ブラック企業に捕まらないための転職方法はハローワークや就職情報誌を使わないこと

 

うつ病もそこそこ回復してきて、転職活動を本格的に始めようとしていました。

 

ブラック企業の地銀を辞めてから1か月くらいたってからですね。実際はまだ、完全にうつ病が回復していないのでちょっとつらかったですけど、無職のままでいるのもなあ・・・と思いもアリ転職活動をボチボチ開始しました。

余談ですけど、うつ病って完全に回復するまでには2年くらいかかりましたよ。いわゆる「やる気」が出てくるまでには2年くらいはかかります。

さて、失業保険も自己都合の退職だったので3ヶ月経たないともらえません。それまではハローワークで求人を探したりする「つもり」でした。そうハロワで求人を探せば仕事は見つかるだろうと思っていたんですね。

 

いや、これが本当に世間知らずというか「情報弱者」ってやつでしたね。情弱とわらわれてしまいそうです。

そう、ハローワークでは「まともな求人」てのがほとんどなかったんですよね。

 

ハローワークに行ってみましたけど、本当にろくな求人が無い 冗談みたいなももばかり

どのみちハローワークには失業保険のためにいくことになるので、求人をあたってみたんですね。

ハロワで求人を見てみましたけど、なんというかひどすぎるというか「ブラック企業の求人のほうが多い」くらいでした。

 

手取りが15万円の営業職

なんか怪しげなものを売る営業職

建築関係(といってもやってるのは土木作業の下っ端で手取り13万円?)

仕事の内容がよくわからない商社とか

 

求人の内容が意味不明なことを書いてある求人(ガッツのある人を求めていますとか書いてありました)

とかいくらでも面白いのはあるんですが、ブラック企業のにおいがプンプンしていましたね。

もちろんまともそうな求人もあるんですけど、かぎりなく少ないです。これを自分で調べて自分で面接を受けてという作業はかなり効率が悪いと思いましたし、実際ハローワークで数社ためしに面接受けてみたんですけど、

面接の時点で

 

「こりゃ確実にブラック企業だな・・・・」

 

っていうところばかりでした。この時点でハローワークで求人を調べて転職活動をしようという気はなくなってきましたね。

 

それだけ求人に質がひどくて、ハローワークをで求人を調べる意味が無くなったんですね。

 

就職情報誌もろくな求人が無い もうどうしようもなくて途方にくれましたね

ハローワークの求人がやばい、ひどいということに気づいたので、就職情報誌を当たってみました。

 

就職情報誌を見ると、タウンワークとかいろいろありますけど、まあなんというかこれも

 

「ブラック企業がいっぱいおるねん」

 

という感じでまあ素晴らしかったですね。死にたい気持ちになりましたよ(^O^)/

 

アットホームな職場です

先輩がやさしく指導します

定時で帰れます

ノルマはありません

楽しい仕事です 

やりがいのある仕事です

 

とまあなんか「抽象的」なことばかり書いてる求人のオンパレード。こういったのってネットで情報があふれていてモロにブラック企業なんですけど、こういうのいっぱいありました。

 

私の住んでいるところが田舎っていうのもありますけど、いやこれだけブラック企業のにおいがする求人今時無いだろみたいなものが、たくさんありました。いや見ていて楽しかったですね。

 

それと同時に、

 

「いや転職活動どうする?ブラック企業にはもう関わりたくないしなあ。マジでどうしよう」

 

と一気に不安になってきました。そりゃそうですよね。こんな求人しかないって、世の中ってこんなものなのかな?

 

とちょっと途方にくれましたね。

 

ブラック企業にはもう関わりたくないという思いから、ブラック企業の求人には敏感でなんとなくわかるんですよ

そう、私はブラック企業にいたせいもあって

 

「もうブラック企業にはかかわりたくない」

 

という思いが人一倍強かったんですね。当たり前っていえば当たり前ですけどね、だって、激務でうつ病になるくらいですからね。

 

だから、ブラック企業の求人にも人一倍「敏感」だったんですよ。そういったブラック企業臭のする求人は
もうんざりしていたいですね。

 

だからもう、こういった求人を見るのは、うんざりしていました。だからハローワークとか就職情報誌は

使わなくないほうがいいな・・・・ということになるわけです。

 

絶対に転職活動でブラック企業に捕まらないようにするにはハローワークや就職情報誌は使ってはいけません

結論言うと、転職活動でハローワークとか就職情報誌を使っちゃダメですよ。

 

ブラック企業が「こんにちはー」ってくらいブラックな求人が掲載されていますからね。悲しいけれどこれが現実なですね。

 

ハロワは就職情報誌って求人を掲載するのに特に審査とかないんですよね。会社から依頼があれば掲載してしまいます。

 

だからブラック会社ほど辞める人が多いので、年がら年中求人を募集しているわけです。わかりやすい構図ですね。

 

ということでもう一度言いますけどハローワークと就職情報誌はブラック企業の求人が択さなるので転職活動とかするときに使わないほうがイイですよ。

 

「じゃあどうやって求人探したりすりゃいいんだよ?」

 

という話になりますからね。私も困っていましたけど、友人に教えてもらった転職エージェントを利用することでその悩みは解決していくことになります。

 

→就職活動のためのツールは転職エージェントを利用する・・・に続く