仕事についていけないのが辛いし辞めたい 見切り時と労働環境を帰るのがベターな理由 

激務で死にそうな人

「仕事ンついていけないから辞めたい」

とか思うのってけっこうな確率でありありますよね。というか、仕事についていくってそれって

「どんだけレベル高い仕事なんだ?」

とかって考えたことあります?というかサラリーマンとかになる人って、だいたい最近なら大学も出てますし、高校とかも出てるので、まあ普通に生きることはできる人なはずです。

私の経験だと、仕事についていけないってのは、別にその人が仕事ができないとか行動が遅いとかじゃなくて

「仕事の量とかが物理的に多すぎる」

「意味不明に仕事が複雑で仕事内容自体か非常に効率が悪い」

ってことがよくわかります。仕事の内容のレベルが高度なことって少なくて、ただ仕事量が多かったり、なんか仕事が意味不明に複雑でいろんな承認が必要だったりよくわからないシステムになってる場合が多いです。

平たく言ううと会社がショボいというか、一人頭の仕事量が多すぎるというかそんな感じですよ。

実際、私も金融機関にいたときにはホントなんか意味不明な仕事とか報告資料とかたくさんあって、営業の仕事以外にも雑用が多くて仕事に追いつくのがかなり厳しかったですが、製造メーカーに転職したら仕事内容とかはシンプルになって、普通に仕事をこなしていけましたからね。だいたい定時で終わることができました、これも何が言いたいかと言うと別に転職した時に私の仕事の速さとか能力が上がったとかじゃなくて、たんに労働環境が変わってシンプルで効率のいい仕事になったというだけです。

特に金融機関とかって、昔から体制もあって、やたらと承認ルートとかも多くて、それに意味不明な報告資料とかも多いですしほんと「余分な仕事」も多いですしね。

それにまあやってることがお金が絡んでいるんでクレームも多いですしね。それも仕事をこなしていく上で非常身メンドクサイ時間のロスになりました。

仕事についていけないとかって、そこで多少仕事を工夫してやってみて、それでもどうしてもついていけなないなら単純に会社の仕事量が多すぎるってことですよ。

ブラック企業で仕事量が尋常じゃないケースか、意味不明に仕事が複雑だってことです。だいたいこんな感じなんですよ。

今時ではIT化も進んで、仕事はもっと簡単にできるはずなんですよね。実際私もパソコンを扱っているといろんなことが昔よりも簡単できます。無駄な書類とかもいらないですし、通販でも買えるし、ネットで決済できるしチャットでやり取りもできるしいい時代になりました。

こんな時代に、仕事についていけないってのは、ぶっちゃけ会社が効率を考えて仕事をやってない証拠です。でもなぜか仕事をこなせない従業員の方に

「仕事についていけないダメな奴」

みたいな風潮がでてきてしまうんですよね。たしかに実際ダメな人とかもいますけど、それって発達障害とかうまれもっての病気の人とかもいますしね。

とうか発達障害の人でも私の勤めていた製造メーカーでは普通に仕事やってましたよ。仕事についてい行けないってどんだけキッツい仕事やらされてるんだってことをマジで思う今日この頃です。

関連記事:ホワイト工場は美味しい仕事ですよ

ホワイト工場は定時で帰れるのは当たり前 ホワイト製造業に転職してブラック企業をおさらばしよう
製造業のメーカー企業でホワイト工場って実際けっこうあるんですよね。定時で追われて残業もついて長期連休もある。それでいて仕事内容もきつくない、どっちかというとゆるい。そういうホワイト工場に転職できるとブラック企業に勤めていたのがウソのようです。実際に生活も楽になりましたし、プライベートも充実してとても満足しています。

仕事についていけないとかをなんか「努力が足りない」とか「仕事できない」とかにするのって良くないですよ 仕事できなくても別にいいじゃないですか

仕事についていけないとかって、良くありがちなパターンとして

「仕事に対して努力が足りない」

「仕事についていけないって仕事できない奴じゃん」

とかいう風に言われたり、思われたしますよね。マジメな人ってこういうのを真に受けてしまうので

「俺って努力も足りないんだ、仕事できないんだ」

と委縮してしまいっます。そしてそうやって委縮してしまうので、さらに仕事についていけなくなるという悪循環になってしまいますからね。

そもそも、日本人なんてまじめな性格でサラリーマンになる人のほとんどが、けっこうその時点でまじめに努力するタイプの人が多いです。というかけっこうイージーにテキトーな感じで仕事をやってる人のほうがサクサク仕事をこなしていく感じもありますしね。

仕事ってマジメに思い詰めれば思い詰めるほどさらに仕事についていけなくなります

そう、特に「完璧を求める人」とかって仕事についていけなくなるパターンも多いですね。仕事に完璧を求めると、それだけで時間がかかりますし、あっというまに仕事についてイケなくなります。

仕事って6~7割くらいの完成度でどんどんまわしていけばいいんですよ。けっこうそのくらいの完成度でも普通に通りますし、ダメだったら上司から突き返されるだけなので、

あまり深く考えずにテキトーなところで見切りをつけてガンガン仕事を回し行くのが仕事に追いついていくコツです。

というかいわゆる「仕事ができる人」ってのはこうやって、仕事を回していますしね。仕事の完成度が高いとかじゃなくて仕事って「回すもの」なんですよ。

それがわかって無いと、なんか仕事に完璧を求めて仕事が回らなくなって追いつけなくなってきます。

というか仕事ができるようになると、仕事を押し付けられて永遠に仕事量が増え続けてきますからね。だから仕事ができても

「仕事できないふり」

をする人もけっこういますよ。そういう人をいままでたくさん見てきました。

だから、まあ仕事についていけないくらいのほうがいいんじゃね?って思います。無理に仕事についていくように無理矢理頑張ってもそれって、どう考えても

「長期間続けのは無理」

って思いませんか?だって仕事って定年までいくとすると40以上とか働く可能性もあるんですからね。無理に仕事についていけたとしても、その状態で長期間ずっとやっていけるとは到底思えません。

仕事についていけなければそれなりの仕事を与えられますし、それか遠回しに自主退職を勧められます。

でも、それでいいと思いますよ。仕事って別に生きていくための手段なので、仕事についていけないってことが、人間性が悪いとかそういったことじゃないですからね。

というか個人的にはいくら仕事ができる人間でも人間的に欠落してればゴミ野郎だと思ってます。よくいるパラハラ上司とかは仕事「だけ」は割とできるタイプが多いですか

人間としてはもう終わってますからね。こういう人たちはガチで会社から出ると誰も相手にしてくれません。これも実際こういうのを見ていますからね。私の親戚とかにも

この手のタイプの人がいますし、定年後に何もないいですし、会社と同じように世間にも対応するので上から目線で誰にも相手にされていないというのが悲しい現実です。

仕事についてけなければ、別にいいんですよそこを無理してついていったところで、たいていすぐに限界がきて体を壊したりします。

それが嫌なら労働環境を変えるとか、その会社で仕事できない「キャラ」になっていけばいいんですうよ。

だって、会社って現実に仕事してない人とかけっこういるでしょ?

「こいつ何もやってねえな」

って人でもなぜか会社に来て給料もらってる人もけっこういます。最近ではこういうのは減ってきたと思いますけど、まだまだいますしねそういう人種に人たちが。

無理をするのが一番いけないです。できる範囲でやってみてダメなら労働環境を変えて、ユルイ仕事を探す方が現実的ですしね。

仕事についていけないとかって会社変えると全然余裕で仕事についていけるとかってありますよ というか会社で仕事してない奴とかいますよね?そのあたりの現実を認識したほうがいいです

仕事についていけないと言っても、たとえば会社変えると余裕でしごとについていけた・・・なんてことはよくあります。その逆もありますけどね(;´Д`)

仕事についていけないといって、多少頑張ってみて仕事も工夫してやってみて、できなかったら、今後も仕事についていくことはできませんよ。ある程度やってみてできなかったらそりゃあ人間なんですから、能力とか手先の器用さとかも個人差があるので、半年~1年くらい自分なりに仕事についていけるようにある程度の努力をしてみてダメなら見切りつけることも大事ですからね。

まあ、なんか「仕事ができる人が人間としてすばらしい」

みたいな風潮が固まってますけど、個人的には仕事できなくても人にやさしい人のほうが好きすけどね。いくら仕事ができても部下をパワハラでイジメたりする人間なんて

ゴミだと思ってます。そう思いませんか?そう思わないんなら、仕事ができる優秀なパラハラ上司の下で頑張って仕事してくださいね(^O^)

それはさておき、仕事についていけないとかでも自分を卑下する必要とか無いですよ。仕事って向き不向きもありますし、そういった平社員の末端の仕事はできない経営者とかもいくらでもいますからね。

仕事をやってみてある程度やってみた上で仕事についていけないなら、労働環境は変えたほうがいいですよ。ぶっちゃけ会社によって仕事の難易度ってメチャクチャ違います。

というか、私の例ですけど金融機関の仕事から製造メーカーの仕事に転職さいたら仕事メチャクチャ楽でしたからね。それでも、学校を卒業してその製造メーカーで働いている人は

「仕事ってこのくらいの難しさなんだろう」

って思っています。平たく言うと他の仕事をやったことが無いので、他の仕事で倍以上きつい仕事があるってことがわからないんですね。

何が言いたいかと言うと、

「仕事についていけないってレベルの仕事はかなりきついレベルの仕事の可能性が極めて高い」

ってことです。

どのみち、仕事についていけない上にその仕事を長期でやってくなんて、現実的に不可能ですよね?どう考えても職業選択が間違っています。

そりゃあ、仕事しなければ生きてけないので、仕事はしなければいけないですが、何もその仕事にこだわって、仕事についていけないのを何とかしようとずっとやっていくのってかなり人生の効率が悪いですよ。

仕事についていけるようにある程度工夫と努力をしてみて、それでだめなら素直に労働環境は変えたほうがいいです。というか、40代50代でそれはまずいかもしれませんけど

20代30代くらいなら早い方がいいってことになります。私も決して仕事ができる方じゃないですけど、それこそ発達障害とかあってコミュニケーションがろくに取れない人でも

普通に働いてる職場とかありますしね。それで給料も高くはないですけど生活できないほど低くは無いって程度です。よくある、仕事がメッチャきついのに年収300万円のブラック企業とかに比べれば478倍ましな職場ってかなりありますよ。

関連記事:大企業よりも中小のほうが仕事がゆることがけっこうあります

25歳男のうつ病からの転職体験 第二新卒で大手より中小がホワイト企業が多い理由 
僕はブラックな大手企業からホワイトな中小企業に第二新卒の枠を使って転職することができました。25歳の時の転職体験談です。ホワイト企業の特徴と就職活動の方法を転職エージェントのアドバイザーに教えてもらいました。今では特許を持っている伸び盛りの中小企業で働いています。本当に助かりました。

仕事についていけなくてそれなりに工夫するのは大事ですけど、別にその仕事についていけなくてもあなたが悪いわけじゃあないです 仕事なんて生きてくための手段なんでできる仕事をやればいいだけ、それだけの話です シンプルに考えましょう

仕事なんていわゆる

「生きていく手段」

だと思っています。そりゃあ仕事で自己実現とか承認欲求を満たすために「仕事が人生のすべて」みたいな人も結構いまだにいますけど、それもまあ一つの生き方なのでいいですけど、私はめんどくさいので嫌ですね。

何度も言いますけど、仕事をテキトーにいい加減にやるって意味じゃなくて、効率よくサクッとやって帰ればいいと思ってるだけです。

仕事についていけなくなるくらいの仕事量だったり仕事内容が複雑だったりすると、そもそも、それがでこいないってことはその仕事無理ですよ。頑張ってついていくようにしてもそんなの10年20年とやっていけると思いますか?

答えはNOです。

仕事についていけないならその会社で「仕事できないキャラ」になるのも一つの手ですけどね。ただ、仕事できないキャラになると、かなりバカにされつつずっと会社の底辺で生きていくことになるので、強靭な精神力が必要です。それか、生まれつきまったく気にしない楽天家の「超鈍感」な人ならそれでも生きていけます。

仕事についていけないと確定したら

労働環境を変えるか、仕事できないキャラで生きていくかに二択ですね。

うーん労働環境変えたほうが早いと思いますけどね。仕事できないキャラも悪くは無いんですけど、その会社が経営的に余裕がある状況じゃないときついんですよね。

人件費削減とかになってくると、真っ先に遠回しに自主退職とかを勧められるとか、部署をたらいまわしにされて、さらし者にされるとかいう「仕事についていけない人」を

見てきましたからね。たいていそういった部署をたらいまわしにされて結局退職した人ってホント何人も見てきました。

どのみちそうなるんですから、若いうちに労働環境を変えていったほうがいいと思いますけどね。そのあたりは個人の判断になりますけど、仕事についてい行けない状況でいてもどの道、高確率で退職することになります。それが年齢が言ってからだったりすると転職するにしても厳しい状況になってしまうのは簡単にわかりますからね。

転職するにしても一人で求人探したりするのってかなりしんどいですし効率も悪いですし、ブラック企業に捕まるかもしれないので転職ツールを使ったほうがベターですね

転職するにしても一人で求人を探したりするのってけっこうしんどいんですし、かなり効率も悪いです。自分の希望に合った求人を「さがしてもらう」ほうが効率がイイですしね。

それに、一人で転職活動やってるとアドバイスも受けられないので視野せまくなってブラック企業に捕まる可能性もあります。転職ツールは使ったほうがベターなんですね。

転職エージェントは、優れた求人情報を紹介してくれるサービスです。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントが履歴書の書き方から面接の方法までアドバイスをしてくれます。

また、普通の求人誌とかでは絶対に得ることができない、会社の深い情報とかもゲットできます。その会社が残業が多いかとか人間関係がどんな感じか・・・といった一味深い情報を得ることがでるですね。

基本求人を出す会社を審査しているので、ブラック企業率が低いのが転職エージェントの特徴です。

転職する際ほとんどの人が転職未経験なので、手探りで転職活動をするよりもスマートに転職ができます。転職は失敗できない選択の連続なので、転職エージェントを利用するのが最も効率的に転職活動を実践できます。

 

→使いやすい転職エージェントの情報はコチラから