保育士のための転職コラム一覧

保育士辛い辞めたいと思う時 その保育園の労働環境を見て限界をなら早めの転園を実行しよう

保育士は女性がほとんどの職場で人間関係がかなり陰湿なケースがあります。イジメや保護者からのクレームなどで辛くて辞めたいと思うときは、一度保育園の労働環境を見ていましょう。そして限界だと思うなら早めに転園をするほうがあとあと楽になりますよ。

労働環境の悪いブラックな保育園を辞めたい保育士がホワイトな保育園に転職する方法

ブラックな労働環境の保育園を辞めてバックレたいと思っている。でも実際にはホワイトな保育園ていうのもあります。保育園によって労働環境に大きな差があるので、ブラックな環境の保育園は転職することで自分の仕事環境を変えていくことができます。その方法をご紹介します。

保育士残業持ち帰りは当たり前? 労働環境の良い保育園で持ち帰り残業を無くす方法

保育士の仕事は持ち帰り残業とか多いですよね。ただ、それって保育園によって持ち帰りの仕事が多いところと全く無いところに分かれるんですよね。ですので、持ち帰り残業の無い保育園に移ることもとても大事な行動になってきます。

ブラックな先輩の保育士からのいじめ辞めたくてしょうがない場合 状況は絶対良くならないのでスパッと転園しましょう

先輩のイジメってのはどんな職場でもありがちですけど、女社会の保育園ではかなり陰湿なイジメがあるのが現実です。こういったイジメがある保育園は無理に勤めるよりも転園したほうが賢明ですし、そこまでわるい人間関係を維持する意味はありません。はやく逃げることをおススメします。

保育士の給料が安いブラック職種 給料に不満があるなら異業種に行くべき理由

保育士はもともと給料が安い仕事です。保育士になる人はそれがわかって保育士になっている人がほとんど。でも実際、社会人をやってみるとこれでは生活できないということもあります。その場合は異業種に職場を移すという子をも検討すべきです。その理由と方法をご紹介しています。

保育士が仕事をリストラされてクビで転職することが多い理由 

保育士がリストラになる理由ってただ、辞めてほしいだけなんですよね。リストラがあるような保育園では人間関係も悪いですし長時間労働でサービス残業で、なにより今後給料が伸びていくことはありません。そういうブラック保育園は見切りをつけて転園するのがベターですね。その理由と方法をご紹介しています。

保育士の仕事でストレスが溜まる 忙しすぎる激務でうつ病になる危険があります

保育園てかなりブラックで忙しい仕事です。人間関係が悪い、保護者も変な人ばかり・・・なんてことになるともうストレスたまりまくってうつ病になる保育士も多いです。そうなる前に、転園していくのがベターなんですね。労働環境を積極的に変えていくのはとても生活をしていく絵で大事なことなんでよね。

保育士のぎっくり腰予防方法 腰痛にならないことが保育士継続のキモです 

保育士の仕事は子供を持ち上げるのでどうしても腰痛やヘタするとぎっくり腰になります。コルセットつけてやってる女性も多いですし腰痛予防のためにはしっかりと腰回りに筋肉を鍛えて、正しい抱っこをやる必要があります。しかし、どうしても腰痛がきつい場合は保育士以外の仕事を検討することが人世を良くしていた目の選択にもなります。

保育士が保育園の人間関係が悪くて辞めたいと思っている人が上手く転職する方法

保育園によっては人間関係がブラック企業並みに最悪なところもあります。あえてその保育園で長く務める必要って全然ないんですよね。人間関係のいい保育園で仕事したほうが楽しいじゃないですか。わざわざ労働環境がわるいところで働くメリットは一ミリもありませんよ。うまく転園していきましょうね。

保育士がうつ病になる原因はブラックな激務や人間関係のキツさ それはもう環境を変えるしかないですよ

保育士の仕事がブラックすぎてうつ病になるっていうのはよくあることです。子供の対応、パラハラ上司、モンスターペアレントとかの悩み、こういった悩裳のほどんどが「仕事が激務」か「人間関係の悪化」が原因に主なものになります。これは自分で改善するのは無知なので、職場を変えて労働環境を変えていくしかないんですね。その理由をご紹介しています。

error: Content is protected !!