35歳で未経験OKの正社員での転職  職種を選んで効率的に転職する方法

転職方法

35歳で転職するのってけっこう微妙な年齢ですよね。

このページ見てるあなたは「35歳で転職ってできんのかなあ?」って思ってるでしょうからね。

ただ、転職するしかない状況・・・・あまりにブラック企業で限界だったり、上司のパワハラでもうダメだったり、リストラなどで職を失った場合なんかは35歳でも転職するしかありません。

最初に結論言うと35歳でも未経験でも就職できる会社ってたくさんありますよ。ただし、そりゃ大企業とかいわゆるネームバリューがある、新卒とかで人気があるような会社は無理ですけどね。

私の勤めていた製造メーカーでは普通に30代で中途採用で入ってきましたからね。たいていは未経験です。というか、よくある「経験者」っていうのって普通にリーマンやってたらごく限られた仕事になりますからね。

営業やってて営業が嫌で転職したいのに、同業種とかで転職するわけなですからね。たいてい今までの会社が嫌で辞めるパターンとかがほとんどですからどうしても違った業界に行くパターンが多くなりますからね。そりゃ未経験になるのも無理はないです。

ホントぶっちゃけて言うと、リーマンやってたからってスキルとかを身に着けてる人なんて少ないですよ。あなたの周りでも社外で使えるような技術持ってる人なんていないでしょ?だから、ほとんどが「未経験」での転職になるのは仕方ないことなんですよね。

35歳で未経験でいい業界っていうとブルーカラーとホワイトからーだったら営業とかです そのあたりの現実が分かって行動したほうが効率がイイです

35歳で未経験で転職って言うと、効率を考えるとホワイトカラーの仕事とかって最初から辞めたほうがいいです。

そもそもなんでホワイトカラーにこだわるんですかね?ぶっちゃけブルーカラーの仕事のほうがストレスたまりにくいし、給料もホワイトカラーに比べて同じくらいですしね。

ブルーカラーの仕事だって、最初は現場ですけどそこからリーダーになって係長、課長と段階を踏めばずっと現場やってわけじゃないですし、ホワイトカラーと

構造は全く一緒です。ただ、仕事内容がオフィスになるか現場になるかって違いだけなんですよね。

そもそも、ホワイトカラーだって営業の仕事なんかブルーカラーよりもよっぽど体力勝負ですし、ノルマとかありまくってストレスとかすごいですからね。

個人的にはブルーカラーのほうが全然仕事にストレスが無くていいです。このサイトで何度も言ってますけど、私はいわゆる地方銀行っていうベタベタの

ホワイトカラーの仕事から製造業に転職しましたけど、全然、製造業の工場現場のほうが楽でしたからね。それでもって給料もそんなに変わらなかったです。

ホワイトカラーっていっても地銀営業をやっていたので、ノルマに追われて毎日パラハラ上司から罵声浴びせられてましたからね。ホワイトからーつっても

ドブ板営業ですから。これって金融業界や証券、広告代支店、商社といったホワイトカラーの仕事全般に言えますからね。たいてい男は営業やりますしね。

ノルマに追われてストレス溜める生活をするわけです。

それが、ブルーカラーにはノルマも無いですし、複雑な人間関係とかもすくないですしね。ちなみに工場とかって定時で帰れるし、残業をやっても残業代付きますしね。

ホワイトカラーとかだとサービス残業とかですからね。これって給料を時給換算すると1000円くらいだったりしますからね。深夜まで働いてしかも家に仕事持って帰って遣ったりとかしますからね。それ考えると時給で見るとめっちゃ低い時給で働くのがホワイトカラーの仕事の「あるある」です。

ブルーカラーの仕事って残業代つきますからね。工場では正月、ゴールデンウィーク、お盆と10日前後の長期休暇もあるし、有休も基本ぜんぶしょうかできます。

ホワイトカラーの仕事って有休ってあまりまくるでしょ?有給使いたくても使わないっていう悲惨な状況です。

工場では「有休ちゃんと消化してくださいね」とか言われますからね(;´Д`)えらい違いです。

工場の仕事ってイメージなんとなく暗いですけど、ずっと現場やってるわけじゃあないですからね。普通に仕事ができればリーダーになって係長、課長に

なっていきます。工場長ってたいてい現場上がの人が多いですよ。工場長とかだと年収1300万円くらいはもらってますしね。

とまあ、結局ホワイトからーだろうがブルーカラーだろうが仕事には変わりなないです。だったら、私だったらブルーカラー選びますしね。

ノルマも無いですし、時間とかもピッタリ終わりますしね。なにより人間関係が薄いのでストレスがたまりにくいです。

ブルカラーっていっても、工場から建設、警備員などがありますけど、やっぱり圧倒的にイチオシは工場です。そういったホワイトカラーにこだわれい続ける

事が無ければ35歳くらいでも普通い未経験でもいける転職先はけっこうあります。特に、事業を拡大している製造業とか建設業とかがねらい目ですね。

そういう会社はこれから会社の規模が伸びていくか打性が高いですし、中途採用も多くやっているので、かなりオイシイ転職先です。

 

関連記事:製造業のホワイト工場の仕事は美味しいですよ

ホワイト工場は定時で帰れるのは当たり前 ホワイト製造業に転職してブラック企業をおさらばしよう
製造業のメーカー企業でホワイト工場って実際けっこうあるんですよね。定時で追われて残業もついて長期連休もある。それでいて仕事内容もきつくない、どっちかというとゆるい。そういうホワイト工場に転職できるとブラック企業に勤めていたのがウソのようです。実際に生活も楽になりましたし、プライベートも充実してとても満足しています。

ぶっちゃけホワイトカラーにこだわる意味ってあんまりないですよ ブルーカラーのほうが多少肉体的にはつらくても精神的には楽です

あと、ホワイトからーにこだわる必要ってあるんですかね?

もしかして「なんとなくホワイトカラーの仕事のほうが楽そうで給料もよさそうだから」

とかいう漠然とした理由だったらタダのバカですよ?というか、ホワイトカラーの仕事がこの世で一番きっついですからね。これって営業とかの仕事やったことがある人ならわかるはずですからね。

ちなみに男性の話をしています。女性だったったら事務職とかをやることがおおいので、ホワイトカラーだろがブルーカラーだろうがけっこう楽なんですよね。

男はホワイトカラーの仕事をすると80%いじょう営業かそれに近い仕事をやらされます。平たく言うと「ノルマのある仕事」ってことです。

ノルマのある仕事って・・・・いやほんとにその時点でキッツいですよ。家に帰ってもノルマのこととか考えますし、休みの日とかも完全にリラックスできませんしね。

これってずっと休みの日とかでもストレスがたまり続けていくわけですよ。そんな仕事ホント金輪際やりたくないですからね。

それ考えるとほんとに製造業の仕事とか最高ですからね。ノルマとかが無い仕事がこれほど楽なのかってのを実感できますからね。

ブルーカラーのデメリットって「体力的にツラい」ってことですけど、いや・・・・営業とかやってる方が全然体疲れますよ。

だって動き回って、しかもいろんな人としゃべらなきゃいけないって相当体力を消耗します。私も営業とかやってた頃って仕事終わって家に帰るともう、何もできないほどぐったりしていましたからね。そのくらい営業とかって体力使います。

私が製造業に転職して最初の3年間は工場現場をやりましたけど、きついのは最初の2か月くらいであとは、体も慣れてくるので全然楽でした。

なにより、人と話さなくてもイイってのが最高ですね。しかもノルマとかないし、これで地銀営業と同じくらいの給料もらえるんだからマジで最高でしたよ。

それでもいいならホワイトカラーの仕事にこだわって、転職活動をしてください。けっこう35歳からでホワイトカラーへの転職ってキッツいですよ。

 

関連記事:ホワイトカラーの仕事ってガチでノルマばっかりでしょ

地方銀行を辞めたい人が転職すべき理由 ブラックでノルマと長時間残業の現状
地方銀行(地銀)にいると営業やらされてやたらノルマがきついです。そのため仕事も当然長時間残業を強いられて精神的に追い詰められていきます。そうすると辞めたいと思うのは当然です。ブラック地銀の兵隊は給料も安くて出世しにくいですし、出世のためには上司に媚びを売る必要があります。それができないなら労働環境を変えてみる必要があります。

ホワイトカラーに未経験OKの求人はほとんどないので、 その業界に派遣社員で潜り込んで実務経験を積むのもアリですね

ただ、ホワイトカラーに35歳で未経験でOKの求人てほとんどないですからね。

逆に言うと実務経験2年とかそういう求人って多いんですよね。そういう場合にはいっそのこと派遣社員とかでその業界に潜りこんで、実務経験をゲットしてしまうって方法もあります。

派遣社員なら普通に未経験OKの求人て30代でも40代でも結構あります。

たとえば、会計事務所とかに派遣社員で潜り込んで、雑用係として仕事をしたりします。雑用と言ってもけっこう派遣とかって正社員と一緒の事やらされますから会計事務所の実務って覚えますからね。

その間に簿記2級とか取って2年くらい勤めるわけです。それから実務経験アリの正社員の求人の面接を受けるっていう手もあります。

こういった、多少でも長期的に就活を考えいる人は最終的には転職活動に勝ちます。実務経験とかって派遣社員出も同じですからね。

しかしまあ、個人的にはそこまでしてホワイトカラーの仕事とかに入る必要もないんじゃないかと思いますけどね。そのあたりはあなたのこだわりになると思いますけど35歳っていう年齢を考えて自分でやりやすい方法を取っていくのが無難ですよ。

35歳の転職活動ではブラック企業に捕まらないようにするのも大事です 焦らず転職活動をしていきましょう

35歳くらいで転職活動するときに転職活動のツールで何と使うか?っていうと転職エージェント一択ですからね。やっぱり転職してブラック企業に捕まるってのは一番避けたいところです。そこをうまくできるのが転職エージェントなわけなんですよね。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査委しているんので、ブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動について的確にアドバイスしてくれます。

転職って難しいイメージですし、初めての場合何からやっていいのかもわかりにくいですからね。

しかし、転職は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらったりして履歴書を作って面接対策をすれば普通に内定は取れます。準備と対策をすれば内定は取れるってことですね。

優良な求人を紹介してもらって自分の目で見てみるのがイイと思います。ブラック企業じゃない求人があるっていう確認もできまし、なによりこれからやっていく仕事を選ぶうえでの判断材料にもなりますからね。

 

→使いやすい転職エージェントの情報はコチラから