アパレル店員の仕事がブラックで辞めたい 業界の裏事情と仕事を変える方法

アパレル

アパレルのショップ店員て華やかなイメージがあります。ショップに行くときれいにおめかしした女の子がいっぱいいますよね。

自分のショップの服を着て、しっかりメイクして綺麗な女性が接客しています。笑顔で対応して好感度は高いですよね。

パッと見なんかのんびり服を売っているような職場なんですけど、その裏事情はすさまじいものがあります。普通にブラック企業顔負けの厳しい労働環境なんですね。

アパレル店員の華やかなイメージが先行しすぎているので、若い女性はアパレル店員になりたいという人が多いです。

ただ、そういったアパレル店員の仕事が超絶きびしいってこを知らずにというかネットで情報を調べずにアパレル業界に入ってしまうんですね。本当に服が好きでアパレル業界に入ってもあまりに激務に離職率とかメチャ高くて49%くらいの離職率です。

半分はやめてしまう・・・ちなみに私が勤めている会社の離職率(定年退職を除く)は2%です。ほぼみんな定年まで勤める会社です。それだけ普通の会社と労働環境の大きな差があるんですね。

アパレル店員の激務 業界の闇が深い理由を具体的に挙げてみる

アパレル店員の激務はけっこうネット上でも有名ですけど、あれだけ華やかな雰囲気でも結局ショップ店員はノルマもある接客業ということです。

ただ、見た目が綺麗な服をきて接客しているというだけで、外回りの営業が店内で営業をやっているのとたいして変わりません。そういった状況ですから、当然精神的にも肉体的にも病んでくる労働環境になってしまいます。

休みが無くて長時間労働

アパレル店員は休みが無い(少ない)です。週6勤務は当たり前で労働基準法ぎりぎりのシフトを組みます。といってもサービス残業を

やらされるので、結局は労働基準法違反です。早番で9:30~18:00、中番で11:00~20:00 遅番で13:00~22:00みたいなのが一般的ですね。

ただ、忙しい時期ってあるじゃないですか、年末年始とかお盆とかゴールデンんウィークとかね。人が休んでいるときにアパレルショップは一番掻きいれ時なんですよ。そういうときって連続で10日勤務とか当然残業もあって、それもサービス残業だったりと余裕で労基法違反をします。

とにかく、人材をこき使えるだけ使って、会社が稼ごうというスタンスですからね。アパレルといっても利益を上げてなんぼの世界ですから。

現場の店員をこき使って、儲かるのは会社だけということです。 

ずっと笑顔で、嫌な客でも当然接客しなければいけない

ずっと笑顔で接客ですねアパレル店員は( ;´Д`) 顔が変形するくらいに笑顔で接客です。

接客業でも売っているものが服なだけにサイズが合わないとか敗れてるとかクレームも多いですし、そういったクレーム対応でも笑顔で背客です。これってけっこう精神的にきついんですよね。無理に接客してるとじわじわとストレスが溜まってきます。

当然嫌な客でも笑顔で接客しなければいけないので、ストレスが地味に溜まってくるんですよねボディーブローのようにだんだんと体の内部にストレスが蓄積されていきます。

激務なのに給料が安すぎる 自分のショップの服を自腹で買ってコーディネートするので貯金もできない

まず、ショップ店員て長時間労働でストレスがたまる仕事なのに給料が激安セールです。手取りで13万円とか悲惨な給料もけっこう普通ですしね。

それだけならまだしも、結局自分で、自分のショップの服を買ってその服で接客するので、給料から服を季節ごとに変えていかなければいけません。

それって結構な負担で、手取りが少ないうえに服も買わなければいけないので、手元にお金なんて残りませんよ(;・∀・)

そうなると貯金どころじゃないので、生活がだんだんと荒んできます。年齢だけ重ねていってお金が無いってかなり惨めですよ。

自分はきれいな服を着て接客していても、生活ではお金が全くないってちょっと人生のスパンで見てみるとかなり厳しい状況にいるということですからね。

ノルマもあって自爆営業もあり精神的にも金銭的にもつらい

そう、ショップ店員には「売り上げノルマ」があるんですよ。これがとにかくキツイ。今月は100万円の売り上げ目標とか達成絶対無理なんじゃね?っていうノルマを与えられて、とにかく服を売ります。

そう、あきらかににお客さんにに合ってない服でも「うわー似合ってますよ、かわいいです」なんて言って服を買ってもらう・・・

そのうち罪悪感とかも無くなってきて、服を売る「マシーン」と化してきます。そうなるともう心が荒んでくるのが目に見えて解ってきますからね。

このノルマ地獄あたりから、だんだんと心を病んでくる人がいます。それがへたすると「うつ病」につながってきます。

ブラック企業にいれば「うつ病」になるのはいたって普通です。というかいずれそうなるので、なるべく早く脱出すべきですが、うつ病になってしまったらすぐに「心療内科」に行ってくださいね。行かないとさらに悪化して取り返しのつかないことになります。心療内科はそんなに怖いところではありませんよ。

最終的には肉体的な負担と精神的な負担が大きくなって、うつ病か過労死になる業界

結局、最終的にはショップ店員て肉体的・精神的な負担が大きすぎる仕事です。こういった状況がわかっていたら私なら絶対やらないですね。服が好きなら、自分の好きな服を買えばいいわけですから。仕事としてはやりたくないと思ってしまいます。

こういった仕事が続けば結局、うつ病になったり、最悪過労死することにないます。

アパレル業界って、飲食業界、広告代理店業界、IT業界と同列の過労死がある業界で有名ですからね。過労死が問題になっている業界に入りたいとは思いませんよ悪いですけど( ;´Д`)

こういうアパレル店員の激務が限界の場合は、将来を考えて労働環境を変える検討をしたほうがイイにきまっている

もち、こういったアパレル店員として厳しい仕事をやっていて、もうそろそろ仕事が限界で辞めたい・・・・と思っているなら自分の労働環境を冷静に見直してみるべきです。

このままアパレルの仕事を続けていて、精神的に持つのか?そもそも貯金もしたいしというか過労で倒れてしまうじゃないか?

と将来の自分の姿を想像してみましょう。想像してみてアパレル店員としてやっていけているならいいのですが、いやこれじゃそのうち自分がダメになると思うなら労働環境を変えることを検討したほうがイイにきまってます。

将来的にノルマが無い仕事がしたい、最低限の給料がもらいる仕事がしたい、定時で帰れて残業があっても残業代がつく仕事がしたい・・・こういった希望が出てくると思います。

そういった希望のを満たした求人を紹介してもらって、転職活動をすればあなたの自分の労働環境は変わっていくわけでです。

転職がイマイチ不安と言う場合の行動は・・・

ただ、転職するとなると不安になるのもわかります。転職ってうまくできるんだろうか、転職してまたブラック企業につかまったらどうしようといった不安も正直あります。

そういう場合は、優良な求人情報を紹介してもらって一度見てい見るとイイと思います。

自分の希望を言って、それにマッチした求人を紹介してもらってみてみると、アパレルショップよりも労働環境がいい職場がいかに多いかと言うのが解かります。

ただ、ハローワークとか普通の求人誌はブラック企業の求人が多いので避けたほうがイイです。それは掲載企業を審査していないからです。

転職エージェントでは厳し基準で企業を審査しているのでブラック企業はほとんどありません。

転職は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらって履歴書対策・面接対策をして活動すればそれほど難しくはありません。

準備をして転職活動すれば普通に内定は取れるわけです。一人で転職活動をすると準備がおろそかになってむつかしくなってしまうんですね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

転職サイトDODAで求人探し

 

DODAエージェントサービス (←公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!