既卒で就職できないとかは嘘だしデマな理由 会社選択と面接対策をやれば普通に就職できます

飛行機と飛ぶサラリーマン

「既卒 就職できない」とかで検索すると、なんていうか既卒で就活失敗すると人生終わりみたいな記事とかいっぱいありますよね。

不安煽るの大好きというか、不安をあおることでなんか楽しいことでもあるんでしょうかね。

そうはいっても、既卒になるとそりゃ新卒よりは就職はむつかしくなりますからね。そりゃ事実です。新卒の就活なんて、テキトーに面接で愛想ふりまけばたいてい内定します。なんていうかじっんから言うと、男なら明るい雰囲気があればいいし、女性ならかわいければ内定するみたいな感じです。

既卒になって就活ってのは、やっぱり多少は大人をアピールしないといけないので、その分難しくなりますからね。

でも、何というか新卒で会社辞めるる人って3年以内に3割とか言われてるじゃないですか、実際、5割くらい辞めてると思いますよ。だってこれだけブラック企業が多い世の中ですからね。

新卒でブラック企業に入ってしまった時の

「俺の人生こんな風に終わっていくのか?」

っていう人生の絶望感がハンパないですからね。そもそも新卒でブラック企業に入ったら8~9割は3年以内に辞めるでしょうしね。だから実際は統計なんかよりも

辞めている人多いですよ。会社辞めたとか友達に言わないですからね。頑張って就活やったりしてるんですよ。

ただ言えるのは、既卒になったからって就職できないとかいうのはウソですからね。私も普通に転職をしてますし、私が住んでるのはけっこう田舎ですけど、けっこうたいていの人は一回は転職してますしね。

新卒での就活に失敗するとか、新卒で入った会社がめっちゃいい会社でずっと勤めている人なんて少数派ですからね。既卒になったら人生終わりとかもう就職できないと無理に変にネガティブになると、それが再就職の面接でも出てしまって、なんか面接受からないみたいな負のループになるんで気を付けたほうがいいですよマジで。

既卒で就職できないなんてなったら、人口のの半分くらいが路頭に迷うから嘘にきまってるでしょ 

だいたい、既卒になったら就職できないなんて言ったら、人口の半分くらいは路頭に迷うわけですから、普通に考えておかしいですうよね?

あ棚の周りどうですか?ほとんどの人働いてるでしょ?私も周りもまあ、60歳以下の人はほとんどの人が働いています。無職の知人とか一人もいませんからね。

既卒になると就職できないてのは、どう考えても無理のある情報ですからね。

ああああああ、そうか、たぶん「大企業とかいわゆるホワイトカラーでの仕事」とかに限定すると、そりゃ既卒になれば就職しにくくなりますよ。

私のいた地銀とかそういったホワイトカラー系の会社は新卒でしか採用してないケースが多いですからね。

でもねえ・・・・そんなに大企業とかホワイトカラーの仕事っていいですか?イメージ的にはイイですけど、地方銀行とか地獄ですよ。給料安いのに

ノルマとかあってパワハラ上司ばっかりで出世するためだけに生きてる空気があって、しかも出世するためには上司の犬にならなければいけないみたな人生ですよ?

半沢直樹みたいに倍返しとか絶対してないですからね。そんな人一人もみたかことがありません。というか上司が悪事を働いても言い返している人なんて見たことが無いですからね。

話が逸れましたけど、既卒になっても大企業とかなんかイメージだけでホワイトカラーに固執するから就活がしんどくなるんですよマジで。

別に製造業とかメーカーとかって私はホワイト工場に入りましたしね。地銀から工場の作業委ですよ( ;´Д`)

これってイメージだけで見ると、なんていうか落ちぶれた感じするでしょ?でも実際は全く逆なですよ。

工場って定時で帰れるし、有給はフルで使えるし土日休みで、正月・GW・お盆と長期休暇ありますし人間関係も薄くてパラハラ上司とかほとんどいないですね。

給料も地銀とほとんどいっしょだったんですよ。当然ノルマとか無いですしね。いったい今までノルマとかでストレス溜めてパラハラ受けてたのがアホみたいにストレス激減しましたしね。

ストレスが減ったんで、過食とか酒の量も減って健康になりましたし、運動する時間もできて体型もすっきりしましたしね。イイことばかりです。

まず、既卒で就職できないと嘆いている人は、選びすぎというか会社をイメージだけで選んでるととんでもないことになりますよ。イメージだけで選んでいたりすると、簡単にブラック企業とかに捕まってしまいますしね。

電通とか入りたいですか?自殺してる人が過去に何人かいる会社とかいくら大企業でホワイトカラーでも死んでも入りたくないですからね。何の意味があるんだろう。

関連記事:過労死する前に仕事を辞めるべき

過労死ラインは残業80時間とか言われてますけど、そんなのサービス残業でもっと100~200時間以上やってるに決まってます。そんな環境で過労死はそりゃしますけど、どうして「死ぬ前に辞めないの?」とか言われますよね。それは社畜洗脳されて思考停止しているからです。マジメな人ほど奴隷としてこき使われるので、そうなる前に行動しないと人生が破たんしますよ。

うちの会社とかその取引先とか普通に高卒とかでも中途採用で入ってますしね 私も中途ですしね新卒7割中途3割くらいですよ

うちの製造業とかは普通に中途採用で血行採用してましたし、取引先の人事の人に聞くと普通に中途で採用しています。

というか、業績は上がっているですけどなにせ会社のネームバリューが無いんで新卒であんまり人が集まらないみたいです。というか特に大卒は集まらない。

地元の優秀な工業高校からの高卒の人材がメインになっているってことでした。

これを聞くとね・・・・やっぱり知名度とかネームバリューとかで選んじゃってるんですよ。会社の業績とか見てます?上場企業なら決算書出してますからね。

決算書が出てなくても、たとえば特許を取得している会社。一部の分野で独占的なシェアがある会社。独自のノウハウやビジネスモデルを持つ会社。

こういった会社は成長してきます。こういう会社の中身を見ていかないと、ただホワイトからーだ、大企業だとかって選ぶと悲惨ですよ。

なんか、新卒の入りたい会社とかでけっこう都銀とか上位にいるじゃあないですか。

都銀とかってめっちゃ仕事きついですよ?わかってます?どれだけ人生を「仕事オンリー」で生きていくことになるかってことがね。

そもそも、ネットの普及で普通にネット銀行、ネット証券、ネットで全部決済できる事態です。ネット銀行のほうが手数料も安いしもう10年くらい

まともに普通の銀行使ってないですよ。なんかめんどくさい引き落としとかが指定の場合だけ使うくらいですかね。

実際、銀行の店舗なんてもういらないんですから銀行なんて斜陽産業ですよ。というか人いらなくね?とか思いませんか??

なんか悲しくなってきますよね。都銀とかに入ってこれから人がいらなくなってくるって、素人でもわかってるのに、なんか人気がある就職先ってのが

大学生とかって社会を知らないからしかたないかもしれないですけど、バカ丸出しなんですよね( ;´Д`)

既卒の就活で大事なのは

会社の規模やイメージだけで選ばない

これから業績が伸びていく成長している会社を選ぶ

一部の分野で独占的なシェアをもっている会社を選ぶ

独特なビジネスモデルをもっていてそれを実践して成長している会社

「成長期」にある会社

決算書が見れるなら、業績が右肩上がりの会社

ホームページなどを見て社長の経営理念に共感できる会社

このあたりをチェックしていくとけっこう、いい会社ありますよ。というか会社の規模とかネームバリューだけで選ぶのもう辞めましょうよ本当にね。

ちなみに会社の一生ってのはには「導入期」「成長期」「成熟期」「衰退期」ってのがあります。そもそも大企業って高度経済成長期が成長期で、今では成熟期の後半から衰退期に入ってる会社がほとんどです。大手金融うなんて衰退期真っ盛りですからね。そういう状態を考えて会社選んだほうがイイすよ。

会社の規模が小さくても成長期真っ盛り会社のほうがイイのは下のグラフとかみれば一目瞭然ですからね。

成長曲線

画像出典元 プラスワーク 成長曲線・ライフサイクルとはなんでしょうか?

関連記事:会社を規模とかだけで選ぶのやめましょうよ

大企業に入社したけど後悔している。仕事が激すぎる、組織が大きすぎて報告書を出すのが仕事になっている、媚びる人しか出世できないだから辞めたい・・・みたいな大企業って「規模」が大きいだけで、そこまで安定性は無いものなんでよ。会社を選ぶときに「仕事内容」「成長性」を見てないと本当に悲惨なことになります。大企業に入って後悔してるなら転職したほうが無難ですよ。

関連記事:既卒からホワイト工場に入った話

既卒で転職活動をして何とかホワイト工場に潜り込むことができました。ブラック企業に間違ってはいてしまってすぐに辞めてしまい、今度は失敗することができませんでした。第二新卒専用の転職エージェントを使ったおかげで無事成長臭の製造メーカーに内定が決まりました。

あと面接対策ですけど、既卒になるとどうしても弱気になってしまってそのメンタルがそのまま面接で出たりります。

面接対策で、模擬面接とかやって自分の話し方の悪い部分や、アピール方法を改善していくってのも大事ですし、それは自分一人では

難しいので転職エージェントなどで転職のプロであるエージェントにアドバイスをもらってくださいね。自分で自分の面接の悪い部分を見つけるって

ほとんど不可能ですからね。第三者に診てもらわないとぶっちゃけ無理です。

細かいことは下記の記事を参照にしてください。

関連記事:面接対策まとめ

転職の面接で落ちまくるのは私も転職の時に経験しました。面接で受からない理由がわからなかったのですが、そこを自分なりに考えてみて、それについて対策していきました。理由と対策を私なりに転職経験から具体的に書いてみました。自分を客観的にみてみて対策をしていけば面接はクリアーできるので大丈夫ですよ。

面接はメンタルの部分も大きく作用するので、まだ若いうちはイケイケのメンタルくらいでちょうどいいです。自分中心に世界が回ってるくらいの勢いで(本当にそう思っていたら痛いですけど)やったほうがいいですよ。そういう「イメージ」でやったほうがいいということです。

面接では普段、性格が穏やかでどっちかっていうと暗い性格でも、明るいキャラを作って面接を受けたほうがそりゃ内定する可能性は高いです。

面接官は若い人を面接するときには、「勢い」「明るさ」とかを重視してますからね。そういう人のほうが仕事をバリバリとこなしそうに見えるからそりゃそうですよね。

あれですよ ブラック企業に間違えた入ると確かに負のループになりますよ 社畜精神とかに洗脳されて一生ネガティブになってそういう仕事ばっかりうける病気になります

あとは、やっぱり既卒だからって焦ってブラック企業に捕まったりするとガチで人生がアウトになります。アウトになるというか、人生の修正が難しくなるといういい方のほうがしっくりくるかもしれません。

既卒だと「就職できればどこでもイイ」みたいな考えの人もでてくるんですよね。そうすると、ハローワークとかでテキトーに選んだ会社に入ってブラック企業にご招待みたいな運命をたどるわけです。

ブラック企業に入ると、その会社にいる間の人生の期間がまったく無駄になりますし、ヘタするとうつ病とかで倒れたり過労死したりと人生に絶大な悪営業をもたらすんですよね。

万が一、間違ってブラック企業に入ってしまったら、即日辞めてください。辞めると迷惑がかかるとか、3年は我慢したほうがイイとか意味不明なキレイごとを言っていると人生が簡単に詰んでしまいますからね。

関連記事:とりあえず3年勤めるはバカのやること

「とりあえず3年」理論て辞めてほしいですよ。言ってる方は当人がどれだけつらい状況にあるかってわかってないですからね。そんなこととをまじめにブラック企業とかで実際にやったら余裕で過労死、うつ病、自殺、思考停止、完全社畜状態いjなってしまいますからね。さっさと我慢しないで辞めて環境のイイ職場に転職しないと年齢ばかり上がってしまいますよ。

関連記事:ブラック企業の辞め方

ブラック企業を辞めるには、いったん退職してから転職活動をする必要があります。ブラック企業に勤めながら転職活動をするのは時間的にもほぼ不可能だからです。退職してからの自分の生活をキープすることができるだけの資金を確保するのと、転職ツールもイイものを選択するのがポイントです。

フツーに第二新卒とかの枠つかったり、20代向けの転職ツール使えば割と普通に就職できます

既卒になったら就職できないとか考えてる暇あったら、第二新卒の枠と使った就活とか、20代向けの就活とかに特化したツール使って就活したほうがいいですからね。若いうちにウジウジ考えてるのってちょっとめんどくさいですしね( ;´Д`)

あとちょっと上述しましたけど、ハローワークとかちまたにある求人誌とか使っちゃダメですからね。フツーにブラック企業が満載で掲載されていますからね。

これってハロワは掲載企業を審査委していないからなんですよね。だからブラック企業の美味しい奴隷の狩り場になっているわけです。悲惨です。。

就活エージェントでは、掲載企業を厳しく審査いているのでブラック企業はほとんどありません。また、就活のプロであるエージェントが就職活動に的確なアドバイスをしてくれます。

既卒になった就活って難しいとか煽られまくってるじゃないですか。やり方もわかりにくいですしね。

しかし、既卒の就活は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらったりして履歴書を作って面接対策すればフツーに内定が取れます。準備と対策をすれば内定は取れるもんです。

優良な求人を紹介してもらって自分の目で見てみると、成長中の会社の求人があってブラック企業じゃないっていう確認ができますし、これから自分がやっていきたい仕事の判断材料になりますからね。

優良なの就活エージェントは下記のとおりです。就活エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.JAIC(ジェイック)

2.若者正社員チャレンジ

3.就職Shop

 

JAIC(ジェイック)の特徴は「厳しい判断基準によりブラック企業を排除している」という所です。

アドバイザーが第二新卒での就活を経験したことがある人間がほとんどなので、あなたの立場に沿って第二新卒の就職活動をサポートしてくれます。

求人を探すところから面接対策までしっかりとしたサポートをしてくれる転職エージェントです。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して就職活動を行うことができるエージェントです。

JAIC(ジェイック)では公式ページの説明会エントリーフォームの説明会の場所を選択して、名前、アドレス、TEL番号を入力して登録します。登録は30秒ほどで完了します。あとは選択した説明会会場に行って説明を聞くだけです。

自分の希望の求人を紹介してもらって就活ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、就活に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

JAIC(ジェイック) (←公式サイトに移動します)

 

 

第二新卒ナビだけだと求人の幅がたりない、担当者と相性があわない・・・と言った場合は「若者正社員チャレンジ」や「就職shop」を選択しましょう。

若者正社員チャレンジも就職shopも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともジェイックに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

若者正社員チャレンジ事業  (公式サイト)

 

就職Shop(公式サイト)

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!