転職体験談一覧

転職を実際にやると様々な発見があります。面接対策、履歴書の書き方、求人の判断の仕方などやることは多いです。またブラック企業に捕まらないのも大事なポイントです。そんな転職をした実際の体験談です。

金融業に就職して後悔した体験 地方銀行は本当に辞めてよかった

金融やめたとけ、メガバンク、地方銀行、信用金庫と差はありますけど金融系、銀行はとりわけブラックな仕事です。むかしは給料もよかったですが、今ではそれほどでもなくメリット的なものは待ったうありません。ノルマもきつくパラハラ上司がいて毎日ストレスを感じてたいていうつ病になって離職率は5割ありますしね。早めの労働環境を変える行動をしたほうがイイですよ。

年収300万で結婚するとかよりまず自分の生活レベルを転職して上げるべき理由

年収300万円でも普通に結婚している人っていますしね。ただその年収で結婚してもそのあとの生活が苦しいだけで一人のほうがマシで離婚する人をたくさん見てきました。まずは自分の生活レベルを上げることからやっていったほうが無難ですん。現実としてこの年収はハッキリ言ってブラック企業なので転職するだけでも年収が上がる可能性は高いですよ。

ニートから正社員になった人の体験談 27歳でひきこもりニートから正社員になったよ(^O^)/

ニートだった僕「M」が高卒でひきこもりになってバイトをからブラック企業に捕まりつつも27歳でなんとか正社員になった体験です。ハローワークを使って失敗したり、面接のやり方がダメだったとか気付いたり、とにかく紆余曲折がありながらなんとか30代になる前に正社員になって人生詰むまえに何とかなりました。本当に助かりました。

転職失敗でうつ病になった場合の体験談と心療内科の上手な使い方

転職をしたけれど転職先にキチガイな上司がいて長時間労働でパワハラ三昧。結局うつ病になって退職したMさんの体験暖です。その体験談からうまく心療内科をつかてさっさと休職して次の転職先を探したほうがいい理由をご消化しています。あんまい仕事に価値を置きすぎたり、マジメに考えすぎないほうがイイですよ。

26歳の女が未経験業界に転職した体験 他業種でのホワイト会社は最高です

出版社に勤めている26歳独身の私。あまの長時間労働でプライベートも無くて彼氏にも会えないという理由でブラれ、その後うつ病寸前でした。過労死のニュースを見て我に返り会社を辞めて転職活動しました。未経験で異業種のホワイト企業に入ることができて今では「イキイキ」と仕事しています。その体験談です。

25歳男のうつ病からの転職体験 第二新卒で大手より中小がホワイト企業が多い理由 

僕はブラックな大手企業からホワイトな中小企業に第二新卒の枠を使って転職することができました。25歳の時の転職体験談です。ホワイト企業の特徴と就職活動の方法を転職エージェントのアドバイザーに教えてもらいました。今では特許を持っている伸び盛りの中小企業で働いています。本当に助かりました。

無職期間が長い時の就職活動 無職期間の言い訳と理由を作るポイント

無職期間が長い場合の就職活動では、いかにその期間の理由と言い訳をうまく作っておくかがポイントです。あまりにわざとらしい言い訳も厳しいので、ハッタリでもいいのでしっかりと無職期間に理由付けを準備しておくのがベターです。面接では泥臭い根性論とかが大好きですから、そういう傾向をふまえて理由を作っておきましょう。

30代の女性が安い給料で満足していると危険な理由 転職できるいい時期を逃してはダメ

30代の女性が今の自分の給料で満足していると、待遇のいい会社に移る機会を逃してしまいます。転職で自由が効くのは30代前半くらいまでで40代が見えてくるとやはり年齢の壁もアリむつかしくなってきます。転職できる時期を逃して泣行けない理由をご紹介しています。

地方銀行員のブラック具合がわかる友人の体験 辞めたい気持ちが勝って転職した話

地方銀行はブラック企業が多いです。特に中途半端に発展している地方にはブラック地銀ばかりがはびこっています。といっても銀行は、ノルマ、パワハラ、サービス残業などが普通でノルマい追われて一生を終えていきます。それが嫌で転職する人は正しい選択ですよね。地銀から逃げ出したお話です。

結婚式場を28歳でリストラされ衰退産業じゃなく成長産業に就職した話 

結婚式場を28歳でリストラされた私。もうブライダル業界みたいな衰退作業はコリゴリでした。今度はきちんとこれから伸びていく成長産業に就職したいと思っていました。転職エージェントを利用することでこれから伸びていく業界の情報を得ることができたのでとても助かりました。

error: Content is protected !!