転職活動を決断できない勇気がないと悩むのは無駄な理由 年齢が上がると転職は不利になる

選択肢

転職をするっていうと、結局転職活動をするのを決断できないんですよね?あなたは。

それって気持ちはわかりまります。今の会社がブラック企業だったとしても、転職しようと思うとやっぱり躊躇して今うことも多いですしね。

やっぱり転職が失敗したらどうしよう、転職したらそのまま人生が低空飛行を続けるんじゃないだろうか・・・と言う不安はあります。

しかし、転職って結局、実際やってる人のほうが多いっていう事実があります。30代の半ばまでに転職を経験したという人は60%を超えていますし、そもそも、新卒で入った会社を3年以内で辞める人は3割以上います。実際は半分以上に人間がなんらかで転職を経験しています。

 

参照 雇用の構造に関する実態調査(若年者雇用実態調査):結果の概要 厚生労働省

 

だから、転職をするっていってもそもそも人生のイベントとして珍しくないわけです。こういったデータが物語っていますが、転職に不安ばかり

考えていてズルズルと年齢を重ねていくと、間違いなく年齢が上がるにつれて転職市場では不利になっていきます。

そう、日本の転職市場は「年齢が若ければ若いほど有利」と言う鉄則があるからです。これは悲しいですけど現実なんですね。

もし、転職したいと思っていても、行動の決断ができなくてズルズルと5年くらい経ってしまったらもう年齢的に致命的に転職が厳しく成ってしまかもしれません。

ハッキリ言って「転職したい」と思った時点でもうその考えは一生変わりません。ぞのままズルズルいくと120%後悔することになる現実が待っています。

転職を決断できないでズルズルしていると待っている現実

転職を決断できないと決断できないでそのままずるずると嫌な会社に勤めているとほぼ150%後悔します。なぜなら昔と違って転職するにもネットで情報を得ることができるようになってきていますし、転職エージェントなどで優良な求人を選択できるといったツールも充実してきています。

それだけ時代が変わり自分ひとりで手探りで転職活動をしていた時代とは違うんですね。転職する人にとっては自分で行動しやすい時代になっていると言っていいでしょう。

転職を決断しないとずっと不安をもったまま仕事を続けることになる

今の仕事に不満があるなら、その仕事を辞めないかぎりずっとふあんをもったままいきていくことになります。

そりゃそうですよね。会社っていきなり不満のない場所になるわけがありません。そのために転職をするわけですから転職しなければずっとそのままです。

もちろん転職をしても不満が完全に解消されれうわけではありません。

しかし、今の会社の仕事が不満度が90%くらいだとしたら、転職してその不満度が50%以下になったら転職としは大成功です。それくらい高レベルの不満を持ちながら仕事をするっていうのはストレスもたまりますしん、なにより人生の満足度が全く無いんですね。

今いる会社の状況が変わっていくこともないし、出世コースから外れたらもう取り戻しは不可能ですよ

今いる会社の不満て言うのは、たいてい仕事の取組み方とか、経営の方針とかに不満があるケースも多いです。

そういった会社って、経営方針が変わったりするのって、例えば

経営が完全に傾いて、社長が変わった

吸収合併されて吸収したほうの会社の経営方針に変わった

 

とこれくらいの事が起きないと経営方針は変わることはないんですね。会社が傾いていくときには大きなリストラとかがあって、もうとても魅力のある会社とは呼べなくなってしまってる場合がメチャ多いです。会社の状況があなたにとってよくなっていくということは、ほとんどないということを知っておいてください。

また、上司との折り合いが悪かったり、一度何かの拍子で出世コースからいちどはずれたら、その会社で出世するのはほどんど不可能です。会社って減点主義ですからね。これって実力とかよりも全然「運」とか「上司に媚びる」とかのほうが大事な要素です。

まあ、上司に媚びるのも一つのサラリーマンの要素ですけど、所詮どんなに仕事ができても、運が悪くて折り合いの悪い上司に出会ってしますと出世はその時点で不可能になります。なぜなら、あなたを評価するのは上司だからです。

出世を無理にしようとがむしゃらにその会社で頑張っても再評価されるってことはありませんよ。島耕作じゃないんですから、そんな逆転ストーリーなんてあるわけありません。現実の世界ですからね。

出世とかが全てではありませんけど、そういったものが全く想像できない会社ってのもキッツいですすしね。そのままそういった不満をかかえてズルズルと転職を決断できないで40代とかになってしまうと、とてつもない後悔する日々が待っています。だから転職は早いほうがイイというのが鉄則なんですね。

転職活動をするのが決断できないっていうのは、それだけ追い詰められていないからなんですよ そこまで無理にやる必要はないかもしれませんでも確実に後悔はしますけどね

転職活動をするのを決断できないってのは、今いる会社でそこまで切羽詰まってないんですよね。だからそのまま勤めてもイイと思います。

私のことを言うのは恐縮ですけど、うつ病になるまでどうしようもなく追い詰めれて、休職して、この会社で働くのはおう本当に嫌だ、死んでも嫌だっていうくらい追い詰められましたからね。だから転職活動をしましたし、結果としてホワイト製造業に転職することができました。

転職活動するのが決断できないなら、別やらなくてもいいわけですよね。死ぬわけじゃなないですし。

しかし、転職活動しないとたぶん死ぬほど後悔することになると思いますからね。転職って年齢が上がってからは相当厳しくなってきます。これは説明するまでも無いですけど、そもそも40代後半くらいにあると、上乗せ退職金を与えて早期退職制度の対象ですからね。そういう年齢になればどこの企業でもいらないですからね。

だから、転職をするかどうかの決断をズルズル迷っているのは自由ですけど、その間に確実に年齢を重ねていると言ことを理解しておいて下さい。それなら後で後悔しても納得できるんじゃないでしょうかね?

転職活動は焦って活動してブラック企業に捕まらないようにするのが最も大事です 焦らず活動していきましょう

転職活動をするというと転職活動のツールで何と使うか?っていうと転職エージェント一択ですからね。

やっぱり転職してブラック企業に捕まるってのは一番避けたいところです。そこをうまくできるのが転職エージェントなわけなんですよね。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動について的確にアドバイスをしてくれます。

転職って決断するのはたしかに勇気がいりますしね。不安も大きいです。

しかし、転職は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらったりしつつ、履歴書を作って面接対策をすれば内定は普通に取れます。準備と対策をすれば内定は取れるもんなんですね。

優良な求人を紹介してもらって一度自分の目で見てみると、実際にいい会社があるという確認になりますしどういった仕事が自分でやってみたいかの選択の材料にもなりますしね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.リクルートエージェント

2.CONNECT(コネクト)

3.パソナキャリア

 

リクルートエージェントは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は「かんたんスピード無料登録」をクリックしてメールアドレス・名前・生年月日・電話番号と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

【リクルートエージェント】 (公式サイトに移動します)

 

 

パソナキャリアが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はCONNECT(コネクト)かパソナキャリアを選択しましょう。

CONNECTもパソナキャリアも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともリクルートエージェントに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

CONNECTは企業のキーマンに直接会えるというシステムで転職活動を効率化できます。また多くパソナキャリアは幅広い求人が多くのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

CONNECT(コネクト)(公式)

 

【パソナキャリア】 (公式)

転職する理由って人によって様々ですえけど、よくある「キャリアアップ」とか「自分の可能性をもっと知りたい」とかいう理由って実際はほどんどありません。

転職の理由なんて悲しいですけど、現実はほとんどネガティブなものです。

「仕事がきつい」「上司がパラハラ」「人間関係が最悪」「給料が安くて生活できない」

とかそういったレベルのものなんですよね。だから、ちょっと考えてみると、そんなネガティブな理由なんですから、転職するのに悩むのってバカバカしいことなんですよ。

だって、人間って環境がすべての生き物ですからね。実際、仕事とかできない人とか能力値の低い人とかでも、入った会社の給料ベースが高ければけっこうな給料をもらえてしまいます。だから会社を選ぶことっていうか労働環境を自分で良くしていくってのは、人生の最重要課題なんですよ。意外とね。

これが認識が無いというか甘いというか、なんか

「新卒で入った会社でずっと働くのが一番いい」

「一つの会社でガマンして働くのがカッコイイ」

「我慢することですべては解決する」

とか意味不明な価値観があるのが今の転職への考え方です。平たく言うと「転職しないほうがイイ」とかいうことになります。

そういった価値観があるってことは、ずっとショボい環境で給料安くてこきつかわてもいいよって言ってるのと一緒なんですよね。

もう一度言いますけど、仕事できない人とかでも、労働環境のいい会社に入ってしまえば仕事できない人でもいい給料がもらえるってのが日本の社会です。これが外資系企業だと完全成果主義なのでこうはいかないですけど、日本の社会は成果主義導入とか言ってますけど、実際、出世は上司に媚びを売ることで決定します。

だから、労働環境のいい会社に入った人「だけ」が勝つというシステムになっています。だから、転職活動を徹底的にやった人が勝つってことなんですね。

これって、意外と知らないというか認識してない人がほとんどなので、ちょっと認識改めたほうがいですよマジで。

簡単に言うと、入る会社を選ぶってのは会社で仕事することなんかよりも大事なんですよ。会社なんて入ったもん勝ちで、ブラック企業にいて仕事してるなんて、思考停止と言うか何考えてるのか意味が解りません。わたしだったら即日退社しますけどね。

そうやってグダグダやっているうちに、年齢が上がって転職が難しい年齢になってしまうってのはよくある頃です。私も32歳で転職したのでけっこう危なかったです。こうやって偉そうなこと書いていますけど、本当に危なかったですよ。

転職に躊躇するのはいいですけど、それで人生の大半がショボいものになってしまう可能性を自分で作ってるってことを認識してみてください。