むかつく上司を無視は意味がない理由 上司がいない環境を作り出すのが先決

転職回数多いけどがんばるぞ

むかつく上司を無視するってのは個人的には賛成ですし、私もなるべくゴミ上司は無視してきました。

しかし、ムカつく上司とはいえ上司は上司なんで、結局、長期的にみると解決にはならないんですね。無視するのはイイんですけど、無視されるような原因はそりゃ上司のほうにあるわけなんですが、そういう上司が無視されれば更にあなたに対してひどい仕打ちをするかの性が高いですからね。

イヤミたらしい言動や、時には暴力的な言葉を発したりします。あなたが無視すれば無視するほど逆上してくるわけなんですね。これが立場が対等ならいいんですけど、相手は上司なので もうあなたの職場環境はさらに最悪になります。そりゃそうですよね、毎日顔合わせる上司の行動がさらにひどくなってきたらあなたのストレスも激増します。

無視するってのは、一見効果的なような気がしますが上司からの関係を切ることができないなら、あなたの状況をさらに悪化させせるんですよね。無視したい気持ちもわかりますし、実際、私も上司を無視したこともありますけど、結果としてさらに上司からの圧力というか、嫌味な行動とかイジメとかがさらにグレードアップされえて帰ってくるわけです。

毎日顔合わせる上司を無視するのは実質無理ですからね。上司なので会社の中では指示を聞かないといけないですから逃げ場はありません。普通の友人関係とかなら無視すればいいことなんですが、会社という組織にいる以上、自分より権限のある人間を無視しても悲しいですけど最終的にはあなたの首を絞めることになります。

無視は一時的な対処方法にしかならないので、できれば根本的な解決方法をしていきたいところです。

上司を追い出すか、自分が異動していなくなるか、転職してその会社から脱出するかですね。その上司との関係は断ち切るしかないんですよね。

関連記事:嫌いな上司を潰す方法

クズでむかつく嫌いな上司を潰すには社内で相談しても無駄です。労働基準監督署に訴えるか弁護士に相談して上司を訴えましょう。懲らしめて精神的に追い詰めて潰すにはそうしたほうがイイです。そこまでするくらいの価値がある行動ならですけどね。そんな会社さっさと見切りをつけて辞めてしまうも効率的な人生を渡ってい行くための方法でもあります。

むかつく上司とかを無視していじめに発展したらパラハラ相談とかで候基準監督署に相談すれば会社に勧告がきてその上司は左遷されます

むかつく上司を無視してると、たいていその上司はさらにあなたに対してイヤミとかを言ってきますし、下手するとパラハラとかをしてきます。そうなってくると 無視しているのがあだになって結局あなた自身の首を絞めるんですよね。そう、その上司との関係を断ち切らないと根本的な解決にはなりません。

もしパラハラとかやられたら、その言動はボイスレコーダーとかで録音しておきましょう。これって基本中の基本です。毎日顔を合わせている上司ならいくらでも録音する 機会はありますしね。上司のショボい言動を録音して、労働基準監督に相談に行きましょう。パラハラとは最近は厳しくなってきたので、労基も相談を対応してくれますしね。

労基に相談してパラハラとかイジメられてるとかを訴えると、労基が会社に是正勧告を出してくれます。

「お前の会社ってパラハラやってるだろ、辞めないと社名公表しちゃうぞ」

簡単に言うとこんな感じの勧告ですね。会社ってのはこういう労基からとかの公的機関からの勧告とかにはめっぽう弱いんですよね。そりゃ会社のイメージが悪くなるのは経営に大きく響きますからね。

そうなると、こういったパワハラやってる上司とかは高確率で左遷されます。私の基居た会社で友人が労働基準監督に相談したらすぐにそのパラハラ上司は左遷になりました笑。

パワハラをされてるのを社内の誰かに相談してもモミ消されることも多いので、社内の人に相談するのは意味がないです。これって会社は利害関係が合って実際お金のために 働いているだけなので、面倒なもめごとは関わりたくないんですよね。だから社内で誰かに相談しても無駄ですし、時間がもったいないだけです。

あと、余談ですけど、自分が異動してその職場からいなくなるってのはむつかしいです。そういう嫌な上司とかはほかの誰も一緒にやりたくないんですよね。

だから、あなたに相手を任せてずっと固定したいみたいなことを考えています。下手すると人事とかもそういう考えがあるかもしれません。だから異動願いとか出しても 無駄なんですよね。ほとんど異動願いってのは受け入れてもらえないです。異動願いだけは出せるけどその希望通りに異動した人てあんまり見たことがありません。

そして、まあそういうむかつく上司がいる会社ってはもうつとめてくもないですからね。 私も上司のパラハラと激務でうつ病になって会社辞めましたからね。仕事が激務なだけならまだいいんですけど、それに人間関係の悪さが加わる本当に精神的に病みます。

そこそこ明るい性格だったんです素が、当時はめっちゃ暗いキャラになってましたよ。ほんと地獄でしたからね。

むかつく上司を無視しても状況が変わることはあんまりないですから、転職したほうが全然いいですし、もっといい会社ってのはけっこうあるもんなんですね。

むかつく上司を無視してもイイとは思うんですけど、あなたの評価をつけるのはその上司なんですよね 会社での評価が下がりますしもうその会社にいる意味がなくなります

もう一度言いますけど、個人的にはむかつく上司なんて無視すりゃいいんですよね。ホントは無視したいです。メッチャ無視したい。

でもまあ、あなたの人事評価をするのはその、ムカつく上司なんですよね。上司も無視した結果、あなたの評価は最悪になります。ぶっちゃけ出世とかかなり厳しくなります。

それに、ボーナスとかもフツーにへりますからね。いくら仕事ができても、評価する人間に嫌われていたらそりゃだめです。会社ってそういう場所なんですよね。

だから、無視するのは行動に出すよりも、上述みたいにむかつく上司があなたの視界からいなくなるような状況を作り出したほうが一番楽です。

労基にそうだんするとか、転職するとかむかつく上司と関わり合いになるのを根本的に遮断する方が全くもって効率的です。

どうしてこういう発想にならないかっていうと、なんか会社に対して変に思い入れが有ったり、会社を辞めるのは悪いことだとか言う思い込みがあったりするわけですね。

いわゆる社畜洗脳にやられているわけです。

人間関係って自分その状況から逃げることしか解決することはできないです。むかつく上司が改心する可能性はゼロですし、そういう上司媚びることもできないでしょ?

それができるんだったら、どんな場所でも媚びることができてものすごく出世できますからね。そいう人生もアリと言えばありですけで私はめんどくさいんで

さっさとそのめんどくさい、むかつく上司のいない場所をつくりあげます。そのほうが効率もイイですし、時間も無駄にならないからです。

私だったらもうむかつく上司と何年も一緒にやるということになったらもう転職しますけどね。20代とかだったら間違いなくその場所からはいなくなります。

私の過去の経験ですけど、むかつく上司を無視するとさらに怒涛の攻撃をしてくるんですよね 会社組織って怖いです

むかつく上司ってのは、そもそも人間的に1ミリも尊敬と言うか接するのが嫌だから無視するってことでしょうけど、そんな人間性の低い上司と無視すればそりゃあ、報復してきますからね。

私も地銀時代、めんどくさいパラハラ上司を無視したら、さらにものすごいパラハラというか嫌がらせを受けましたからね。なんか家に帰ってきてからも会社から電話してきたりマジで最悪でした。着信拒否にしてれば次の日なんで電話に出ないんだとか意味不明なこと言いますし、電話に出たら出たで要件はどうでもいい、次の日でもどうにでもなるような内容なんですよね。

そんなことが続いてるとだんだんと精神的に疲弊してきます。だから上司無視したところで、その上司がいる限りダメなんですよ。根本的な解決にはまったくなりません。

私の場合は、結局うつ病になって会社を休職して、そのまま会社辞めてしまいましたからね。今考えるともっと早く会社を去れば良かったと思いますし、無視したところでさらにゴミ上司からの攻撃は大きくなるってのも薄々分かってたんですね。

だって、毎日顔わすのに無視したところで上司ですから指示は聞かなきゃいけません。物理的に無視はできないですからね。だからそんなことをやっているよりも、上述のようにさっさと労働基準監督署に相談するか、その会社を去ったほうが身のためです。

私の場合はその上司のこともあって、その会社が心底嫌になっていたので辞めましたけどね。人に酔ってっ状況は違うので行動方法もっ若干変わって来ますが、その上司がいなくなる環境を作るってのは共通の方法になってきますからね。

ただ、転職するにしてもブラック企業をに捕まらないようにするのが大事です 落ち着いて転職活動をしていきましょう

むかつく上司がいたら無視するってのはちょっと厳しい選択肢になるので、やっぱり転職するってのも手ですね。私のようにうつ病になるまでそんなゴミ上司に付き合う必要はありませんからね。

ただ、転職活動をするにしても転職活動のツールで何と使うか?っていうと転職エージェント一択ですからね。やっぱり転職してブラック企業に捕まるってのは一番避けたいところです。そこをうまくできるのが転職エージェントなわけなんですよね。

転職エージェントでは、厳しい基準で掲載企業を審査しているのでブラック企業はほとんどありません。また転職のプロであるエージェントが転職活動について的確にアドバイスしてくれます。

転職って難しいと思われがちですし、実際やったことが無いと最初は何からやっていいのかわかりません。

しかし、転職は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらったりして履歴書を作って面接対策をすれば普通に内定は取れます。準備と対策をすれば内定は取れるもんなんですね。

優良な求人を紹介してもらって自分の目で見てみ見るのがイイですね。ブラック企業じゃない求人があるってことがわかりますし、なによりこれからやっていく仕事を選ぶうえでの判断材料になりますからね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.パソナキャリア

2.JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)

3.リクルートエージェント

 

パソナキャリアは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は「無料・転職サポートに登録」をクリックしてメールアドレス・名前・生年月日・電話番号と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

パソナキャリア (←公式サイトに移動します)

 

 

 

パソナキャリアが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はJAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)かリクルートエージェントを選択しましょう。

JAC Recruitmentもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともパソナキャリアに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

JAC Recruitmentはハイクラス企業の求人が多くリクルートエージェントは幅広い求人が多くのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

JAC Recruitment(公式)

 

リクルートエージェント (公式)

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
error: Content is protected !!