30歳のフリータが正社員になるべき理由 将来40代50代になるとバイトも雇われなくなる

考える人

30歳でフリーターだと「人世詰んだ」とかネットでさんざん叩かれてますね。

そりゃ20代のうちにずっとバイトやってたんだから人生が詰みつつありますけど、実際私のリーマン時代に中途採用で入ってくる30歳とかってけっこういままでバイト上がりの奴とかいっぱいいましたよ。普通に今までバイトとかでも正社員になる人はたくさんいます。

ただ、さしかにホワイトカラーの大企業とかは無理っていうかそんなの募集してませんけどね。結局、ホワイトカラーけいは新卒一括採用でほとんど採用が終わりますし、なにより中途採用にしても職歴とか見ますから、ホワイトカラー系は今までフリーターだった人は無理があります。

あ、ホワイトカラー?で一つだけ行けるのは「営業」の仕事です。でも営業の仕事はほんんとおススメしませんよ。私も地銀で営業やってましたけどホントに地獄と言うかノルマに追われてパワハラ上司に罵声浴びせられてストレスたまりまくりで「うつ病」になりましたからね。これってホント悲惨でしょマジで。

営業だけはホワイトカラーの仕事の中でもさらにキッツい仕事です。人生でなるべくなら避けるべき職種ですからね。

関連記事:飛び込み営業はマジで地獄ですからね

飛び込み営業をやってると、いつも門前払いでメンタルをやられるうえに、ノルマで上司に罵倒されてでも出世もできず給料も安いという1ミリもイイことがありません。なんかやりがいとかいう言葉で騙されて一生飛び込み営業するわけにもいきませんからね。こういった辛い職種は普通にブラック企業を避けて転職するのが一番だと気づいてしまったんですよね。

みんなどうしてもホワイトカラーの仕事やりたがりますけど、結局、ブルーカラーの仕事でも普通に現場の仕事から事務の仕事もありますし、ホワイトカラーだって営業に回されるかもしれないしずっとオフィスでのんびりやる仕事ってのはあんまりないですからね。

何が言いたいかって言うと、30歳でフリーターから正社員になりたいなら、できればブルーカラーの仕事を狙えってことです。というかブルーカラーの仕事のほうがけっこう長続きしますよ。

特に地方とかに行くとホワイトカラーの仕事なんてあんまりなですからね。公務員くらいしかないってのが現状です。

結論言うとまだ30歳なら正社員になれます できればブルーカラーの仕事狙ったほうが楽ですよ 就活も人生もね

結論言うと30歳なら普通に正社員になれます。できればフルーカラーの仕事を狙ったほうがいいです。

これって、ブルーカラーの仕事が愁傷しやすいってこともありあますけど、長期的に見るとブルーカラーの仕事のほうが勤めやすいってのもありますからね。

ブルーカラーっていうと、工場、建設あたりがイメージできますけどその中でも特に工場系ってけっこう正社員で募集してます。とうかブルーカラーの中では特に工場系の仕事が長期的に「楽」です。

工場系の仕事ってなんとなく「キツイ」イメージがありますかけど、わたしの体感では「営業の仕事」に比べれば全然楽ですよ。

工場系のしごとはノルマも無いですし、定時で帰れるし、普通に有給休暇も消化できますからね。しかも正月、ゴールデンウィーク、お盆と長期休暇もあって給料もそこそこもらえます。なんか地方銀行と給料がたいして変わらなかったのを覚えています。これって地方銀行の給料が昔より下がったからですね。

ホワイトカラーの仕事って給料が盛ってるんですよね。ブルーカラーの仕事はそれほど昔より下がっていません。

現実的に30歳超えたら事務の仕事とかは公務員意外募集してるのって見たことないですし、飲食業とか介護や販売業とかはブラックで激務な職場なので避けたほうがイイですしね。

消去法でブルーカラー一択になります。30歳から正社員になるにはそのほうが効率がイイですし、長期的に務められる会社もブルーカラーのほうが多いです。

工場の仕事とかって最初は現場でやってそこからリーダー、係長になっていくコースと事務所に入って生産管理や品質管理をやるようになります。現場一筋の人もいますし選択肢は意外と多いです。

関連記事:ホワイト工場の仕事は美味しい仕事ですよ

製造業のメーカー企業でホワイト工場って実際けっこうあるんですよね。定時で追われて残業もついて長期連休もある。それでいて仕事内容もきつくない、どっちかというとゆるい。そういうホワイト工場に転職できるとブラック企業に勤めていたのがウソのようです。実際に生活も楽になりましたし、プライベートも充実してとても満足しています。

ブルーカラーの会社っていってもずっと現場やるわけじゃあないですし、出世していけば管理職になります。だから別にブルーカラーとかかホワイトコカラーとかって

イメージだけで「ホワイトカラーの仕事のほうがいい」とか思ってるのってバカなんじゃねえの?とか思います。

私は地銀に勤めてましたけど、銀行なんてホワイトカラーの代表みたいな職種じゃないですか。ハッキリ言って仕事地獄でしたからね。ホント地銀営業やってノルマ地獄で毎日生きてる心地しなくて最悪でしたからね。

関連記事:地銀の仕事は悲惨です

地方銀行(地銀)にいると営業やらされてやたらノルマがきついです。そのため仕事も当然長時間残業を強いられて精神的に追い詰められていきます。そうすると辞めたいと思うのは当然です。ブラック地銀の兵隊は給料も安くて出世しにくいですし、出世のためには上司に媚びを売る必要があります。それができないなら労働環境を変えてみる必要があります。

まあ、30歳なら今後の人生のほうが長いのでこれを機会に正社員になっておきましょう 今までの職歴とかはバイトをやってた時のストーリーを捜索しておけばOK

30歳くらいなら今後の人生のほうがまだまだ長いわけですね。

ちなみにバイトって最も効率の悪いはたき方なんすよね。時給1000円くらいで働いてボーナスもないですし、正社員との生涯年収の差は2億円以上。

年収でも200~400万円いじょうのさがでますからね。

あとバイトって、年齢が上がれば上がるほど「キツイ仕事をやらなければいけない」っていうのがあります。

あなはまだ30歳で若いから気づいてないかもしれませんけど、40代とか以降になってバイトとやってると「バイトですら雇われなくなってくる」ことになります。

そりゃバイトだって若い人を雇うんで、中年はバイトでもキツ仕事をしなければなくなります。いわゆる「やりたくないきつい仕事のバイト」しか残ってないわけです。

年齢が上がると体力も衰えてくるのに仕事内容はきつくなってくるというのがバイトの悲惨なところです。これ・・・もう鉄板で人生が詰んできますからね。

今更ですけど30歳なら是が非でも正社員になっておいたほうがイイですよ。

なんか、30歳で正社員は無理みたいなことは言われてますけど、普通に正社員になってる人も多いですし、仮に無理とか思ってもまあ正社員になっておいたほうがイイです。

これって、別に私も正社員になりたいってわけじゃあないんですよ。ただ、バイトとか派遣とかの働き方があまりにも効率が悪いというか、労働力をいいように搾取というかこき使われてるだけで時間ばかり奪われていくので、しかたなく正社員を選択しているって感じです。人から雇われて働くことを選択するなら

正社員をやるしかない、というか選択肢が無いってのが現実です。

もう一度言いますけど30歳なら正社員になれますからね。これが35歳とかだと正社員は不可能じゃないですけど、ブラック企業の正社員しか選択肢が無かったりします。

これってけっこうキッツい選択ですからね。30歳って言うとけっこうギリギリなのは確かです。林先生じゃないですけど「今でしょ」っていうのは間違いないですね。

そう、正社員になりたいってわけじゃなく「選択肢がそれしかない」って子を認識してください。

40代とかでバイトってものすごく悲惨でしょ。工場の現場とかでも派遣やバイトとかの40代以降の人を見ていますけど、ぶっちゃけ金もないですし、結婚してる人ももいましたけどギリギリの生活ですね。というか訳ありの人ばかりです。とにかく顔つきが明るい人ってほとんどいなかったのを覚えています。

バイト生活のままだと97%悲惨ということになるので、そのあたりの覚悟があるならずっとフリーターでバイトやっててください。頑張ってくださいね。

正社員への就活とかをするならハローワークとか使っちゃうとブラック企業ばかりなのでやめたほうがいいですよ

30歳のフリーターが正社員に就活するならハローワークとかちまたにある求人誌とか使っちゃダメですからね。ハロワとかはブラック企業がてんこ盛りなのですからね。

これってハロワとかが掲載企業を審査していないからブラック企業がメッチャ掲載されています。ブラック企業の奴隷の最高レベルの狩り場になっているわけですね。

就活エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。また、就活のプロであるエージェントが就職活動について詳しいアドバイスをしてくれます。

正社員の就活ってイメージ先行で難しいと思われてますし、就活がはじめの場合何からやっていいのかわからないってのもあります。

しかし就活って優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらったりして履歴書を作って面接対策をすれば普通に内定は取れます。準備と対策をすれば内定は取れるもんなんですね。

優良な求人を紹介してもらって自分の目で見てみるのがイイですよ。ブラック企業じゃない求人がある確認もできますし、なによりこれからやっていく仕事を選ぶ判断材料にもなりますからね。

優良な就活エージェントは下記のとおりです。就活エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.リクルートエージェント

2.パソナキャリア

3.JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)

 

リクルートエージェントは特に非公開求人の充実と就職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して就職活動を行うことができるエージェントです。

登録はスマホでは下段の転職希望時期→希望勤務地と入力していき、パソコンでは公式ページのだいだい色のボタンの「簡単スピード無料登録」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけでスマホ・パソコンとも1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、就活についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

リクルートエージェント(←公式サイトに移動します)

 

 

 

リクルートエージェントが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアJAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)を選択しましょう。

パソナキャリアもJAC Recruitmentも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDリクルートエージェントに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

パソナキャリアは幅広い求人が多くJAC Recruitmentはハイクラス企業の求人が多いのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、就活エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転就職活動をするポイントになります。

 

パソナキャリア 公式

 

JAC Recruitment(公式)

 

フリーターって20代のうちはけっこう楽しいんですよね。体力もあるしまだ、周りに友人とかも結婚とかしてないので、それなりに時間もあって楽しい時期です。

しかし、30代になると一気に友達も家庭を持ったりしてそもそもバイトをしてる友人とかもいなくなり孤立していきます。

孤立してもそりゃ金があればまだいいですけど、バイトじゃあ一生貧乏人ですからね。バイトで金持ちって見たことありませんし、そりゃバイトですからね。

30歳で正社員には上述したようにブルーカラーならそこそこいい会社に入ることができるので、いま就活やっとくのが無難ですね。けっこう30歳って人生のターニングポイントですよ。そのあたりで今後の人生40年50年がかなり決まってきてしまます。

若いときに苦労するってのは精神論的でおかしいと思いいますけど、とにかく若い時には効率よく働くのが大事です。何度も言いますけどバイトはこの世で最も効率の悪い働き方なので、そのあたりをしっかり認識してください。

正社員が全てではないですけど、あなたの生活を楽にしてくれるのは間違いないですからね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!