ブラック企業と昔の奴隷制度の時代とそんなに変わらない なんでそこまでして人を働かせるのか WINWINの関係でいいじゃん

ブラック企業って昔の奴隷制度とそんなに変わらないんですよね。ものすごく低い賃金で重労働を強いるというやつです。

わかりやすいですよね。でもこれが現代のしかも先進国であるはずの日本で現実にたくさんあるというのはかなり悲しいことです。

いや、もう少し楽に生きたほうがイイんじゃないですかね?というか、そこまで人を働かせ無くてもイイと思いますけどね。

別に会社とかでも「普通に」働かせるくらいでいいじゃないですか。それでも効率よく仕事をすれば利益は上がりますし、

違法なサービス残業させてまで、利益出しても結局人は離れていきますよ。というか長期的にい見ればそういう会社はいずれ傾いていくような気がします。

でも、新しいブラック企業がうまれてくるので、永遠にブラック企業は無くならないわけです。

なんで、そこまで働かせるんですかね。従業員が体壊すくらいの仕事量を与えるっていうのがちょっと怖いです。

そんなことしたら、結局恨みを買うことになるし、会社自体の評判も下げるし長期的に見ればマイナスだとおもうんですけどね。

会社も従業員もハッピーみたいなWINWINの発想にはならないんですよね。悲しいけどこれが現実なんですよね。

もっと楽に働くということができないんですかね そもそもバイトとかどこに行っても時給が800~1000円て怖いですよ

そう、働くこととその対価が合ってないような気がします。街を歩くとバイトとかの張り紙を見ると飲食業とかでかなりきつい仕事でも時給が800~1000円くらいです。

アレだけしきつい仕事をして時給が1000円弱ってね・・・ぶっちゃけて言うと私がいた会社よりも仕事ができそうなバイトの人もいますよ。うまくさばいてお客さんの要望を聞いて、店を回している。そんな人が時給980円とかです。

8時間働いて休憩が1時間あるとして7時間で一日働いて7000円行かないってねえ。ちょっとみんな思考停止してスルーしてますけどものすごく怖いことですよ。

こうやって、時間と労働力を刈り取っているんですよね。まあ、本人が無知でバイトやってるわけですすし、ほかにお金を稼ぐ方法を知らないわけですからしょうがないと言えばしょうがないですけど、今時ならネットで稼いだ資することもできる事態です。

そういう方法をあえて「教えない」んですよね。

学校では国語とかしゃべれない英語とか、数学とか教えてくれますけど、まったく役に立ちませんよね?そしていくら勉強ができてもお金は稼げないんですよね。だって、お金の稼ぎ方を教えて稼げるようになったら、バイトとかする人いなくなりますし、そもそもブラック企業なんかで働こうとする人はいなくなります。

だから、お金を稼ぐ方法は絶対に教えてくれません。そうすることでブラック企業の奴隷を量産することができるわけですからね。

なかなか、システム的には優れています。一番知識を吸収できる若い時に、役に立たないことを教えて時間稼ぎをするわけですね。

二次方程式とか社会に出てから一度も使ったことが無いですよ。そんなことよりお金の稼ぎ方を教えてほしいもんですね。

長時間働くことが前提になっている仕事が多すぎるような気がします クリエイター系とか出版社系とか医療系とかそういう職場で自分がやりたいならまだしも、やりたくないことで長時間しかもサービス残業はあり得ないです

とまあ、話が逸れましたけど、こうやって低賃金でやらなきゃいけないのって悲しいことですよね。長時間残業でしかもサービス残業とかで、働いていくらでも労働力を取られまくっていく。お金が潤うのは経営者のみということです。

会社経営したほうがイイんじゃね?と思いますけど、先ほど言ったようにお金を稼ぐ方法は教えてくれませんから、たいていみんなサラリーマンになるしかないんですよね。いやこれ悲しいわマジで。

そもそも、長時間労働で働くということが前提になっている仕事が多すぎるんですよね。飲食業とか接客業、運送業とかありますけどサービス残業が基本ですから。

そんな仕事したくもないですけど、あえてそういう職種に就く人もいます。それは事情もあるのかもしれませんが私は嫌ですスイマセン( ;´Д`)

いや、自分が好きでやってる仕事ならいいんですよ。クリエイター系とか出版社や広告代理店やIT業界は定時で終われる

訳ないですからね今のところ。それでもなんか、過労自殺する人がいますけど、そこまでやるなら最初からやらないほうが

イイんですよね。だから、基本私の考えは好きな業界でも過去に過労死とか出てる業界は絶対嫌ですしね。だって死んだら「おしまい」ですからね。

人生別に仕事じゃなくても好きなやりたいことはいくらでもあります。何も仕事で体壊してまでやる必要あります?

無いですね。でも、なんか洗脳されているというか仕事を生きがいにしなくちゃいけないような教育受けてますしね。

社畜教育されれいるので真面目に仕事する「だけ」の人が毎年生まれています。ブラック企業にとっての「エリート奴隷」ですね。

こういう奴隷脳の人がいる限りそれを利用するブラック企業って永遠に存続するんでしょうね。悲しいですね。

そうは言っても、こういった状況は永遠に続くでしょうね だから自分で労働環境を変えていくしかないんですよ

こういう現状を嘆いていても、結局永遠にブラック企業が力を持つ世の中は続くでしょう。というかブラック企業が長時間労働をさせるのが前提の経済と社会ですからね。その社会はずっと続くでしょう。

だから、「自分で」労働環境を変えていくことだけが、ブラック企業とかかわらないで生きていく方法です。

これも転職って難しいとか、ずっと同じ会社で勤めたほうがイイみたいな洗脳もされていますからね皆さん。

労働環境を変えていくってそれほど難しくないですよ。それよりブラック企業にいてそのうち体壊して退職するほうが

リスクは100倍高いような気がしますけどね。なんでそこに気づかないんですかね不思議なもんです。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!