

リクルートエージェント (公式)

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
error: Content is protected !!