ブラック企業から退職できないときの行動 社畜洗脳を解いて脱出する方法

現代社会

ブラック企業を退職したいけど退職でないって人たまにいますよね。あなたもそうですか?

っていうかやっぱりパラハラ上司とに退職を告げると、露骨に引き止めいにあったり、監禁されたりとかされるんじゃ?とか思って切り出せないとかありますよね。

こういったことってただブラック企業に洗脳されてるだけなんて、最悪、書類だけ送って辞めちゃえ売事もできます。

そもそも、会社って法律的に辞めたいときに辞めることができるようになっています。そもそも民法627条では退職したいと言ってから2週間で辞めれるし 労働基準法では辞めると言ってから1か月会社を辞めることが法律で決まっています。

あと、当然なんですけど、会社側が労働者が会社辞めたいとか言ってるのに強制的に引き止めてヒ素後やらせたりしたら犯罪です。これも労働基準法第5条に明記されています。 会社辞めるとか言って引き止めとかあったらこういった法律違反ですよとクールに対応するのがベターです。

参照 民法627条 ウィキブックスより

参照 自己都合退職 ウィキペディアより

参照 会社側は労働者に暴行、脅迫、監禁などで労働を強制してはいけない 労働基準法第5条

とまあ、いろいろ書いてありますけど、退職したいと言ったら会社側は何もする権利はないってことですね。

よく会社の就業規則とかで「退職2か月前には退職の意志を報告しないといけない」みたいな記載があるケースが多いですけどあくまで就業規則で、労働者が会社を辞めたいと言ったら引き止める権利はないわけです。

まあ、現実的には就業規則通りに退職1ヶ月とか2か月とかに退職の意志を伝えて辞めるのがいいわけですけど、ブラック企業なんか常識通用しませんし、ぶっちゃけ最悪 バックレるしかない状況もあるわけです。

そういう時には、最悪でも「退職届」を郵送して退職してしまえばいいわけです。退職する日付を2週間後以降にして内容証明郵便で郵送してしまえばいいです。

退職届を出したらもう、会社に行く必要もないです。体調不良とかで休みましょう。それでOKです。

退職のあとで失業給付をハローワークでもらったりする場合に離職票とかが必要になりますけど、会社が送ってこない場合は労働基準監督署に行って督促してもらうこともできます。

ぶっちゃけもう会社に電話とか入れたくないですからね。労働基準監督署とかから督促してもらった方が楽です。会社って労働基準監督署からの督促とかには簡単の応じますからね。ブラック企業ってそもそもサービス残業とか強制してるので、労基とかからの督促にはめっぽう弱いです。

詳しくは「ブラック企業をバックレる方法」のき字を参照してください。

ブラック企業を退職したいけど、強引な引き止めや理不尽な仕事強要、辞めたら殺すぞ的な違法な教養とかするキチガイなブラック企業もあります。普通に退職するのがイイにきまってますが、それができない会社ならバックレるしかないということもあらいます。会社をバックレるときに知っておいたほうがイイことをご紹介しています。

だから結論言うとブラック企業なんてすぐに退職したほうがイイです。ダラダラと仕事してると本当にいいようにこき使われて、そのうち過労で倒れたりうつ病になるので、 人生思い切り傾きますからね。まずはブラック企業は普通に退職できるってこを理解してないとそのまま永遠に地獄を歩き続けることになるので、ちゃんと

「退職するのが怖い」

とかそいういう恐怖洗脳とかをされてないで認識を変えていってくださいね。

ブラック企業を退職できないってのは、自分が命にかかわる病気になっているのにその治療をしないのと一緒ですからね

まず、ブラック企業を退職できないってことがどういうことを引き起こすか?ってのを考えたほうがイイです。

ブラック企業を退職ししないで、そのまま我慢しながら勤め続けるっていうのは

「命に係わる病気に犯されているのに、治療を放棄している」

ってことと同じです。これってなんでかっていうと、ブラック企業に居続けると精神的・肉体的にもドンドンげずららて行きます。そして大体2~3年以上務めてると、過労で倒れたりうつ病になっていきます。このサイトで死ぬほどアピールしてることなので、目にした人もいると思いますけど、実際過労で倒れたりすると脳梗塞とか心筋梗塞とかで倒れるケースが多くて、そのまま無くなったり体に後遺症が残ったりします。

こも厳しい状況れって、なんでかっていうと仕事でメチャクチャストレスがたまって、それを解消するためみ酒、たばこ、暴飲暴食するケースがホント多いです。しかもブラック企業に勤めていると運動する暇とかも無いので、健康的いには最悪の状況になります。こういうひとを死ぬほど見てきましたからね。

そしてたいてい心筋梗塞か脳梗塞で倒れます。こうなると、後遺症とかが残る場合も多くてそうなると仕事どころか日常生活も厳しい状況になります。

あと、ブラック企業につとめてると、当たり前ですけど、うつ病になりますからね。たいていブラック企業に勤めてる人は程度の差はあれうつ病になってるんですよ。気付いてないだけです。

ただ、うつ病って自覚症状が出てきたときにはかなり重症になっているわけです。すい臓がんとか胃がんとかが自覚症状が出てきたときにはステージ4くらいになってる

ってのと似ています。

「疲れてるけど夜眠れない」

「会社に行くとき頭痛や腹痛が起こる」

「たまに死にたいと思う」

「高いところに昇ると飛び降りたいと思うことがある」

っていう感じになると、うつ病がかなり進行しています。この状況でさらに仕事を続けると、体がうごかなくなるくらいの重度のうつ病になって、それこそ社会復帰が苦しくなってきます。

ブラック企業に勤めてるとこういった身体的にダメージを受けることが多いわけです。そうなってくると本当にダメなんですよね。人生が傾きます。そういうリスクを会社の仕事で受けるってのは私としては本当にナンセンスだと思いますよ。

仕事っていうのは、自分ん人生を豊かにしたり安定させるためのもんですし、極論言えばお金を稼ぐためのツールです。

そのツールを使いこなすのに自分の身体を壊すとか、なんかホント毎日嫌な思いをして本当に死にたいとか思うのってバカげていますしね。

そりゃ、仕事って楽な仕事って少ないですし、お金稼ぐのも大変ですけけっこう。でも、ブラック企業で働かなくてもそれ以外の職場は正直いくらでもありますからね。

難しく考えすぎなんですよ。

たとえば

「この会社を辞めたらもう行く会社が無い」

とか思ってる人とかって、じゃあブラック企業以外は行く場所ないのか?感じですよね。ブラック企業で働き続けるリスクよりも転職するリスクのほうが全然低いんですけどね。リスクを考えればブラック企業に勤め続けるのは極大の人生リスクがあるってことに気づいてほしいです。体を壊したけらでは遅いですからね。

まず、ブラック企業にいるときは自分が洗脳されていることを強く疑ってください 人間て強く言われたり恐怖を覚えると仕事をしてればいいや・・・とかそういう思考になります
恐怖から逃れるためにキツイ仕事をやるっていう洗脳ですね

あと、ブラック企業で働いていると高確率で洗脳されています。社畜洗脳ってやつですね。

社畜洗脳にも種類があって

「上司なんかに毎日どなられて自分はダメな人間でこの会社じゃなければやっていけないと思い込んでる洗脳」

「精神的に追い詰められて、仕事をしてりいる俺ってかっこいい、残業とかいくらでもやるからなーとかいう仕事キチガイになってしまう洗脳」

の二種類あります。ブラック企業だとたいていこのどっちかの洗脳におちいるので、ズルズルと勤め続けてしまうんですね。

ブラック企業とかで毎日上司とかになんか罵声あびてパワハラ受けいると、だんだんと「俺ってダメな奴なんじゃないか‥‥」とか洗脳されてきます。こうなったら

ブラック企業の思うつぼなんですね。俺って駄目だと思い始めると、その次には「この会社以外に行くところなんてないんだ・・・・」とか勝手に妄想してしまいます。

こうなってくると、もう「この会社からは逃げ出せない」と思ってる奴隷の出来上がりなんですよね。こういう感じでブラック企業の奴隷が出来上がっていきます。

また、ブラック企業で毎日激務で長時間労働を強いられると、だんだんと限界が近くなってきます。そうすると人間のいる状況から目をそらして、勝手に妄想を

考えるようになります。たとえば

「俺は仕事をするのが好きなんだ、いくらでも残業とかやっちゃうぞイエーイ」

とか自分で自分のキャラとかを捻じ曲げて無理矢理仕事が大好きなキャラとかをつくりあげてしまいます。これもよくある社畜洗脳の末期の症状ですね。

こういう風になると

「おれ残業300時間とかやったぜすごいだろ」

「おれは病気になっても会社を休むことはない」

とかいう風になってきます。こうやって自分の状況を正当化しようとして、頭おかしくなってしまうんですよね。これもブラック企業の思うつぼですね。

こういうタイプの社畜洗脳ってブラック企業で中途半端に出世した上司とかがなりやすいです。そして自分の価値観を部下に押し付けてパラハラします。こういうパラハラ上司は

ブラック企業にとっては理想の上司像ですからね。

とまあ、こうやって洗脳されてくるわけなんですけどこうやって見てみると「最悪」ですよね。この洗脳になんか心当たりがある人はこの時点でなんとか洗脳を解いたほうがイイですよ。

まあ、そのままブラック企業に勤めたいならずっといればいいですけど、そうなれば最悪は死につながるので気を付けたほうがいいと思います。

関連記事:社畜洗脳されてるとろくなことが無いですよ

会社を辞めたら人生終わり、負けとか短絡的な情報がいっぱいすね。そんなので終わったらとても生きてけないでしょ。仕事なんて労働環境があまりい悪かった自分で変えていかないと状況はもっと悪化していきますからね。逃げるとか責任とかそういうきれいごと言ってる人はもうダメでしょうね。

あと会社を辞めるのが逃げるとか、人生終了とかそんな青臭い子を考えてる場合じゃないですよ ブラック企業にいること自体が人生終了ですからね

「会社を辞めるのは逃げ」

「会社を辞めるのは人生終了」

とか言いますけど、

「ブラック企業に勤めてるのが人世終了」

ですからね。ブラック企業に勤めてるなら私ならニートでいいですよマジで。でもまあ現実にはニートなんでできないというか、それはそれで人生終了になりますからやっぱり働くわけですけどね。

会社を辞めるのは逃げとか会社を辞めるのは人生終了ってのは単純に「普通の会社を辞めるのは逃げ」「普通の会社を辞めるのは人生終了」ってことです。ブラック企業は当てはありません。

そのあたりを勘違いしてる人がけっこう多いんですよね。というか新卒でブラック企業とかにはいってしまうと、退職とかを考えずに働いてしまうケースもあります。 そして働き盛りの25~35歳くらいの間に体壊してブラック企業を退職するみたいなケースが一番多く見てましたね。

結論言うと遅かれ早かれブラック企業なんて定年まで勤められるわけなないんですから、早めに退職して労働環境変えたほうがいいんですよ。そうしないと本当にガチでまずくなります。

冒頭で書いたように最悪ブラック企業はバックレればいいですからね。なとかなります。

そして、転職活動のツールで何と使うか?っていうと転職エージェント一択ですからね。やっぱり転職してブラック企業に捕まるってのは一番避けたいところです。そこをうまくできるのが転職エージェントなわけなんですよね。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動について的確なアドバイスをしてくれます。 転職って難しいってイメージもありますし、初めての場合は何からやっていいのかわからないってのもあります。

しかし転職は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらったりして履歴書を作って面接対策をすれば普通に内定は取れます。準備と対策をすれば内定は取れるんですね。

優良な求人を紹介してもらって自分の目で見てみるのがイイですね。ブラック企業じゃない求人があるっていう確認もできますし、なによりこれからやっていく仕事を選ぶうえでの判断材料になりますからね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.パソナキャリア

2.JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)

3.リクルートエージェント

 

パソナキャリアは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は「無料・転職サポートに登録」をクリックしてメールアドレス・名前・生年月日・電話番号と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

パソナキャリア (←公式サイトに移動します)

 

 

 

パソナキャリアが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はJAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)かリクルートエージェントを選択しましょう。

JAC Recruitmentもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともパソナキャリアに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

JAC Recruitmentはハイクラス企業の求人が多くリクルートエージェントは幅広い求人が多くのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

JAC Recruitment(公式)

 

リクルートエージェント (公式)

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
error: Content is protected !!