ブラック企業脱出マニュアル一覧

ブラック企業を脱出するための私の体験談をふまえて、どうやってブラック企業を脱出するか、ブラック企業に対する考え方を紹介しています。とにかく私はブラック企業が嫌いなのです。

ブラック企業と昔の奴隷制度の時代とそんなに変わらない なんでそこまでして人を働かせるのか WINWINの関係でいいじゃん

昔の奴隷制度とブラック企業ってそんなに差はないんですよね。低賃金で強制労働みたいなイメージです。どうして、労働者も経営者もハッピーみたいなWINWINの関係になろうとしないんですかね。現実は無理ですから、自分で労働環境を変えていきましょうよ。思考停止じゃあだめですよ。

ブラック企業にいても1ミリもイイことは無い でもブラック企業は増え続けるため自分の身は自分で守るしかない

ブラック企業にいてもまったくいいことがありません。奴隷としてこき使われて捨てられるだけですからね。もう真面目に仕事するのはやめにしましょうよ。ブラック企業にとってまじめな人は「エリート奴隷」なので、ほんと悲惨ですよ。自分の身は時分で守っていきましょう。

ブラック企業に入ってしまったすぐに辞める工夫をして退職を急ぐべき理由

万が一にもブラック企業に入ってしまったら、なるべく即日でも辞めるくらいのマインドを盛ったほうがいいです。そしてなるべくすぐに退職しましょう。そうしなと奴隷として労働力を搾取されて、結局最後はポンコツになるまで使われて破棄されます。そうなると人生をリカバーするのがとてもむつかしくなってきますからね。

面接を受けた会社もしくは受けようとしている会社に行って職場の雰囲気を見ておく

転職活動で面接を実際に受ける会社、または入ろうと思っている会社は一度実際にその会社の職場を見ておいたほうがイイです。職場に入れない会社もあるかもしれませんが、可能な限り見ておくことで、ブラック企業か同課の判断をつけることができます。そしてブラック企業だと思った会社はたいていその判断は正しいことがほとんどです。

就職活動のためのツールは効率はブラック企業の少ない効率のいい転職ツールを利用する

就職活動・転職活動をするときにハローワークを使ってしまうとそれだけでブラック企業に捕まる可能性がグンとアップします。なぜならブラック企業の求人のほうが多いからです。そのため就活・転職で使うのは転職エージェントが一択です。そのりゆをご消化しいています。

ブラック企業に捕まらないための転職方法はハローワークや就職情報誌を使わないこと

ブラック企業を辞めて、転職活動をしようとハローワークや就職情報誌を使ってみました。いやこれがまた、ほんとにブラック企業の求人が多いんですよねハロワとか就職情報誌って。だから就活で使わないほうがイイです。これは経験上間違いないので覚えておいてくださいね。

ブラック企業を辞めて転職するときにあった特徴的なことをご紹介

ブラック企業を辞めるときにあったことを、そのまま書いてます。ブラック企業ならではの、ため息が出るくらい特徴的なこともあります。とにかくブラック企業を1秒でも早く辞めたほうがイイということを言いたいんですね。そこをわかってもらえると幸いです。

ブラック企業を辞める時のポイント 退職拒否などの対応など

ブラック企業とはいえ、穏便に退職するのがベターです。ただ、ブラック企業だけにお決まりの「退職拒否」や「退職阻止」という意味不明な妨害行為も出てくるケースもあります。その時の対応方法をご紹介しています。ブラック企業に1ミリも申し訳ないとかの感情は持つ必要などありませんよ。

過労で我慢の限界を超えてうつ病を発症する 体が動かない死にたいと毎日思うこの悲しみ なんでこんなことになったんだ?

過労が限界になって「うつ病」が重度になった時、体が動かなくなるくらい、身体的にも負担がきます。階段を上るのもきつい状態です。いままで膨らんできた風船がはぜてしまう感覚に似ています。そうまったく空気が入らないスカスカな精神状態です。何も考えれない、思考力が回らない。それが重度のうつ病です。

ノルマ地獄に追われる毎日 でも成績を上げても出世しない給料も上がらない「これおかしくね?」と思い始めた

新卒でブラック企業に入って5年ほどたちました。毎日ストレスをためながら仕事していくなかで、あることがきっかけて「奴隷洗脳」が解けてきます。そうするとだんだんと「この会社ヤバくねえか?」と冷静に考えられるようになってきました。ネットの普及で「ブラック企業」という用語が出てきた時代でもあります。

error: Content is protected !!