年収400万以下で仕事がキツイ激務の会社はブラック企業確定 転職すべきです

困難を乗り越える象

正社員のここ最近の年収の平均は480万円前後です。前世代の平均なので30代と50代を比較できないですけど、それを考えると30代とかで年収400万円以下

っていうとけっこう年収は低いんですよね。年収300万円前後だったら間違いなくワーキングプア的な扱いを受けてしまいます。

ネット上で

「キツイ仕事で年収600万 VS 楽な仕事で年収400万w」

みたいなスレッドが立って、この仕事の条件だったらどっちを選ぶ?みたいなスレッドがあったんですけど、これって圧倒的に「楽な仕事で年収400万円」 が選ばれているんですよね。年収が600万円でも激務でノルマもあって上司からパワハラ受けるような仕事だったら、人間関係の薄い楽な仕事で年収400万円っていうほうがよっぽどいいっていう人が圧倒的に多いみたいです。

これ、実際私でも「楽な年収400万円の仕事」を選びますね。そう、仕事が激務だとほんとロクなことないです。

ストレスが溜まってなんか効果のものを買ってしまったり、暴飲暴食をしたり、休みの日とかも疲れてしまって一日中寝ていたりと激務な仕事って結局ストレス発散でお金をたくさん使ってしまったり、疲れがたまって休みが完全につぶれたり、そもそも激務な仕事だと趣味とかもヤル気が起こりません。

ストレスが少ない仕事だと、年収が少なくてもストレスがたまらないぶん、ストレス発散のための買い物とか外食とかもほとんどしなくなるので、お金を
散財しなくなるんですよね。だから、結局おなじなんですよ。年収が少なくてもストレスが少ない仕事のほうがイイにきまっています。

ただ・・・・ね・・・・年収が400万円いかでしかも仕事が激務でストレスフルっていう仕事がもう今の日本では多いんですよね。

具体的には30代とかになっても年収が400万円以下でずっと給料が上がらない上に激務でストレスフルな仕事とかもメチャ増えてきいました。

介護とか飲食業とか小売業や販売業とか・・・・このあたりはけっこう有名ですからね。

こういった仕事しか本当に無い、選択肢にないとおもってませんか?普通に探せばもっとまともな仕事がありますからね。ちょっとした就活をやるかやらないかで今後の人生の選択肢が大きく変わってくるのも事実です。

激務で年収400万円以下の仕事は明らかにブラック企業 というかどのみち激務の会社って長期で務めれないでしょ?

まず、激務な仕事で年収400万円以下って完全に「ブラック企業」です。そのあたりはさすがに意識がると思いますけど、

「ほかに行くところが無いから」

とかいってその会社に勤めていても正直未来はありません。人生のスパンで考えてみるとちょっとかなり厳しい状況と言わざるを得ません。

激務な会社で長時間労働をさせられてサービス残業でこき使われて、上司のパワハラとか受けて精神的に大きなストレスを抱えたまま仕事を続けていく・・・

そんな激務の仕事って数年なら耐えられますけど、10年、下手すると65歳くらいまで働かされるとなると30年以上とかですよ?そんな長期間そんな仕事が続けられると思いますか?

毎日限界までストレス溜めながら仕事を続けて、頑張っている人とか見ますけど、たいていそういう激務なブラック企業で数年やってると、普通に過労でダウンしたりうつ病で休職・退職している人ばかりです。ましてや、10年以上とか長期間勤めることができる人なんて相当な対ストレス性を持った人だけですからね。

というか、そもそも、激務でしかも年収400万円以下ですからね。激務で働く唯一のメリットは「収入が多少はいい仕事」だけなんですよ。

賃金が安くて年収が400万円以下ならその選択肢は確実に間違いということになります。

そう、激務な仕事って結局、途中で体とか壊すリスクも高いですし、ストレスとかで暴飲暴食とか酒飲んだりして、40代後半くらいから心筋梗塞とか脳梗塞とかになる人メチャクチャ多いですからね。

そもそも、激務な仕事でずっと耐え続けていても確実に寿命が縮まります。ストレス高い仕事って、けっこう定年したからすぐに亡くなってしまう人ってたくさん見てきましたよ。男性がほとんどですけど、60~63歳くらいで亡くなってしまうんですよ。

ストレスフルな仕事をしてきて、それ定年になると気が抜けてしまうのかも言しれませんけど、そのくらいの年代で亡くなってしまう人を何人も見てきました。

そういう人たちに共通しているのは「激務な仕事でマジメに仕事ばっかししてきた人」なんですよね。ストレスフルな仕事は確実に寿命を縮めると思います。

自営業とかで好き勝手にやっている中小企業の社長とか個人事業主のおいちゃんとかは長生きしてます。これってストレスがいかに寿命に関係してるのかわかりますゆおね。

そういったことを見ているだけに、激務な仕事でしかも年収400万円以下の仕事はけっこうキッツいです。同じ年収なら、普通に激務じゃない仕事もあるので、そちらの仕事を選択したほうがイイと思いませんか?

激務じゃなくて「普通の仕事」の会社はフツーにあります なるべく早いうちに労働環境の基盤を作っておかないと人生長いですからね

まず、その年収400万円以下で激務な会社っていのに疑問を持ってください。

介護や飲食業、販売業は小売店なんかは確実にブラックですしそういった仕事を選んでいると確実に給料が安くて激務な仕事になってきます。

仕事って現実は「BtoC」の仕事・・・・顧客が個人消費者の仕事っていうのは激務が多いです。公務員とかは別ですけど、民間の会社で「BtoC」の会社ってたいてい激務ですしね。だって、人間関係が会社内の上司とかと、お客さんとの人間関係もあって、人間関係の負担が倍になりますからね。

その分、人間関係が悪化する可能性も2倍になりますし、そもそも人間と接するのって疲れます。

プライベートならいいですよ。私だって人と話すのは好きですし、気の合う仲間と話したり飲んだりするのは大好きです。

でも、仕事は「気の合う仲間」なんていないですよね?たいていはめんどくさい上司やめんどくさいお客さんばっかりです。仕事は人間関係が薄い方がいいんですよ。仕事で人間関係とかを求めているのは若い人で世間を知らないか、本当にバカかどっちかです。

だから、「BtoB」の会社・・・・取引先の相手が企業の業界を選んだほうがイイです。一番わかりやすいのはメーカとかで、ホワイト工場とかに入ればいいんですよ。

関連記事:「BtoB」とホワイト工場の良さがわかる記事

ノルマのない業界でかつ「BtoB」の会社がホワイト企業である可能性は高いです。そして独自のノウハウは特許を持っていて、ネームバリューはないけど地道に業績をの倍している会社というのがホワイト企業の特徴です。ブラックな会社に捕まらないためにもこういったポイントを押さえて会社選びをするべきです。
ホワイト工場って実際けっこうあるんですよね。定時で追われて残業もついて長期連休もある。それでいて仕事内容もきつくない、どっちかというとゆるい。そういうホワイト工場に転職できるとブラック企業に勤めていたのがウソのようです。実際に生活も楽になりましたし、プライベートも充実してとても満足しています。

今のままの400万円以下で激務の会社って、従業員にそういう扱いをしている会社ってどのみち長くは続かない可能性も高いですしね。

要は「ギリギリ」で仕事してるわけです。人件費を抑えて、一人当たり仕事量を極限まで増やして、しかも賃金まで抑える・・・・

これじゃあ、経営者の器の低さが簡単にわっかりますよね。会社自体も儲かってないですし、そもそもこんなやり方をいて利益を上げているってことは仕事を効率的にやっているわけじゃあありませんからね。そいう会社は早めに見切りをつけないと、あなたの人生が大きく傾いてしまいますよ。

転職活動をする際には転職エージェントで「仕事が激務でない会社」「サービス残業をさせない会社」「BtoBの会社」で年収がい今と同じかできれば上がるような求人はないですか?

そういう風に希望すればそういった求人を紹介してくれます。

これが、ハローワークとかちまたにある求人誌とかで転職先を探しちゃダメですよ。ハロワとかは掲載企業を審査していないのでブラック企業が多く掲載されています。ブラック企業の奴隷を捕獲する場所になっているんですね。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているのでブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動についてアドバイスをしてくれます。

優良な求人を紹介してもらって一度自分の目で見てみるのがおススメです。そうするとブラック企業以外の求人があるという確認にもなりますし、次の会社の選択のいい判断材料にもなりますからね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

転職サイトDODAで求人探し

 

DODAエージェントサービス (←公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!