29歳のフリーターが正社員に就職すべきガチな理由 成長企業を見分けて自分ストーリーを作って就活成功する方法

スマホ

29歳でフリーターっていうと、今までずっとバイトしてきて正社員経験が無い人ってことですね。

あなたも正社員経験がないってことですね。人によって理由は違いますけど、たいていの理由は「なんとなくバイトでつないで来たら29歳になってしまった」と言うケースが一番の多いんですよね。

もう、ネット上の情報でメチャクチャあおられているので、もうわかっていると思いますけど、正社員の職歴なしでそのまま30歳まで行ってしまうとガクンと正社員になれる可能性が一気に下がります。というかほとんどゼロになります。

そりゃ、会社の立場から考えれば、新卒とか20代で正社員経験のある人材がいくらでもいるのに、あえて30歳までバイト経験しかない人材を採用する必要は全くないからですね。

私も前の会社で面接官をやったことがあります。あまり職歴とか学歴とかにこだわりは無くて、面接のときの受け答えや雰囲気で採用をするようにしていますけど、さすがに、30歳までバイト経験しかない人間だと採用を見送ります。

だって、大卒だって22歳くらいで卒業して8年くらいも時間があるのに、ずっとバイトしてるっていう選択肢をしてきたっていう、その人生計画の「計画性の無さ」を連想させてしまいます。

20代って普通にしゅうかつすれば正社員になれますからね。そりゃバイトをあえて選択したってことになりますから、しんどい仕事がイヤでずっとバイトしてきたって思われるのは当然っていえば当然です。

 

関連記事:フリーターは30代になると人生が詰む

一人暮らしのフリーターだと貯金もできない上に30代になると人生詰む だから正社員になるべき理由
一人暮らしでフリーターだと貯金できないですしね。家賃とか生活費とかでいっぱいいっぱいですしね。手取り12~16万円くらいで、ボーナスもないし年収200万円とかじゃあ・・・しかも30代になると正社員にもなれなくなってきますし、年齢がいくとバイトとかでも雇ってくれなくなってくるので、年齢が行けば行くほどきつい人生になってきます。もうこれって議論の余地はないですよね。正社員になりましょうよ。

 

だから29歳だったらとりあえず一度正社員になっておきましょうよ。キレイ事とかじゃなくて、そうしておかないと 今後の人生がかなりキッツい状況になります。

正社員の就活っていろいろ言われていますけど、履歴書と面接の対策をして、あとは求人があるかどうかのタイミングです。それ以上でもそれ以下でもありません。

このままずっと30代40代をバイトで生きていくならそれでもいいです。そういう人ってたくさんいますしね。

そういう人生もアリだと思いますよ。

しかし、バイトですら、年齢があがってくると雇われなくなってきます。そりゃそうですよね。同じバイトでも若い人の方を優先的に採用しますからね。

だから、バイトのなかでもユルイばいとは若い人に独占されて、年齢が高くなるとバイトでもキッツいバイト、激務なバイトを選択するしかナックなってきます。

交通誘導員とか建設現場での補助とかコンビニの深夜とか、ファーストフードの深夜とかね。バイトは年齢が上がれば上がるほど、きつい仕事で低賃金になっていくということを覚えておいてください。

29歳のフリーターは30歳までに正社員として就職したほうがイイという理由のみです 30歳以上になると正社員の職歴が無いと就職しにくいってだけです

29歳でフリーターなら29歳のうちに正社員になっていおいたほうが、あとあと人生が楽ですよ・・・・という理由だけですよ。正社員になったほうがイイ理由ってね。

現実、いまの日本の世の中がそうなっていますからね。だから、普通に働いて生きていくなら29歳のうちに正社員になるように動いたほうが無難です。後で悲惨なことになりかねませんからね。

後述しますけど、別に自分で稼いで生きるとか個人事業的に生きるならフリーターでもいいですよ。今ではネットの普及でそいう生き方をいている人も多いですしね。

しかし、98%くらいの人は会社で働いて、賃金もらって生活しています。私の友人、知人でも個人事業やってる人はホント今どきは少ないですからね。

あまり正社員になるってこと・・・・悲惨なことって考えないほうがイイですよ ブラック企業にさえ捕まらなければ精神的な安定感はメッチャ高いですしね

あなたが29歳までフリーターだった理由ってやっぱり「正社員だと責任とか重くて、拘束時間もたくさんあってしんどいから」って理由じゃないですか?

それって間違ってはいないですけど、正解でもないですよ。

あなたのバイト経験とかでもわかると思いますけど、正社員だからといってそんなに高度な仕事とかやってるわけじゃあありません。

けっこういるでしょ?どう考えても正社員なのに仕事ができない人とか、正社員よりも仕事ができるバイトとかね。実際に仕事をしてみると正社員とバイトとか派遣社員とかの仕事ってけっこう同じなんですよ。

私の勤めていた製造業で現場とかでも正社員と派遣社員、バイトとかいっぱいいましたけど、ぶっちゃけやってることはみんな一緒です。できることをやってできない人は正社員だったらできる仕事をやられて、バイトとか派遣だとあんまり仕事ができないとクビを切られるっていう違いだけです。

これって・・・・・そう現実は、正社員でもバイトでもただ「肩書」が違うだで、仕事内容はそんなに大きく変わらないけど、待遇が全く違うんですよね。

正社員になればいくら仕事ができなくても、いきなりクビになできませんからね。それがバイトならちょっと仕事ができあいと簡単にクビになったりするでしょ?

そういう経験ありませんか?バイトだと理不尽にクビになったりします。でも仕事内容は別に正社員とそんなに変わらないんですよ。

今の日本は正社員至上主義なので、一度正社員になれば、一気に経済的・精神的・社会的な安定度が高いレベルで維持できるんですね。一つだけ条件があって「ブラック企業以外の会社の正社員」になるということです。いいかえればフツーの会社の正社員になればまあ、安定度が高い生活はすることができるわけですね。

これって、あれですよ。正社員になってその給料とかをしっかり貯金をしておくってのも重要ですしね。そりゃ正社員になればバイトよりも安定度では私の体感的には35倍くらいにはなりませすけど、それでも絶対に安泰ではありません。

会社の経営が傾いてリストラにあったり、もしかしてあなた自身が健康を害して会社を辞めなければいけないこともあるかもしれません。

いちばんやっかいなのは、どんなにホワイト企業に入っても、パワハラ上司とかが直属の上司とかになるとそれだけで会社での人間関係とかが最悪になって、うつ病になる可能性もあります。

しかし、バイトよりは35倍は安定の確率が高いですからね。たいして正社員とバイトの仕事のやってることって技術的に変わらないんだったら正社員になったほうがいいです。

もしあなたがそれでも「ずっとバイトでやっていきたい」っていうなら40代くらいになって悲惨な人生を歩むことになるので、それは私も止めませんけどね。

 

関連記事:仕事のできる派遣の人は正社員になってほしいです

正社員以上に仕事ができる派遣社員 優秀過ぎる派遣はガチで転職して正社員になってほしい
仕事ができる派遣社員ていますよね。正社員でもただ会社に来て現場にいるだけの人もいます。仕事ができる優秀な派遣の人を見るとほんとにただ、「肩書」が違うだけで給料も違うし待遇も違うのはもったいないです。そういう人こそ転職活動をちゃんとやって正社員になってほしいです。

 

今ではネットで稼ぐ方法とかブロガーとかいろんな個人で生きていく方法があるのでそこまで無理する必要はない しかし、正社員には一度なっておいたほうがいいですよ 今後の人生の経験として

あと、いまではネットでブロガーとかやって広告収入をかせいで生きている人もおおですしね。どうしても正社員になるのがイヤだってひとは、バイトしながらそういう方法もやっていくって手もあります。

ホントネットがあるっていい時代ですよね。ブログとかをやってそこから収入を得られるなんて、ちょっと前まではあんまり考えもしなかったですからね。

しかし、人生経験としてはどう生きていくにもやっぱり一度正社員になっておいたほうがイイと思いますけどね。正社員になってみてそのままいけそうだったらそのまま働けばいいですし、どうしてもだめだ、正社員なんてやっていけないと思えば、バイトやりながらネットでブログやってみるとかいう選択肢もありますしね。

 

参考:ブログで稼ぐ「エーハチネット」

エーハチネット  (公式サイト)

 

けっこう、正社員で働くのと、ブログとかで稼ぐのって同じくらいのきつさですよ。精神的な安定度だったら普通に正社員をやっていたほうが安定度は高いです。

さんざん不安をあおってますけど、29歳でフリーターだったとしても普通に就活すれば正社員にはなれます。

そりゃ、大企業とかはむつかしいですよ。というか大企業ってどのみちブラック企業が多いのであんまりお勧めできませんしね。でん〇うとかワ〇ミとかも大企業でも超一流の部落企業で自殺者が出てますしね。

そんなところよりも、中小企業でも独自のノウハウや特許を持っていたり、ある一部の市場で独占的なシェアがあったりする、これから成長していくだろう会社ってたくさんあります。

そういった会社はまだ知名度が低いので人材が集まりいにくいので狙い目なんですね。それにこれから成長して行く会社だと会社の成長に対して給料も上がっていくことが多いです。

そういう、入りやすくておいしい成長過程にある会社ってのは意外とあります。そういう会社をがしていけば29歳で正社員になるのはそれほど難しくはないですね。

そのあたり、必要以上に悲観的に考えるんじゃなくて、就職活動をやってみるといいわけです。自分でどうやって就活をやっていいかわからない時には就活エージェントなどを利用するのが効率のいい方法です。

 

関連記事:成長中の会社に入るのがとても大事です

大企業に入社して後悔する理由 会社の「規模」で見るのはやめて「仕事内容」「成長性」で会社選びをしないとダメ
大企業に入社したけど後悔している。仕事が激すぎる、組織が大きすぎて報告書を出すのが仕事になっている、媚びる人しか出世できないだから辞めたい・・・みたいな大企業って「規模」が大きいだけで、そこまで安定性は無いものなんでよ。会社を選ぶときに「仕事内容」「成長性」を見てないと本当に悲惨なことになります。大企業に入って後悔してるなら転職したほうが無難ですよ。

ありきたりですけど、バイトや派遣の経験をストーリ仕立てにして自分話は作っておいたほうがイイです この辺りは就活エージェントのアドバイザーと相談するのが無難ですね

あとは、ありきたりですけど、面接のときとかには今までやったバイトの経験をストーリーにしておくのがいいです。

これって、いろんな情報でイヤってほと言わていますからね。バイトの経験しかないんですからその経験を面接で言うしかいかないですからね。

バイトストーリーでは鉄板ですけど

「バイトでコンビニのシフトの管理までやっていた」

「ビル清掃の仕事でビルのバイトの管理をやっていた」

「販売店でバイトのリーダーとやっていた」

とか、こういう話が鉄板ですね。ぶっちゃけ、これって別に作り話でもいいわけです。実際、本当の話か作り話かを確認する方法なんてないですからね。

まさか、正社員の面接とかで「テキトーにバイトやってました」とかいう人はいないでしょうけど、こういった自分話ストーリーは一つ作っておいたほうがいいです。

このあたりはいくらでも作れますけど、イマイチ作り方がわからない時には就活エージェントのアドバイザーとかに相談するのがイイでしょう。

あとは、こういったバイトでの自分話ストーリーがある上で

「自分がバイトをやってきた理由」

があるといいですね。たとえば

 

「漫画家を目指していた」

「ミュージシャンを目指していた」

「資格の勉強をしていた」

「お笑い芸人を目指していた」

 

というなんか目指していたもんがあったけど、年齢的にあきらめてキチンと就職しようと思った・・・・・的な話があれば、それが本当か嘘は別にして面接官もある程度納得しますしね。

ここだけの話、面接で正直にホントの事ばっかり言ったら確実に落ちますから、そのあたりは脚色して面接官受けのイイストーリーを作ってしまいましょう。

バカ正直に言うのもいいんですけど、そうやってやってると普通にブラック企業とかにつかまって悲惨なことになる可能性は確実に高くなりますからね( ;´Д`)

ここで、就職活動のツールで何と使うか?っていうと就活エージェント一択ですからね。やっぱり就活してブラック企業に捕まるってのは一番避けたいところです。そこをうまくできるのが就活エージェントなわけなんですよね。

就活エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しています。そのためブラック企業はほとんどありません。また、就活のプロであるエージェントが就職活度について的確なアドバイスをしてくれます。

正社員の就活ってバイトの面接と違って難しいってイメージがありますし、やったことがないと何からやっていいのかわからないものです。

しかし、就活は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらったりして履歴書を作って面接対策をすれば普通に内定は取れます。準備と対策をすれば内定は取れるもんなんですね。

優良な求人を紹介してもらって自分の目で見てみるのがいいですね。ブラック企業じゃない求人があるっていう確認にもなりますし、これから自分がやっていく仕事を選ぶ判断材料にもなりますからね。

優良なの就活エージェントは下記のとおりです。就活エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.JAIC(ジェイック)

2.就職Shop

3.若者正社員チャレンジ

 

JAIC(ジェイック)の特徴は登録者の就職への希望を最大限に尊重した求人紹介が特徴です。

アドバイザーが第二新卒での就活について、あなたの立場に沿って転職活動をサポートしてくれます。

求人を探すところから面接対策までしっかりとしたサポートをしてくれて、優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して就職活動を行うことができるエージェントです。

JAIC(ジェイック)の登録は公式ページの無料登録フォームに名前、住所、アドレス、TEL番号が必須項目になってりるので入力して登録します。登録は1分ほどで完了します。

登録完了後にエージェントから確認のTELが入りますからTELは出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいですから大丈夫ですよ笑。

自分の希望の求人を紹介してもらって就活ができるかどうか判断するときにも、アドバイスをもらうことができるので、就活に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

(公式サイトに移動します)

 

 

JAIC(ジェイック)だけだと求人の幅がたりない、担当者と相性があわない・・・と言った場合は「就職shop」や「若者正社員チャレンジ」を選択しましょう。

就職shopも若者正社員チャレンジも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともジェイックに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

就職Shop (公式サイト)

 

若者正社員チャレンジ事業  (公式サイト)