フリーターから正社員になる行動方法 バイト期間の職歴を活用すべき理由

田舎で営業する人

フリーターから正社員になる方法的な情報はいくらでもありますよね。

というか、正社員になりたいならとにかく正社員の求人を見つけて面接を受けていく。これだけです。ほかに方法はありません。 といっても、どんな仕事でもイイって人は少ないので、やっぱり自分のやりたいことを仕事にしたいですよね。

そのためには、フリーターをやっている今から、2年くらいかけて、バイトを通じて自分のやりたいことを見つける必要があります。 2年くらいあれば半年ごとくらいにバイトをやれば4つのバイトを経験することができます。

あくまでもバイトは生活のつなぎ。バイトのままずっと過ごしていくのは辞めましょう。後述しますけど30歳を超えてフリーターをやっていると人生詰むので、できれば2年以内にやりたいことを決めて正社員への就活を始めましょう。 もちろん、すでにやりたいことが決まってるなら一秒でも早く正社員への就活を始めてくださいね。

フリーターはもう一度言いますけど、あくまでも「つなぎ」の仕事です。こればかりはしょうがないというかフリーターをやってると生涯賃金が正社員と2億以上違いますからね。2億も損をするというか、仕事内容なんて正社員とフリーターだからってメチャクチャ違うわけじゃあないんですよ。それでもこんなに差があるのって、ただ立場の違いだけなんですよね。

なので今の日本では悲しいですが正社員至上主義なので、正社員になっておいたほうが無難です。 そのためにフリーターのキャリアプランとしては2年以内にやりたいことを見つけて正社員への就活を始めるという計画を考えてください。

できれば、やってみたい系のバイトを2年で4種類はやってみて自分が向いているかどうかを判断してください。

ただ、ほんとバイトでフリーター続けて30代までやるとかだけは辞めて下さいね。バイトはあくまでも、もうい一度言いますけど、つなぎのものですし、自分の適性を判断するためのものです。バイトを30代まで続けてしまうと人生が詰んでしまいますからね。

関連記事:ずっとフリーターやってると人生詰みますからね

一人暮らしのフリーターだと貯金もできない上に30代になると人生詰む だから正社員になるべき理由
一人暮らしでフリーターだと貯金できないですしね。家賃とか生活費とかでいっぱいいっぱいですしね。手取り12~16万円くらいで、ボーナスもないし年収200万円とかじゃあ・・・しかも30代になると正社員にもなれなくなってきますし、年齢がいくとバイトとかでも雇ってくれなくなってくるので、年齢が行けば行くほどきつい人生になってきます。もうこれって議論の余地はないですよね。正社員になりましょうよ。

バイトをするにも自分のやりたいことの準備期間にする これをやるとやらないでは大きく違う

バイトをする理由を「自分のやり甲斐ことを判断する」ものにしていきましょう。 バイトと言っても種類は無限なので、医療関係に来たいなら、病院などにバイトで入ってみる。清掃スタッフでもイイですし、医療事務的なことでもイイです。

IT系に興味があるなら、プログラミング会社にバイトで入ってみる、飲食業界に興味があるなら、飲食のバイトをしてみる。 会計士などに興味があるなら派遣で会計事務所に入ることもできます。

バイトは正社員と違って補助的な仕事になりがちですが、その分、どんな会社にも入り込みやすいというメリットがあります。 興味のあるモノがある程度決まっていればその業界にバイトで入ってみましょう。そして実査ににその業界を肌で感じればあなたのやりたいことがイヤでも見えてくれはずです。

ただ、生活のためだけにバイトをするのとは大きく意味が違ってきます。ただバイトしてるだけはちょっとヤバいですからね。 なぜなら30歳を超えてフリーターだとこのサイトで何度も言っていますけど人生が詰むからです。

逆にバイトを「自分探し」の道具ににすればいいわけすよ。そうすれば、人生を前向き生きていくことができます。

実際、バイトを何種類かやるといやでも自分の仕事の「適性」がわかってきます。

例えば私の場合ですけど、飲食のバイトとかやった時に仕事もかなりきつかったですけど、それ以上になんかバイト仲間とかの連帯感みたいな空気が嫌でしたからね。なんかみんなでがんばろうみたいな、連帯感の雰囲気が嫌いでした・・・・・

そう、結局私の場合、なんか連帯感とかみんなで一緒に仕事やろう見たいな人間関係が苦手だったんですね。なので、自分の適性がわかるわけですよ。一人でやるような仕事に就くべきだということにね。

ただ現実的にはそういった仕事って職人系の仕事とか技術者じゃないと厳しいですし、技術者だってお客さんとの交渉とかもあるので、完全に一人でできる仕事なんて芸術家とかじゃない限り層はないんですね。だからのちに私は製造メーカーを選んで、人間関係が薄い職業を選んだわけです。

これって人によっては逆の場合もありますよね。人と接するのが全然苦にならない人もいます。そいう人だったら、フツーの組織とかでも余裕でやっていけるわけですね。このあたりで自分の適性とかもわかるわけです。

ただ、ひとつだけ、ブラック企業に入れば適性もクソもどんな人間でも、ダメと言うか長期で務めるのは無理ですから、まずは大前提はブラック企業に入らないということです。普通の会社に入るという前提で、そのうえで適性に合った職種を選ぶという意味でバイトは役に立ちます。

フリーターの期間を面接ではどういうふうに言うべきなのかは、自分のやりたいことを探していたと言えばいい

こいうふうに、目的をもってフリーターをやっていれば、正社員の就活の時に、フリーターの期間の説明は

「やりたいことを探していました」

という風に説明すればいいわけです。バイト内容というより、自分が何のためにフリーターをやっていたかを説明すればいいわけですね。 あんまりバイト内容は深く話さなくていいです。そこまバイトの仕事内容まで突っ込んでくる面接官もいません。

バイトはあくまでも「つなぎ」の仕事のやりかただと面接官も思っています。だからこの記事でも「2年以内」くらいのスタンスで話しています。2年以上超えるとちょっと苦しくなってきますね。

「こいつずっとなにやってたんだ?」

とか思われますからね。 でも、実際、体調が悪くてバイトしていたとか何かした理由があります。実際にはそういうふうに体調が悪かったのでバイトでしのいでいました・・・・と伝えればいいわけです。

ただ、そのあとに、「体調不良でバイトでつないていましたが、体調も良くなってきてバイトで自分のやりたいことも見えてきました。それで、御社の業界に興味を持ち面接を受けています。」というふうの、面接を受けている理由につなげていきます。

とにかく、バイト期間はこの業界、この会社をうけるための「経験期間」だったように持っていくわけですね。 実際にそうでなくても、そういう風に持っていくのが面接突破の有効な手段です。物は言いよう、バイト期間もプラスの要素にしてしまうのが、正社員の面接を突破するときの有効な手段です。

実際20代くらいはらバイトやってる人も多いので、フツーに「やりたいことを探していた、だからバイトをやっていた」と言う回答でもイイと思いますよ。20代ならそういった青臭いバイトをやっていた理由でも面接官は納得します。これが30代とかになってくると、やりたいことを探していたとか言うと

「こいつバカじゃねえのか?」

とか思われるから辞めたほうがイイです。年齢によって受け取られ方が違ってくるんですよね。

だから20代のうちにバイト経験からサクッと正社員になったほうがいいわけです。バイト経験とかでの職歴が生きるのってそれこそ若いうちなんですよね。30代になるとバイトとかやってると「こいつバイトとかしかやってねーじゃん」とか思われますし、本当に年齢での印象が違ってきますからね。怖いことです。

自分のやりたい仕事が見つからないなら、スパッと正社員への就活をする 30歳までフリーターを続けるのだけは絶対に避ける

さて、バイトをしても自分のやりたいことが見つからない・・・・といってズルズルとバイトをするのだけは辞めましょう このサイトで何度も言っていますが、30歳をフリーターのまま超えてしまうと人生が詰みます。

バイトでも派遣でもそうですけど、30を超えたあたりからバイトですらなかな課雇ってもらえなくなってきます。

そうなってくと、バイトでもいわゆる仕事がキツイ「ブラックバイト」しかでいなくなってきます。年齢があがっていくのに、ブラックバイトしかなくてバイトの無いようはどんどんきつくなっています。

そうなると、できるバイトの時間も限られてきて、収入も減ってきます。年齢が上がって収入が減っていくのはかなりきついです。 そうなってくると実際に正社員との2億円の生涯賃金の差どころかヘタすると3億くらいになりますよ。 そういう人生を送りたいならずっとフリーターでいくのもいいでしょう。

ただ、そういう人生はイヤだと思うので、自分のやりたいことが見つかればそれでよし。2年で見つからなくてもどちらにしても正社員のへの就活はしていきましょう。

おぼろげでもやりたいことがあるなら、そのまま正社員の就活をいていったほうがいいです。正社員になって職歴を重ねれば転職するときにも有利に働きます。 正社員なら転職もある程度できるので、途中でやりたいことが変わってきても転職することができるんですね。

というわけで、正社員の就活は必須になってきます。フリーターの時間を無駄にしないで正社員への就活を開始していきましょう。

私もホント正社員至上主義ってわけじゃないですすよ。バイトはやっぱり働き方としては効率が悪すぎるんですよね。安い時給ですしね1000円前後の時給て考えられないですし、有給休暇もないですから休んだらお金にならないですし、まあ悲惨ですよ。それになんといってもいつ首になるかどうかわからないのってかなりキッツいですよ。

正社員がいいってわけじゃないですけどバイトよりは8倍くらいマシなので、正社員になったほうがイイです。この国はひたすらサラリーマンの正社員をゆうぐうしてますからね税金とかね。個人事業主になるとサラリーマンが税金で恵まれてるのがよくわかりますよマジで。

フリーター時代のキャリアを生かして面接を受けよう、やり方が分からなければ転職エージェントに相談しよう

「就活のやり方がイマイチわからない」という場合は転職エージェントに相談しましょう。

就活のやりかたを一からアドバイスしてくれます。就活のプロであるエージェントがあなたと面談をして、求人を紹介してくれますし、履歴書の書き方面接対策を具体的にアドバイスしてくれます。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントが履歴書の書き方から面接の方法までアドバイスをしてくれます。

また、普通の求人誌とかでは絶対に得ることができない、会社の深い情報とかもゲットできます。その会社が残業が多いかとか人間関係がどんな感じか・・・といった一味深い情報を得ることがでるですね。

基本求人を出す会社を審査しているので、ブラック企業率が低いのが転職エージェントの特徴です。

転職する際ほとんどの人が転職未経験なので、手探りで転職活動をするよりもスマートに転職ができます。転職は失敗できない選択の連続なので、転職エージェントを利用するのが最も効率的に転職活動を実践できます。

 

→使いやすい転職エージェントの情報はコチラから