仕事で疲れているのに眠れないのは「うつ病」確定 激務から脱出すべき理由

うつ病イメージ

ブラック企業で仕事がきつくて、もうストレスがたまりまくり。

明日も会社に行って、上司に怒られるし仕事も終わらないしもう会社にいきたくない。人生において不安しかない。

こういう会社に対する不安があったり、会社に行きたくない、人生自体にこんな仕事で不安しかないといった状況だと毎日神経をすり減らして生きていくことになります。

それがだんだん蓄積されてくると、ストレスの「風船」が膨らんでくるんですよね。風船は膨らみますけど、無限に膨らむわけじゃありません。

いつか限界がきて爆ぜてしまいます。

その風船が爆ぜるちょっと前くらいになると、「仕事で疲れているのに目が冴えて眠れない」と言う症状が出てきます。

わかりやすいですけど「うつ病」の症状です。個人差もありますけど、ほぼ間違いなくうつ病の症状です。

疲れているのに、不安があったり神経が高ぶって眠れないっていうのはもう相当うつ病が進んでいる証拠なんですね。

仕事で疲れているのに眠れないっていうのを、なんか安眠効果を高めれば眠れるよ見たいな記事が多すぎてちょっとドン引きしています。

いや・・・・私も地銀時代にうつ病になりましたけど、実際にうつ病になるとなんかホットミルクとかやさしい音楽とか聞いても全く眠れなかったですよ。ホントちまたで言われている安眠効果のあることなんて、うつ病になった時に「眠れない」って症状は眠れない原因を絶たなければ改善しません。

ちなみに私は地銀を辞めて激務のストレスが無くなってきたら毎日ぐっすり眠れています。辞めた瞬間から眠れるようになりました。そう現任を絶たないと眠れるようにはなりません。経験上これは絶対です。

関連記事:うつ病なる前に本来なら仕事から逃げるべきなんですね

仕事から逃げるってのはマイナスのイメージがありますけど、これって本能的に危険回避能力が働いているんですよね。こういった逃げたいと思うならすでにもうその職場は労働環境としては最悪だというのが解かり切っています。行動しないと未来は無いですよ。

よく巷の記事では、仕事のストレスで寝れない時はリラックスるするとかカフェイン減らすと書いてありますけど効果ないですガチで

ストレスで寝れないって「うつ病」ですからね 自分状況をはちゃんと把握してください

よくある記事では、仕事で神経が高ぶって眠れない・・・って時には、コーヒー飲むのを辞めたり、リラックスする音楽を聴いたり寝る前にホットミルク飲んだりすればよく眠れるよ見たいな記事がいっぱいです。

正直バカなんじゃねえの?って思います。

ブラック企業に勤めてる人って、常に寝不足で仕事で奴隷のようにこき使われて、体力的にも限界くらいで働いています。

人間でそれだけ疲れていれば、神経が高ぶっていようと多少の騒音とかあっても眠れるもんなんですよ。

寝ないと命が危ないくらいですからね。特に毎日ブラック企業で死ぬ直前まで働いているわけですからね。

それくらい疲れていれば寝床に入れば一瞬で眠ることができるはずです。それが普通なんですよね。

そんな疲れ切った状態で「眠れない」っていうのはすでに「うつ病」が進行している証拠です。

抱えているストレスとか不安とかが大きすぎて、体の疲れを超えている状態なんですよね。

そのまま、その状態を続けていると、睡眠不足も加速して仕事も集中力が切れてきてミスも多くなり更に悪循環になります。

疲れていても眠れないってのを軽く考えてる人が多すぎますね。だって

疲れているのに眠れないってことは、普通に命のかかわりますからね。眠れないですよ?しかも疲れ切っていても眠れないってのは、即命に係わる状況です。うつ病で神経が高ぶってもう眠れないって状況なので、それが続くと普通に体が動かなくなります。リアルな経験だと朝、布団から起き上がろうとすると本当に鉛のように体が重くてまったく起き上がれないくらい重くなります。

そりゃそうですよね。普通に考えても限界に近い状況なのに、そのうえろくに眠れないわけですから、体が当然そうなります。とにかく仕事から離れて休むしかないわけです。

こういった状況を「風前が爆ぜてしまう」とよく言われますよね。

そして、最後に待っているのは「風前が爆ぜてしまう」ということです。うつ病で風船が爆ぜるとどうなるのでしょうか?

関連記事:体が動かなくなる前に心療内科に行って診断書をもらって休職したほうがイイ本当にね

うつ病で心療内科に行ったら診断書をくれなかった。もらえないってことは普通にまずありません。その場合はさっさと病院を変えて、うつ病の症状を伝えて、ストレートに診断書を出してくれと言えば普通にもらえます。私は2回診断書をもらってるので、その実体験からその方法をまとめてあります。

疲れているのに眠れないっていうのはもう、相当うつ病がすすんでいます 風前が爆ぜたらどうなるのか?

疲れ切っているのに眠れない状態なんて、ホットミルク飲んだり、コーヒー飲むのを控えたり、リラックスる音楽かけたりとかそんなので眠れるのと問題が違うんですよね。

病気なんですうよ。疲れ切っていて眠れないなんておかしいっていうことに、なんで気づかないんですかね?かなり深刻な状況になっているのに見て見ぬふりをしている人が多すぎます。

疲れているのに眠れないっていうのは、うつ病で風前がはぜる直前くらいの症状です。

そしてその「風前」が爆ぜると、朝起きてみると体が全く動かないくらいに重くなっています。

布団から這い上がるのも精一杯で、歩くのも一歩一歩進むくらいです。階段などはもう這っていかないと昇れないくらい体が重くなっています。

そして、考える力がほとんどなくなって、頭が空洞になったような感じになります。いきなり脳が幼稚園児にもどったような感覚です。

そんな状況なので、とても仕事などできませんし、日常生活もきつい状況です。

こうなってからだと、病院に通うこともむつかしいんですよね。付き添いの人がいないと病院にも行けません。

そして、抗うつ剤を飲むと少し体が軽くなります。ただ、薬で強引に体を動くようにしているだけなので、心の中はまったく物事に「やる気」が起きません。自分の好きな趣味とかそういったものもヤル気が無くなるんですよね。

だんだんと回復はしてきますが、早くても仕事ができるようになるには半年から1年くらいはかかります。

そして、仕事はいやいやでも生きてくためにやるんでけど、趣味とかそういった自分の好きなことにやる気が戻ってくるには

2~3年くらいはかかります。これは私の実体験でもありますし、うつ病を経験した人から聞いた話でたいたいこのくらいの期間は回復にかかるということです。

こういったことを防ぐためには、仕事で疲れているのに眠れないという時点で、心療内科に行って診断書もらって休職してしまうのがベターです。

どんなブラック企業でも医師からの診断書で休職が必要ということが書かれてあればそれに従うしかありません。

会社というのは、こういった公的な書類にめっぽう弱いのでそこは利用すべきです。

休職しても傷病手当金が出るので、生活自体にはそれほど困ることもないでしょう。詳しくはいかに記事を参照にしてください。

関連記事:診断書もらってすぐに休職してください

仕事がきつくて、精神的にきつかったら心療内科に行って診断書をもらってきましょう。そうすれば簡単に会社を休職することが出います。会社ってこういった公的な機関が出した「書類」にはめっぽう弱いです。傷病手当金ももらえるので、休職しながら転職活動をするのが一番頭のイイ行動方法です。

診断書もらって休職している間に転職活動をするのも手です 疲れていても眠れない症状を軽視しないでください

「仕事で疲れ切っているのに眠れない」と言う症状を軽く見ないで下さいね。経験上ですけど、そうなったときには相当うつ病の症状が進んでいます。

仕事がきつすぎて、麻痺しているんですけど、うつ病って「まだ大丈夫だ」みたい思っているとすぐにやってきます。

もう一度言いいますけど、疲れていても眠れないっていうのは、個人差はありますけどうつ病の症状です。

だから、自分の身は時分で守りましょう。体がいきなり動かなくなっても誰も助けてくれませんからね。

そうなる前に、心療内科で診断書もらって休職したほうがイイですよ。その間に転職活動もできますしね。

無理にブラック企業にいる必要はないんですよ。すぐに就職先が決まらなくても死ぬわけじゃあありませんしね。

ちなみに、うつ病になると自殺者する人も多いです。脅してるわけじゃないですけど事実なので、あえて書いておきます。

うつ病で体が動かなくなって、抗うつ剤を飲むと身体だけは多少動けるようになります。

ただ、心の中は回復していないので、体が動くようになると、衝動的に高いところから飛び降りたくなるんですよね。

これはうつ病でメジャーな症状です。私も正直こういった衝動はありましたけど、さすがに小心者なので飛び降りることは

できなかったですね。でも実際、電通の新入社員の女性とかは飛び降りていますし、死ねるんですよ、うつ病って。

だから仕事で疲れているのに眠れないという症状があったら、もうその会社には見切りをつけたほうが無難です。

そこまでして働きたくはないでしょうしね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.パソナキャリア

2.CONNECT(コネクト)

3.リクルートエージェント

 

パソナキャリアは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は「無料・転職サポートに登録」をクリックしてメールアドレス・名前・生年月日・電話番号と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

パソナキャリア (←公式サイトに移動します)

 

 

 

パソナキャリアが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はCONNECT(コネクト)かリクルートエージェントを選択しましょう。

CONNECTもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともパソナキャリアに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

CONNECTは企業のキーマンに直接会えるというシステムで転職活動を効率化できます。また多くリクルートエージェントは幅広い求人が多くのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

CONNECT(コネクト)(公式)

 

リクルートエージェント (公式)

疲れているのに眠れないっていうのを経験した人ならわかりますけど、これって本当に毎日が地獄です。

しかも、それがうつ病の症状だってことに気づかない人が多いんですよね。それどころか、そういうのは「甘え」とか「ただ体調が悪いだけ」みたい無責任なことをを言う人が多すぎます。

疲れているのに眠れない状況を放置するとヘタすると死にますからね。表ざたになってないだけで自殺している人とかかなり多いはずです。

いや、なんで自分の体調とか命とかを軽視してまでなんかどうでもいいブラックな仕事をやるのかってちょっと怖い状況ですよね。

これってまさに社畜洗脳が完全にキマッていて、なんかドラッグ中毒みたいなのと同じですよ。

うつ病にっても、社畜洗脳がキマッて中毒になっていても改善方法は仕事から離れるしかないんですよね。

別に仕事から「一生はなれる」わけじゃなくて 一時的でいいわけです。しかし社畜洗脳されていると仕事から離れるとかいう「思考」は全く思い浮かばないのが危険すぎですね。

仕事しすぎて体壊すなんてナンセンスすぎますからね。一度自分の仕事のスタンスを見直したほうが無難ですよ。仕事で体を壊すのは最高にかっこ悪いですからね。

仕事で体を壊すことが「かっこいい」とか思ってる時点でもう社畜洗脳に犯されていて終わっています。

関連記事:社畜洗脳がきついと「会社辞めたら終わり」とか考えてしまいます

会社を辞めたら人生終わり、負けとか短絡的な情報がいっぱいすね。そんなので終わったらとても生きてけないでしょ。仕事なんて労働環境があまりい悪かった自分で変えていかないと状況はもっと悪化していきますからね。逃げるとか責任とかそういうきれいごと言ってる人はもうダメでしょうね。
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
error: Content is protected !!