40代の転職で失敗が続くときの行動とマインド リスクを抑えて謙虚なマインドと行動が必要

天国に昇るサラリーマン

40代で転職に失敗・・・・・みたいな情報とか死ぬほど出てますけどね。

いや、40代で転職とかうまくいくほうが少ないっていうか、何をもって「失敗」っていうんですかね?自分の希望の会社に入れなかったら「失敗」ってことになるんですかね?

それなら、失敗が多いに決まってますよ。だって、早期退職制度とかは40歳から対象って会社がほとんどですしね。それを考えると会社は優秀な管理職意外の40代なんていらないんですよ。うちの会社だって、ロクに働かない40代で給料だけは20代の1.7倍くらいもらってる人とか死ぬほどいますしね。そりゃ

いらないんですうよね40代の人材なんてね。

とまあ、こうやってあおってっますけど、40代でも仕事ってありますからね。正社員でも職種を選ばなければ普通にありますからね。運送業とか介護業界とか引く手あまただと思いますうよ。

何をもって「失敗」っていうのかわかりませんけど、40代で今まで勤めていた仕事よりも給料がよくて待遇ううがイイ仕事に就くのはそりゃ無理です。

その現実さえ分かっていれば、就職先は40代でもありますから大丈夫ですよ。それでも今まで勤めていた会社とかをリストラされて、再就職先が

今までと同じくらいの待遇とかになるとかの考えは捨てたほうがイイです。これ現実ですからしょうがないですよね。

 

関連記事:40代の転職活動で内定取れないときのマインドと行動

40代で再就職できない時のマインドと行動方法  リストラ・うつ病・経営不振で不本意な退職をしてしまっても再就職していきましょうよ
40代での転職って厳しいって三座に割れていますけどそれが現実です。今までと同じ待遇で働くのは無理なんですけど、そこは現実を知って無理なく謙虚に再就職活動をすれば、仕事が無いということはありません。ブラック企業とかじゃなければ給料は減りますけど、ストレスなく働ける職業もたくさんあるので、そこは再就職をうまくやっていくことで解決できます。

40代で転職するなら「勤めながら」の転職は基本 リスクを考えると転職先が決まってからの退職は必須ですからね 40代ではリーマンやってた時のスキルは役に立たないと割り切る謙虚な気持ちが必要

さっきリストラとか言いましたけど、それこそリストラとか会社がつぶれたとかの理由以外だったら、40代での転職活動は「勤めながら」やるべきですね。

40代ってリスクをいかに減らしていくかってい年代なんですよね。まずは、転職するなら「会社に勤めながら」が鉄則です。

40代くらいだと、変に勘違いして「俺はどこに行っても通用する」みたいに思ってるオッサンとかいるんですけど、日本の会社ってその会社内でしか通用しないスキルがほとんどなんですよね。特にホワイトカラーの仕事で金融とかそのあたりの仕事は全く潰しが効きいません。私は地銀から

転職したので、金融業界から転職ってまったく使えるスキルとか無いですよ。ただ、金融商品売ってるだけですからね。

だから、そのあたりの自分のスキルとかは過信しないで、普通にリーマンやってきた人はスキルなんてないもんだと思ったほうがイイです。これも現実ですけどね。

逆にそういう謙虚な感じでイケる人は40代でも普通に転職できますからね。

この「変なプライド」「変な自信」が40代の転職では命取りになります。

個人的には、40代でプライドなんてないですけどね。会社の「中」だけでは価値がる人って結構多いじゃないですか。一歩外出ると、ただのオッサンってことです。

転職活動であなたが今まで働いてきた姿を面接官に見せることができるわけじゃあないですからね。面接官にとって40代ってただのオッサンですから、

今まで課長、部長だったとしてもまったくそんなの面接官にしてみればどうでもいいことなんですよ。

今までのキャリアとかがある・・・・みたいな考えはすっぱり捨てたほうがイイですね。なんでここまでクドクドいうかと言うと、私も面接官の係をやったことがありますけど40代くらいで面接に来る人ってホントにこういう人多かったんですよ。

面接なのに、武勇伝とか話すオッサンとか、何考えてるんだ??って思いましたからね。お前は一生武勇伝方って地味に生きてろって思いましたからね。

逆に、40代でも謙虚な話し方と、プライドを捨ててやってる人はものすごく好感を持たれます。基本年下の人にでも敬語使ってくださいね。当たり前ですけど。

社外に出たら、転職活動をするってことは、すべての人があなたよりも地位が上だという位に思ったほうがうまくいきます。

よくタクシードライバーとか清掃業とかしか就けないとか言われますけど工場勤務が一番おいしい選択ですよ 40代の人でもかなり入ってきますからね

40代の転職って言うとタクシーの運ちゃんとか清掃業とかにしか就けないと思っているかもしれないですけどそうでもありません。

とういか、清掃業とかでも個人的にはいいと思いますけどね。変な会社のしがらみとか無いですし、ストレスも少ないでしょう。

さて、40代といっても転職さきには選んじゃいけない業界とかもあります。

介護職、飲食業、販売業とこのあたりですね。

とにかくこのあたりの業界は死ぬほど激務で給料も安いです。だからいつでも「誰でもイイから来てください」状態なんで就職は誰でもできます。

ついつい、転職活動であまりに就職先が無いからと言って介護とか飲食、販売系に行ってしまうと悲惨ですよ。ただでさえ40代で体力が落ちてるのに

長時間労働で激務で、人的なストレスとかもひどいですしね。いくら転職先が無いからと言ってもこれらの業界とかにいくと高確率でつぶれます。

でも40代だとまともに就職できるってところが確かに少ないです。

ものすごいスキルがあって、管理職待遇とかで転職できる人はこのページスルーしていいですよ。転職で苦労している40代ってことで書いてますからね。

個人的にには40代で転職がきびしい、失敗ばかりしているっていうならブルーカラーの仕事がイイですよ。

特に工場系の仕事なんかいいです。最悪でも派遣でも工場系の仕事って食っていけますからね。給料がブルーカラーの中でも一番いいですしね。

工場の仕事って定時で帰れますし、残業代もつくし有給休暇も完全消化できますからね。正月、ゴールデンウィーク、お盆と10日前後の長期休暇もあるし給料もそこそこいいです。

40代でも工場系の仕事はけっこう募集しています。たしかになれるまではきついですけど、仕事が慣れてくるとけっこう余裕です。

介護職とか飲食、販売の仕事って永遠になれることが無いくらい激務ですからね。しかも長時間労働で超薄給です。仕事が無いと言ってもこの業界だけは避けたほうがイイですマジで。

あとブルーカラーでも建設業とか運送業とか清掃業、警備員とかもそこそこ給料がもらえます。ただ、工場系の仕事が一番おいしいというか働きやすいですね。

建設業、運送業なんかは会社によっては激務のところと、仕事が楽なところと差が激しいです。工場系はだいたい「普通くらい」の仕事量のところが多いですね。

あと、いままでホワイトカラーの仕事だった人が建設業や運送業(トラック)とかの現場をいきなりやるのはけっこうきついです。

しかし工場だったらそうでもないですよ。私は地銀から製造業の工場現場をやりましたけど、最初はきついですけど2~3ヶ月で慣れましたからね。

へなちょこな私でもできますから、普通に運動とかしてた人なら楽勝でしょうね。

40代で転職に失敗するってのは、いろんなパターンがありますけどホワイトカラーばっかり面接受けてるんじゃないですかね?そりゃ失敗しますよ。

ホワイトカラーの仕事なんて40代以降は相当優秀な管理職しかいらないですからね。企業が40代以上の人間を必要としてなないからです。

ブルーカラーならまだ40代だとけっこう若手くらいに感じるわけです。50代60代でも現場でやってる人かなりいますからね。

そう職業選択のときに「変なこだわり」とか捨てたほうがイイですよ。

実際、私も地方銀行とかってモロにホワイトカラーですけど、そこから工場現場に行って、ぶっちゃけて言うと全然工場現場の仕事のほうが精神的のも肉体的にも楽でしたからね。

ホントに肉体的にも楽のか?と突っ込まれそうですけど、地銀で営業で毎日外回りやって、動き回ってるより工場で一定の作業やってる方が全然楽です。

これって建設現場とか運送業とか清掃業とかも基本ルーティン作業なんで慣れると営業職なんかよりは100倍やりやすいですからね。

 

関連記事:製造業のホワイト工場は美味しい仕事ですよ

ホワイト工場は定時で帰れるのは当たり前 ホワイト製造業に転職してブラック企業をおさらばしよう
製造業のメーカー企業でホワイト工場って実際けっこうあるんですよね。定時で追われて残業もついて長期連休もある。それでいて仕事内容もきつくない、どっちかというとゆるい。そういうホワイト工場に転職できるとブラック企業に勤めていたのがウソのようです。実際に生活も楽になりましたし、プライベートも充実してとても満足しています。

視野を広めてブルーカラーの仕事をかが得るのも一つの手です 逆にそっちの方が精神的に楽ですよなんかホワイトカラーの仕事よりね

40代の転職って、まさかホワイトカラーの仕事だけとかを狙ってやってないでしょうね?

それってプライドが高い人がやる典型的な間違いです。そもそもリーマンなんて40代以降はホワイトカラーなんか「優秀な管理職」しかいらないんですよ。

管理職なんて30人に一人くらいでしょ?そこに入り込めるな人じゃないとなかなかホワイトカラーの仕事に再就職なんてできませんよ。

だからブルーカラーの仕事を探せとは言っていません。ホワイトカラーでもブルーカラーの仕事でもブラック企業はありますし、ホワイト企業もあります。

介護、飲食、販売とかの仕事に就くのは論外ですけど、それ以外だったら視野を広くも持って自分がやれる仕事を謙虚な姿勢で探してくのが一番の近道です。

一番まずいのは、よく定年して地区の自治会の集まりとかで、いままで部長とかやってたオッサンが

「俺は○○会社の部長をやっていたんだ(だから偉いんだ)」

とか言ってる人とかたまーにいますよね。態度がでかいというより悲惨なくらい痛い人間いなってい人・・・・こうなともう人間「終わり」なんで

会社で地位が高ったといっても、一歩外に出れば全くそんなものどうでもいいっていう現実を知りましょう。そのうえで転職活動をしていけば再就職はできますから大丈夫です。

40代の転職活動でもブラック企業に捕まらないようにするのはやはり大事です 落ち着いて転職活動をしていきましょう

40代で転職すると言っても転職活動のツールで何と使うか?っていうと転職エージェント一択ですからね。やっぱり転職してブラック企業に捕まるってのは一番避けたいところです。そこをうまくできるのが転職エージェントなわけなんですよね。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているのでブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが的確に転職活動についてアドバイスしてくれます。

転職ってたしかに難しいイメージもありますし、初めての場合はとりあえず何からやっていいのかわからないってあります。

しかし、転職は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらったりして履歴書を作って面接対策をすれば内定は取れます。準備と対策をすれば内定は取れるもんなんですね。

優良な求人を紹介してもらって自分の目で見てみるのがイイと思います。ブラック企業じゃない求人があるっていう確認にもなりますし、コラからやっていく仕事を選ぶ上での判断材料にもなりますからね。

 

→使いやすい転職エージェントの情報はコチラから