高卒大卒フリーターの就活方法 正社員への就職は的を得た就職活動が必要

縫いぐるみバイト

新卒で就職活動をサボってそのままフリーターになってしまった。

今時の就職事情だと一回新卒で就職できないとまともな会社には就職できないと思っていませんか?

フリーターをやっていると、確かに楽なんですよね。仕事への責任は薄いですし、同じくらいの年代のバイトと仲間と仲良くなって、ワイワイやっているのは本当に楽しいです。

ただ、その生活も年齢が上がってくるとだんだんと違和感を感じてきます。同年代の仲間が正社員として就職していく中あなた一人がバイトを続けていると自分より若いバイトばかりになって話が合わなくなってきます。バイトも楽しくなくなりますし、生活もやる気がなくなってきます。

「でも、高卒大卒でフリーターになっちゃったしな。就職なんてできないよ」

と思って就職活動をしないでいるとあっという間に30歳になってしまいます。

正直フリーターのままで30歳になると人生詰みます。正社員で働いていた経歴が何年かあって事情があって辞めた30歳とは就職活動の難易度が全く違うものになってくるんですね。

怖いですよ、中高年フリーターになると。歳が行くにつれてだんだんと体力もなくなってきますが。最近ではバイトでも正社員並みにハードにこき使われて責任も負わされます。挙句、正社員の半分くらいしか給料が無いという生き地獄を味わうことになります。

しかも、派遣やバイトでも中年になってくると、雇ってくれなくなってきます。そりゃあバイトとか派遣でも若いほうがイイにきまってますからね。これってどこの会社でも同じです。バイトすらやとってもらえないなら、人生ジ・エンドということは簡単に想像することができます。

そうならないためにも、そろそろ本腰を入れて就職活動をしてみませんか?

ここでは高卒大卒フリーターの現実と就職活動の方法をご紹介します。

若いうちは大丈夫だかアラサーでフリーターだと人生が詰みます これはガチなので冗談じゃなく就活しましょう

フリーターは大学を卒業して数年は本当に楽しいですし、生活も時間の融通が利いて精神的ストレスも少ないです。

だからついついだらだらを何年もフリーターをしてしまうんですね。

何か目的があってなりたいものがあってフリーターをしていたり、資金をためて企業の準備をしているようなフリーターならまだいいです。

目的も無しに、楽だからといってフリーターを続けているとアラサーくらいで人生詰みます。

考えてみるとわかるのですが、もしあなたが会社の面接官だとして、30歳でずっと理由もなしにバイトだけをしていた人間を採用したいと思いますか?

フリーターのままで年齢を重ねるということはリスクを重ねていくことと同じ意味です。正社員で働いてきた期間があればそれなりに面接でも理由が付きますし、夢追っていれば「何々を目指していましたが挫折しました」とフリーターをしていた理由付けをすることができます。

30歳を境にフリーターの幸福度は一気に落ちていきます。それが40代も近くなると白髪交じりの人がドラッグストアで必至にレジを売ったり、工場で正社員にこき使われながらラインに入る契約社員や期間工といって職種につくしか選択肢がなくなってしまいます。

関連記事

派遣社員から正社員になる方法があちこちで情報が流れていますが、そんなの「転職活動して正社員の募集の求人を受ける」しか方法はないです。...

ずっとフリーターの40代の人を見て思うこと 自分より年下の店長にこき使われる男性

私の近所にドラッグストアーがあります。そこでは数人の「明らかに40歳を超えていて必死にレジを売ったり品出しをしている男性」がいます。

そのドラッグストアーは社員教育なのか「いらっしゃいませ」を何度も大声で連呼して逆に客が引いています

いい年をしたオジサンが息子くらいの正社員に使われていて見ていて切ないです。そのオジサン(2人)は仕事は見た感じそこそこできます。レジを打つのも早いですし、品出しも早いんですね。うちの会社の仕事ができない一定数の正社員よりはよほどマシです。

事情があるんでしょうね。ただ、ずっとフリーターだったのか会社からクビ(倒産などで)になったのかの二択でしょう。

名札にはしっかり「アルバイト」という文字が名前の上に書かれています。そこは自給が950円なので、もし家庭があって子供でもいたらとてもやっていけないでしょうし、40代くらいでわざわざ仕事がキツイドラッグストアーに勤めているくらいなので、就職先もないのでしょうね。

割と仕事ができるのに、こんな生き方をしなければいけない状況はつらすぎます。

何が言いたいかというと、日本は30歳を超えると一気に就職がむつかしくなって、40歳を超えたら相当なスキルか職歴がないと就職がむつかしいということです。そのドラッグストアのバイトの2人を見てると本当にそう思いました。

ちなみにそのオジサン2人はもう2年以上そこに勤めています。次の就職までのつなぎのバイトじゃないみたいですね。

仕事ができても、既卒フリーターのままでアラサーまでいってしまうと本当に詰みます。そうなる前に一度就職活動にしっかり向き合ってみましょう。

若さは就職の最大の武器なので20代のうちに必ず就職しよう 年齢のメリットは計り知れないですよ

さんざん高卒大卒フリーターのままではヤバイと脅してきましたが、20代のうちなら正社員になるのはそれほど難しいことではありません。

20代のうちはさほど経験も重視されませんし、「第二新卒」の枠なら25歳まではは新卒と同じ条件で就職活動できます。近年は若い労働力が不足しているので、求人はさがせばたくさんあります。

20代ならフリーターで会った理由を「やりたいことがあったが断念したので、まっとうに就職しようと思った」という理由付けをつかうことができます。これが一番大きいです。逆に35歳の人が同じ理由を言っても「この人いままで何やってたんだ?」と思われてしまうことになるでしょう。

ただ20代といっても、真率ではないので、名前の知れ渡った大企業への就職は困難になります。

だれもが知っている有名企業への就職はむつかしいですが、地元で堅い仕事をしている中堅企業やベンチャー企業などはこれから伸びていく会社なのでねらい目です。

就職するには優良な中小企業がおススメ 働生きやすい職場は中小企業にあり

ついつい就職するとなると安定した大企業に就職したいという思考になりますが、大企業だからといって安定しているとは限りません。

既卒フリーターにとって大企業は無駄に競争率が多いだけで難しいです。それより競争率は低く、それでいてしっかりと経営をおこなっている中小企業がおススメです。

規模は中所企業でも車の部品などに使われているもので、日本の自動車の一つの部品を独占している企業もありますし、

田舎のお菓子メーカーでも、昔からずっとあるマニアな人気のあるお菓子を作っている会社もあります。

中小企業にないい企業がいっぱいあります。なまじ規模がそれほど大きくないだけにこれから成長していく可能性も充分あります。そういった企業をチェックしていくと、無駄な競争することをしないで自分の好きな分野の仕事に割と簡単につくことができます。

「でも、そういった将来性がある中小企業ってどうやってみつけるの?」という壁にぶちあたります。

そういった企業情報を提供してくれるのが「転職エージェント」です。

高卒大卒フリーターが正社員で就職するなら「転職エージェント」を利用しよう

考えるサラリーマン
転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして就職についてのアドバイスと希望に合った企業情報を細かく提供してくれます。

また、転職のプロであるアドバイザーが、しっかりと求人を審査してチェックしています。そのためブラック企業はほとんどありません。

これがハローワークや普通の求人誌だと、求人審査がないのでブラック企業の求人がいくらでも掲載されているんですね。この点が大きな違いです。

また、アドバイザーが転職についての悩みについてアドバイスしてくれます。転職活動は人生で多くても数回程度なので、解らなことが多いのは当然ですよね。そういった時にアドバイザーに質問すれば的確な助言をもらうことができます。

実際、この助言があるとないとでは行動の効率も大きく違ってきます。自分ひとりで悩んでいる時間はもったいないですからね。

転職エージェントを利用すると、世の中には「普通の会社」というのがたくさんある・・・というのが解かります。

ブラック企業につかまってしまうパターンは自分でハロワなどで求人を探して、自分でで面接を受けてしまうというケースが多いんですよね。そうなるのは悲しすぎますからね。

転職エージェントは登録から利用まで無料です。企業が転職エージェントに紹介料を払っているので、あなたにお金がかかることはありません。

そう、世の中にはホワイト企業や普通の会社、仕事がまともな会社はたくさんあります。ブラック企業から脱出する、ブラック企業にひっかからないというのは、もう今の世の中、転職での重要なポイントになってきていますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!