ホワイト保育園に入りたい 激務で人間関係最悪のブラック保育園脱出方法

保育園の多くが仕事が超絶ブラックというのは最近は当たり前の情報になってきていますよね。なので、そういう現実を知りながらも保育士になっている人がほとんどです。

というう人は「子供が好き」「子供の成長を見届ける仕事がしたい」といった志の高い人がそういう労働環境が悪いとわかっていても保育士になっているわけです。 なので基本保育士は根性もありますし、多少の忙しい仕事なら普通に耐えられる人が多いです。そんな状況で本当に耐えられないような労働環境になっている保育園は、ぶっちゃけていうとゴミみたいなブラック保育園と言えます。

経営者がゴミで利益しか考えないあまり、法律を違反した子供の数を保育士に担当させたり、経費削減で保育士を補充しなかったりとそんなことは日常茶飯事です。現状こういうゴミ経営者がいるもの現実です。 そいうう保育園はどうなると思います?

サービス残業も当たり前で、保育士の人数も足りないので仕事も山積み、休憩時間も取れないで働いて当然仕事も家に持ち替えったりします。同僚の保育士が耐えられなくて辞めてしまい、そのあとの保育士の補充もなかなかないので、仕事は増える一方。

挙句の果てに仕事が激務なために、職場の同僚もイライラして人間関係も悪化していきます。

「こんな仕事できないの?」「もっとはやくできないの?」みたいな言葉が日常で使われるようになり、もう精神的身もダメージが蓄積していきます。ひどい時には「うつ病」で退職を余儀なくされることもあります。

こんなブラック保育園だと長く務める意味もありません。つぶれたほうがマシです。でも、ついつい保育士はこういうところに勤め続けてしまう習性もあるんですよね。それはなぜなのでしょうか?

保育士は「子供のことが好き」という責任感の強いタイプが多い なので労働環境がおかしいのに気づきにくい

もともと保育士は「子供ことが好き」「子供と接する仕事がしたい」という高い志をもって保育士の仕事をしています。

そのため、保育園の労働環境が劣悪でも「これが普通だ」「これが当たり前で子どもを相手にする仕事はきついものなんだ」

と自分で思い込んでしまうケースが多いです。あるいみ志が高くてずばらしいことなのですが、こういった気持ちをたくみにブラック保育園のゴミ経営者は利用するんですよね。

一般企業でもブラック企業がよく使う手なのですが、「やる気のある人の労働力を巧みに使う戦法」と私は読んでいます。

こういう人はあまり疑問を持たずに仕事をやり続けます。しかもいくら低賃金でも仕事をやってしまうので、自分の労働力がうまくゴミ経営者に搾取されているというのに気づかないんですよね。

その傾向は保育園では特に高いです。そのため保育園ではサービス残業がまかり通ったり、持ち帰り仕事が普通だったりするんですよね。

ハッキリ言います、「全然普通じゃありません。その労働環境おかしいです。キチガイですよそれじゃあ」と言いたいくらいです。

まず、気づいてください。自分の勤めている保育園の労働環境が異常でブラック保育園だということに。もちろん保育園の仕事はユルい仕事ではありませんが、普通に残業が付いたり、持ち帰り仕事が無い保育園もあります。

保育士の仕事自体は全体的には「激務で薄給」です。これが現実ですし、今時では情報が豊富なので、こういった保育士の仕事がきっつくて給料が安いってのは高校生で模試ッていますからね。あたなもそれを覚悟で保育士になったんでしょう。

それでもやっぱりあまりにブラックな労働環境だとさすがに人間が壊れてしまいます。だから少しでもマシな「ホワイトな保育園」に入るのがいいんですよね。

保育士の唯一のメリットと言っていいのが、転職しやすいってことです。保育士の資格持ってますからね。それで保育士の実務経験があればたいていの転職は楽です。だからサクッと労働環境を移っていくのは普通の行動ですからね。それができない人は一生ブラックな労働環境で血反吐を吐きながら低賃金で働いていくことになります。

関連記事:保育士が持ち帰り仕事をやりたくないなら労働環境を変えるべき

保育士で持ち帰り仕事が多くて辞めたい 激務な環境からの脱出方法
保育士の仕事は激務で人間関係も女性ばかりの職場のためか複雑です。持ち帰り仕事もたくさんあって保護者からのクレームも多いわけですから、痩躯両道環境では挫折するのも無理はありません。自分の保育園の労働環境がおかしいと思ったら一度自分の状況を見てみる必要があります。わたしだったら別の業界に来ますけどね。保育士って激務薄給ですからね。

「子供が好き」なのに労働環境の悪さのせいで子供が嫌いになりかけていたら環境を変えるべきです

もし、あなたが「子供が好き」という理由で保育士になったのに、仕事がきつすぎて「子供が好きという感情が今はほとんどない」 みたいな状態だったら、すぐにでも労働環境を変えるべきです。そのまま勤めていても、精神的に病んでしまう可能性がかなり高いからです。

精神的にきつくなってくると、仕事の意欲も低下してきて自分の生活も厳しくなってきますし、子供に対しても丁寧な対応が出来くなってきて自己嫌悪になりがちです。いわゆる負のスパイラルになってきてしまいます。

最後は「どうしてこうなっちゃったの?」と思うようになり結局は保育園をやめてしまうケースが後を絶ちません。 そうなる前の傷が浅いうちに、今の労働環境から脱却する行動をするべきなのです。

保育士になるっていう人は、「子供が好き」っていうのが本音ですからね。そういった動機が無ければあえて保育士見たいな激務で給料が安い業界なんて入りませんからね。個人的には保育士の仕事はやりたくないですけど、子供が好きっていうはら気持ちもなんとなくわかります。

でもまあ度を超えたブラックな環境はきついので、せめて保育園の中でもホワイト保育園に移ったほうがいいですよ。そうしいないと人生がそのまま奈落の底に落ちる可能がありますからね。

環境を変えるには効率的な転園の活動が必須になってきます

ゴミ経営者がブラック保育園の経営状態を良くすることはあり得ません。国からの直接の指導などがぎり変わらないでしょう。 私が勤めている業界でもそういうことは一度も見たことがありません。国はコチラが訴えてりしない限り動かないですからね。

そのため、労働環境があまりにひどいことに「これはおかしな・・・」と気づいてしまったら「保育園の転園」する行動が大事になってきます。 転園の活動を一人でするとなると、求人情報を集めたり面接の対策をしたりと、それを仕事をしながらするのはとてもむつかしいです。

保育士の転職支援サービスを利用するることで、まったくわからない状態から転園できるまでをサポートしてもらえるので、キチンとしたサービスを利用して効率的な転職活動をするのがポイントになってきます。

ただ、保育士の仕事をしながら一人で他の保育園の求人情報を集めたたり、履歴書を書いたり面接対策をするのはかなり大変です。

転職支援サービスを利用するメリットは、求人誌に載ってない保育園の求人案件をたくさん紹介してもらえるということです。

いわゆる「非公開求人」です。こういう非公開求人は転職支援サービスがしっかりと保育園をチェックしてるので、ブラックな労働環境の求人はほとんどありません。

登録から利用まではすべて無料になっています。これは求人を希望している保育園が転職支援サービスに報酬を支払っているためで、あなたは無料で利用することができるのです。

保育士専門の転職支援サービスは、丁寧なヒアリングをして、あなたの適性を見て求人を選び保育園の雰囲気などの情報も教えてくれるケースもあります。

そういう普通の求人誌では得ることのできない情報などもあり、一人で転職活動をするより格段のメリットを受けることができるのです。

そのため、保育士の求人情報を自分の力だけで探すより、効率よく時間を使って転職活動を進めることができます。

保育士は求人の量は安定しているので、あなたに合った保育園の求人を転職支援サービスを利用することで、かなり早く見つけやすくなります。転職支援サービスを使用して効率の良い転職活動を行いましょう。

 

→使いやすい保育士の転職支援サービスの情報はコチラから

保育園でもやっぱりホワイト保育園からブラック保育園があって労働環境に差があるのはしょうがないことなんですよね。

できればホワイト保育園に入ってなるべく仕事が激務でない状況を作っていきたいものです。

でも保育士って「子供が好き」って理由でやる人が多いですけど、どうですか?子供が好きってだけでこれだけ激務の仕事を続けるってのは相当な覚悟がいりますよね。

わたしだったらとてもできません。というか、同じ労働力でも短時間でもっといい給料がもらえる仕事って世の中には正直いくらでもありすからね。

たとえば製造メーカーとか普通に現場の仕事から事務職まであって、けっこう定時で帰れますし、有休もとれるしなにより給料もそこそこもらえます。

私は保育士の仕事じゃないと絶対嫌だってならしょうがないですけど、普通に考えると保育士の仕事は選びません。もう一度言いますけど、保育士の仕事は介護や販売の仕事と同じくらい激務で薄給です。

あなたがいくら仕事ができる人でも、仕事を頑張っても保育士である以上給料が上がっていくことは無理でしょう。

わたしだったら保育士辞めて別の業界に転職しますけどね。そのほうが人生が楽になりますからね。

ただ、転職と言ってもハローワークとかちまたにある求人誌とか使うと普通にブラック企業がてんこ盛りです。これはハロワとかが掲載企業をまったく審査してないからなんですね。ブラック企業の奴隷の優良採掘場になっています。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているのでブラック企業はほとんどありません。また転職のプロであるエージェントが転職活動について的確なアドバイスをしてくれます。

転職ってやりにくいいイメージもあって、初めてだと何からやっていいか解らないもんですからね。

しかし、転職は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらったりして履歴書を作って面接対策をすれば内定は普通に取れますからね。準備と対策をすれば内定は取れるもんなんすね。

優良な求人を紹介してもらって、自分の目で見てみるのがイイですよ。ブラック企業の求人が無いって確認もできますし、これからやっていく仕事を選ぶときに判断材料にもなりますからね。

 

→使いやすい転職エージェントの情報はコチラから