バスガイドから転職する ブラック業種で辛いしきつい仕事の現状と転職方法 

観光バス

バスガイドというと、新卒の女性が比較的なりたい職業に入ってくるんじゃ?というイメージです。

観光地に行ってその解説をしたり、修学旅行生を交流を持ったりして楽しそうな仕事のイメージと感謝されるやりがいのある仕事ですよね。

ただ、現実はかなり厳しいです。入社してわかることですが、バスガイはまず休みがとにかく少ないです。10日に1回とか忙しい時期だと20日に一階とかです。このあたりで「労働基準法違反?」と思いますけどそういう業界のようです。

不規則な出勤で、予定を立てることができず、プレイべートは仕事完全優先になってきます。

また、とにかく地名を覚えたり暗記が多くてかなりの勉強量になってきます。学生時代よりも勉強が当たり前で徹夜で勉強することもあいます。

またバスの運転手や先輩のガイドへの気遣いはかなり大変で、対人ストレスが高いです。旅先の宿では先輩ガイドと同じ部屋になるのは普通で、くつろげ時間がほとんどないので、かなり疲れがたまってきます。

そして何より「給料が安い」ですね。手取りで12~13万円です。もし一人暮らしをして家賃を払っているとなると生活自体も苦しい状況になってきます。

という感じでバスガイトに夢や希望を持ってなってみたけど、現実が厳しすぎてもうダメだよ私・・・・・というふうになるわけです。現実は厳しいものなんですよね。

ここではバスガイドを辞めたいなら転職すべき理由とその方法をご紹介します。

とにかく理想と現実が大きく違うのが「バスガイド」という仕事です

まず、あなたが「バスガイドを辞めたい」と思った時点でももう答えは出ています。間違いなく辞めたいんです。

ただ、色々理由をつけて辞めたいの気持ちをごまかしてイヤイヤ続けているだけなんですね。

そうでなければ上に書いたように、これだけストレスが溜まって休みも少なくて、しかも給料が少ないという仕事を続けている理由がありません。

そもそも、そういう業界をいうのは勤めて嫌というほどわかったでしょう。バスガイドを辞めたい思わない人は、そういう業界の状況を知ったうえで、さらにバスガイトという仕事にやりがいを感じている人です。

「辞めたい」と思った時点でもうすでにやりがいはあまり感じてないでしょう。

ただ、それはあなたが悪いわけではありませんん。仕事って実際にやってみないとわからない面がたくさんあります。

問題はそのまま「辞めたい」という気持ちを引きずりながらバスガイドをやっているということです。

そうしていると、転職する機会を失って、必ず後悔することになります。なぜなら転職は「若ければ若いほど有利」だからです。

特に女性は男性よりもその傾向が高いです。20代のうちの転職なら特に25歳までなら「第二新卒」の枠で中途採用をしている企業がたくさんあります。年齢的にそれほど経験を問われることがありません。

ただ、辞めたいと思いながら仕事をしていると数年なんてあっという間に過ぎてしまいますよ。気づいたらすぐに30歳になってしまいます。まさに光陰矢の如しです。冗談ではありません。

逆に言うと行動できて「第二新卒」の枠を利用できる人は生活や人生の立ち直りが早いです。「決断」と「行動」が遅いと命取りになります。

バスガイドの仕事は自分がやりたくて選んだのですが、やってみてあまりに現実は厳しかった。思っていたのと違ったというのはあなたが我慢強くないというわけでもなく、悪いわけでもなく「いい経験値」になったということです。

そうやって経験を積んでいくことで、だんだんと成長していくわけですし、自分に向いていること向いていいないことがわかっていきます。

自分に向いてないと思っていたことが逆に才能が有ったり・・・というケースも多々あります。

そのためには行動を起こして自分に向いて入りる職業を探すということはとても大事なことです。

もう一度言います。バスガイドを辞めたいといという感情は別に恥ずかしいことでもないですし、普通のことです。

ただ行動できるかどうかでその後の人生は大きく変わってきます。

ただ20代ならバスガイドを辞めても転職はそれほど難しくはないので思い詰める必要はないです

20代ならそれほどバスガイドを辞めても転職はむつかしくありません。

それに転職活動をするにしても前職が「バスガイド」ということになれば職歴としての受けも申し分ないです。

バスガイドはかなり大変な接客業をいうのは面接官は理解しているので、そのあたりはそれだけでアピールになります。

観光業界以外のへの転職でもそれほど気になることはありませんね。普通に「第二新卒」の枠を狙って転職活動をすれば結果はついてきます。

次の転職はしっかりと自分の転職の譲れないポイントを明確にして転職活動しましょう

ただ、バスガイドを辞めたときに「どういう部分が嫌で辞めたのか?」ということを明確にしておかないと

次の転職先で知っぱ死してしまいます。

例えば

「休みが少なった」→「きちんと休みの取れる会社が良い」

「先輩への気遣いがたまらなくストレスになった」→「人間関係がフランクな会社が良い」

「給料が安かった」→「生活に余裕があるだけの給料がもらえる会社が良い」

とまず、転職の際に「譲れない条件」をしっかりと具体的に書き出しておくのがいいですね。

そうすることで、次に自分が転職する仕事・・・会社というのが見えてきます。まず自分の譲れない条件を自分で把握しておきましょう。

そしてさらに大事なのは情報収集をしっかりすることです。求人情報をチェックして、自分の希望に合った会社を見つけることがなにより重要になってきます。

せっかく転職先が決まってもそこがブラック企業だったら目も当てられません。そのあたりの情報は自分一人ではわかりにくいものです。

求人を探すといっても自分で求人誌をチェックしたりハローワークに行ったりするのもかなり手間ですし、なにより求人誌やハロワにはブラック企業がけっこうな確率で紛れ込んでいます。

そういう心配があるので、転職エージェントを利用してエージェントから転職の情報やアドバシスを受けるのがおススメです。

転職エージェントを利用して効率的な転職活動を行おう

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして、希望の求人をピックアップしてくれます。

また、その求人はエージェントが審査しているのでブラック企業はありません。

転職エージェントは、優れた求人情報を紹介してくれるサービスです。

登録から利用までが無料になっています。これは求人を出している企業側が、エージェントに報酬を支払っているので求人するあなたは無料で利用できるのです。

転職エージェントに登録するメリットは履歴書の作成から面接のやり方などプロのエージェントがしっかりアドバイスしてくれます。

あなたと面談して、求めている求人を選ぶ手助けもしてくれるので、一人で手探りで転職活動をするより格段に効率が良くなります。

また、転職エージェントには会社の中の情報もあるので、事前にブラックな会社や残業の多い会社、離職が多い会社を教えてくれます。

一人で転職情報を調べていても、こういった会社内部情報はほとんど入ってこないので、その情報だけでも価値があります。

転職する際ほとんどの人が転職未経験なので、手探りで転職活動をするよりもスマートに転職ができます。転職は失敗できない選択の連続なので、転職エージェントを利用するのが最も効率的に転職活動を実践できます。

優良なの転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.JAIC(ジェイック)

2.若者正社員チャレンジ

3.いい就職.com

 

JAIC(ジェイック)の特徴は「厳しい判断基準によりブラック企業を排除している」という所です。

アドバイザーが第二新卒での就活を経験したことがある人間がほとんどなので、あなたの立場に沿って第二新卒の就職活動をサポートしてくれます。

求人を探すところから面接対策までしっかりとしたサポートをしてくれる転職エージェントです。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

JAIC(ジェイック)では公式ページの説明会エントリーフォームの説明会の場所を選択して、名前、アドレス、TEL番号を入力して登録します。登録は30秒ほどで完了します。あとは選択した説明会会場に行って説明を聞くだけです。

自分の希望の求人を紹介してもらって就活ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、就活に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

「JAIC(ジェイック)」の公式ページを見てみる(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

第二新卒ナビだけだと求人の幅がたりない、担当者と相性があわない・・・と言った場合は若者正社員チャレンジやいい就職.comを選択しましょう。

若者正社員チャレンジもいい就職.comも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

「若者正社員チャレンジ」の公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

「いい就職.com」の公式ページを見てみる

↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!