転職エージェントを掛け持ちして複数使うべき理由 アドバイザーとの相性が大事です

綱渡りするスーツの男

転職のを考えているなら転職エージェントを利用するのは必須ですが、メリット的には

①あなたに合った求人をピックアップしてくれる 面談をしてしっかりとした適合求人を選んでくれる

②転職活動についてエージェントからアドバイスをもらえる 細かい相談をすることができるので転職活動をスムーズに行える

この二点が最大のメリットです。

求人を調べるにしても自分で一人で調べていても限界がありますし、第一効率が悪すぎます。そのあたりはプロに任せてしまったほうがイイにきまっています。

実際一人で転職活動したころがある人ならわかるのですが、とにかく求人を集めたりするのが自分一人では本当に大変です。これだけで、時間ばかり食って面接までなかなかたどり着かないのが現実です。

また、エージェントからのアドバイスを受けるのはどんなに有能な人でも「転職」ということに関してはエージェントは経験のあるプロなので、そのあたりのアドバイスも受けていったほうが、自分の行動を修正できるので大きなメリットになります。

こういったことをふまえて、「転職エージェントの複数掛け持ち」というとどのくらいがイイのでしょうか?

たしかにたくさんの転職エージェントを掛け持ちすれば、紹介してもらえる求人の数もその分増えます。選択肢も増えるのでメリットが多いようにも思われます。

ただあまり多くの転職エージェントを掛け持ちするのはデメリットなになるんですよね。それは単純に案件が多すぎて選択肢が増えすぎると、あなたの行動に「ブレ」が生じるからです。

掛け持ちは多くて2社くらいで充分ですよ。それ以上だとかえってウザい状況になって試合ます。転職活動やってるときにはただでさえ精神的に余裕がないもの。効率を考えれば1社だけで充分ですけど、それだと担当者との相性が合わなかったときのリスクの保険がないので2社くらい登録しとけば充分ですね。

関連記事:転職エージェントのメリット・デメリット

転職をする時に利用したいのが転職エージェントです。転職エージェントを利用するときに迷うのは度の転職エージェントを利用するかということ...

転職エージェントは2社くらいでちょうどいい 求人をあまり多く紹介されても迷うしさばききれないですよ

女囚人

転職エージェントを複数掛け持ちして5社とか掛け持ちしたとしましょう。

そうすると、ものすごい数の求人を紹介されることになります。そして5人の担当エージェントがあなたにつくことになりますね。

先ほどの転職エージェントの二つのメリットを多く受けられることにはなります。ただ選択肢が増えて担当エージェントが増えるということは、それに対する「対応する時間と労力」も増えていくことになります。

転職活動は仕事をしながらの活動だと時間も限られていますし、会社を辞めたから活動するにしてもその時は不安な精神状態で活動することになります。

そういう時に、あまりに多い求人を選択していくのは逆に情報が多すぎて時間が無くなりますしストレスになってきます。ものすごくバイタリティーがあって体力もあって行動力もある人ならイケるかもしれませんが、普通の人が転職エージェントを使うのがせいぜい2~3つが限界です。実際私も2つで十分すぎるくらいでした。

また、担当者が5人とかいるとぶっちゃけその対応だけで疲れてしまいます。メールとかきて5人にいちいち対応してくのって考えるだけでもめんどくさいです。

せっかく効率を考えて転職エージェントを利用するのに、逆に紹介される求人が多すぎたり、担当されるエージェントが多すぎたりするとかえって、逆効果になるんすよね。

そのため転職エージェントは2社くらいを利用するのが妥当です。2社を掛け持ちして利用すれば、求人の選択肢も担当エージェントの対応もストレスなく対応することができます。

ついつい転職にやる気のある人ほど、たくさんの転職エージェントを掛け持ちすることになりそうですけど、それが自分の行動を逆に妨げてしまうこともあるので注意が必要なんですよね。

転職エージェントとりあえず2~3社にしておいてもし余裕が合ったら増やしていくというスタンスで充分です

考える青年

私は最初、ハローワークとかを使ってしまって悲惨なことになっていました。ハローワークとかってブラック企業ばっかりなんですよね。

関連記事:ハローワークはブラック企業ばかりです気をつけて

転職活動をいざしようと知ると、どうしてもハローワークとか求人誌や転職サイトを利用しがちです。 これって、完全に情報不足なんで...

そこから転職エージェントの存在を知って、登録したんですけどぶっちゃけ1社くらいで充分でしたね。たまたまですけど、最初に申し込んだDODAでの担当エージェントとはウマが合いましたし、相性も良かったので全く問題が無かったです。

ただ、1つの転職エージェントだけだと、求めてる求人が無い場合にはどうしても、あと1つくらいのエージェントを使って求人を探すってケースがありました。

だから、多くて2社くらい登録しておけば十分だという感じでしたね。

実際に上述したみたいにたくさん登録しても使いこなせないってのおありますし、そんな時間も無いですしね。

メインのエージェントが1つあって、サブのエージェントが1つっていうスタンスくらいが一番しっくりきました。

あと、大手の転職エージェントならどこ使ってもそんなにはずしは無いですよ。今時はけっこうどこも優秀と言うかちゃんと対応してくれます。転職の悩みとかも質問すれば丁寧に対応してくれますしね。

ただ、やっぱり人間同士の付き合いになるので、担当アドバイザーの当たりはずれってのはどうしてもあります。わたしは当たりだったのでよかったのですけど、どうしてもアドバイザーとウマが合わないとかだったら、そこはクールにさくっと別の転職エージェントを使ったほうがイイでしょう。

転職活動って仕事と一緒ですからね。効率が悪いとか思ったらそのツールは使うのを辞めて別のツールを使うとかの素早い判断が重要になってきますからね。

転職エージェントは転職するための「ツール」なのでパソコンと一緒で使い倒してナンボです

転職エージェントは転職するための「ツール」いわゆる「道具」です。仕事に使うパソコンと一緒で

「使い倒してナンボ」

の世界になります。

転職エージェントに企業はお金を払って求人を出しています。そして転職エージェントは「優良な人材」と企業に送り込むことを企業から依頼されています。

ギブアンドテイクですね。こういった転職エージェントは企業からお金をもらっているので、あなたが利用するのは無料で利用できるわけです。

そして、エージェントも依頼されている企業にいい人材を送り込まないといけないので、積極的にあなたに転職のアドバイスをして、より良い企業に就職してもらおうと努力するわけです。

そう転職エージェントって

「WIN-WIN」

な関係なんでんですよね。ウィンウィンな関係ってみんなメリットがある関係なんですよね。

そのため転職エージェントを2つくらい掛け持ちして、その「ツール」をとにかく使い倒すというマインドが必要です。

転職活動って一人でやるのは不安ですし、実際第三者からのアドバイスがあるのとないのとではかなりの行動する効率に違いが出てきます。

一人で自分の自己分析とかやっても、どうしても独りよがりになりますよ。私だけかもしれませんけど(;^ω^)

実際に私も面接で模擬面接とか軽くやって、自分の面接で悪い部分を指摘してもらってから、かなり面接がラックになりましたからね。そこから内定を3つほどもらいました。自分の面切の悪い部分を改善するまでは、ずっと落ちまくってましたからね。やっぱり悪い部分の改善は自分だけではわかりにくいってのはありますからね。

転職エージェントは優良な求人を初会してくれるって部分だけが取り喘がれがちですけど、そういった簡単でもイイのでアドバイスを受けると、面接結果が大きく違ってきます。

まがりなりにも、アドバイザーは転職のプロなので、自分だけで転職活動をしていくよりも、相談などをしてアドバイスを受けたほうがたしかに効率がイイっていうのは実感できました。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

DODAエージェントサービス(←公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

こうやって転職エージェントを紹介しいますけど、これって私が使った転職エージェントなんですよね。どれが一番いいとかは特にないです。

あと、よく転職エージェントの使い方の記事とかで、複数のエージェントのアドバイスをたくさんもらえば、転職がうまくいくみたいなこと書いてありますけど、実際、アドバイザーとかは多くても2人が限界ですよ。

アドバイスって大事ですけど、そのアドバイスが多すぎてもキャパ超えますし、転職活動のときって精神的にあんまり余裕がないので、アドバイスが多すぎてもウザい感じになってしまうこともありました。

アドバイザーとの相性が合えば掛け持ちする必要もないですけど、保険のためにサブの転職エージェントも登録しておいたって感じですね。

関連記事:転職活動に疲れたら利用ツールは1本に絞ろう

転職活動がうまくいかないと心身ともに疲れてきます。そうなるとあれやこれやと行動がブレてしまいます。転職活動で最重要なのは「良い求人を探して面接を受ける」ということです。転職エージェントはこれが最も効率よくできるツールなのでうまく利用して転職活動を乗り切っていきましょう。

転職エージェントも利用しますけど、新聞の求人とか友人知人からの情報も仕入れるとさらにベターですよ

転職エージェントは最低でも1社は使うのは正直絶対必要です。

ただ、新聞の求人欄とか、友人知人の会社とか親戚とかが勤めてる会社で中途採用やってないかとか、いわゆる人脈をつかった求人集めっていうのもけっこう大事です。

そういうところからの情報で転職がうまくいくケースもあります。新聞の求人欄とかって、意外と穴場でい求人が掲載されていることがあります。私の友人がブラック企業で苦し出いたときに、新聞広告の求人から面接を受けてホワイト企業に転職できたからなんですね。

何がい言いたいかと言うと、ハローワーク以外の求人は手広く視たほうがイイってことです。

転職エージェントに掲載する会社ってけっこう大手系の会社が多いですけど、地元の中小企業とかで、成長過程にあるような地味でマイナーな会社だと、普通に新聞の求人欄に求人を載せたり、従業員のつてで求人を募ったりするところが多いです。地域のつながりってやつですね。

個人的には、一番いいのは転職エージェントを使いながら、求人を紹介してもらって面接対策とかをしつつ、新聞求人とか友人知人にも「なんかいい求人ない?」とか聞いていくのがベストなような気がします。

視野を広く持つと、イイ求人て見つけやすいですし、やみくもに一人で悶々と求人を探していると、あんまりいい求人て見つからないんですよね。精神的ににもよくないですしね。

たしかに転職エージェントって転職には必須のツールになってきてますし、便利です。

しかし、まああくまでもツールですからね。過剰に期待しすぎてもまずいかもしれません。転職エージェント使うのを進めておいて何言ってんだ?とか思われそうですけどね( ;´Д`)

なんでもツールは自分で使いこなしてなんぼです。あくまでも求人とかを決定して面接を受ける判断をするのはあなたですからね。エージェントのアドバイスを聞いたうえで、そして判断をすれば転職活動での失敗も少なくなると思います。

追記:エージェントのアドバイスは聞くけど判断するのはあなたですからね

転職エージェントを使っていると、いいアドバイスをもらうことができますけど、それが100%ただしいわけではありません。

アドバイスを聞家内ってのはまずいですけど、結局、アドバイスを聞いてそれを決定するのはあくまでもあなたです。

「この会社はイイですから絶対に受けたほうがイイですよ」

と勧められても、ただアドバイスに乗っかるだけじゃなくて、その会社をどうして進めてくるのかを聞いたり、自分でその会社についてリサーチはしたほうがイイってことです。

そうしないと、アドバイスのまま会社を受けて内定もらって、入ってみたら仕事がイマイチ合ったなかった・・・・ってこと事が起こりえますかららね。やっぱり自分で調べておけばよかったみたいに後悔することになります。

アドバイスって自分の意思決定の「補助」なので、聞いてそのまま何も考えずに実行するってわけじゃないですからね。

スポーツとか武道とかピアノとかは師匠の言う頃をそのまま聞いて実行するだけでいいわけですけど、転職って技術的なものじゃないですからね。その違いです。

最後はアドバイスをかみ砕いて自分で判断して行動してみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!