32歳の未経験業界への転職を成功させた具体例 地方銀行から製造業に転職しました

決断力

32歳で転職となると、いわゆる「就職30歳の壁」というやつにぶち当たります。20代のうちは未経験でも中途採用されますが30歳を超えると「実務経験や具体的なキャリア」が必要な求人がほとんどになります。

確かに実際にそうです。私もそういう求人がぶっちゃけ8割以上で親し、30歳以上で未経験で雇ってくれそうなのはいわゆる「ブラック企業っぽい」求人が多かったです。

ただ、32歳で転職活動をした経験から言うと、まめに求人をチェックして履歴書を丁寧に書いて、面接対策すれば結果はついてくる。ということです。求人をチェックすれば普通にホワイト企業もありますし、実際、私も32歳で未経験でホワイト工場の製造業に転職することができました。

もちろん運の要素もあります。ただ、その運のイイ求人を見つけるにはマメに求人をチェックしたり転職エージェントと頻繁に連絡を取っていました。

実際私が転職した理由は前の会社が「ブラック」だったからです。いわゆるネガティブな理由での転職です。地方銀行だったんですけど、メッチャブラックな仕事で営業でノルマきつくてパワハラ上司から毎日罵声浴びてましたからね。そりゃ転職もしたくなりますよ(;´Д`)

「キャリアアップしたい」とか「もっとレベルの高い仕事がしたい」といったポジティブな転職をする人は、同業種に転職する人が多いでしょね。そのため転職でもキャリアは十分の可能性があります。というかそういうケースが多いです。

わたしのように、もうこの業界(地銀)にはいたくなかったので、別業界への転職希望でした。当然地銀の営業しか経験が無かったわけですが、ぶっちゃけていうと「営業」が嫌だったので転職を決意したわけです。

そのため、希望の総務とか経理とかは実質「未経験」でした。銀行営業なんてぶっちゃけ根性だけで成り立ってますからね。

それでも嫌で嫌で嫌で嫌でしょうがなかったので転職活動をしていたわけです。

32歳で地銀を退職して製造業の総務課に就職しました 地銀にくらべたら天国でしたよ 未経験業界でも内定取れました

整備士の男

結果的には地銀から製造業の総務課に転職できました。

そのときは、とりあえずその業界(自動車業界)の動向については毎日チェックしていました。チェックっていってもネットの経済欄を見ているだけでしたし、転職エージェントからの情報を聞いたりしてした。

あと求人は求人誌は毎日チェックしてました。それと転職エージェントにはウザいくらいにこっちから電話したりしてましたね。

とにかくイイ求人がないかチェックはしてました。

そうすると、たまーにあるんですよ。いい企業で規模拡大や事業を拡大するために求人を出すケースがたまにあるんですよね。

これって毎日求人チェックしたりエージェントにマメにコンタクトとってないと絶対見つけられないです。ホント「タイミング」ですからね。

そいういう求人をあたって、何度か面接しました。7社くらい受けましたね。当然5社落ちて2社内定だったわけです。

サラッと書いてますけど、7社受けた期間は1年かかってます。31歳から32歳になっていましたしたよ・・・・

なので、いかにいいタイミングでの求人を拾うかと、その業界についての情報を得ているかによります。おかげで面接はそこそこ業界の話も対応できました。

実際、最初はハローワークとか使っていて、あまりに求人の質がひどくて途中から転職エージェントを利用したわけです。

求人の質も上がって、あとは面接でのアドバイスをもらえたのが大きかったですね。面接って自分の悪い部分を改善しておかないと、何度受けても何度も落ちるってことになります。逆に欠点改善すれば、高確率で内定が取れます。

面接対策をしたおかげで、そこからは連続で2社内定をもらうことができました。そしていわゆる未経験でも製造業のホワイト工場に転職することができました。

 

関連記事:ホワイト工場の仕事は美味しいですよ

ホワイト工場は定時で帰れるのは当たり前 ホワイト製造業に転職してブラック企業をおさらばしよう
製造業のメーカー企業でホワイト工場って実際けっこうあるんですよね。定時で追われて残業もついて長期連休もある。それでいて仕事内容もきつくない、どっちかというとゆるい。そういうホワイト工場に転職できるとブラック企業に勤めていたのがウソのようです。実際に生活も楽になりましたし、プライベートも充実してとても満足しています。

運もありましたがとにかく求人を毎日チェックしましたあとタイミングですね。企業拡大の会社は急に求人を出します

デブリーマン
運の部分も大きかったですけど、やっぱりブラック企業でもう精神的に限界だ辞めないと死ぬという以外は

働きながら転職活動をしていったほうがいいです。精神的にもその方が楽です。仕事が忙しいケースで求人チェックなんかしてる暇もないっていう人でも転職エージェントに頼めば何とかないります。

あと、これがむつかしいですけど、「求人が来るのをひたすらチェックする」「じっくりと転職活動をして焦らない」というのも大事です。

焦りがあるとついついろくでもない求人とかでも面接受けたりします。でもこれって31歳で転職するならもうろくでもない求人て受ける意味って全くありません。

少しでも状況を良くするための転職なのでできれば求人も選んだほうが良いです。だから1年もかかってしまったわけですけど

今考えると間違ってなかったと思います。それだけ転職に限ってはこだわりを持ったほうが良いですね。

とにかく、求人選びは自分いと一人でやるときついです。転職エージェントで求人紹介してもらって、その中から選んでいくというほうが楽ですしね。自分で求人を探す時間をそのまま履歴書書いたり、面接対策の時間に充てることができるので、とても助かりました。

 

関連記事:転職エージェントのメリットとデメリットを見てみました

転職エージェントのメリットとデメリット 有効な利用方法を考えましょう
転職エージェントはあくまでも転職の効率を上げるツール=道具です。ハローワークなどはブラック企業が多すぎるので転職エージェントを使うという選択肢しかないわけです。そのメリットとデメリットを知ったうえで、効率よく利用することが転職活動をうまくやる秘訣です。転職は準備と対策をすれば内定を取るのはそれほど難しくはありませんよ。

求人情報はやはり転職エージェントに登録しておくのが堅いです その方がやっぱり楽ができました 転職活動は時間との戦いですからね

 

あと求人情報は転職エージェントに登録しておいてマメに連絡したほうが堅いです。求人誌とかにはあまり良い求人はなかったです。あってもブラック企業のにおいがプンプンしている求人でしたね。

転職エージェントなら仕事で忙しくても求人をピックアップしてくれていたので助かりました。自分ひとりの力では
ちょっと厳しかったです。やっぱり利用するものは利用したほうが良いです。

プロのエージェントがあなたと面談して希望に合った求人をピックアップしてくれます。

転職するには、今いる業界(業種)に転職するか別の業界に転職するかで、大きくやりかたが違ってきます。

ただ、どちらの選択をするにしても、転職エージェントを使用すると効率的に転職できるのは間違いありません。

なぜなら、転職エージェントは、あなたと面談をして希望の求人を選択してくれたり、履歴書のの作り方や面接の具体的なやり方までをサポートしてくれるからです。転職のプロであるエージェントがキッチリ転職のアドバイスをしてくれます。

なお、エージェントは登録から利用までが無料になっています。

これは、企業側が求人を出してエージェントに登録しているため、企業が転職エージェントに費用を支払っているためです。

このため、求人者は完全無料で利用できるわけです。

ブラック企業やブラックな職場にいると、どうしてもその職場から脱出することまで頭が回りません。

余裕が無くなっているですね。転職なんて考える暇もないかもしれません。

視野がせまくなっていて、自分の勤めている会社が全てみたいになっているパターンもあります。

転職エージェントに相談してみると、「まともで従業員にやさしい会社」っていうのが世の中にはいくらでもあるというのに気づくことでしょう。

ブラック企業ばかりじゃないんですよね。普通の会社もたくさんあります。それに気づいていないだけです。

転職エージェントはそういった転職のやり方の相談もアドバイスしてくれますし、求人を扱っている会社を審査してるのでブラック企業はほとんどありません。

ハローワークとか普通の求人誌は求人掲載する会社を審査しないので、ブラック企業がいっぱいの状態になってしまうんですよ。

転職エージェントの登録利用は無料です。求人依頼会社から報酬をもらってそれで運営しているからです。

まともな会社が世の中にはあるということを知るだけでも、視野が広がって人生の選択の幅が広がってきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.リクルートエージェント

2.CONNECT(コネクト)

3.パソナキャリア

 

リクルートエージェントは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は「かんたんスピード無料登録」をクリックしてメールアドレス・名前・生年月日・電話番号と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

【リクルートエージェント】 (公式サイトに移動します)

 

 

パソナキャリアが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はCONNECT(コネクト)かパソナキャリアを選択しましょう。

CONNECTもパソナキャリアも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともリクルートエージェントに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

CONNECTは企業のキーマンに直接会えるというシステムで転職活動を効率化できます。また多くパソナキャリアは幅広い求人が多くのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

CONNECT(コネクト)(公式)

 

【パソナキャリア】 (公式)

 

地銀から製造業っていう、いわゆる「異業種で未経験」の業界ですけど、内定理由あとでこっそりと人事の人間に聞いてみたら、「数字に強そうだから生産管理もできるだろ」みたいなほんとテキトーな理由でした。

そう、面接官て結局自分の好き嫌いで、採用するか不採用か決めてるだけなんですね。

それに、実際もうわかってると思いますけど、実際仕事ってその仕事の経験者でも仕事できない人もいるし、未経験でも3ヶ月もすればバリバリ仕事する人もいます。

そう、仕事なんて経験があろうがなかろうがサラリーマンレベルの仕事なら「できる人はできる・できない人はできない」ってことです。そんなの面接官から会社側もわかってるんですよね。

だいたい、組織が大きければ異動すればまったくやることが変わるので、どうせ1からおぼえるので未経験者と一緒です。

そりゃ、弁護士とか会計士とかSEとか看護師とかね、そういう仕事は経験がものをいいますけど、リーマンの仕事なんて異動もあるし、広く浅くできる人が生き残るだけです。

話が逸れましたかけど32歳くらいなら普通に未経験でもOKな仕事はいくらでもあります。特にブルーカラーならいくらでもありますよ。

思うんですけど、ホワイトカラーの仕事にこだわりすぎですよ。私はリーマンやるならブルーカラーのほうがイイですね。地銀とかホワイトカラーですけど、地銀営業とかなんてヘタなブルーカラーよりもよっぽどストレスたまりますし、精神的にもきっついですからね。ホワイトカラーのほうがきつい仕事が多いように思いませんか?

自分のやる仕事をイメージだけで選ぶとけっこう悲惨ですからね。私がそうだったように。実際ブルーカラーのほうが定時で終わるし、人間関係も薄いし、ノルマもないですしね。ストレス激減しました。マジ最高です。

32歳でも未経験でも仕事は十分ありますし、なにより仕事を選ぶときに会社の規模とかネームバリューだけで選ぶんじゃなくて、ちゃんと仕事の内容、独占的なシェアがあるとかとっ教があるとか、独自のビジネスモデルがあるとか、会社が成長中とかそういった視点で選んでいくべきなんですよね。そこを大事にして言ってほしいです。

 

関連記事:成長中の会社に入ることが本当に大事です

大企業に入社して後悔する理由 会社の「規模」で見るのはやめて「仕事内容」「成長性」で会社選びをしないとダメ
大企業に入社したけど後悔している。仕事が激すぎる、組織が大きすぎて報告書を出すのが仕事になっている、媚びる人しか出世できないだから辞めたい・・・みたいな大企業って「規模」が大きいだけで、そこまで安定性は無いものなんでよ。会社を選ぶときに「仕事内容」「成長性」を見てないと本当に悲惨なことになります。大企業に入って後悔してるなら転職したほうが無難ですよ。