会社を辞めたい新卒入社の行動方法 新卒就活はギャンブルと同じ理由

新卒就職後に入った会社・・・この新卒での一括就職が「ギャンブル」って言われているのを知っていますか?

その「ギャンブル」のせいで、「新卒カード」という就職でもっとも強いカードを使ったにもかかわらず3割以上の人が会社を辞めていきます。 3割以上ってかなり多いです。というか仕事ってやりたいと思ってやってる人っています?今時。10年間にすると5割に人が辞めます。結局、新卒で入った会社を半分の人は辞めるんですね。

これって離婚率よりも高いですよね。離婚率は3割くらいなので、まあ就職と結婚はけっこうギャンブル要素が高いってのがわかります(;´Д`)

こんな状況ですから、新卒で就職してもすぐに仕事の現実がわかるんですよね。仕事が好きだとか言ってる人はほどんどいません。

少なくとも私の周りでは「仕事が好きだ」とか言っちゃってる人って一人もいません。例外はありません。

みんな我慢して、仕事してます。「お金のため」「家族のため」「世間体」なんか色々理由がありますけど

サラリーマンで勤めている人で「仕事が好き」なんて言ってる人見たことありません。現実そんなもんです。 新卒就職後に入った会社を見たあなたはそのあたりは痛感してるでしょう。

「あれ仕事ってこんなに面白くないの?」

「仕事って我慢するだけじゃん」

みたいな「現実」にとまどっていることでしょう。安心してください。みんなそうなので、あなたが特別おかしいわけではありません。 実際、新卒就職後に入った会社を「辞めたい」と思うのはホントに「普通」です。 なぜなら、最初に言ったように新卒カードの就職活動は「ギャンブル」だからです。かなり確率が悪いギャンブルなんですよね。

そりゃそうですよね。社会人経験のない大学生がネームバリューとかイメージで会社選んで寸ですから、そりゃあ入社してから現実とのギャップで苦しむわけですよ。

関連記事:新卒で入った会社を半年くらいで辞めたいときの行動方法

新卒で入った会社を半年で辞めたいっていうときの理由は「ブラック企業だった」か「人間関係が最悪」の2つがほとんどです。この場合には状況が好転していくことはないので間違っても「3年我慢して勤めよう」とか思ったらアウトです。社畜洗脳されてズルズルと利用されることになります。半年で辞めたいい時の行動のマインドを紹介しています。

大学生のうちには会社の「うわっつら」だけしか見てない状態で就職するから「ギャンブル」なんです

大学生の時に就活しても会社の内容の「うわっつら」しか見ていません。 そりゃあアメリカみたいに、長期でインターンシップして仕事をずっと社員と一緒にやってそれから就職するというなら会社の仕事内容もわかります。 あなたは、実際その会社で仕事したことがあって、それから会社に就職しました?

違いますよね。会社の規模や評判、OBからの話、ネットでのホームページを見たくらいでしょう。その会社の実際の仕事を「体感」したことは無いはずです。

そりゃあ、仕事内容なんて実際やってみないとわかりませんよ。だから実際入社してみて、自分の思っている以上に厳しい仕事だったり、まったく自分に合ってない仕事だった・・・なんてことになるのは当たり前です。

そして、「社会人経験がない」というのは最初は当たり前ですけど、それが無いと「仕事」というものに幻想をいだくことも多いんですよね。 最初に言いましたが「仕事が楽しい」なんて言ってる人私の周りでは一人もいませんよ。 世の中ににはそういう人もいるのもしれませんが、ほんのごくわずかな人なんでしょうね。

実際仕事は「楽しくない」のが普通です。お客さんにクレームつけられたり、嫌いな上司とかと接したりするのが楽しいわけないでしょう?どんだけドMなんだよとか思います。 実際仕事で「達成感」とか「やりがい」とかは会社側が言っている社員を縛り付けておくための洗脳です。

まあここまで書けば、新卒就職後に自分が満足できる職場に入れる人なんて1割もいないというのがわかるでしょう。だからみんな転職するんです。イヤな仕事でもせめて労働環境がよかったり、自分に向いている仕事だったらまだやっていけるからです。

しかし、いまどき「やりがい」「達成感」とかいう言葉に騙される人とかいるんですかね?でも大学生でもマジメで純粋な人なら黙れてしまうんでしょうね。

いくら達成感とかあってもサービス残業で激務で、しかも給料が安いとかで達成感とか言ってたらただのバカですからね。低賃金でいいようにこき使われているだけですから。

何が言いたいかって言うと新卒で入った会社がそういうブラック企業だったらすぐに辞めた穂がイイよってことを言いたいだけなんですうよね。ズルズルと何年も務めていると転職できないくらい年齢が上がってしまいますからね。

新卒就職後に入る会社の9割は自分の希望じゃない会社ということになります そこで初めて「会社」がどういうものかに気づくのです

自分の希望の会社に入っても

「あれ、この会社ダメじゃん」

と思う人を含めると、希望の会社に入れる人は1割にも満たないです。

ただそこで初めて、

「会社とはどういうものか」

「社会人ってこういうものなんだ」

っていう現実に気づくわけですね。現実って実際やってみたり経験しないとわからないものです。 そこで、その会社でイヤイヤ我慢して働いていくという方法もありませすけど、それをやっていると10年後にとんでもなく後悔することになります。 会社を辞めるのは早ければ早い方がいいわけです。それを防ごうとして

「3年が我慢したほうがいい」

という根拠のない3年ルールで縛ってくるわけですね。そう特にブラック企業になると

「若い使い捨ての労働力」

は欲しくてしょうがないわけです。そんための「3年我慢しろルール」ですね。これはブラック企業にとっては使いやすいです。

他にも

「すぐに会社辞めるなんて責任感が無いんじゃないのか?」

「辞めると迷惑がかかるよ」

といった体のイイ言葉がありますけど、このあたりは完全無視でいいでしょう。 あなたが40代とかだったら、簡単に会社を辞めたらちょっと厳しいことになりますが、新卒で入ったばかりなら

逆に早く辞めて、「第二新卒(学校卒業した25~26歳くらいまでの人材)」の枠での就活やっていかないと、すぐに26歳とか過ぎてしまいます。それこそ3年とか勤めたら終わってしまいますしね。

3年勤めるって、3年もかけないとその会社がダメかどうかってのがわからないってガチで思考停止ですからね。どんなに長くても1年あればその会社の仕事内容なんて大体把握できますしね。

今は情報がいくらでも手に入るので、3年も我慢してるってちょっと行動が遅すぎることになります。昔と違って情報がたくさん入るので、なんでも早い段階で判断できる世の中になってるんですね。これも時代の流れです。

関連記事:とりあえず3年我慢はものすごく思考停止ってことです

「とりあえず3年」理論て辞めてほしいですよ。言ってる方は当人がどれだけつらい状況にあるかってわかってないですからね。そんなこととをまじめにブラック企業とかで実際にやったら余裕で過労死、うつ病、自殺、思考停止、完全社畜状態いjなってしまいますからね。さっさと我慢しないで辞めて環境のイイ職場に転職しないと年齢ばかり上がってしまいますよ。

今では「第二新卒」の枠での転職が簡単なんで、すぐに失敗リカバリーできます いい時代になりました

今では「第二新卒」という枠があり転職が簡単な時代になりました。かなりいい時代です。

ただ、第二新卒といっても、新卒一括採用をしている大企業とかには就職はむつかしいです。第二新卒の枠を利用している会社は「ネームバリューが少なく新卒採用では人が集まらない、成長過程にある会社」だからです。 あなたは一度、新卒カードでの就活で入った会社を辞めたいのですから最初の就活は「失敗」したわけです。

その最初の「失敗」を次の第二新卒のカードで「改善・修正」していくわけです。こういった自分の人生を「改善・修正」していく人が結局美味しい思いをします。

そのままイヤなごとを続けていくのは「我慢強い」「根性がある」とか言われていますけど、私から言わせればただの「思考停止」「行動力がない」だけです。

だって自分の労働環境を変えれるのは自分だけなんですよね。誰かが転職先を世話してくれるわけではありません。

自分で就活の「改善・修正」ができるチャンスがあるならそれを利用しない手はありません。「第二新卒」の枠があるだけいい時代になたものです。

「でも、どうやって転職活動をしていけばいいかわからない」

という場合は「第二新卒専門の転職エージェント」を利用してエージェントに就活のことを相談してみましょう。 エージェントは転職のプロなので、的確なアドバイスをくれますし、履歴書作成や面接対策もしっかりと教えてくれます。

転職エージェントを利用して「第二新卒」枠での就活を効率よくやっていこう。

飛ぶ牛

転職するには、今いる業界(業種)に転職するか別の業界に転職するかで、大きくやりかたが違ってきます。

ただ、どちらの選択をするにしても、転職エージェントを使用すると効率的に転職できるのは間違いありません。

なぜなら、転職エージェントは、あなたと面談をして希望の求人を選択してくれたり、履歴書の作り方や面接の具体的なやり方までをサポートしてくれるからです。転職のプロであるエージェントがキッチリ転職のアドバイスをしてくれます。

なお、エージェントは登録から利用までが無料になっています。

これは、企業側が求人を出してエージェントに登録しているため、企業が転職エージェントに費用を支払っているためです。

このため、求人者は完全無料で利用できるわけです。

転職エージェントは登録すると、担当のエージェントがついて、あなたの希望の求職条件がどのようなものかを面談してくれます。

それをふまえて、良い求人をピクアップしてくれるので、効率的に求人を探していくことができます。

自分にどんな仕事が合っているかを一人で悩んで考えていると、どうしても自分の適性を見失いがちです。

転職エージェントではプロのエージェントに相談できるので、自分の適性を第三者の目から見て、的確なアドバイスをもらうことができます。自分では思いもよらなかったキャリアの適性が見えてくることもあるんですね。

転職をする意志が少しでもあるなら、自分が転職をイメージしている業界の動向を一度転職エージェントに相談してみるのをおススメします。

無料で相談ができるので、気軽に自分が転職に向いているか、転職したい業界は今どういった状況なのか?給料はアップするのか?などをを聞いてみるのもイイですね。

転職活動はとにかく一人でやると時間がかかります。履歴書作成・面接の準備、企業の情報の収集など、これを一人でやるのは効率が悪すぎます。転職エージェントを利用すると、こういう時間のかかる作業を削減することができます。

優良なの転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.JAIC(ジェイック)

2.就職Shop

3.若者正社員チャレンジ

 

JAIC(ジェイック)の特徴は登録者の就職への希望を最大限に尊重した求人紹介が特徴です。

アドバイザーが第二新卒での就活について、あなたの立場に沿って転職活動をサポートしてくれます。

求人を探すところから面接対策までしっかりとしたサポートをしてくれて、優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

JAIC(ジェイック)の登録は公式ページの無料登録フォームに名前、住所、アドレス、TEL番号が必須項目になってりるので入力して登録します。登録は1分ほどで完了します。

登録完了後にエージェントから確認のTELが入りますからTELは出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいですから大丈夫ですよ笑。

自分の希望の求人を紹介してもらって就活ができるかどうか判断するときにも、アドバイスをもらうことができるので、就活に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

(公式サイトに移動します)

 

 

JAIC(ジェイック)だけだと求人の幅がたりない、担当者と相性があわない・・・と言った場合は「就職shop」や「若者正社員チャレンジ」を選択しましょう。

就職shopも若者正社員チャレンジも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともジェイックに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

就職Shop (公式サイト)

 

若者正社員チャレンジ事業  (公式サイト)

 

 

 

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
error: Content is protected !!